高3女子。反対する母に、彼氏を認めてもらう方法は?

れいさんのご相談

高校3年の女子です
私には4つ上の彼氏がいます
私は彼氏や彼氏の家族とも仲が良く、どこかへ連れていってもらうことや、彼との電話に入ってくることもよくあります
しかし、私の母から彼氏を反対されるのです
その理由は
・付き合ってばかりの時に22時ぐらいまで遊んでいたから非常識で信用を失くした
・受験生の娘を連れ回すなんてどんな人だ
・そもそも連絡を取りすぎだ
・受験生なんだから受験勉強しろ
などなどの理由です
しかし私は志望大学の受験方法が指定校推薦という方法(ほぼ99%合格)で受験するので、他の受験生よりガッツリする必要はあまりないのです
しかし母の信用を取り戻すため、彼に話をしあまり会わなくなりました
LINEなどで連絡は取っていますが、電話もほとんどしていません
もちろん彼のことが大好きなので会いたくもなります
なので本当に月に1、2回だけ夜7時までこっそり会っています
それなのにまだいいイメージを持っていないと言います
これが普通なのでしょうか??
それとも少し過保護すぎるのでしょうか??
私は彼のことが大好きなので少しでも早く認めてもらいたいです
信用を取り戻す方法を教えてください
よろしくお願いします


悩めるれいさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: その他, プレ嫁
スポンサーリンク

高3女子。反対する母に、彼氏を認めてもらう方法は? への30件のコメント

  1. ティーンの母 より:

    私にも娘がいるので、私の娘ならという意見を書かせてもらいますね。
    娘の毎日の生活態度に不満な点が無ければ、彼氏がいることとかは
    あまり心配のタネとかではないんですよね。
    全く関係ないように思うかもしれませんが、家の手伝いとか
    自分の身の回りのこととか、きちんと自分でできていますか?
    食事の用意を手伝ったり、片づけたり、洗濯物をたたんだりetc.
    お母さんがれいさんに何かしてくれた時に「ありがとう」と
    感謝の気持ちを伝えるのも大切です。
    どうしてこういうことを書くかというと、娘は受験だからと
    お母さんは色んなことをれいさんの為にしてくれていると思うのです。
    働いているお母さんの場合は、学費を稼いでくれているわけですよね?
    そのお母さんの協力のお陰でできた、あなたの時間的な余裕を
    あなたは彼氏の為にばかり使っているのではないでしょうか?
    「親だから、子供の為にするのは当たり前」じゃないんです。
    毎日の生活で、娘がしっかり自立していれば
    お母さんはあなたのことを信用できるので
    「娘の選んだ男性なら大丈夫」と安心して見ていられるのに、
    一度でも遅くに帰宅したことがあるとなると、
    「彼氏の存在」イコール「娘をたぶらかす悪い存在」
    とお母さんの脳内にインプとされたのでしょう。
    マイナスから始まってしまった信用を取り戻せるのは
    れいさんの毎日の生活態度で示すしかないです。
    ほんのしばらく「いい子」にしていたから、
    当然の権利!とばかりに喧嘩腰でお母さんに話をするのも
    全くの逆効果ですからね。
    まずはお母さんに日頃の感謝の気持ちを伝えつつ、
    受験生のあなたにとって、彼氏の存在はどういう面でプラスなのか
    ちゃんと説明できますか?
    あなたがちゃんと自分の将来のことを考えて行動しているんだなって分かれば
    親だって安心できるし、安心したいんですよ。

    • れい より:

      手伝いとかは多分してる方だと思います
      夜中まで起きてお皿を洗ったり、洗濯物をしたりするので
      逆に私の母は昔までやっていたご飯作りや、家事全般を父や私に押し付けて、最近は仕事から帰るとダラダラとしています
      親なんだからしてくれるのは当たり前と思うのはやはり甘えなのでしょうか??
      でもせめてご飯やお皿洗いぐらいして欲しいです
      おかげで今日も昨日もほとんど食事らしい食事をしていません

      • しみず より:

        れいさん
        お母さんが遅くまで仕事で本当に疲れているのであれば、お父さんとれいさんで家事を分担してやるのは当然です。誰がやるのが当然というのではありません。そのときそのときでお互いに思いやって、できる人がやるのが家族です。
        れいさんが高校生で、れいさんの言うようにもう受験勉強をがっつりしなくていいのであれば、夜ご飯の用意ぐらいしてもいいはず。毎日ではなくとも週の半分くらいは進んでしましょう。大学に進んだら一人暮らしするのかわかりませんが、そうすれば毎日掃除洗濯炊事自分ひとりでするんですよ?
        実家から大学に通うのであれば、もちろん勉学が優先されるべきですが、家事を担うのは当然です。大学生にもなればもう子供ではありません。十分に働ける年なんですから。それを将来もっといい職業につくため、好きなことを仕事にするために親がお金を払って大学に行かせてくれるんです。親だから全部やってくれるのが当然ではありません。甘えていいのは中学生までと私は思っています。義務教育は中学校までです。高校からは親の好意で行かせて貰っていると考えると少し大人になれます。

