先日主人の会社のBBQに参加した際、気になることが…

みなみさんのご相談

初めて相談させていただきます。
主人とは授かり婚で去年の11月に籍を入れました。
遠距離恋愛だったのですが、結婚と同時に私は主人が住んでいる地域へ引っ越しました。
里帰りで出産し、今年の6月に帰って来ました。
なので、まだこっちに知り合いや気軽に相談できる人もいなくてつらい思いを度々しています。

ここから本題なのですが、先日主人の会社のBBQに息子も参加させていただきました。
倉庫のようなところでやっていたので煙が充満していました。
なので、扇風機の近くであまり煙が来ないところで主人と息子をベビーカーに乗せて立ち食いしていました。
すると、息子がグズグズし始めたので主人と交代で抱っこしながら食べていました。
すると、主人の仲の良い30代の女性の先輩が食べている反対側にある入り口から来られました。
先輩には息子さんと娘さんもいますし、旦那さんもいらっしゃいます。
その日も息子さんと娘さんは来ていたのは知ってますが、旦那さんの顔は知らないので来ていたかは存じあげません。
主人は先輩を見つけるとすぐに私に断りもなく先輩の所へ息子を抱っこしたまま向かいました。
私は知り合いもおらず、孤立して食事をする事になりました。
そして、私がいるときには抱っこさせてほしい等のことは聞いたことないのに、先輩は息子を抱っこして自分の子供たちに見せていました。
主人もその輪の中に入っていました。
そして15分位して主人と息子は帰って来ましたが、私に先輩が来てたよ、等の報告はありませんでした。

なぜ、こんなに先輩が気になるかというと、まだ主人と付き合っていた時の話です。
その頃私は両親と仲悪くて早く家を出たいと思っていました。
それを主人に話していました。
その日たまたま電話していたときにその先輩が主人に話しかけて私の両親との話題になりました。
私は電話越しに2人の会話を聞いています。
その先輩は私と結婚はやめたほうがいいと言っていました。
私の悪口が始まって気分が悪くなったので電話を無断で切りました。
そして、妊娠して結婚して引っ越してきた時に主人の会社の忘年会がありました。
その忘年会前に全く知らない人ばっかりよりも知り合いがいたほうがいいだろうと、主人が私のLINEを先輩に教えました。
何通かやり取りもしましたし、教える時に許可も聞いてくれました。
そして忘年会の時私がどこから来たか等を他の自分の後輩に自慢そうに話すのです。
私は悪口を言われてるのも知っているのです。
あまりいい気分にはなれませんでしたが、笑顔で対応しました。

それなのに先日そんなことがあって結局帰るまで私から話しかけることもありませんでしたが、先輩から話しかけられることもなく終わりました。

息子が泣いた時外に出てあやしていると、先輩の息子さんが私のところに来たので話していました。
もともと子供が好きなのでたくさんお話ししてくれました。
そして家に帰って主人に息子さんが明日運動会で、先輩の妹さんの結婚式があるらしいと話をしたら。
目線を合わさずにへぇー、とだけ返事されました。

深く考えすぎなのかもしれませんが主人はもともと年上の女性が好きで、わたしは主人と同い年です。
誠実で真面目で誰にでも優しい人なので、浮気は考えられないのですが、BBQがあった日からずっと疑ってしまいます。
わたしのことは好きだけれど、先輩のことも好き、という可能性が一番高いのです。
わたしのことを嫌ってるわけではなさそうなのです。

浮気は考えすぎでしょうか?
私は自分に自信がなく嫉妬深いです。
だからそう思ってしまうのでしょうか?
元々人に相談するのが苦手で、でも誰かの意見が欲しくて相談させていただきます。


悩めるみなみさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

先日主人の会社のBBQに参加した際、気になることが… への18件のコメント

  1. もぐもぐ より:

