主人が海外単身赴任中に浮気。現実を見てほしい…

マックスさんのご相談

半年前もこちら(フランスに単身赴任中の主人。赴任先に女性の影…)に相談させていただきました。

主人が去年の3末からフランスに単身赴任しています。女性の影があってその時はグレーだったのですが、あれから話し合いを重ねて私と子供達も夏休みから渡仏して一緒に生活できるようになりました。 なので下見を兼ねてこの前の3末に私と1番下の子だけで主人のところへ行ってきました。
そこでいけないのは分かっていましたが携帯チェックしました。
出てくる出てくる。
相手とのラインのやり取りと頻繁に色んな国に旅行行ってました。
主人は爪が甘いというか、日本に置いてあるタブレットのメールボタン開くとパソコンの送受信がでてくるので1,2ヶ月に一度は2人で旅行に行ってました。そのお金も主人のカードで切ってるので何を考えているのか。
旅費も毎回日本円に換算すると10万程。
5月は2度程。
今月は無く、来月はギリシャのリゾート地取っていました。8月から私達帯同するのに一体何を考えてそんな行動しているのか悲しくなります。
最初は家族帯同を無理だからと断られた続け話し合い重ねてやっと家族みんなで生活できると思っているのにこっちは必死で節約して頑張ってるのに相手の女性と旅行と頻繁に食事。
去年は相談したあとに鬱になり今は落ち着いていますが子育て、渡仏の準備で大忙しでまた少しづつ崩れてきました。
こんな状態なのでいけないとは分かっていながら霊視ができる占い相談にはまってしまい…。
どの先生も今は1人で独身気分を味わい恋愛を楽しんでるよう。家族が来たら徐々に父親、夫の環境に慣れて行くから戻るでしょうと言われましたが、相手の女性とのラインのやり取りで私の気持ちは伝えた通りで離れたくないよ、これからの事大切な事だから時間がかかってもいいのでよく話し合ってきてね。と書いてありました。
あまりの衝撃にいつの日付だったのか覚えていません。このやり取りが帯同オッケー出る前であってほしい事を願うばかりです。
やり取りを見てると相手の女性が主人の事が大好きみたいです。
私は今の時点では主人にこの件について問い詰めるつもりはありません。何故ならそうすると離婚という言葉が出てくるのが目に見えて相手の思うツボだと思うからです。
私は離婚は考えていません。
主人が夢から覚めて現実に戻り父親として夫として戻って来てくれる事を願うのみです。
前職の弁護士に相談相談したら即離婚!と言われましたが私は離婚したくありません。
国が違うから日本で裁判起こして公示送達は出せると言われましたが相手の情報が名前と年齢しか分からないのでこれをやっても主人と私の関係が悪化するように思えて。
これから私はどうしていけばいいでしょうか。連絡も平日は基本ラインのみ。週末電話しても基本出てくれません。
これについてはこれから忙しくなるから外出していてもとりあえず電話には出て欲しい旨伝えたら、ごめん気をつけるとは言われましたが言った翌週にはやはり出ませんでした。
すみません、長文ぐてぐての内容で。


悩めるマックスさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

主人が海外単身赴任中に浮気。現実を見てほしい… への8件のコメント

  1. 最低の旦那さんです より:

    証拠を残して慰謝料請求、の一択だと思うのですが、、、
    マックスさんが仰ってるように、不倫中の人は自分に都合の良い夢を見てる状態で、現実に引き戻すには慰謝料請求が一番です。彼の気持ちが離婚に傾くのを恐れてるようですが、不貞の代償を現実的な金額で突き付ければ、彼女が去り彼も夢から覚める可能性があります。

    占い師にかけるお金と時間があったら、良い弁護士さんを探して、証拠の残し方や彼女の身元特定を進めましょう。
    私も海外滞在経験がありますが、渡仏してからだと、相談先も限られますし、味方を見つけるのは難しくないですか?延期してでもそっちを進めたほうが良いと思いますけど。

