夫に愛情はあるが、誘いに応じるのが辛く…

トマトさんのご相談

こんにちは。結婚して10年ちょっとになります、トマトと申します。40代前半です。
比較的夫婦仲は良い方です。思いやりのある夫で、私にも子供達にもとても良くしてくれます。
しかし、最近、私が夫のセックスの誘いに応じられなくなりました。愛情はあるのですが、そういうことをしたい気持ちにならないのです。
夫は今までも、週1くらいで求めてくるほうで、どんどんしんどい気持ちが募った結果かな、と思います。
しかし当然のことながら、拒むと夫はひどく落ち込みます。それがつらくてなんとか応じて来たのですが、本当に最近しんどくて。嫌悪感すら抱いてしまいます。
こんな事態をうまく乗り切られた方、いらっしゃいましたら、是非方法を教えていただきたいです。
ちなみに、この問題以外は本当に、良い夫で、私自身も他にセックスの相手を見つけたいとか、離婚したいなどは全く思っておりません。
どうぞ、お知恵をお貸しください。夫を傷つけるのがつらいのです。


悩めるトマトさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

夫に愛情はあるが、誘いに応じるのが辛く… への14件のコメント

  1. まるしぇ より:

    嫌悪感を感じるところまで行ったとなると、
    おつらいですね。
    例えば、キスやハグしながら眠るのも駄目な感じでしょうか?
    愛情はあるということですが、
    男性として性欲を感じないということ?

    ・夫のセックスが気持ちよくない(下手、自分中心、痛いなど)
    ・夫の見た目や、清潔感(加齢臭など)の悪化
    ・実はずっと姑が嫌い

    など、隠れた不満がありませんか?

    それとも、どんな男性が相手でも性欲自体なくなってしまった感じでしょうか?
    だとしたら、ご主人より、トマトさん自体の健康面(ホルモンの変化)や、体力の変化、ストレスからの自立神経の働きに原因があるかもしれません。

    前者の場合、「嫌悪感」の隠れた原因をみつめ、
    上手に伝え、ご主人に協力・理解を求めながら、
    時間をかけ解消するしかないと思います。

    後者であれば、一度大きな病院で、
    一式チェックををしてもらった方がいいとおもいます。

    女性が思う以上に男性にとってセックスは重要です。
    本当に性欲が強い人だと、それが原因で夫婦仲にひびが入りかねません。

    40代でしたら、週一くらいで仲良くできるのって
    素敵なことですよね。
    お悩みが解決されることをお祈りしています。

    • トマト より:

      まるしぇさん、詳細なコメントをありがとうございます。
      色んな角度から分析していただいていて、相談してみて良かったなと思いました。
      夫に対する生理的なことを含めての嫌悪感はないので、やはり自分の体の問題なのかもしれませんね…。おりしも40を過ぎてやたら汗をかくようになり、早めの更年期かしら? と思っていたところでした。一緒に、なぜ性欲自体が減退したのかを調べてもらおうかと思います。
      ありがとうございました。

  2. まじめ より:

    私も似たような感じかな。
    真剣に考え抜いた結果、今まで自分の要求をあまり言わなかったことで
    夫の要求を満たすだけの行為になってしまってたんだと思うんです。
    夫婦揃ってあれこれ言うのを恥ずかしがる性格なのもあります。
    もう既に行為に嫌悪感しか感じないとなると、
    その気になるのは難しいです、なので肩を揉んでもらうとか
    夫に妻の身体のマッサージを真剣に取り組んでもらうんです。
    その日はそれ以上は無しでお休みなさい。
    これで、夫に妻の気持ちを分かってもらえますよ。
    その何回かに1回は夫の要求を聞いてあげます。
    リハビリというと大袈裟ですけど、「お勤め」になってしまっている行為に
    夫にも同じ気持ちを味わってもらって公平にするんです。

    • トマト より:

      まじめさん、コメントをありがとうございました。
      そうですね、「おつとめ」と思ってしてきた部分、私も否めないです。
      そのまま伝えると、「義務でしてるのか…」と落ち込まれてしまいそうなので、そうではないうまい伝え方を探してみようかなと思います。
      ありがとうございます!