        もしお母さんがしていることが育児放棄や家庭放棄と感じるような気配があるのであれば、それはまた別の問題です。お父さんとも相談する必要があります。

        • れい より:

          母が働いて、家に帰ってくる時間は大体午後の6時半です
          私が部活から帰ってくるのが9時なので私の方が遅いはずなのですが…

          せめてお腹を空かせて帰ってくるので、ご飯は作っていてほしいです
          逆に父の方が11時頃帰ってくるので凄く心配で、父の家事を手伝うことは多いです
          基本的に出来ることは自分でやっています
          お弁当や朝食なども自分で作っていますので、基本母の手は借りないようにしています

          育児放棄とまではいかないと思いますが、父と最近の母は少し酷いねという話をこの間しました
          更年期とかで苛立ってしまうのでしょうか?

      • ティーンの母 より:

        子供が小さい頃って、どんなに疲れていても
        「子供の為に!」って頑張れるんです。
        日々の成長が目に見えて分かるので嬉しいし、
        色々とできない子供の為に親としての責任を感じますし
        何よりも可愛い!
        そして私も若かったから体力があった!
        ティーンともなれば、身体的にはもう大人と同じですよね?
        高い所にある物に手が届かないとか、
        一人で包丁を使うのは危なっかしいとかは無い筈です。
        私も息子に彼女ができて「大人」としての行動を取り始めてからは
        一気に甘やかすのを止めました。
        今までは「雨が降ってるから駅に迎えに行こうかな」とか
        「遅くに帰ってきたからお腹が空いてるかな?」
        と先回りしてました。これぞ過保護です。
        でも、もう息子に彼女がいるってことは、
        それなりの大人な欲求に従って行動している/できている
        ということで、親の手は必要としていない証と思ってます。
        れいさんも彼氏とのお付き合いを認めて欲しいと
        一方で大人への階段を上り始めたのに、もう一方では
        「お母さんが夕食を作ってくれないから、
        まともな食事をしていない!と巣の中のヒヨコみたいに
        子供っぽい要求をしてはいませんか?
        行動のバランスがまだちゃんと取れていないのは
        この年齢の子供だからと頭では理解しているんですけど
        体力的にもしんどい時に自分の要求ばかりを子供から
        一方的に求められると、親も精神的に辛いんですよ。
        私の娘も見た目は既に大人なのに、
        中身はまだまだ子供な所が本当に心配なのです。
        れいさんも年上の彼氏がいるということは
        彼氏から見ればあなたは大人っぽいのでしょうね。
        だから夜遅くまで遊びに連れ出してしまったのでしょう。
        これって楽しいことをする時だけ「大人」のふりをしてませんか?
        なのに家事に関しては「お母さんがするべき」っていうのは
        ちょっとおかしな考えだなって恥ずかしくなりませんか?
        私が子供によく言うことは、大人になった時に
        一つの家に住むとしたら、どんな人とシェアしたい?です。
        もし、れいさんが仕事から疲れて帰って来て、同居人が
        「ご飯は?」って言ってきたら腹立たしくないですか?
        大人になる、自立するっていうのは責任感も持つことですよ。

        • れい より:

          母が働いて、家に帰ってくる時間は大体午後の6時半です
          私が部活から帰ってくるのが9時なので私の方が遅いはずなのですが…

          せめてお腹を空かせて帰ってくるので、ご飯は作っていてほしいです
          逆に父の方が11時頃帰ってくるので凄く心配で、父の家事を手伝うことは多いです
          基本的に出来ることは自分でやっています
          お弁当や朝食なども自分で作っていますので、基本母の手は借りないようにしています

          育児放棄とまではいかないと思いますが、父と最近の母は少し酷いねという話をこの間しました
          更年期とかで苛立ってしまうのでしょうか?

          • ティーンの母 より:

            もう他の方からたくさんのご意見が出ているので
            私からは親の本音を言わせてもらいますね。
            私だって娘の彼氏を歓迎したいし、
            彼氏の話を教えてもらえる母親でいたいです。
            でも、娘と友達みたいになるよりも
            まず親としての心配が先にきちゃうんですよね。
            娘の友人のお母さんにもいるんですよ、なんでもオッケーで
            叱るよりも諦めて友達的な存在でいる人。
            中学生で彼氏の家(両親仕事で不在)に入り浸っていても、
            「仲の良いお友達だからね」って異性と認めないことで
            現実逃避もしているんです。
            その娘さんは叱ってくれる親がいないので、
            歯止めが効かなくなって学校を変わるところまでいってしまいました。
            彼氏の親御さんがあなたと仲良くしてくれるのは
            可愛い年下の彼女だからじゃないかな?
            息子に及ぶ被害の心配なんて要らないですよね。
            これが4歳年上の女性だったら、全く違う反応だったでしょう。
            なんでそんなに年上の女性が息子に?!ってなりますよ。
            れいさんのお母さんはあなたの進学の心配をしている中で、
            今度は異性の心配までしないといけなくなって、
            あなたに反抗されるは、喧嘩になるわで
            ぷっつりやる気が切れてしまったのだと思いますよ。
            私も夫には「優しいお父さん役」をしてもらっているんですが、
            私だって「優しいお母さん役」したいなって思います。
            でも、仕事が忙しくて一緒にいる時間が少ない夫に
            娘に嫌われる役をさせるのは可哀想だから、悲しいけど
            反抗期の娘がせめて父親と仲良くしているのは良いことだと思ってます。
            お母さんだって感情のある人間なので、限界がありますからね。
            偶には優しい言葉を娘からかけてあげてくださいな。

