嫁入り物語:episode 2

ファッジの嫁入り物語:episode 2

 

 

 

20年前は、今では想像もつかないほど

仕事が次から次へと舞い込み、残業の日々だった。

 

 

 

ep2-1

 

 

 

しかし、仕事は楽しいし上司は恋人だしで>こら。

会社で遅くまで働くのは、全く苦痛ではなかった。

そして、帰宅時間が遅くなると…

 

 

ep2-2

 

 

な〜んて、声をかけられたりするんだけど…

 

 

ep2-3

 

 

と、社内のみなさんは何のお気遣いもなく割り込んで来た(笑)

そして毎日のようにみんなで残業し、飲みに行き、遊んだ。

最後はダンナが全員を自分の車に乗せて

駅や自宅まで送り届けていた。

 

 

でも、いつも1番最後に送り届けてくれるのは私だった。

 

 

 

ep2-4

 

 

2人になると、いろんなことを話した。

デートらしいデートはほとんどなかったが

あの頃はこれで十分だった。

 

 

それでも物足りないときは…

 

 

 

ep2-5

 

 

と、当時夜中の2時頃までやっている

小さな本屋さんに寄った。

 

 

ep2-6

 

 

しかし、お互い自分の好きな本を黙々と読むだけ。

でも、ここで料理の本やインテリアの本を読んでは

私なりの花嫁修業をしていた(笑)

この頃は、私がどんなに帰宅時間が遅くなっても

「バニラさんと一緒だよ」と言えば親は安心した。

 

 

 

しかし一方で

 

 

ep2-8

 

 

 

と、カヨコおばさんも交えて本人不在の

話し合いが続いていた。

 

 

(続く)

 

 

↓いやはや、こちらも応援クリックお願いします!

ep2-bana

 

スポンサーリンク

 

2009年9月9日 | episode 2, 嫁入り物語コメント (17)