  3. ゆま より:

    分かります、凄く分かります。
    うちも似たようなものです。

    私はくっつくだけで満足するタイプで
    くっついて落ち着きたいんだけど、くっつくと旦那がその気になってしまう事もあり、遠慮してくっつくことも出来ないです・・・。
    もちろん旦那には愛情はあるんですよ。でも行為が好きじゃない・・・。
    旦那とが嫌、というわけではなくて行為自体が好きじゃなくて・・・。
    旦那とは凄く話し合いました。
    今では断ることも結構ありますが、行為は無いにしても他の手段で旦那の性欲を満たすようにしています。私が奉仕するという形ですね。
    私が無性にくっつきたい(だけ)の日も、奉仕するよ、どうする?って先に持ち掛けています。その後、思う存分くっついています。
    うちはそれで何となく私の気持ちも察しつつ性欲を満たす形です。

    数年前に、我慢して我慢していたのですが
    色々な体調も重なってか、卵巣出血してしまいました。
    私の場合出血が酷く、緊急入院・緊急手術で、腹部に1.5リットルもの血液が溜まっていたらしいのですが、それの原因が行為だったことを知り、それまで旦那は私がただただ断ってただけだと思っていた私の身体の情報を聞くようになりました。
    私の気分が乗らない時は、私の身体の状態があまりそういうのを望んでない事なんだよ、という事でおさまりました。

    この件に関してはとてもとてもデリケートな問題なので、旦那様とよく話し合われて、自分たちの落ち着く場所に持って行くしかないと思います。

    • トマト より:

      ゆまさん、コメントをありがとうございます。
      ゆまさんも同じお気持ちなんですね、私も、くっついたりは好きなのですが、くっつくとそういう行為になってしまうのがつらくて、思うようにくっつけないように最近なっているので、同様に思ってる方がいらしてほっとしました。
      それも、実際にお体の負担になっていたのですね。その後は大丈夫ですか? 話し合いで、旦那さんがわかってくれているようなので、良かったです。
      私も他の方に勧めてもらったように、一度ホルモンの検査などをしてもらって、そういった角度からアプローチしてみようかなと思います。
      ありがとうございました!

  4. ゆめ より:

    アドバイスになる話ではないのですが、私は逆の立場です。
    キスやハグはしますが、夫は神経質気味で寝る時はくっついてると寝られないので離れます。
    私から誘ってもやんわりかわされ傷つきます。
    彼もしたい気持ちになってくれないと意味がないのでどうしてもの時は一人でしていますが、このままだと別の相手を探してしまいそうで悩んでいます。
    男の人と違って気軽に風俗とか行けないですし。
    なので断られてる方も辛いってことも分かってあげて下さい。

    • トマト より:

      ゆめさん、コメントをありがとうございます。
      そうですよね、誘って、拒まれるのはおつらいですよね。
      私もいつか、「お前それ、自分がしんどい時くっつこうとしたら、キモい寄るなって言われたと同じだよ。」
      と言われ、それはつらいよな…と思えたものの、自分の意にそぐわない時に応じるつらさもあり、どうにもこうにも身動きが取れません。お互いの折り合いのつくところを見つけたいなと思います。

  5. 奈々子 より:

    まるしぇさんがとても良い返信をしているので、それに補足追加みたいな内容を書きます。
    私も同じような期間がありました。その時には、「お父さん」「お母さん」という役割で自分たちのことを考えていて、その前に夫婦であること、その前に男女であることを忘れていましたね(私の場合)。夫はいつでも私を「そういう気にさせてくれる魅力のある女」として見てくれていたのですが、私にはそういうのは無理。
    一つ提案。自分を女として見る目を失っていませんか(私みたいに)。まずはハグだけで休めるか、ご主人に協力してもらいましょう。
    性交はとても親密な行為であるため、相手に拒否されると、あたかも自分の全人格が否定されたように思ってしまう。夫はそうでした。例えば結ばれるのが嫌なとき、でも夫に落ち込んで欲しくないとき、2歩も3歩も「譲って」並んで横になって一緒に自慰行為、という方法も取り入れました。こうやって、セックスレスのまま心が通じなくなることを防いできました。
    更年期など体の変化で結ばれることが痛みを伴ってしまうなら、女性用潤滑剤やローションが市販されてます。アラカンで夫に先立たれた私、今はBFと結ばれるときにローションをたっぷり使って、自分の中に隠れていた女を目覚めさせることができています。自分を女として自覚できるようになりましたよ。
    更年期などの体の変化はホルモンのバランスが崩れて心理的に悪さをしてしまうこともあります。お医者様の意見を聞くのは、とても良いアドバイスだと思います。

    • トマト より:

      奈々子さん、コメントをありがとうございます。
      ご自身の経験に即したお話を読んで、「みなさん夫の気持ちを尊重するために頑張ってらっしゃるんだなあ」と思いました。
      家の中ではあまり女でありたくない…という気持ちは確かに強くなっているかもしれません。自分を身綺麗にするのは好きですが、子供達も年々大きくなってくるし、あまり生々しいのも嫌だなと思う気持ちもあり。
      少しずつ話して、病院にも行って、お互いをわかりあっていけたらと思います。
      今はBFさんがいらっしゃるんですね、憧れます! お幸せにお過ごしください。

      • 奈々子 より:

        自分を女として認識するのは、何も色気を振りまくようないちゃいちゃの言動をしなければならない、というのではありません。例えばTVを見ている(または新聞を読んでいる)夫の横を通りすぎるときに、肩に手をかけて「お疲れ様」とか「おもしろい?」とか声をかけてみる。頭をなでてもいいですよね、少し髪をクシャクシャにするみたいな。そんなさりげない仕草にも「あ、妻は自分に気をかけてくれてる」と思わせるようなオーラが出ると思うのです。
        まじめな医学の話になりますが、セックスレスが続くと経年以上に膣の退化が進み、性交痛、骨盤底筋の退化、そこからくる尿漏れや子宮脱などなど、必ずではないもののそうなる可能性が高くなります。少なくとも骨盤底筋の筋トレはやりましょうね。それからデリケートゾーンの毎日の保湿。私はオーガニックで生のココナッツオイルを就寝前に塗っています。ワセリンでもOKとは武婦人科医の言葉。女であることの心のケアだけでなく体のケアも。ですので、病院に行く、というお言葉大賛成です。

  6. より:

    優しい旦那様で比較的仲も良いとのこと。
    ですので、もしトマトさんがセックスに応じられない事で夫婦関係に亀裂が生じたらとても残念と思います。男性にはとても深刻な問題と思います。
    お気持ちはすごくわかります。母親でいるとそういう時期はよくあると思うのです。私はやはり子供が気にかかってしまい、同じ家に居ると寝室が分かれていてもいつか入ってきてしまうのではないかとか心配で気がそがれていました。また、私の場合は子育て・育児に非協力な人だったのでそこだけ相手する身分であるのが嫌だったこともあります。
    トマトさんの場合は、旦那様と2人だけで旅行などできないですか?そこでゆっくり2人だけの時間を過ごし、昔の気分を思い出すと受け入れられるかもしれないですよ。そのままだと旦那様が他の女性に目移りする可能性あると思うのです。そういう想像をしてみた時どう自分が思うかイメージしてください。嫉妬する気持ちも役に立ちます。
    ホルモンの影響でセックスする気になれないという事もあります。私は甲状腺低下機能でした。それを説明しても理解は得られなかったですが。よって離婚しています。でもトマトさんの旦那様なら理解してくれそうですね。
    私は離婚した今、シングルライフを楽しむアラフィフですが、恥ずかしながらセックスは充分楽しめてしまいます。元夫とはもう嫌だったのに。気持ちの持ち方とホルモン改善などでなんとか試みてくださいね。
    トマトさんが旦那様と幸福な関係を続けていけること、心からお祈りしています。

    • トマト より:

      優さん、コメントをありがとうございます。
      優さんのお言葉の、「もしトマトさんがセックスを拒むことで夫婦関係に亀裂が生じたら残念」というところに、ドキッとしました。10年余の間に色んなことを二人で乗り越えてきて、苦しみも楽しみも共有して、今は子供達と家族楽しく暮らしているのに、今の私の行動が亀裂のきっかけになるのはあまりに辛いなあと思いました。
      自分も、夫も、折りあえる、折衷点を探していきたいと思います。
      大切なことに気づかせてくださって、ありがとうございました。
      今はシングルライフを楽しんでらっしゃるようで、これまた羨ましいです。上の奈々子さんもですが、自分より年上の女性が、女であることを楽しんでいるのを拝見すると、これからの楽しみが少し増える気がします。これからもお幸せにお過ごしください(^ ^)

  7. トマト より:

    トマトです。みなさんの貴重なご意見をたくさんいただいて、ありがとうございました。
    とりあえずは病院に行って、自分の体の状態を知る!
    夫のを切なさを理解する!
    そして折り合いのつくところを探していく!
    していきたいことが見えましたので、これにて締めさせていただきたいと思います。
    最後に、こちらの場所をお貸しくださった「お嫁さんな井戸端会議」さま、ありがとうございました。
    ずっとファッジさんのファンです。これからも応援しています。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 − 4 =