ここ約10年間母は父に暴力・暴言を受けてきました…

ゆむさんのご相談

これは私の母の話です。
ここ約10年間母は父に暴力・暴言を受けてきました。
暴言はお金を返すまで離婚しない。文句あるのか。俺がお前にしたってること分かってんのか。など本当に色々です。
ですが母はパートはするなと言われ、働いたことがなく専業主婦です。
なのにどうやってお金を返したらいいのでしょうか。
精神的にも普通に見えますが病んでいるなと娘から見て思います。
早く母を解放させてあげたいのですが私はまだ母を支えられるほどの金銭はありません。
同じ人間なのになぜ逆らってはいけないのか。
なぜ今まで使ったお金を返さなければならないのか。
これは法的どうなるのか教えてください、お願いします。


悩めるゆむさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 実父母
スポンサーリンク

ここ約10年間母は父に暴力・暴言を受けてきました… への6件のコメント

  1. うさみみ より:

    ゆむ様初めまして。
    お母さま逃げて下さい。役場の福祉課に相談しましょう。
    DVの被害者の方のための専門窓口が 必ずあるはずです。
    お母さまは DVの被害者です。
    離婚の理由になりますし、夫側へ慰謝料も請求できるはずです。
    お父さんがいない時間帯に 逃げ出して欲しいです。
    シェルターでかくまってもらえるはずです。
    自立への準備は 逃げ出してから 考えれば良いと思います。
    役場の方やシェルターの方も 一緒に考えてくれると思います。
    福祉の力を 利用してもいいと思います。
    働けるまで 生活保護を受けるとか何とかなります。
    それと心を病んでみえるようなら 治療も第一優先されるべき
    ことと思いますよ。
    お母さま 役場の福祉課へSOSして下さい。
    夫に ばれないように 慎重に行動してください。
    身の危険があります。
    逃げて欲しいです。
    お母さまが 逃げ出した後に 娘であるあなたに被害が無いか不安です。
    お母さまと二人で 役場の福祉課に相談なさって下さい。
    あなたも逃げ出せるのなら 実家をでましょう。
    働いてみえるなら 何とか一人暮らしできると思います。
    お母さまが 逃げ出せますように。

    • ゆむ より:

      初めまして、コメントありがとうございます。
      母は一人っ子で両親がまだ健在、母の両親はもう90歳手前でいつ倒れていつ介護が必要になってもおかしくないのですが今の母にはどっちの選択をしてもこの先生きていけるか分からないというのが現状です。母は59歳ですが社会人として働くこと無く結婚してしまったので離婚しても働き口が見つかるとは思えません。私はあと1週間もすると1年間留学に行くので母が心配です。頼れる姉兄も居ますが母は迷惑心配をかけたくないとのことでひっそりと居なくなると言っています。
      どうしたら私は母の力になれるのかと思います。
      父からの暴力は頻繁にではなく怒った時に暴力がありましたが最近はありません。暴言はありますがどちらとも証拠が無いのです。

  2. あんぽんた より:

    情報をあげてください。
    ここでの相談だけでなく、dvやモラハラなど、PCやスマホでたくさんの情報を仕入れ、本を読み、お母様に教えてあげてください。
    必ず幸せに暮らす道があると思います。
    何もやったことがなくても、出来る仕事はあります。
    安い給料でも、つつましく暮らすことも出来ます。
    辛いときは消えてなくなりたいと思うものです。
    でもなんとかなります。
    お父さんの暴力や暴言は間違っているんだと教えてください。
    そしてどうぞ、ゆむさんは自分の道をちゃんと進んでください。
    お母さんの人生を肩代わりすることは出来ません。
    出来ることはあります。しかし何もかも背負うことはありません。
    家族なんですから、ご兄弟とも力と知恵をあわせて、ぜひこの状況を打破してください。
    応援しております。

  3. 匿名 より:

    具体的にできることを探してみてはどうでしょう。

    ネットで検索するだけでもいろいろ出てきますね。
    https://www.bengo4.com/c_3/c_1158/b_566892/
    同じような状況の方の弁護士相談が見当たりました。ネットの情報が全て真実では無いですから、もちろん役所などに相談してください。

    夫婦には扶養義務がありますから、一方が働けない場合、もう一方は本人と同様のレベルの生活をおくれるようにする義務があるはずです。お父さんがお母さんをパートに出させないのであればなおさらこれに当てはまるのでは無いでしょうか。生活費の返還義務は発生しないと思いますし、むしろ慰謝料請求できる立場とも思います。証拠がないのであれば作りましょう。隠して録音もできます。この場合確か本人(お母さん)とお父さんの両方の声が入っていれば、お父さんの同意がなくとも有効な証拠となるはずです。(専門家ではありませんが自分のために以前調べたことがあります)

    お母さんが精神的に病んでいるようならば、お母さんの言う「心配かけたくない」「迷惑かけたくない」の言葉を鵜呑みにして放置しては意味がありません。
    役所などへの相談のその間に暴力などが続いた場合、とにかくお母さんをお父さんから引き離す必要があると思います。
    幸い頼れる兄姉さんがいるようですから、最悪の場合ご兄弟で協力してお母さんに安アパートを借りるなどしてはどうでしょう。大事なのはご兄弟の住所等簡単に見つけられる場所に移さないことですね。お父さんの生活圏外でお父さんが見つけられないところである必要があります。
    もちろん生活保護などの申請とあわせてお母様が自立できるように支援していく必要があると思います。60歳で初めて働きに出るというのは簡単なことでは無いでしょうから、金銭的援助も必要になるとは思います。離婚すると遺族年金もらえないらしいので、離婚より別居の方がよいかもしれないです。何をとって何を捨てるかですけど。。。

    ただ、、、、、こういうことで弁護士や法廷などが絡んでくると、ものすごく精神的にも時間的にも金銭的にも体力的にも、協力する子供たちにも負担がかかってくるのは事実です。子供の間で、誰か一人だけが対応するとなるとあとあと揉める原因になります。そこらへんも兄弟間で話し合い、みんなで平等に対応するか、お金で解決するか等、クリアにしてから行動したほうがよいかもしれません。 

  4. 東雲 より:

    ゆむさん

    >お金を返すまで離婚しない。

    このお金というのが、生活費のことでしたら、
    お母様は返す必要はありません。

    婚姻費用の分担について、ご一読ください。
    http://www.rikon119.jp/14050411066108

    それに、何か別に特別な借金があるとしても、
    借金と婚姻関係の解消は別問題だと思います。

  5. PPP より:

    ゆむさん、こんにちは。
    詳細や経過が分からないので憶測ですが、もし以前は普通に過ごしていたにも関わらず、ここ10年で意味不明な暴言・暴力が目立ってきたということであるならば、若年性認知症の疑いはありませんでしょうか?
    もちろん結婚当初からそのようなDV気質であったということであるならば、また話は別ですので、他の方がおっしゃるように専門の機関にご相談される方がいいかと思います。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 7 = 0