  2. えめ より:

    こんにちは。
    私はまだ子供はいませんが、お母さんの気持ちはわかります。
    お母さんはあなたが大切です。大切なものを粗末に扱われたら、あなたもとても嫌でしょう?それと同じですよ^ ^

    指定校推薦とはいえ、あなたの軽率な行動一つで学校側から取り下げられるやもしれません。
    もうそんなに頑張って勉強しなくても大丈夫でも、高校の勉強内容は『受験用』ではないので最後まで身につくよう頑張るべきなのだと思います(頑張らなかった経験から)。

    彼との行動を思い返してみてください。
    例えば彼と外出する際、「20時までに帰る」と約束していてその時間までに自宅まで送り届けてくれる(尚且つ親に挨拶までしてくれたら最高)彼と、そうじゃない彼。
    時間に遅れそうな場合は自分からあなたのご両親に前もって電話で事情を説明してくれる彼と、そうじゃない彼。
    遊びに出掛けるばかりではなく、あなたの自宅でお母さんを交えてお茶と会話を楽しみに来てくれる彼と、そうじゃない彼。
    お母さんはどちらが安心出来ると思いますか??

    はっきり言って、親からすると知らない人なんて敵です。
    自分のめちゃくちゃ大事な子供を絶対裏切らない・傷つけない保証書がついている訳じゃないんです。
    親が子供を心配するのは標準装備。あなたのお母さんは過保護でも過干渉でもありません。

    彼との関係を認めて欲しいという前に、彼は上記のような事を「面倒だ」「嫌だ」と言う人かどうかが重要ですよ。
    言わない人が、あなたが彼を大切に思うようにあなたのことを思ってくれている人です。
    言う人なら…言ってくれる存在になれるように、あなたも努力が必要ですかね^ ^

    私も昔大好きな彼との交際を両親に反対されて大ゲンカしました。あなたの彼を大好きな気持ちがお母さんにも理解してもらえるといいですね。

    • れい より:

      ありがとうございます
      私も何度か喧嘩しちゃいました
      勉強はそこそこやってはいるんですけど、やはりまだ甘いかもしれませね
      認めてもらえるように頑張ります

  3. ぷち より:

    少しきつい言い方かもしれませんが・・・
    >付き合ってばかりの時に22時ぐらいまで遊んでいたから非常識で信用を失くした
    あなたは未成年なんですよ。そこがまず成人している彼も自覚がない。
    そして、悪い印象などを払拭するのは良い印象を持ってもらうのの何倍もの努力(誠実さ)が必要です。

    >受験生の娘を連れ回すなんてどんな人だ
    学校推薦とはいえ、まだ大学に入学していないんですよね?
    入学式を迎えるまでは、何があるか(推薦取り消し・退学処分など)わかりませんよ。理解できますか?

    >そもそも連絡を取りすぎだ
    頻度はわかりませんが、連絡をとりまくらないと壊れるような関係なのかな?

    >受験生なんだから受験勉強しろ
    当然の発言です。親御さんのお金で生きて・学んでいるんですよ。
    推薦枠で入学しても、大学でついていけなければ困るのはあなたとその後に進学を希望する後輩への妨害です。
    指定推薦は、先輩方の【きちんとした】努力の積み重ねで得られていることを理解してください。

    >それとも少し過保護すぎるのでしょうか??
    この時点で、親御さんに対する甘えが出てますよ。
    親が自分の為に働くのもお金を出してくれるのは当然。
    自分の生活費や学費の総額を稼ぐのにどれだけ大変か、調べてみては?

    いずれにせよ、あなたの【甘えた部分】や【子供っぽさ】が親御さんの心配の原因です。
    もう少し大人になる努力をしましょうね。

    • れい より:

      やはりまだあまえてるんですね
      反省します
      生活を改めたいと思います

  4. 匿名 より:

    うちはまだ子供が小学生ですが、れいさんよりはお母様の方に立場が近いですね。
    姪や甥に指定校推薦で大学に進学した子もいるので、れいさんがいかに日々頑張って、きちんと高校でやるべきことをやって、推薦を取ったであろうことはよくわかります。
    ここまで立派にやり遂げたこと、もうすぐ大学生になって、未来に向かって大人の仲間入りをしようとしている気持ち、れいさんの言いたいこと、気持ちもすごくわかる。けど、ここのコメントに書かれるれいさんへの厳しい(けど優しい)言葉は、私も含め、みなさんれいさんくらいの年齢の頃に同じように恋をして、それがどう言うことなのか知っているからこその言葉だと思います。
    れいさんも心の奥では、お母さんが真剣に自分のことを心配してくれているだけだと分かってますよね?だからここに相談したのではないですか?