    みなみさん、こんにちは。
    ご相談ですが、考えすぎの気にしすぎだと思います。

    私も職場の後輩とかが赤ちゃん連れてくるって言うと「うわ~見せて!抱っこさせて!」て言いますね。
    気を使える人なら、ちゃんと奥さまの元まで行って挨拶程度にお話しをしてから赤ちゃん抱っこさせて下さいと一言つけますが、今回はご主人が気を回してか先にお子さんを見せに行ったような感じではないですか?
    そこでみなみさんもその光景を離れて見ているだけじゃなく、近づいて「いつもお世話になっています~~」とか言ってもよかったと思いますよ。
    ご主人の先輩なのですから、顔を見ておいて(忘年会で会って顔見知りなんですよね?)「そのままお話しませんでした」はちょっと大人気ないと思いますよ。
    ご主人の同僚や上司もいたでしょうし、そのような場ではニコニコ愛想よく知らない人でも「お世話になってます~」と良い奥さんを演じておくとご主人の株も上がるのではないですかね。

    結婚前の悪口言われたとかは、もう一回忘れて大人のお付き合いをしていきましょう!
    浮気とかは考えすぎだと思います!

    • みなみ(相談者) より:

      もぐもぐさん

      お返事ありがとうございます。
      私が極度な人見知りで小心者のせいで、なかなか知らない人が多いところで挨拶ができなかったりします。
      それをよく自分で責めて治そうとしているのですが、方言もあり、聞き取れない所が多く、なかなか改善できません。
      これではやっぱりだめですよね…。
      人数が多くて、なかなか一歩が踏み出せず、話しかけてくださる方にはきっちりとしたご挨拶はさせていただきました。

      その先輩とは以前お祭りと、駐車場でお会いした時もしっかりとご挨拶させていただきましたが、息子を抱っこしたい等の事は言われませんでしたし、息子をお披露目?もしました。

      昨日、お義母さんにも主人が連絡をして話し合いに参加してもらいました。
      私が呼んで欲しいと言ったわけではなく主人の判断でした。
      お義母さんは私のことをすごく考えてくださっていて、息子だからと主人の味方をするわけでもなく、私のことを気遣ってくださいました。

      浮気はしていない、と話はまとまって私も納得したのですが、心のどこかでは疑っているところもあります。
      そんな自分がすごく嫌になります。

      長々とすいません。
      吐き出したかったので書いてしまいました。
      これからは大人な対応ができるよう、心がけていきたいと思います。
      ありがとうございました。

  2. ひよこのこ より:

    ご相談内容だけですと、先輩とご主人が怪しい関係だとは決定付けられませんでした。

    ただ、みなみさんに対して失礼な感じはお二人とも似てますよね。電話向こうの二人の会話内容もBBQ会場での振る舞いも、先輩だけじゃなくご主人もかなりの同類だというのは確かだと思います。二人揃うとより悪くなる、そんな感じではないでしょうか?二人の仲を疑うよりも、人間として要注意人物というかなんというか。

    そして、先輩もご主人も、そしてみなみさんも、慣れた身内にだけ心開くタイプといった印象です。さほど仲が近づかないうちに起こり得る人間関係だと取れますので、二人を怪しむほどじゃないかなーと感じています。

    ご主人は場馴れしない妻・子と行動を共にして、皆さんにとは言わずとも、自分が話す相手、話しかけられた相手に「妻と子です、去年こちらに来ました」と紹介すればよかった。
    先輩も「奥さんもきてるんでしょ?連れて来なよ」などと、みなみさんを輪に入れればよかった。
    そしてみなみさんは、ご主人に置いていかれても後からついていき「こんにちは」と輪に入ればいいんですよ〜。置いていかれたプンプン、じゃ先に進みませんから大人の振る舞い道を開いて(道を守って)いきましょう!

    引越先で慣れるまでは大変だと思います。育児を通してでも、パートを通してでもなんでもいいので、地域とつながる何かを始めてくださいね〜!

