嫁入り物語:episode 8

ファッジの嫁入り物語:episode 8

 

 

そんなこんなで、両家の顔合わせもすんだが

 

 

 

ep8-1

 

 

結納の時は、仲人を快く引き受けてくれた

アニキ夫婦が両家を行き来しただけで

 

 

ep8-3

 

 

 

両家の親が、それぞれの家を訪れることはなかった。

私の姉が結婚した時は

家も近いし、家庭環境も似ていたこともあって

義兄の両親とうちの両親はとても意気投合していた。

 

 

ep8-2

 

 

若夫婦とは関係なく

一緒に釣りに行ったり、旅行に行ったりしていた。

 

 

 

それを思うと、自分の結婚に少々の不安も感じたが

35歳と26歳の当人同士はラブラブなわけで

それで破談になるということはなかった。

 

 

 

 

ep8-4

 

 

当時はまだ、結婚式のメニューといったら

鯛の尾頭付きのお祝い御膳が主流だった。

でも、せっかくフランス料理が自慢の老舗のホテルを

予約したのだからと、憧れのフルコースをねだった。

 

 

 

しかし当日、抹茶家の強い要望で

フルコースにお赤飯がプラスされていた。

今から思えば、ダンナが一生懸命

お義母さんたちを説得したんだろうなと思う(笑)

 

 

 

そして、結婚式と言えば花嫁衣装。

私は母と2人で衣装合わせに行った。

 

 

たしか打ち掛けを5着ほど羽織った頃…

 

 

ep8-5

 

 

と、ピンクの色打ち掛けを私が羽織った時に

母の目が輝いた。

 

 

ep8-7

 

 

この時初めて、

「ああ、私、本当に結婚するんだなぁ…」と感じた。

 

 

↓いつも応援ありがとうございます!

ep8-bana

スポンサーリンク

 

2009年10月21日 | episode 8, 嫁入り物語コメント (29)