    4歳も年上の、分別もあるべき男の子が、高校生の娘に対してそう言う態度をとったら、どんなにその子が良い子でも、素晴らしい家族がいても、娘のことを真剣に大事に思っているとは思えないです。

    彼がまず、はなさんの家族とも仲良くなる努力をして、公認の範囲でのみ会う、公認の範囲でのみ連絡をとる、と言う基本的なことができないなら、やっぱりまだまだ間違いを起こしがちな20代男子なんだろうなと判断されて仕方ないと思いますよ。

    はなさんが大学を出て、社会に出た時に、社会の信頼を得る厳しさに触れて、お母さんの真意がしっかりとわかると思います。
    過保護じゃないと思いますよ。
    残りの高校生活、大切に過ごしてくださいね。

    • れい より:

      やはりまだ私がこどもだから分からない部分もあるのかもしれませんね
      少しでも親の言うように頑張ってみます

  5. ハハです。 より:

    私も親の立場ですが・・
    れいさんはお母さんにも社会にも甘えてるって気がします。
    他の方が書かれてることは割愛しますが
    私がイチバン甘いなぁ~と思ったのは

    >私は志望大学の受験方法が指定校推薦という方法(ほぼ99%合格)で受験する>ので、他の受験生よりガッツリする必要はあまりないのです

    一般受験で入ってきた学生たちは指定校推薦で入ってきた学生より
    何倍も何十倍も勉強してきます。
    指定校推薦と一般入試で入学してからの学力差は歴然。
    合格がゴールではないんです。
    毎年 こんなはずではなかった・・と
    苦しむ指定校推薦者割とたくさん見かけます。
    楽するための指定校推薦じゃないのです。

    どうか今はお母様のおっしゃる通り 
    しっかり自分の置かれている立場 状況をわきまえ 
    勉強に集中してください。

  6. しみず より:

    れいさん こんにちは。

    私は親の立場ではありませんが、

    >私は志望大学の受験方法が指定校推薦という方法(ほぼ99%合格)で受験する>ので、他の受験生よりガッツリする必要はあまりないのです

    というのを見て、、、ああ・・・こういう子自分のときにも居たなと思い出しましたので少しコメントいたします。

    みんなが大学受験の勉強を必死で頑張っている頃、指定校推薦やAO入試などで一足早く進路が決まった同級生が数名居ましたが、その子たちも大半は他のこと同じように勉強を続けていました。その中で一人女子生徒でそれこそ大学生の彼氏がいると自慢し、勉強はそっちのけ、髪を染め、化粧をし、ピアスを空け、学校も来たり来なかったり。浮かれているのはいいのですが、周りの学生からかなり白い目で見られていましたよ。指定校推薦が決まるまではあんなに頑張っていたのに。。。と。れいさんはそんなことないですか?

    ・22時ぐらいまで遊んでいたから非常識で信用を失くした
    ・受験生の娘を連れ回すなんてどんな人だ
    ・そもそも連絡を取りすぎだ
    ・受験生なんだから受験勉強しろ

    全てごもっともな理由で過保護でも何でもありません。

    彼氏が反対される理由は彼氏だけではありませんよ?
    彼氏の影響があなたにも出ているから言っているんです。あなたも彼氏を不誠実な人間と思わせるのに加担しているんです。
    現に今でもこっそり7時まで会っていたりするんですよね?
    「こっそり」って言うところが駄目なんですよ。わかりますか?
    まだ親の監督下にある高校生と成人した20歳以上の男性が親の影に隠れて会っているんです。何かやましいことをしている、と思われてもおかしくありませんよ。信用できなくて当然です。ばれなければいいと思っているところが誠実じゃないですよね?

    どうしても会いたくて、でも親に誠実で居たいなら、きっちりと親に今日はどこどこで、何時まで彼氏といます。何時には必ず帰りますと言って、きっちりとその時間に帰るというのをするはず。
    でもそうはせずに二人でこっそり会うことを選んでいるんでしょ?
    嘘をつくことなんて簡単でしょう?
    でも嘘をつかせる彼氏さんを「誠実だから親に認めて欲しい」というのは、すごく矛盾していますよね? 

    信用を取り戻したい!彼氏は本当に誠実な人!絶対に自分を傷つけたりしない!と本気で思うのならばお母さんに二人で会ってもいいルールを作ってもらってそれを確実に二人で守ること。

  7. とめこ より:

    学生のときの4歳差って、大きいですよね。

    ごめんなさい。あくまでも私の経験や周囲での話です。
    年下の、しかも高校生をお付き合いの対象とする男性は、考え方や行動が幼すぎて同年代の女性に相手にされない人ばかりでした。
    実際彼も、高校生のれいさんに対して帰宅時間や受験勉強への配慮ができていなかったわけですよね。
    誠実さは感じられない行動だったと思いますよ。

    お母さんの信用を勝ち取るには時間がかかるのでは?
    今の行動を続けて少しずつ安心してもらうより他ないと思います。

    ただ、夜7時までであるのに彼と堂々と会えないれいさん自身も、彼に対して不安要素を感じているのではないですか?