    • みなみ(相談者) より:

      ひよのこのさん

      お返事ありがとうございます。
      言い訳せず自分も頑張って輪に入ればよかったですね。。。
      誰にでも気を使ってしまうのが自分の長所であり短所です。
      主人でも自分の両親ですら私は気を使ってしまいます。
      今回は主人の職場の方々がたくさんいらっしゃっていたので失礼をしてはいけない、とかたく身構えすぎていたのかもしれません。
      邪魔をしてはいけない、失礼をしてはいけないとずっと考えていました。

      昨日話し合いをし、その場に主人の判断でお義母さんもいました。
      お義母さんが話を聞いて、一緒に行動すればよかったでしょ?と注意してくださいました。
      私も気を使わずにその場で知ってる人ですし、ご挨拶するのが礼儀でしたね。。。

      今回のことを深く反省し、次回に活かしていきたいと思います。
      ありがとうございました。

  3. ちきん より:

    ちょっとその先輩女性は感じ悪いですよね。私でも苦手かもしれないです。
    そういう人います。マウンティングしてくる感じですよね。自分の方が良く知っているわよ的な何かを臭わせてくる人。女性には嫌われるタイプですね。
    案外男性は気がつかなくて、そういう女性が職場では男性の後輩に慕われてたりするんですよね。
    その女性の感じ悪さはさておき、それ以外、特に旦那さんの方に何か問題があるとは思えないんですが。
    いろいろ考えてしまうなら、行動に出るべきです。もっと旦那さんとの信頼関係を強くするような、良い家庭を作る方向に。
    いろいろ一緒に行動する予定を立てたり、お子さんとご主人の記録を作ったり。居心地の良い家庭を作れば、きっと自信もつくし、笑顔になれると思いますよ。子育て大変と思いますが、可愛い頃でもあります。是非楽しんでください!
    煮詰まったら、子育て支援のいろんな行政サービスを使ったり、友達を作ったりして、うまく発散させて下さいね。

    • みなみ(相談者) より:

      ちきんさん
      お返事ありがとうございます。

      ちきんさんのおっしゃる通りの方です。
      育児で仕事ができないという今の現状に、主人に対して申し訳ないという思いがあります。
      なので、お子さんが2人もいて仕事もされてる先輩に対して、劣等感を感じているのかもしれません。
      敵対とまではいかなくても、自信のなさから警戒してしまっているのかもしれません。
      主人が夏期休暇を取れるので先月予防接種についてきてもらいました。
      今月も残りの夏期休暇で予防接種と4ヶ月児健診を主人だったの希望から一緒に行くことになっています。
      小さな事かもしれませんが、こちらへ帰ってきた時は自分がやってしまったほうが早くて効率がいいと考えてしまい、主人に何もさせていませんでした。
      ぐっと我慢して主人にオムツを変えてもらったり、お風呂に入れてもらったり、買い物中抱っこしてもらったりと触れ合いを増やす心掛けをしています。
      そのおかげか育児に対してはすごく楽をしているし、心に余裕もあります。
      夫婦間に関してだけ余裕がなかったのかもしれません。
      支援センターには県外から来たママさんがたくさんいました。
      お友達になれるようにもっと頑張っていきます。

      アドバイスや共感頂けて楽になりました。
      ありがとうございます。

  4. さぼてんさん より:

    もっと大人の対応をしたら良いと言われる方もおられますが、全く知らない人の集まりにいて、「私が嫁です!」って出れませんよねぇ。でしゃばってるようで。私もみなみさんと同じような行動をするタイプなので、お気持ちはすごくわかります。
    そんな時の「こっちにおいで〜」のご主人の一言は!助け舟なのに、ご主人は楽しく話に夢中になっていると余計に孤立しちゃいますよね。

    先輩とご主人の間柄ですが、浮気はまだないと思いますが、これから場合によってはそういう方向になるかもしれませんね。みなみさんの直感でそう思われたのなら、ありえるかもしれません。(こういう直感がよく当たりますから)

