ぶつぶつ動物園:Last tweet

ぶつぶつ動物園:Last tweet

 

 

 

 

 

本日、最終話です。

 

 

 

 

13p

 

 

 

 

 

 

 

 

 

14p

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15p

 

 

 

 

 

 

(終)

 

 

 

 

 

このお話は、私がはるか25年前の学生だった頃に

描いた絵本が元になっています。

 

 

↓その時の絵はこちら

すけっち

 

 

 

当時は、言葉はなく絵だけでストーリーを展開していましたが

年ともに心配性になり(笑)今回は会話を補足しました。

最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

↓応援クリックもお願いしま〜す!

last-bana

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

2010年2月3日 | Last tweet, ぶつぶつ動物園コメント (16)

コメント

ゆきちゃん
2010年2月3日 at 3:13 PM

昔を思い出す・・・昔は広い草原でたくさんの敵や仲間達と弱肉強食の中で生きていた・・・今は閉じ込められた中で弱肉強食ではなく命を落とすのは人間が入って来たため・・・切ないです。。。と解釈してしまいました。ファッジさんの思いと違ったらごめんなさい。。。やっぱり深いです。今日がラストではなくもっと続きを読みたくなったのは私だけ・・・かな。。。

ミーママ
2010年2月3日 at 4:40 PM

短い中にものすごく深い思いがありました。
そうですよね、動物たちも私たちと同じ生きているんです。
人間ばかりが、いつだって勝手なことばかり・・・

ありがとうございました。また次の作品を楽しみにしていますね。尊敬するファッジさんの事ずっと応援しています。

ゆんのん
2010年2月3日 at 4:49 PM

毎回楽しみにしていました。
ぜひこの物語りを嫁日々で絵本にして欲しいなぁ~と。
子供にも読み聞かせたい!

ファッジさん、嫁日々スタッフの皆さん!
よろしくお願いします♪

次の作品も楽しみにしています!^^

きよちん
2010年2月3日 at 4:50 PM

こんにちは。初めてコメします。
ちょうど今朝テレビで、奈良の鹿が観光客に与えられた食べ物で病気になったり、死んでしまったりしているという話を聞きました。本当は「鹿せんべい」しか与えてはいけないのに、お菓子やから揚げなど与え、その結果、人間の食べ物の味を覚えてしまい、鹿も餌を求めてゴミをあさり、ビニールなども一緒に食べてしまうんです。死んだ鹿の胃の中にはたくさんのゴミがあったそうです。でも、人間は悪気があってやったわけではない。「かわいいから」「餌を欲しがっているから」そんな理由です。
人間って身勝手ですね。  今朝のテレビ、ファッジさんの絵本を見て改めて考えさせられました。

sako
2010年2月3日 at 5:48 PM

読んでいて涙が出てきました。

子どもがいるので、動物園にはよく行きます。

でも、やっぱり行く度に「本当に動物園って必要なのかな・・・」と思ってしまう自分がいます。

話はずれますが、地域猫に「猫のためにも手術をしましょう」というのが好きではありません。
猫にとって幸せなのは、手術もされず、住処も奪われず、車にも轢かれずにすごすことでしょう。
猫のためではなく、あくまでも人間の為に手術をするのだということを忘れないでほしいです。

美紀
2010年2月3日 at 6:56 PM

楽しませて頂き本当にありがとうございました~!! 
あっ・・・初コメだぁ・・・・・

カラス
2010年2月3日 at 7:47 PM

涙が出ました。
自分が子供の頃の遠足や、自分の子供の引率で動物園に何度か行きましたが、切なくなります。
水族館でも同様ですが
本来なら、広大な草原を走っているであろう、大空を飛び回っているであろう野生動物が、食料の保証はあっても、本来の本能・機能を奪われたまま生きていくことの寂しさよ。
国内に生息する動物ならまだしも、南国や北限の地から連れてこられることには、自然に逆らった行為だと感じますよ。
でも、観覧したい子供たちもいるだろうと考えると
自由を奪われた動物たちをいかに過ごさせてやるか、再考するべきと感じます。
素敵なストーリー、ありがとうございます。