    私は、お互いに社会人であるならば年の差なんて関係ないと思っています。
    社会人同士のお付き合いで考えてみたとき、成人した息子が彼女と電話していてそれに割り込む家族というのは…ちょっと引きます。

    余計なお世話ですが、近い内にれいさんの精神年齢が彼を追い越して、彼に物足りなさを感じるようになってしまうのではと思いました。

    • れい より:

      私の周りでも4歳差はなかなかいないです
      やっぱり男の人って4つも差があってもないように感じるぐらい少し幼い部分ありますよね
      私が彼に何時までに帰らないといけないということを言ってなかったのも悪いと思っています
      母からは受験が終わるまでは会うなと言われているため、会うとなったら猛反対を受けるためなかなか告げられずにいます
      父には会った日のことや、内容を全て話していますが

      わざわざありがとうございました

  8. シープ より:

    皆さん辛口ですが、受験勉強しろ、と言う割に子供のご飯を作らない、用意しない親にもモヤモヤ感ありますが…。
    確かに推薦で合格確実だからって受験生なんだから気を抜くな、というのは正論ですが、やっぱりね、それなら親も気を抜くな、でしょう。娘の目からみて、「親らしいこと」が出来てないなーって感じていて、その人から「受験生らしく」しろ、って言われても全然響かないのでは。
    あえて「らしく」って表現しましたが、それは、
    お母さんが仕事を理由に家事をしないのと、
    娘が反対されているから彼とこっそり会うことは繋がっていて、
    お互いに「常識」を理由に「自分の心の正しさ」から逃げてる、ということなんです。

    今の時期、クラブをまだ引退していない高3だっています。クラブ活動だったら夜遅くてもあまりやかましく言われないでしょう?でもそれが恋愛になると、どうもうるさいですよね。本来なら時間を取られているのはどちらも同じ。中身も人間性を育てる、という観点から見ると同じなんです。でもなぜか、恋愛となると遊んでるってだけになる。人間として人を好きになる、その人と思いやる、人と人の温かさを知るって大事なこと。そこから学ぶこと体感することって沢山ある。

    多分、恋愛になると性行為が怖いんですよね。大人としては。そこの恐さ危うさからどう未成年を守る大人の責任を果たす、という常識に囚われる。大人も怖いんです。自分の娘が高3で妊娠したらどうしよう、って。めっちゃ怖いんです。
    それがあって「受験」を盾にしている部分もあるかと思います。

    親だけど、娘のあなたと、おんなじなんです。
    怖いこと、面倒くさいこと、色々あること、おんなじ人間だから、安易に「親の言うことを聞く」なんてことはしないで、親というフィルターを外して関わる、1人の人間同士としてしっかりと向き合う時期に来たのかもしれませんね。

    だから恋愛をしていたって私は今は妊娠しないし、受験もしっかりとする、と自分で責任を持ち、公言することが大事。思っているだけでは駄目で伝えること。それがとても大事です。
    そしてそれは親が親の責任を持っているかは関係なくて、むしろあなたが責任を持つことで親は親は安心して親になれるんです。

    少し複雑ですが、イメージが出来れば幸いです。
    応援してます。

    • シープ より:

      少し、訂正。

      「そしてそれは親が親の責任を持っているかは関係なくて、むしろあなたが責任を持つことで親は親は安心して親になれるんです。」

      そしてそれは親が親の責任を持っているかは関係なくて、むしろあなたが責任を持つことで親は単に親ではなく信頼しあえる人になれるんだと思います。

    • れい より:

      凄くイメージ出来ました
      まだ部活は続けていて、私より帰ってくるのが遅い母が家事をやらないというのは少し違うような感じはします
      疲れているのは分かりますが、私よりも遅く出て帰ってくるのは早いのに…
      でも心配かけるようなことをした私も悪いんですよね
      そういうことは親とも彼氏とも話し合ってちゃんとしていきたいと思います
      ありがとうございました

  9. るん より:

    指定校推薦で99%決定かもしれませんが
    ご自身が残りの1%に入るかもしれないという危機感は持っていますか?
    22時まで外出・・・補導されれば一発で推薦取り消しですよ。自覚してますか?
    その危機感を持った上で、受験生として、自覚を持った行動をしろって事でしょう。過保護でも何でもないですよ。警告です。

    私も実の所同じような行動をしていましたが
    親になった今は、その頃の私をびんたの一発でもかましてやりたいところです。
    自分を大人の一員と勘違いしてた自分が恥ずかしい。
    まだまだ親に擁護してもらい、学費を払って貰って、身の回りのお世話もしてもらってる、子供です。それは自覚した方が良いですよ。

    今だから思いますが、20歳以下の未成年の学生の女の子を、親にも話せない付き合いをさせる時点で誠実さの欠片も感じません。一度うちに顔出して交際宣言でもしてみろって言う話です。