    私なら、まずは証拠を残して弁護士と一緒に彼女にメールします。彼女がもし同じ会社の方なら、会社にも連絡しますね。あくまで「相談」という体で。
    彼の親御さんが健在なら、そちらにも弁護士さんと一緒に連絡します。直接相手をするには気持ちが持たないし、どうしても感情的になってしまうと思うからです。
    とにかく客観的な証拠を残し、第三者を交えて味方を増やします。

    不倫中の人は夢を見てると言いましたが、不倫された配偶者も、相手が自然に夢から覚めて戻って来てくれる、という夢にすがりたくなるようです。
    私の弟の話ですが、元嫁に不倫を繰り返されて、周りが何度も離婚しろと言っても行動を起こそうとしませんでした。元嫁が子供を家に一人で残して不倫相手と会っていた、という事実を知って、始めて目が覚めたようで、弁護士に相談して子供の親権を取り離婚しました。
    あなたも早く目を覚まして下さい。

    • マックス より:

      最低なだんなさん様
      コメントありがとうございます。
      本来なら誰でも離婚すべきというと思います。
      何故離婚しないで渡仏するのか意味が分からないと。弁護士の先生にも同じ事を言われました。
      ですが、子供達は父親が大好きなんです。何よりも私がまだ主人の事が好きなんですね。
      離婚も一度視野に入れました。ですが、実際周りの親が幼少期に離婚した友人や自分が離婚した友人に聞くと、慰謝料は貰えるが養育費などはすぐ滞ったり相手が再婚した場合減額もしくはそこでも滞ったりというのを聞いたのでやめました。
      私は愚かな人間だと思います。メンタルが弱くなると何かにすがりたい思いで電話相談していました。
      行ってもしかしたら今以上に大変な思いをするかもしれません。ですが今はできる事を精一杯やって離婚は悔いが残らない位頑張ってもダメだった時の最終手段として残しておきたいと思います。厳しい意見でしたが心にきました。ありがとうございました。

  2. ひょうたんなまず より:

    フランスではありませんが、非英語圏在住の妻です。
    非英語圏はけっこう辛いです。
    浮気をするご主人はダメだと思いますが、
    会社では英語、日常生活ではフランス語で生きていくのは
    もともと帰国子女で語学力があるとかでなければ
    ストレスがすごいと思います。
    着いたばかりの時に、外国人局に登録に行くと「現地語で話せ」とか言われましたし。
    そしてそのストレスはマックスさんには分からないと思っているのだと思います。

    うちもお金が赤字なのにやたらと旦那が旅行に行きたがります。
    その理由は「仕事のストレスを忘れたい、職場から離れたい」とのことです。
    そして、こちらの人はカップル・家族連れで行動するので
    男のおひとり様(特にアジア人だと)不審がられる、と
    夫一人で行動したがりません・・・。
    だからといって浮気はダメですが、その点では旅行に行きまくるご主人の気持ちはわからなくもないです。

    正直、そこにマックスさんとお子さんが加わって、
    手続きやらなんやらで新たなストレスが加われば
    旦那さんはさらにつむじを曲げそうな気がします…。
    フランスでどうしても家族で暮らしていくというのなら、
    マックスさんがフランス語に堪能でしたら別ですが、
    今できることは、ひたすらフランス語を習得することだと思います。
    女性問題は無視してひたすらフランス語。
    そして夫に頼らず、むしろ夫に頼られるくらいになることかと思います。
    家事・雑用をしてもらうことで旦那さんの心に余裕が生まれ、
    家族を顧みるようになるかも、という希望的観測ですが。

    ただ、やはり、外国かつ収入がないと妻の立場はどんどん弱くなります。
    マックスさんがひたすら耐える生活になってしまうのでは。
    女性問題に目をつぶっても一緒にいたいくらい旦那さんが好きなのでなければ、
    海外で夫婦関係を修復するのは困難じゃないかと思います。
    うちの場合は、お互いの嫌なところを見せ過ぎて疲れました。
    最後は頼れるのは自分がどれだけ稼げるか、だと思います。
    お子さんもいらっしゃいますし、今ではなく数年先を見据えつつ、
    冷静に、したたかに、判断してくださいね。

