過去のイジメの辛い記憶、15年程たっても払拭できず…

すらいむさんのご相談

過去のイジメの辛い気持ちが、15年程たっても払拭できず悩んでいます。

30代の子持ちの主婦のすらいむです。

子供ができ、つわりが酷すぎたのをキッカケに地元に帰ってきました。
すると、子どもと一緒に小児科、スーパー、地元のお祭りに行くと、過去のイジメっ子(以下は加害者とします)に度々会うようになりました。相手も同じ年恰好の子連れになっています。

会うと、やはり憎いです。住む場所さえ分かれば火をつけたいとは思います。でもそれ以上に憂鬱になります。相手はきっと私の事など覚えてる訳もなく、それがまた腹立たしいやら憎いやら、悔しいです。
悪びれることもなく生きているので。
当時の学校側の対応も悪く、謝罪も無論なかったです。

また夏頃に母校の伝統である、30歳の同窓会があり、そのせいもあり、より憂鬱になっているのかも知れません。
とりあえず同窓会の出席は断ろうと思ってはいます。

最近兵庫県で、28歳の方が16年前のイジメを提訴し、訴訟する(日本語間違っていたらすみません)ニュースがあり、私は大変勇気をもらいました。やる気持ちはまだありませんが、やったらスッキリしそうな気持ちはあります(勝てば)

同じような思いをした方はどうしているか聞きたいです。

今の今まで時間が解決すると信じていましたが、今のところ時間は何の役にもたちませんでした。彼女達に会うようになると、以前と変わらず、へたしたら15年前よりも、もはや面白いくらいに気分が悪くなります。
全然面白くないですけどね。

また主犯格というか、直接的に動いた加害者は、ちょっとアホっぽく、自己顕示欲の塊のように微妙なファッションで出くわすので、気分はそこそこ悪くはなるものの、ちょっとアホらしいと思えています。
その辺にもヒントがあるのかなと思います。

とにかく、憎い、不幸になってほしい、嫌な気分になるという気持ちに振り回されるのを、すこしどうにかしたい…文章にするうちにどうしたいかも分からなくなってきています。全部を読んでいただき、なにかアドバイスを頂けると有難いです。
皆さんのお知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。


悩めるすらいむさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: その他
スポンサーリンク

過去のイジメの辛い記憶、15年程たっても払拭できず… への22件のコメント

  1. 泉州から京都迄 電車ですが三時間 より:

    すらいむさん
    今晩は お気持ち よ~くわかります。
    私も いつもではありませんが、時として
    ぐぐっと思いだしますもの
    15年前の事は よりいっそう辛く思われてるでしょ。でも、その時は 貴方自身だけ
    今は お子様 旦那様かいらっしゃいますね
    相手の方々もしかり
    話題もこれらになるのでは⁉️
    欠席して 街中で避ける生活は辛いです
    思いきって 参加されては いかがでしょうか
    昔の私を見てるようで 拳を握ってます
    長くなってすみません。

    • すらいむ より:

      コメントありがとうございます。

      今後も会ってしまえば仕方なく、で生きていきますし、あえて避けるということはしていません。
      ただ、精神安定上、同窓会は避けた方が無難と感じています。
      家族に迷惑もかけたくないのです。会ったあとの気分のわるさがなんとも言えません。普段の自分ではなくなってるはずです。

      また、5年後10年後あたりにお義母さんとの同居のため、引っ越しの予定もあり、多分地元からは距離を置きます。
      私の今の悩みは、実は今限定なのかも知れません。

      こうやって同じ気持ちのような方に会えて良かったです。

      • すらいむ より:

        また地元民のくせに、地元民と言わない方が過ごしやすいため、隠れはしないもの、あまり地元民に顔バレしないためにも同窓会はパス!と、心が決まりました。

        逆にバレたら、バンバン動きたいと思います。
        そんな理由もあり、しばらくは出自を偽り?まったり生活します。コメントありがとうございました。

        • 泉州から京都迄 電車ですが三時間 より:

          心を決めたら女は強い ヽ(^o^;)ノ
          頑張って下さい

  2. いちご より:

    気持ち分かります。
    中学校・高校時代は楽しい思い出より暗い記憶の方が残ってます笑。私の場合、いじめには発展しなかったけどからかいは沢山ありました。「時間が解決してくれる」こともあるけど、それ以上に傷ついた心は長い時間が経っても簡単には癒されないですよね。すらいむさんとは現在の状況も年代も近いので、苦悩がすごく伝わってきました。

    私も現在進行形で同じくドツボにはまることがあるので、すらいむさんの悩みを軽くすることはできませんが書かせてもらいました。辛い記憶に苛まれるのはあなただけじゃないですよ!
    私の場合は、加害者に接触された場合を考えます。馴れ馴れしく話しかけられたら、昔言えなかった分言い返してやろうと思います。なるべく人が見ているところで暴露。第三者がいる方がダメージを与えられるかと。
    他には、あの時の自分に何をしてあげれば救われるだろう?幸せになるには何をしてほしいと思うだろう?と考えます。一時的ですが、私はこれで少し気持ちが落ち着きました。

  3. いちご より:

    すらいむさんに復讐をすすめている訳ではないですよ!あなたには旦那さんや子どもさんもいて、少なくとも加害者より幸せにくらしていると思います。成長し、あの頃のあなたより何倍も強くなっています。気持ちの落としどころを見つけることができれば、気持ちも楽になるのではと言いたかったです。
    何を言いたいのかまとまらず申し訳ありません。

    • すらいむ より:

      いちごさん、コメントありがとうございます。

      こうして、気持ちをさらけ出し返信をいただくという作業で、かなり癒されることが分かりました。

      復讐…まあ暴露とかしたくなります。割とよく考えています。
      加害者の子ども(まだ上手く話せない)にあった時、
      「あなたのお母さんはすごく意地悪なのよ、おばさんのモノを勝手に盗んで捨てたのよ」と言いたくなりました。

      さすがに実行してないですが。

      多分頻繁にあう機会があったら、周りの人に暴露すると思います。が!いろいろあって地元民ではあるものの、出自がバレると色々面倒になるので(犯罪関係ではないです。念のため)なにもせず、ネチネチ見ているだけになりそうです

  4. ゆき より:

    お気持ちは凄く分かります。私もいじめを受けていました。
    私の感覚ですが
    私が幸せでいるのが一番の復習であると思っています。
    旦那様と仲良くいて、お子様と楽しく過ごすのが一番です。
    多少普段の生活に不満がある方であれば、すらいむさんが大事にされてる姿が一番悔しいはずです。
    お母さんが負の感情に包まれていれば、子供は心配しますよ。
    十何年もたって、憎い人に気持ちを持って行かれるのは凄くもったいない時間だと思っています。もし、昔のこととか思い出して言ってくるようであれば「そうね、そんな事もあったね~でもそのおかげで今幸せ」って言えるくらい浮上すると良いですね。言われた方はそれこそハラワタ煮えくりかえるくらい悔しいでしょうから(笑)

    • すらいむ より:

      コメントありがとうございます。

      恨んでる時間ももったいなければ、鬱々としていると子どももすぐ気がつきますよね。幸せに生きるのが1番の復讐は正しいです。ごもっともです。

      先に結論を申しますと、子ども時代のイジメって下手したら何十年、生きてる間ずっと恨まれる。加害者側からしたら全然割りに合わん、イジメまじヤベーというのが結論でした。(あえてバカっぽく)

      子どものイジメというのは、加害者側は大体した事も、被害者の存在すらも忘れてまして、正直復讐するしないの次元にはいないと思っています。なので15年たった加害者に悔しいも何もないなというのが、私の本心です。

      でも、それじゃ収まらないです。
      正攻法にいくなら、やはり裁判。
      次は、噂流しますか。あたまつかって。
      あとは嫌がらせ、シュールストレミングでもこっそり仕込みますか(笑って下さい)

      この井戸端会議を通じて、イジメはリスクが高いことを知りました。とりあえず何もしなくとも、めちゃくちゃ恨まれてるというだけでもリスクかなと思いました。

      また幸せに生きる事が復讐、に関しては、
      当時も実行委員やらでなにかと表舞台に立ち、1人遠くの学校へ旅立った私は、加害者側からみたら腹立たしかったかも知れません。