    私も今は子育てをしながら仕事をしていますが
    繁忙期には疲れて帰ってきて、ご飯作るまでちょっと一息つきたいって時もあります。
    今日は疲れ切ってもうご飯の献立考えるのしんどい、買ってきて食べたい。そう思う時もあります。
    しかしまだ子供が成長期なので、ご飯食べさせるまでが仕事だ!と奮起してやっています。
    母親がご飯を作って当たり前じゃないですよ。家事をやって当然じゃありません。やって然るべき時はありますが、気持ちの問題的には、です。
    うちは私の帰りが遅い旦那が休みの日は、子供達が旦那と一緒に晩御飯を作ってくれます。とてもありがたい。ご飯の内容が素麺だろうととてもありがたい。
    私を労わってくれる気持ちがとても嬉しい。お母さんも大変だね、今日はご飯作っておいたからねっていう一言がどれだけ次の日はご飯頑張ろうっていう気持ちに繋がって来るか。それは分かって貰いたいです。

  10. ちきん より:

    18歳ですか、お若いですね~!
    彼氏ができたらお母さまとケンカするのはよく分かります。
    これを読まれた方の半分くらいは思い当たることがあるんじゃないですかね~
    私は、要領が良かったのでケンカはないですが(うまく親を騙くらかしていた(笑))、姉は良くケンカしていました。懐かしいです(笑)
    他の方の仰ることはご尤もなので、繰り返しを避けて、少し視点を変えたアドバイスを。

    お母さまに「彼氏を認めて欲しい」、「交際を歓迎して欲しい」わけですよね。
    これをもっと単純化すると、「相手に自分の希望を叶えて欲しい」わけです。
    親子という関係性がなく、相手に自分の希望を叶えて欲しい場合、相手の希望を自分が叶えれば、交渉の余地が出てきますよね。要するにそういうことです。
    じゃあ、お母さまの希望は何だろう。
    あなたが安全に過ごすことと、大学へ進学してそこで将来ちゃんと就職される何かを得ること。あら、あなたの幸せがご希望じゃないですか。ほっこりしません?

    ではお母さまへの具体的な対策をご提案しますね。
    まず、ケンカせずに、ご家族にニコニコ接することです。
    彼氏が出来る前よりも、ニコニコ頻度が上がれば更に素晴らしいです。最初は演技でもいいです。そのうちホントにニコニコできますから。
    これはあなたの情緒が安定していて良い交際をしているバロメーターですからね!
    お母さまに彼氏のことをよく言われなくても、「はいはい。分かって貰えるまでその話はお預けね。」でスルーしましょう。
    で、お母さまの機嫌がいいときに、ちょこちょこ彼氏のいい点を宣伝しておく(笑)
    これを根回しと言います(笑)

    次は生活態度を良くすることです。
    身の回りの片付けと服装ですね。
    指定校推薦、受かるまでが受験ですから、それまでは受験生の顔をしておくべきですよ。
    お母さまはご心配なんですよ。
    万が一落ちた場合、勉強してなかったら他を受験できないんじゃないかって。分かるでしょう?
    受かってしまえば、勉強はすごい頑張る!って訳じゃ無くて良いので、ああやってるなとわかる程度で(笑)
    あ、でも、大学に入ってからのことを考えると、少しやっておく方がいいですよ~。
    帰宅時間は特に重要です!
    もし遅くまで彼氏と一緒に居たければ、家、あるいは家の前まで来てもらって、一旦帰ったことを家族にアピールし、そこで長話すればいいんですよ。話すことはいくらでもあるでしょう?(笑)
    お母さまに、彼氏の姿を頻繁に見せることもいいことですよ。
    人は、顔なじみになると基本的には好意を抱く生き物ですから、彼氏さんが嫌がらなければ、迎えに来てくれたとき、送ってくれたとき、一言挨拶して貰うようにしましょう。

    最後に彼氏さんのとの関係についても、アドバイス。
    4つも年上の彼氏さん、あなたからみたら大人のように思いますが、男性の精神成熟は女性より遅いので、振り回されることもあるかもしれません。
    彼氏の要求と、ご両親の要求が対立した場合、彼氏の要求を叶えてあげたくなりますよね?そのときはちょっと立ち止まって考えましょう。
    あなたを大事に思ってくれる行動でなければ、彼氏さんの要求を断る勇気も持ちましょうね。
    でも大丈夫!何もかも受け容れる彼女よりも、適度に断る彼女は、長く大事にされる彼女ですよ~!(^^)ホントホント。絶対ホントですから♪
    楽しい交際になりますように。

    • れい より:

      なんだか読んでいて凄く笑顔になりました
      最近は気をつけてなるべく長いこと勉強するようにはしています
      でも本当に彼氏と出会ってからたくさんのことを知れましたし、何かあっても何時間でも付き合ってくれる大事な人なんです
      やっぱりそんな人を無下にされて少しカチンと来ちゃった部分もありましたね
      凄く優しく言ってくださってありがとうございました
      本当に嬉しかったです