    そこで予防策として、性格的に難しいかもしれませんが(がんばって)、会社の集まりで家族が参加する事をある時には、必ず参加して、ご主人と先輩のふたりの話や行動の端々をじっくり笑顔で観察し、さりげなく輪に溶け込むのがいいと思います。

    後はおうちの事、子育てに関することをご主人も一緒にするように仕向けて、「ありがとう」(男の方はおだてに弱い生き物です)と笑顔で接するように心がけていたら良いのでは。

    そして子育て真っ最中で大変ですが、少しずつ知り合いを作り、話ができるお友達に発展させてください。たまにはご主人に言いたい事をさらけ出した方がいいですよ。

    長文失礼致しました。

    • みなみ(相談者) より:

      さぼてんさん
      お返事ありがとうございます。

      同じ様な気持ちの方がいて、安心しました。。。
      輪に入れるような一言がどこかからでももらえたら入りやすかったのですが、どこからもなく、話しかけれるわけでもなく。。。
      これからはもっと積極的にできる様に心がけてみようと思います。

      さぼてんさんにアドバイスいただいた様に、そういう場に息子に負担がない限り参加してみようと思います。

      妊婦時代からよく私からはありがとうをよくいう様にはしていたので、これからもそれを続けて、息子との触れ合いを増やして行くようにしてみます。

      限界が来るまで我慢していたのでこれからもは少しずつ話していくよう努力しようと思います。
      ありがとうございました。
      心が軽くなりました。

  5. さはら より:

    考え過ぎなような気がします。
    誰も知り合いのいない土地で、頼りになるのが夫だけという環境なので、べったり依存してしまうのも分からなくもないですが、夫には夫の社会的一面があります。
    子供が成長するにつれ、ママ友とか、できてくるかも知れませんし、そうなると自分の世界が出来てきて、旦那さんにべったりからは卒業出来るかもしれません。
    子供が小さく、しかも人見知りなら、その愛情は子供に向けた方が気が楽では?
    精神的に、辛い時だと思います。
    何もかもを。はなかなか大変ですので、まずは子供の世話を。
    後のことは、疲れや寂しさ、子育て中のホルモンのせいかも知れないとお考えになり、やり過ごしても良いかと思いました。
    夫の会社の集まりって、多少なりとも値踏みされる戦場みたいなところありますよ。新参者だし。
    社交的にするのも武装みたいなもの。
    できないなら、行かないのも手かも?だめか?

    • みなみ(相談者) より:

      さはらさん
      お返事ありがとうございます

      周りの人から子供にばかり愛情を注いでいると、旦那との距離が開いてしまうことがあるから、あまり子供にばかりに目がいってしまってはダメ、と聞いていたもので。。。
      だからと言って依存しすぎていたかもしれないです。
      支援センターのイベントによく参加するので育児を相談できる人が2.3人できました。
      友達もは言えなくてもあったらよく挨拶をして、育児の相談や体験談を聞かせていただく仲にはなれました。
      この調子で自分の友達を作れるよう努力来て見ます。
      今回は前日にいきなり集まりがあると言われ、顔だけ出してくると言うので、気にせず楽しんで来てくれても良いよ?といっていました。
      ですが上司の方が電話して奥さんも呼んであげたら?と言うことだったので、行ったほうがいいのかな?と気を使って行きました。
      これからはそう言うことがない限り、極力参加を考えてみようと思います。
      ありがとうございました。

  6. でん より:

    その状況で、みなみさんにひと言もなくいきなり先輩のところへ行ってしまったご主人が私には理解できません~! っていうか、相手がみなみさんでなかったとしても(友達と話していたとしても)、誰かが来たからっていきなりその場を離れたりしないですよね? 「あ、何々先輩だ、ちょっと挨拶してくる」くらい言うじゃないですか。