      • すらいむ より:

        あと、時間を有効活用するためにも、加害者側にあえて接触することは避けようと思います。

        あうと恨みが募るので。

  5. なな より:

    相手に言う勇気があるのなら、気持ちを伝えていいのかも。
    私も子供の入学式で会いましたが、相手は何だかモサッとしていてひょうし抜け。いじわるな男の子を見かけても、本当にヤンキーに成り下がっていたり。
    うちのパパの方がかっこいいわぁ。なんて思ったり。

    「悪口いってたなぁ」
    「教科書かくされたなぁ」
    「無視され嫌がられたな」
    子供が幼稚園に入ったり、小学校に入ったりするたびに思い出がよみがえってきます。あとPTAとかお母さん達と集まる行事が苦手です。いじめられたことを思いだすからです。

    そんな時は一通り思い出して悲しくなった後、好きな漫画を読んだり、子供の写真を見たり。別の世界に入るようにしています。

    でも人をいじめたら、裁判で罰せられる。
    ということがもっと学校の先生を含め周知されたら嬉しいです。

    • すらいむ より:

      コメントありがとうございます。

      気持ちを伝えることはしないです。
      そんな丁寧な、わざわざこちらからは相手にしないですね。

      そうそう、意外とモサっ!としていたり、バカっぽかったり、本当に拍子抜けですよね。私も加害者の一部はそうだったのです。

      こぎれいで同じ年頃の2人の子持ちの彼女以外は。

      とりたてて美人でもない、もともとの顔はさえないけど、普通にこぎれいな幸せそうなお母さんでした。因果応報は嘘だな!と確信しましたね!怒りながら。
      そもそも、直接手はかけず見て楽しんでいたタイプの人で、だからこそ余計腹立ちました。うーん、主犯ほどバカではなかったのでしょうか。

      このクソ野郎!こっちのテリトリーにチラチラ入って来やがって!!もうこういう時どうしたらいいんでしょうね!!
      ただ、彼女が学童期に書いた文集?(後々残るもの)が、なかなかエグい内容で、友人同士の取り合い?嫉妬を、全て実名で書くという、大変気持ち悪くステキなものだったので、それだけが私の救いです。弱点ではないけど、ちょっとした黒歴史。

      裁判の件ですがまだ判決は出ておらず、いまから裁判が進んでいくところかと。前例がない裁判のはずなので、もし勝訴すればかなり朗報だと思います。
      この裁判の判決によっては、子どものイジメは所詮子どものやる事だから…ね。とうやむやになりそうな気がしています。
      実際、訴えられた元校長も、もう解決した事だと思ってた、と話してますし。

      子どもイジメはなかなか解決しない、ということが知れただけましか、と思っています。

      あとは他の方のコメントに書きましたが、これだけ恨みを買うイジメという行為は、やはりリスクだと思いました。
      数日は彼女には会っていないため、溜飲は下がっています。

  6. とと より:

    上のコメントのゆきさんと重なりますが、
    以前、作家の村上春樹さんが読者からの質問に『優雅に生きることが最良の復讐である、ということわざがスペインにあります。どんなひどいことを言われても、されても、柳に風と受け流し、「知ったことか」と楽しく優雅に生きていくことが、最良の復讐なのだということです。含蓄のある言葉ですね。』と返事をされていました。
    現在をどれくらい幸福に、羨ましがられるほどに充実した生き方をするかではないでしょうか。
    それが最終的に最良の復讐になると思いますよ。

    • すらいむ より:

      コメントありがとうございます。

      何人かのコメントをみて、幸せに生きる、優雅に生きるが最大の復讐なのかなと思えてきました。

      復讐とは言っても、やはり相手が身に覚えがあるからこそ(相手がいるから)復讐という概念が成り立つ気がします。
      なにも覚えていない人に対して復讐だ、なんだかんだと言っても暖簾に腕押しだなと思います。

      加害者側にも、こちらを意識してバカにバカを重ねた様な人もいたんですよ。そんな人には有効でした。
      また高学歴の加害者もいましたが、成人式で嫌がらせをされてしまい、まさかあの学歴でそれをするか!?と驚き相手に出来なくなりました。いやバカすぎて言葉に出来ない。