  11. ami より:

    あまりアドバイスではありませんが・・・
    れいさんのお気持ちわかりますし、そんなに珍しい例でも、
    悪いことしているわけでもないと思いますよ。むしろ真面目なほうじゃないかなあ。
    確かにれいさんも彼氏さんも、お母様に対してベストな対応ではないかもしれませんが、
    世の中にそれができている娘・息子がどれほどいるのか。かなり稀な例だとおもいます。
    できていればそれに越したことはないでしょうか・・・・

    ちなみに私は夫より年上なのですが、
    出会いは夫が高校3年の受験生の頃で逆の立場でした。
    当時は自分なりに勉強を応援したり、励ましたり、できることを手伝ったりしているつもりでしたが、
    今考えれば、夫の両親はそんな女にひっかかってないで勉強しろ、と思っていたんだろうと容易に想像できます==;
    れいさんのご両親と同じ立場ですもんね。
    今でもふたりで仲良くやっていますが、振り返ってもそんなに悪い経験ではなかったですね~
    羽目を外しすぎなければ人生の糧になると思いますし。

    れいさんのご両親も日々大変ではあると思いますが、
    れいさんの言い分を聞くと、お母様にも悪いところはたくさんあるようですし、
    何より子供を産むことを決めたのはご両親ですから、
    そんな風にされたら、
    私だったら、自分が望んだんだから苦労するの当り前じゃない!
    もっと自分の役割をちゃんとしてよ!
    と売り言葉に買い言葉でケンカしてしまいそうです・・・・
    母が家事をするのは当然じゃないですが(父がやってもいいし、子供がやってくれても嬉しい、外部でもいい)、
    父・母が子供の世話をするのは当然ですし(18歳は微妙なラインではありますけど)、
    家族がいれば時間・体力に余裕がある人がすることでしょうし。
    この場合はお母様でしょうねー

    彼氏さんとれいさんご自身の対応は他の方がたくさん仰っているので
    できることをいくつかチャレンジしてみるのはいいかもしれませんね。
    あとはお母様側の問題かな・・・
    性格かもしれないし、
    更年期やら加齢やらでホルモンなどのバランスが崩れているかもしれないし、
    仕事やご夫婦のことで悩みやストレスがあるかもしれない、
    辛いことがあったのかもしれない。
    一過性のものであれば、れいさんご自身の受験や大学生活を自分で充実して過ごしていれば大丈夫。
    性格など根本的なものなのであれば、
    ご自身の生活の中でかわす方法を身に着けていってはどうでしょう。

    色々申し上げましたが、
    大学まで行かせてもらえるということはどんな形であれ愛されているということです。
    学費だけじゃなくても、生活費・遊興費・もろもろ・・・1千万以上を子供のために稼いでいます。バイトなら何年間働くのか・・・
    人がほんの少しでも自分の時間やお金、幸せを違う人間のために捻出するって当然じゃないですし、すごいことですよね。
    それはもちろん、れいさん自身にも当てはまります。自分の時間を含めた財産をだれのために使うのか?
    私は自分のためでも彼氏のためでもいいと思いますよ。もちろん親でも。
    自分で決めていくことでしょう。
    大学生活を楽しみながら、精神的・経済的に自立していけるととても楽しい将来が待っているんじゃないでしょうか~
    個人的にはれいさんのような娘さんが自分の子供だったら嬉しいなあ!

    • れい より:

      凄い嬉しいコメントありがとうございました
      初めて普通だと言ってもらえて凄い安心しました
      共感してくれるのが初めてだったので、私だけじゃなかったんだなと思えることが出来ました

      母のことも嫌いなわけではなく、むしろ心配なので少しずつでも寄り添っていけたらなと思います
      大学行きたいので頑張りたいと思います!

      私みたいな娘が欲しいって言ってくださって思わず泣きそうになってしまいました
      本当にありがとうございました

  12. みずえ より:

    こんにちは。
    あんまり参考になるかどうかわかりませんが、私としては「現状維持」かなあと思いました。

    長い目で見て、「今は」認められなくてもしかたないかもしれない。
    確かに22時ぐらいまで出歩くのはよくなかったですね。
    まずそれを反省したのは偉いと思います。そして常識的な範囲まで改めたことも。
    現状はそれを続けていくしかないと思います。
    そして、大学生、社会人となり、いずれ結婚の話が出たときに認められるような付き合い方をしよう。と前向きにとらえてみては。
    今は目の前の「彼氏大好き!」という気持ちしか目に入らないかもしれないけれど、人生は長いです。まずは交際を続けていく事を目標にしてはどうでしょう。
    長い期間お付き合いを続けるということは将来的に立派な説得の材料になります。
    そういう作戦でどうでしょうか。

    確かに親から認められない、というのは苦しいことです。
    今すぐ目に見えた結果が欲しくて「信用を得るには?」という質問をしてるのだと思います。
    ただ、信用というものは一朝一夕でできるものではないです。
    それに例え認められたからといって、その瞬間から夜遅くまで外出していいとか、そういうことにはならないと思うんです。
    親御さんから認められようと認められまいと、信頼を得て、そして得続けていくためにはやることは同じ。一歩一歩、信頼に足り得る言動を積み重ねていくしかない。