    • マックス より:

      ひょうたんなまず様
      コメントありがとうございます。
      フランス語は全くの初心者で現段階で主人にあまり負担掛けずに自分で出来ることはなるべくやりたいなーと思い必死で通って習っていますがこればかりは努力次第ですね。
      主人の事は大好きです。以前は私が育児ノイローゼ気味で主人に対して冷めていたのですが色々思い返して復活しました。
      簡単には解決できないことだとは重々承知です。
      頑張って帰国する頃には笑って今の状態を話せるようになればいいなと思っています。

  3. うめ より:

    前回のご相談覚えています。

    あなた自身が離婚に前向きじゃないのなら、私だったら取り敢えず渡仏までフランス語の勉強をします。私自身英語圏の国に10年以上住んだ経験があり、外国で働いてた夫との結婚で渡航したのですが、言語が話せないとストレス半端ないので。

    上でどなたかも書いてますが、欧米で男性1人の単身赴任って本当に肩身がせまいんですよ。基本カップルでどこでも行きますから。奥様帯同してる場合、女性って現地在住の日本人のブログを見たり、お子さんいらっしゃる場合は日本人会に入ったりして、いろいろ海外在住日本人のコミュニティを広げていくんですが、男性ってそれが出来ないんですよね。
    美味しい現地のレストラン見つけたり、近場を旅行したり、そういうのも1人だとどうしてもし難いんで、その辺の女性と行動するようになったんでしょうね。寂しかったんだろうとは思います。

    いろいろご不満もあるでしょうが、もし本当に今は離婚せずに頑張ろうと思うなら、フランス語を勉強し、情報収集し、出来るだけ前向きに準備した方がいいと思います。現地の駐妻さんブログとか、美味しい物とか、楽しい情報とかたくさん載せてらっしゃいますよ。それを旦那さんにしれっと、家族みんなで行ってみたい所調べてるの。こういうレストランとか、近場の旅行も楽しそうね。子供達もパパと一緒に行くの楽しみにしてるのよ。とか言っといてもいいんですよ。

    私自身不倫は大嫌いです。馬鹿な男(失礼!)だと思います。寂しいのはお前だけじゃねえ!って思います。でも未だ離婚を決心出来ないならば、子供とあなたと一緒に暮らす事を選択した旦那さんにチャンスを与えてみてもいいかなと思います。

    きっとここからあなたの渡仏まで、最後の足掻きと、その相手と遊びまくるでしょう。その都度あなたは傷付き、イラつくでしょう。でも妻を呼び寄せる意味を旦那さんは分かってると思います。
    あなたと子供達が日本人会で知られれば知られるほど、その相手はそう言う目で見られます。居た堪れなくなるのは相手です。だってあなたは妻ですから。

    あなたが今旦那さんを追い詰める事をせず、自分と子供達の事に集中し、渡仏したら多分相手はいろいろ揉めて、決断を迫ったりもするでしょう。そうさせればいいんですよ。自然と結果は出ると思います。

    同時に今見れるメール等は写真撮っといた方がいいです。デジカメじゃなくてフィルムの方がいいんでしたっけ?使い捨てカメラで旅行の証拠や相手の情報を押さえといた方がいいです。もし仮にあなたが旦那さんに愛想尽かした時にいりますし、相手も日本人のようですから、訴えられる可能性ありますし。保険です。

    精神的に厳しいとは思いますが、占いなんてつまんない物に時間とお金使ってる場合じゃないですよ。あと1ヶ月ちょっとで渡仏なんですから。遠く離れた場所で浮かれてるあほ女に一矢報いる為にも、旦那さんの事を奪い返す為にも、そして子供達とあなたの将来の為にも時間ないです。
    頑張ってください。

  4. でん より:

    ※スタッフの方へ: リンク先、間違ってませんでしょうか?※

    というわけで前回のご相談は読み直せていないのですが、何となく覚えています。

    上の方も書かれていますが、どんな経緯があったにせよ、ご主人も妻子を呼び寄せる決意をしたなら、その意味を分かっていると思います。

    離婚はしないと決めているなら、呼び寄せてよかったとご主人が思うような家庭を作れるように、そもそもご主人は自分のどこに惚れているのか新婚の頃も思い出したりしてみて、、、笑顔で包むのがいいのかなと思います。