      時々チラつく彼女にも、同じようにバカな事して欲しいものです。

      しばらく会わないと溜飲は下がるようなので、はやく忘れたいです。忘れなかったらそれはそれで、彼女は罪深い事をしたのでしょう。知らず知らずに恨みを買い続けるのもリスクだと思います。

      よく分かんないコメントですみません。

      たえられなくなったら正攻法に訴訟したいと思います。
      そのためにも、兵庫県の裁判は勝って欲しいです。

  7. すらいむ より:

    皆さんコメントありがとうございました。

    昨日主人に、子どもの頃の話をぐちぐちしゃべっていた所(田舎故か、当時の教師達のクズな話には事欠かない)

    「俺も無いわけじゃないけど、そんな事思い出して何になるの」と大層うんざりした顔で言われましたので、そうだよなぁーと納得させられてしまいました。
    そうなのです。イジメ思い出してもなーにもならないんですよね。

    出身の異なる夫婦なので、教師の倫理観もかなり差があったようで、結婚前は盛り上がるというか主人も驚いてましたが、まあ二度目はないですね。

    そんなわけで、同窓会は欠席(時々テレビに出るらしい、初恋の彼には会ってみたかった!!けど)平穏?に過ごします。
    自分で何度も書いていますが、忘れた相手に復讐も何も無い、というのが私の結論となりそうです。

    どうにもならなくなったら、私も裁判します。
    謝罪もいらない(どうせ嘘ですし、口だけならナンボでも言える)
    お金も大して取れない裁判にもなりそうですし、勝訴だけを目指してやります。相手に過去と、裁判起こされた何で!?という困惑し動揺するでしょう。多分きっと迷惑。
    それだけでいいです。
    私にできることは、16年前のイジメ裁判、勝ってくれと祈ることですね。

    思いの丈を十二分にぶつけられ、モヤモヤはかなり晴れました。ありがとうございます。

    ただ、他の方のコメントも見てみたいので、引き続きコメントを頂けたらありがたいです。
    私も被害者だと、思いの丈を書きまくるのもアリです。
    私はそれで落ち着きましたので、それで落ち着く方がいたら是非。

    イジメ、内容によっては大人なら逮捕される事ですが、子どもだからとうやむやにし、下手すれば被害者も悪いからと加害者を擁護するのが子どものイジメの特徴かなと思います。
    こうしてクズが量産される…もっとも教師達も子どもに染まったバカどもも多く、時々子どものように生徒を自らいじめていたりもしました。イジメが無くならないわけです。

    加害者には、家庭に問題があったり様々な要因を抱えており、被害者と動揺に注意しなければならない生徒だったりするわけですが、悪いことは悪いと指導する。
    イジメかっこ悪い!!

    そもそも痴漢と一緒で、加害者がいなくなればイジメは無くなるわけですから、加害者へアプローチしないと!と強く感じました。
    そんな世の中にしていきたいです。
    ありがとうございました。

  8. ポルカ より:

    すみません、水を差すようなのですが、すらいむさんが裁判をしたとしても、勝ち目があるようにはあまり思えません。

    いじめは相手の人権を毀損する行為です。民法上は不法行為にあたります。
    不法行為に対して、証拠が示されれば損害賠償請求権が認められます。ただし、時効があります。
    実際にその不法行為が発生したことを本人、または法定代理人(未成年者の場合は保護者)が認識してから3年が経過すると、損害賠償請求権を放棄したとみなされ、時効となります。

    兵庫の案件を確認しましたが、今もPTSDで日常生活に大きな支障があるようですね。現在も不法行為が続いているとみなされるのか、それとも別の要件で訴えを起こし、それが認められるか認められないのか、今後の判例に大きな影響を与える結果になる可能性はありますね。

    ただし、今現在元気で過ごされているすらいむさんにとっては、あまり有効な手段ではないと思いますし、無闇に相手に報復行為をした場合、逆に侮辱罪等の刑法上の罪に問われたり、相手から逆に不法行為で訴えられるリスクすらあると思うので、個人的にはやめておいた方が賢明だと思います。