    ただ、100パーセントいい子でいようというのも苦しいと思う。
    今は学生の本分である学校生活をしっかりする。その合間に彼氏さんと連絡をとったりデートしたりしてもいいと思う。
    (全部を親御さんに報告する必要はないと思う。ただ嘘をつくと後々困ることになるので、嘘はやめておきましょう)
    親御さんの評価は後からついてくる…かもしれない、と思っておくぐらいが気楽でいいんじゃないかな。
    お父様は把握しているようなので、そんなに悲観することもないと思います。

    現在は高校生とのことですが。大学に入り、いずれ社会人として世に出ていく過程で、親との関係や彼氏さんとの関係もまた違った視点で見えてくることもあるかもしれません。
    レスコメントにご飯の用意のことが書かれていますが、れいさんの親御さんはもしかしたら親として未熟な部分があるのかもしれません。あるいは「働いてて、家の事までやって、大変なんだな」とれいさんが思う時がくるかもしれません。
    (脱線しますが、お母様が家事をあまりしない、というのは私はちょっと変だなあと思います。そのあたりはお父様と交えてお話合いが必要だと思います)
    また、彼氏さんについても「自分(れいさん)のことをちゃんと考えてくれるいい人だな」とか「年下とおつきあいしようと考えるなんて、ちょっと変な人かも?」とか、今見えているものと違うものが見えてくるかもしれません。
    (ここで書かれている内容だけでは判断できませんので、私からは何とも言えません。れいさん自身が見極めるしかないです)
    いずれにせよ、まだ親の庇護下にある状況ではまだ見えないものもあるかもしれません。渦中にいるときは見えなかったことが、大人になって経験を積んで、「あの時はああだったんだな…」と思えるときが来るかもしれません。
    家族についてや、交際相手、いずれは将来の結婚について。人生においてとても大きな問題だと思います。いい道を選択していけるといいですね。

    また、他の方もおっしゃっていますが。いざというときは女性は弱い立場なので、自分の身が傷つけられるようなことがないように。それだけは注意して。頑張ってください。

    • れい より:

      凄く共感出来るアドバイスありがとうございます
      やはり今のうちにたくさん悩んでたくさん経験していけたらなと思います
      とりあえずは現状維持で頑張ります
      ありがとうございました

  13. るう より:

    こんなことを言ったら皆さんに叱られてしまいそうですが…
    高校生の間は、恋愛のことを親に理解してもらおうとどんなに努力しても、
    無理かもしれませんよ。私もれいさんぐらいの頃、親が厳しくて大変でした。
    そういう親は、います。
    れいさんや彼が何かしている、していないから反対なのではなく、
    まだこの年齢で、恋愛に一歩踏み出している状態がもうそれだけで
    心配なのかもしれません。

    でも大人になると分かるのですが、親が心配するのも当たり前なほど
    恋愛というのは、れいさんが深く傷付いたり、一生を棒に振ってしまう
    ようなことも簡単に起こりえるものなんですよね。

    今ご両親に守ってもらえているれいさんは、実はものすごく
    恵まれているのだと思いますよ。世の中には、必要な場面で
    守ってくれない親に育てられたために、間違いを犯してどんどん
    落ちていってしまう人達が沢山います。
    それに、どんな家庭で育った女性なのかっていうのは、そのひとの所作や
    ふるまいだけでなく、考え方や生き方にも影響してくるので、
    やっぱり周りから見てもわかるものなんですよね。
    上品で育ちがいいな、と思う女性は、厳しい家庭で育った方が多いものです。
    今は厳しい親が嫌で仕方がないこともあるかもしれませんが、
    大人になったらきっとそんな厳しいご両親に感謝する日が来ますよ。
    これは、断言できます。

    だから親元で育ててもらってる高校生の間は、もうこれはしょうがないと
    諦めて、親の言うことを聞くしかないんじゃないかな。
    と言っても、その通りですね、とはなかなか思えないでしょうが。
    そう思う気持ちも大切な成長の1ステップなので、しょうがない。
    でも、社会人になっても親が変わらなければ話は別ですが、今はまだ自分で
    自分自身を守る術がない高校生なのですもの。

    かといって、彼と別れる必要はないと思います。
    ご両親もそこまでは言ってないようですし。
    ご両親が彼のことを良く思ってくださらないのは仕方ないと諦めて
    門限を守ったり勉強もしっかりしたりしながら、今は許された範囲だけで
    なんとか頑張ってくださいね。
    あと数ヶ月の辛抱ですから。そんなの、あっという間ですよ。
    大学生になれば、また状況が変わるはずですから。

    • れい より:

      やはり厳しい家庭は多いんですね
      私も悪かった部分を反省して次に繋げていけたらなと思います
      なんとか残り少ない学生生活を楽しみたいです
      ありがとうございました

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 − = 1