    それを言ってくれたら「連れてって」とか何とか言えたのに。いきなり置いていかれたら「え?」と戸惑ってる間にポツン…って想像できます。寂しかったですね。

    私ならそこは夫に言いますけどね。「私にはアウェーなのにいきなりおいてくな」と(笑 

    その先輩についてはちょっと悪く取り過ぎかなって気もしました。わざわざあらかじめLINEでやりとりしてるのに、みんなの前で知らんぷりしてるほうが変じゃないですか。

    一時は悪口を言ってしまったけど、結婚も決まったし、改めて仲よくしていこう、という気持ちで「彼女、どこそこ出身でねー」って紹介してくれたんだって思いました。

    それを「自慢」と受け取るみたいな、「先輩苦手(っていうかぶっちゃけ嫌い)オーラ」が出てるから、彼女のほうも近寄りがたく思ってるのかもしれません。

    そういうオーラって伝わるんですよね。実は私も経験があるんです。私、夫の友人グループの1人に嫌われてるとずーっと思っていて、でも彼も私に嫌われてるとずーっと思っていたそうです。ある時誤解が解けたんですが。

    その苦手意識を取っ払って、こちらからほがらかに接してみれば案外、頼もしい味方になってくれるんじゃないかなと思いました。

    いい方向に向かいますように。

    あ、ご主人は先輩を「好き」というか「憧れ」みたいなものじゃないでしょうか。そこは心配ないように思います。

    • みなみ(相談者) より:

      でんさん
      お返事ありがとうございます。
      相手が私に限らずしてしまうかもしれないですね。
      今回は私だっただけかもしれないので言ってみます。

      何人かで会話をしていたので輪に入れていただけて私に聞かれて私が答えようとしてもその先輩が答える、という状況でした。
      もしかしたら先輩も気を使ってしていただいていたかもしれないので、考えないようにしよう思います。

      もしかしたら苦手オーラが無意識にあったのかもしれませんね。
      これからはもっともっと気をつけていきます。
      すいません。
      ありがとうございました。

  7. みつばち より:

    「誰にでも気を遣ってしまい・・・」というのは良さげな響きに聞こえますが、
    そういう完全アウェーな人に声をかける時、私は「気を遣って」話しかけます。別に気を遣わなくていいなら話しかけません。
    無意識だったりなんの躊躇もない人や場合もあるでしょうけど・・・。

    でもみなみさんが書いているような「人見知りで自信がなく嫉妬深く・・」な人が悪いなんて全く思いません。
    あまり無理せずに出来そうなところから改善していけばいいのではないでしょうか?
    ただ、自分は性格的に出来ないから他の人が声掛けてよ、と周りのせいにするのは私だったら嫌です。
    自分が出来ないなら、その結果は受け止めて欲しいなと個人的にはそう思います。
    厳しいようですが、自分の事は自分でしてほしいです。

    そしてやりやすい改善方法としては、皆さんが書かれているようにご主人に
    「置いていかないでほしい」「紹介してほしい」など事前に伝えることかな、と思います。
    御主人には夫婦として是非とも協力してもらいたいところですよね。

    浮気疑惑というか先輩への気持ちについてですが、
    私の仕事場に気の合う人がいるとしたら、それは性別関係ないです。
    女同士が全員仲良しじゃないし、男性が皆遠い存在でもないです。
    でもいちいち恋愛モードにはなりません。ただの友達です。
    不倫も多い昨今ですが、ご相談を読む限りそういう印象は受けませんでした。

    御主人の先輩への気持ち、、、の心配よりも、みなみさんへの気持ちがより深まるよう(率直に言うと嫌われないよう)
    他人への心配ではなく、自身の内へ気持ちを向けてみてはいかがでしょうか。

    がんばってください(^^)

    • みなみ(相談者) より:

      みつばちさん
      お返事ありがとうございます。

      やはり私が悪いですよね。
      知らない人ばかりだからと言って話に加わろうと努力が足りなかったんだと思い深く反省しました。

      周りのせいだとは今まで思ったこともありません。
      ですが、そのように受け取られるような書き方や、仲にはそういう方がいるということをよく頭に置いておきます。
      不快にさせてしまい申し訳ありません。

      今まで主人と息子のことをよく考え、多少の自己犠牲は仕方ないと思って来ました。
      自分のことを後回しにしたら、我慢したりしすぎていたのかもしれません。
      そのせいで卑屈になっているように思います。
      これからはもう少し自分も労わりつつ、周りの空気を読んで人と関わる努力をしていきます。
      すいません、ありがとうございました。

  8. ひよどり より:

    みなみさん、はじめまして。
    アウェイな場で置いていかれちゃったときのどうしようもなさ、きついですよね。

    私は、人見知りなのも小心者なのも、けして悪いことではないと思います。
    そういう方はたくさんいらっしゃいますし、得意不得意ってあります。
    努力は大事ですが、無理に社交的になろうと頑張らなくてもいいんじゃないでしょうか。

    家族同伴の会社のBBQって、そもそも普段職員を支えてくれてる家族を慰労したり、家族ぐるみで親睦を深めたりするためのものだと思うんです。
    むしろ会社側が家族を接待するようなものなので、そんなに気を張らなくてもいいんですよ。

    私はむしろ、みなみさんが「気を使って」「失礼のないように」頑張ってらっしゃることが気にかかりました。
    緊張して気を張っている方に声をかけるのって、難しいものなんです。
    こちらから話しかけたときにガチガチに緊張されちゃうと「あ、緊張してるな、あんまり話しかけないほうがいいのかな」って思っちゃうんです。ましてや「お子さんだっこさせて」なんてとても言えません。
    『端っこの方で家族だけでいる』なんて、「あ、内輪だけでいたほうが安心なんだな、話しかけないほうがいいな」って思っちゃいます。
    みなみさんが煙が気になって…というのはもちろんわかりますが、外から見ると拒絶的に見えるんです。
    みなみさんも、実際のところは話しかけられて仲間に入りたい気持ち半分、「話しかけられたらどうしよう!?」という緊張半分だったんじゃないでしょうか。そういう緊張って伝わっちゃうんです。

    先輩がみなみさんの代わりに出身地を紹介したり質問に答えてしまったことも、「緊張してるから場を取り持ってあげなきゃ」というアネゴ気分だったのかなと思います。
    そういうアネゴ気味な方って、後輩に頼られるといいとこみせたい気持ちが出て、その場のノリでバシッと強い(時に独断的な)アドバイスをしちゃうこともままあるんです。
    「結婚しないほうがいい」っていう話も、そのとき電話してたご主人が参ってたから言っちゃっただけだと思います。きっとご本人は「あの時は反対したけど、うまくまとまってよかったね」くらいにしか思ってないし、下手したら発言を覚えてないですよ。

    きっと、ご主人がみなみさんを同伴されたのは、仕事仲間に妻と子を紹介したいとか、引っ越してきてアウェイな南さんに少しでも人と仲良くなれるきっかけを作ろうとか、そんな想いもあったんだと思います。
    でもみなみさんが緊張してるから、せめてお子さんだけでも紹介しにいこうーと気軽に行っちゃったんじゃないでしょうか。
    ご主人のエスコートがイマイチだったのは残念ですが、男の人ってわりとそんなもんです…。
    浮気は心配しなくていいと思いますよ。

    もし今後そういう会合に行く機会があったら、「失礼のないように」とか「しっかりした挨拶を」とか気張りすぎずに、誰にでも万能に使えそうな無難な挨拶を一個だけ用意しておくといいと思います。
    「いつもお世話になっています」とか「今日はいい天気ですね」とか。
    あとは、目があったらニコッてする。興味がある方はもっと話しかけてくれるかもしれないし、それ以上会話が弾まなくても全然失礼にはなりません。