    私もかつていじめられていました。自分の子供へのいじめがもしあったら、救うためには法的な手段も辞さないと思います。
    でも、自分に対する過去のいじめは、許しはしなくとも時効だと思っていますし、気にするだけ時間と労力の無駄だと考えています。
    いじめに関わった人達は心の中で抹殺し、私の中では生きていないものとしてゴミ箱行きです。思い出す価値もありません。
    そんなことより、今しか味わえない子どもの成長を愛でるのと、普段の仕事で忙しいです。

    どうしても苦しいのなら、カウンセリングにかかることをお勧めします。お子様の誕生まで、心安らかに過ごせますように。

    • すらいむ より:

      コメントありがとうございます。

      裁判うんぬんに関しましては、すみません。
      恐らくしないです。
      よほど切迫つまって捨て身にならない限りはしないです。(ミサイル飛んできて、自宅吹っ飛んだくらいのレベル)

      こちらにリスクがあるのは想定外でした。ご指摘ありがとうございます。
      ただ、私の出身は田舎です。そもそもこんな案件裁判起こしてくれる弁護士がいるかすら分かりません。
      仮に起こせたとしても、相手がわざわざ侮辱罪とか恥の上塗りをするのかな?と思います。田舎のネットワークは怖いです。

      ただ、兵庫県の訴訟は朗報でした。
      我が子が同じ目にあえば、私も法的な手段も辞さないです。

      三つ子の魂百まで。加害者達は未だ本当はみんなバカ、と信じて生きてきます。

      ありがとうございました。

  9. ゆうのすけ より:

    私も仕事関係ですが、火をつけたい奴がいますので、お気持ちはよくわかります!
    もう会うこともなく関わることもないのですが、どうにもこうにも、自分の中で持て余す感情ですよね。
    私は、負の感情に支配されそうになったら、考えない考えない!と声にだして、手で頭の周りを払ってます。漫画でいう吹き出しを消す感じ。強制的に思考を断ち切る努力をしてますね。
    これは私の尊敬する経営者の方に聞いた話で、信じてもらえなくても大丈夫ですが、思考は相手に繋がる、と。
    好きだなと思ってる人には伝わるし、嫌な思いも又伝わる。念ってのはある、昔から呪いとかあるのは、あながち間違いではない。お金だって喜んで払えばいいお金となるし、嫌だ払いたくない!と思って払うとそれ相応の事柄がおこるんだよ、と。自分勝手で恨み買う会社は問題が起こったり、それこそ火事になったりするだろう?悪い念が集まらないように、いい念、感謝をもらえるようにしなさいね、そうしたら自然と儲かる会社になるよ。(私が自営にて)
    話せば長いのですが要約こんな感じでして、私はなるほどと思って自分も悪い念は出さないことを心がけてます。(出しただけ返ってくる)
    また漫画のイメージですが、私が相手を考えたら相手の頭(脳)にそれが繋がってしまうと思ってるので、嫌だ!繋がりたくない!!という理解です。なので、思い出しそうになったら、手でかき消す。あとはテレビ消すみたいに真っ暗をイメージする。言葉でも、今のナシ!とか言ってます。
    私は幸せ!!とも叫びます(笑)
    イメージを物理的に処理する。
    結構効きます。もし良かったら試してみて下さい。
    あ、本当に

    • ゆうのすけ より:

      すみません、最後切れていて。

      本当に許せないとしても、そんな人は自爆するよ、貴方が何もしなくても勝手に不幸になるよ、とも言われています。
      ロクな死に方せんわ!と思っておけ(笑)と言われました。忘れなさい、とのことです。酸いも甘いも噛み分けた人生の先輩の言葉にて、私の心の拠り所となっています。

      • すらいむ より:

        コメントありがとうございます。

        思考は相手に繋がる話、似たような話を小学校の担任から聞かされました。
        彼らに嫌な念が伝わるのはまっぴらなので、思い出すのはやめます。離れていても念が伝わるのは困ります。

        余談ですが、思考が伝わるを間に受けすぎ、念を送る、好意を送ると恋が成就すると思ってしまい、当時アホすぎる痛すぎる片思いをしました。
        初恋の味はカルピスでした(原液)ヤバイです。