    女は度胸、自分は女優だという気持ちで。大きく深呼吸して。

    現実的な部分で「頼りになる妻」になることも必要だと思いますよ。買い物も子供の病院も。今からできること(語学の勉強、現地情報の収集~特にお子さん関係はご主人もあまり詳しくないのでは?)を、すでにやっていらっしゃるでしょうけれども、とにかくしっかり進める。

    どうせ電話に出てくれないなら、もうかけるのはやめては?LINEでは返事が来るならそれでよしと割り切る。「あれ、今週は電話かかってこなかったな、大丈夫かな」と思わせるくらいのほうがいいようにも思います。そしてたまにかかってきたら/たまにかけて出てくれたら、声が聞けたことを素直に喜ぶ。

    よい方向に進みますように。

    • 嫁日々STAFF より:

      教えていただきありがとうございます!!
      大変助かりました!!
      早速修正いたしました。
      相談者様、皆さま、ご迷惑おかけし申し訳ございませんでした。。

  5. 匿名 より:

    フランスの隣国に住んでいます。
    長い間色んな国に住みましたが、いるんですよね、残念ながら、ご主人のような人。ほぼどの国にも。そしてその彼女のような人も。
    上のコメントにもあるように、単身赴任男性も寂しいんでしょうし、あとは国外の開放感みたいなのもあるんでしょうか。帯同してても、妻子を放って週末はゴルフに明け暮れてる人もいます。

    そして実は、海外で生活する日本人女性でも、現地に溶け込めずに、日本人同士で毎週のようにカラオケや日本食店にタムロする人がいます。どの国でも。彼女達は相手が既婚者かどうかなんて気にしてません。国際結婚でうまく行ってない日本人妻も混ざってますから。

    もし今のご主人が、現地の人に理不尽な対応をされて嫌な気分になることも多い状況なら、そんな時に家で待っているのが、買い物ひとつ一人で出来ない、何かあるとすぐに助けを求めてくる、育児で疲れ果てた妻では、関係改善にならないでしょう。

    だったらいっそのこと日本で待つのもアリだと思います。
    ご主人の性格や海外赴任の頻度によっては、海外で羽目を外したけれど、帰国して家族の元サヤに落ち着く旦那さんもいるからです。

    でも帯同するなら、家に帰りたくなるように、愚痴らない、自分でできることは自分で楽しんで挑戦する。たまに家に帰ると、美味しい和食が待っていて、ホッとできる、そんな家にするしかないのでは?

    正直、小さいお子さんを3人抱えて、言葉も不自由な土地で、マックスさん自身もストレスを抱えたり孤立してしまうかもしれない土地で、それをやるのは至難の技だと思います。でも、考えようによっては、赴任手当が出て経済的に余裕ができるなら、日本よりも雇いやすいベビーシッターや掃除婦を駆使して、マックスさんはご主人とのリラックスタイムに力を注ぐこともできますよ。

    とにかく、マックスさん一人ではなくお子さんも一緒なので、不倫の証拠はきちんと集めて、いざという時のために、日本の離婚訴訟とフランスの離婚訴訟のシミュレーションを弁護士に相談しておいた方が良いと思います。

    夫婦共に日本人でも、揉めて離婚する場合は在住国の法律を使うことができると聞いたことがあります。もしそうなら、離婚の条件はフランス法の方がマックスさんにとって有利なはずです。今はご主人は感情的に離婚を振りかざしたとしても、根こそぎ財産を奪われると分かったら、そうそう気安く離婚だと騒がなくなると思います。

    これまでに何度かマックスさんのご主人のような不倫の修羅場を目撃しました。
    不倫って最中は甘い蜜で盲目になって楽しいんでしょうが、すんなり終わるケースって少ないと思います。かなり怖いケースも見てきてるんで。。。ご主人がちょっとした火傷でそれに気づくと良いですね。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 + 2 =