fanta
2010年2月4日 at 7:28 AM

人間の身勝手さが不幸を産むんでしょうね
ヤギさんにあげた紙もウータンさんの赤ちゃんに
与えてしまったチョコもライオンさんの額を
傷つけてしまったことも・・。
そしてその人間でさえ遠い昔を懐かしむんです
”あの時は良かったなぁ”と

サバンナ(など)にいた頃はいつもいつも
怯えて暮らしていたけれど動物園の中では
窮屈ながらも毎日餌を与えてくれる人がいる
その安心感と引き換えに暮らしてるんだけど
それは決して自分の意思でそうしたかった
訳ではないのですもんね
そう考えるといろんなことが人間と
共通してくる気がします

本来あるべき姿が一番美しいのだと私は思います

ファッジさん 嫁日々スタッフご一同様 
奥深いストーリーを読ませてくれてありがとうございました

himawari37
2010年2月4日 at 8:43 AM

初コメです^^
読み進むにつれてじーんと
うるりーとなりました。
うちもにゃんこが二匹いますが
大切にしてあげなきゃと思います。
言葉が少ない分、
色々考えさせられました。
子供にも見せたいです。
ありがとうございました。。。

つばさ
2010年2月4日 at 8:49 AM

なんて言葉にすればわかりませんが、ありがとうございます。言葉が少ない分、皆さんがおっしゃってるよう、私にとって沢山のメッセージがありました。

ありがとうございます。

花りんご
2010年2月4日 at 10:16 AM

こちらではお初です。
ファッジさん、25年も前に作られていたんですね。
すごい、すごすぎます!!
とても深くて、かつクオリティの高い絵本ですね。
他の動物たちのお話も聞きたいなと思いました。
ウェブだけじゃなく、いつでも開いてみる事ができる
紙の絵本で読んでみたいです・・・。

イラレの絵も素敵ですが、アナログの絵もとても魅力的です!

miyako
2010年2月4日 at 3:01 PM

次の作品、待ってます^^

やっちん
2010年2月4日 at 7:18 PM

涙が出ちゃいました
動物園楽しいところかもだけど
確かに彼らには住んでいた場所があるんですよね

また他にも作品があったら読んでみたいです

ホタル
2010年2月4日 at 10:03 PM

もう終わっちゃうなんて寂しい気がします・・。

動物園って、ある意味必要だし、でも必要ない気もするし・・。
難しいですよね。

それより、ストーリーと関係ないのですが・・。ファッジさんて絵、ウマッ!!
抽選でファッジさんの原画プレゼントとかあったら応募しまくっちゃいます(笑)
YOMEMO TOMEMOと同じ位欲しいかもっ!

わかw
2010年2月6日 at 9:57 AM

余計なことかもしれませんが・・・
下記のサイトでファッジさんの書かれているブログ記事がまるまる転載されています。
http://issaquahalps.net/
波風をたてるようですみません、でも気になったので・・・

雪ねえ
2012年11月5日 at 11:40 PM

7人家族の真ん中でをいつも日課にしています。
ブログとかツィッターとかやらならいアナログな
パソコンの講師ですが・・(~_~;)
必要だとと思います。物言えぬ動物たちの声を代弁する人間。
犬の気持ち、猫の気持ち、虫の気持ち、最近気になる
熊の気持ち…
私も、発信できるように頑張りますって気持ちになりました!!

コメントを書く

* コメントフィード

トラックバックURL: http://vanillafudge.jp/entry/%e3%81%b6%e3%81%a4%e3%81%b6%e3%81%a4%e5%8b%95%e7%89%a9%e5%9c%92%ef%bc%9alast-tweet/trackback/