        加害者らに会った日からしばらく時間が経ち、かなり私も落ち着いています。考えるのが本当に無駄、と冷静に思えるようになりました。
        また同窓会についても欠席の決意がかたまり、健やかです。

        思考をかき消す、変える方法も、頭が嫌な思いに引き込まれたらやってみます。教えて頂きありがとうございます。

        ここはネットの世界、もっと批判的なコメントも増え多少荒れるのかな?と思いましたが、意外にも責められることもなく、皆さん優しい事が印象的でした。感謝します。

  10. にゃあ より:

    すらいむさんの言葉に甘えさせてもらって、ここで吐き出しです。
    私の場合は、子供へのいじめですが。
    上の子が、特定の子(たち)から嫌がらせされました。
    全体的ないじめではなく、他に仲のいい友達もいたのでさほど深刻ではなかったものの、親としては悲しいやら悔しいやら。
    当時は負の感情で色々考えましたが、まだ親子共々付き合いがあるのと、正攻法で訴えても無駄な(絶対に非を認めない、子供は裏表があり大人にウケがよい)相手だと分かっていたので、じっと我慢。
    しかし中学に上がってから、他の子へのいじめで親まで呼び出され、親は認めず先生とバトルし、ママ友からも距離を置かれ等々の噂を聞き、ザマーミロというか、相手にするのもアホらしい人だなと。
    そのとき「罰が当たるって本当かも、すぐに制裁?されなくとも、数年後に跳ね返ってくるものだな」と思いました。
    今、上の子は非常に充実した学生生活を送っているため、内心「勝った」という気持ちで、過去のいじめも気になりません。
    近所に住んでいますが、小さい頃と違って全く顔を合わせる機会がなくなりましたし、やはり距離間は大きいかなと。
    下の子も、特定の一人から暴言をうけたり無視されたり。
    それでも本人はその子が好きで「友達だから」と言うので、ぐっと我慢して見守ってました。
    1年ほど前に完全に無視されて距離ができ、私も内心ホッとしていたのですが、入学式で笑って声を掛けられて一気に負の感情が蘇りました。
    その後、相手方のママから「声かけたとき様子がおかしかったけど?」というメッセージが届き、無難な返事をしようと思ったけれど、なぜ傷つけられた側が気遣いしなければいけないのかと感情が止まらなくなり、過去にあったことを暴露し、とても辛い思いをしたと伝えました。
    上の子の経験から、数年後のバチを待てばよいと分かっていたのに。
    そのママは全く初耳だったようで、丁寧な謝罪メッセージが届きました。
    とても真摯な内容でしたが、今のところ許せる気持ちにはなれないです。
    相手に心のしこりを吐き出したことで少しスッキリしたのですが、上の子のように“もう終わり、気にならない”とはなりません。
    それは、まだ下の子が「幸せだー」と胸張って言える状況にないからかなと。
    これから、そうなりたいです。
    嬉しい、楽しい、幸せと笑顔で過ごせる日々を重ねたら、そのとき自分も解放されるかなと。
    今回、相手ママのメッセージから過去に呼び戻されてしまいましたが、なるべく前を向いて明るい方へ進んでいこうと思います。
    ちょっとしたキッカケで負の感情が出てくるのが分かったので、やはり距離は大事だと思い、暴露メッセージでもう話し掛けられることもなくなったのは良かったと思うことに。
    お互い、幸せになりましょう!!
    それが一番の解決法だと思います!!!
    この場を借りて吐き出しさせてもらい、ありがとうございました。

    • すらいむ より:

      コメントありがとうございます。

      我が子へのイジメですか…私の人生でも今後でてくるのだろうと思いました。参考にさせていただきます。

      自分の事なら、自分の裁量で好きにできますが、我が子とはいえ勝手な事はできないですよね。もやもやというかスッキリしないこともありますよね…。

      なんとなくですが、親が変だと子どもは苦労するんだな、と思いました。当方は田舎出身で大変閉鎖的な地域ですので、ママ友総スカン食らうと、10年は確実に噂たてられます。

      下のお子さんも、はやく吹っ切れる(?)といいですね。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 + 1 =