    なにか話しかけられたりして詰まりそうになったら、「口下手ですみません…」とか、「こういう場に慣れてなくて緊張してます」とか、「まだこちらの方言に慣れてなくて…どういう意味ですか?」とか、言っちゃっていいんですよ。言った方が、肩の力が抜けます。

    コメント拝見してるかぎり、基本的に礼儀正しい方だと思いますので、「緊張してるけど、親しくなりたいと思ってるんだな」と相手に伝われば大丈夫だと思いますよ。
    慣れない土地で大変だとは思います。頑張りすぎないように、気を楽に過ごしてくださいね。

    • みなみ(相談者) より:

      ひよどりさん
      お返事ありがとうございます。

      おっしゃる通りですね。
      確かに私もそれほど緊張されていたら話しかけ辛いかも知れないです。
      次回からはもう少し肩の力を抜いて、笑顔を心がけていきます。

      きっと覚えてらっしゃらないかもしれないですね。
      先輩の前であからさまに嫌な顔などはした事はないのですが、苦手意識が無意識に伝わってしまっているかもしれないのでこれからお会いした際は笑顔でもっと話しかけていけたらと思いました。

      もう少し素直に、聞き取れなかったり分からなかったらお伝えしていこうと思います。
      分からなかったりすると無言になってしまったり、固まってしまうのでこれからは失礼かもしれませんが訪ねてみます。
      主人はあまりなまっていたり、方言が入っていないのですぐ理解できます。
      ですが仕事では方言を話したりしているので、私もいろんな方言を教えてもらうようにします。

      家事の面でも仕事をしていない罪悪感から全て完璧にしてしまわないといけない、と勝手に思っていました。
      できていないことがあると申し訳なく思っていました。
      先日の話し合いからお姑さんにも完璧になんてしなくていいと言っていただき、全てにおいて肩の力を抜いていこうと思います。

      長文でのお返事ありがとうございます。
      見直すところ、力を抜くところを今一度考えてみます。
      ありがとうございました。

  9. はな より:

    ご主人と女性の先輩は少し仲良しな様ですよね。
    電話越で悪口を聞いたり~は嫌ですよね。

    みなみさんも未だ未だお子様に手が掛かるし日々、育児・家事で時間が過ぎていく中で、慣れない人達の集まりの中、ご主人のそういった立ち振舞いは、心配になるもんですよ。わかります!!

    もし、またそういった場があったら、気負いせず、先輩をしっかり観察してやる!(笑)位の気持ちで行けると良いですよね。

    子供が成長するに連れてママ友との付き合いも増えたり、色んなとこでの集まりの場数を踏んで、心持ちも逞しくなりますよ。学習する~といいましょうか・・。
    みなみさんの良さをそのままにしつつ、息子くんのママ・奥さんとして強くなっていきますよ。具体的なアドバイスは出来ませんが読んでいて凄く応援したくなりました。

    お体に気を付けて頑張ってね。

    • みなみ(相談者) より:

      はなさん
      お返事ありがとうございます。

      支援センターのイベントに通って、9ヶ月のママさんとよくお会いしていたのですが、最近同じ県外から、というきっかけから育児の相談や体験談を聞く仲になれました。
      まだそこまで親しくはありませんが、一歩踏み出せた気がします。

      今回はいきなりだったこともあり、あまり心の準備が出来ていませんでした。
      今は気持ちの切り替えが出来ているので、悪口を言われていたくらいで気負けしてはいけない!という心持ちです。
      次お会いしても笑顔で対応できると思います。

      圧倒的に場数を踏んでいないので、これからこの小心者なところが改善されるよう努力していきます。
      応援ありがとうございます!

      そろそろ無理がたたって体調を崩しそうなので、自分を少しいたわっていきます。
      本当にありがとうございました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 + 3 =