友人から借金の相談をされ…

のらイグアナさんのご相談

友人から借金の相談をされています。

友人は未就学児がいる3人家族です。
旦那さんの給料が少なく、生活費を補てんするためにカードローンなどから借り、夫には内緒で3年ほどで200万円ほどに なってしまったそうです。

彼女の事情としては、
1.夫から言葉のDVを受けているので夫には相談できない。
2.身内にも言えない。
3.保育園に子どもを預けて働くことも考えたが(保育園に受かった)教育のことを考え幼稚園のほうが良いと思ったので保育園は辞退した。
今はプレスクールの時期なので、親の付き添いが必要で働けない。来年4月まで毎月5万円超の借金をさせてくれるところを探している。
4.今のカードローンは上限いっぱいでもう借りられない。

私としては、お金は貸せないけどそのほかの援助ならできると表明し、いろいろな窓口を調べて(弁護士無料相談、役所、社会福祉協議会)紹介したり、食材を届けたりしています。

友人も私が紹介した各窓口に相談はしているんですが、相談内容が上記のように、現在すでに200万円の借金があり、今はこちらの都合で働けないが来年4月までお金を貸してほしい、というものなので、取り合ってもらえないようです。

もう所持金も底をつきかけており、
先日泣きながら、どこからもお金を借りられないようなら死ぬしかない、と号泣しながら電話がありました。
今までどうもありがとう。さようなら、と言われました。
私は、今私ができることはすべてやったので、力になれずごめんねと言いました。

皆さんのご意見を伺いたく投稿させていただきました。
よろしくお願いいたします。


悩めるのらイグアナさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: お金
スポンサーリンク

友人から借金の相談をされ… への26件のコメント

  1. ホッチキス より:

    友人がお困りとの事で、のらイグアナさん頑張っていらっしゃるようですが、内容が内容ですし、これはご主人や家族が対処することだと思います。ご主人に内緒で200万借金して、さらにこれから毎月5万円借金するという発想が安易過ぎると思いました。その旨をハッキリお伝えして、それで友人関係が壊れてしまうのであればそれまでの人と割り切るしかないと思います。

    • のらイグアナ より:

      ホッチキス様

      アドバイスありがとうございます。

      そうなんですよね。おっしゃる通り、この相談は友人がのれる範囲を
      超えています。
      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  2. mami より:

    ご友人はお金を借りる、ということを安易に考えすぎです。
    その状況では返済はできないと判断できますよね。
    私は基本的に銀行に借りられないようなお金を融通することはできない、と判断します。
    その状況で保育園を辞退して教育を優先している場合じゃないでしょう。
    号泣しているなら、そう叱り飛ばすと思います。

    身内に言えない事情が、心配させるから、などなら他人を頼る前に直ちに連絡するよう言いますし、自分にも生活があるから余分なお金はないし、他人の家の生活費をだすことはしない、とそこは明確に伝えなければ。
    あまりに主張がおかしすぎて、本当は買い物依存症か何かなのではと思ってしまいます。

    仰る通り、できることは全部されたと思いますし、
    あとどうするかはご本人の判断です。
    これ以上は私も聞くだけで苦しいし自分の生活に支障がでているから
    相談窓口や身内を頼って、もう電話にはでませんでよいのではないでしょうか。

    逆に心中覚悟で、お金も返ってこないでいい、友人の子供の分まで生活の面倒を見る、と思いきれるならばお付き合いすればよいと思いますが・・・

    • のらイグアナ より:

      mamiさま

      アドバイスありがとうございます。

      よくよく話を聞いていると、周りのママ友がみんなそうしているから自分も幼稚園、という事みたいなんです。途中から保育園なんて、格好悪くてできないと思っているのかもしれません。

      借金をする人ってやっぱり何かあるのでするんですよね。
      私は親からお金は借りても貸してもいけないよ、と教え込まれてきたので
      泣き落としまでされ、今回のことはとてもびっくりしました。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  3. より:

    電話の文言は、弱音ではなく脅迫ですね。
    そもそも、金銭的に余裕がないのに、生活における様々を選びすぎているんだろうと思います。
    ”子供の為”という大義名分を振りかざして、必死に頑張れ切れないのがご友人でしょう。
    真に子供を守りたいならば、今は保育園でパートをし、生活を立て直す事が優先ですし、ご主人にも向き合うでしょう。そうしなければ生活は破たんし、今後の子供の教育もままならなくなってしまう。
    ご友人は悪者になりたくないんですよ。
    「夫さんが~子供が~お金貸してくれないから~イグアナさんが~」
    自分が何とかしなきゃ、は一切ない。人に頼るだけ。
    縁を切るいい機会だと思いますよ。
    この手の方は、案外図太く変わらずにいるものだと思います。
    イグアナさんは十分お力になられましたよ。

    • のらイグアナ より:

      緑さま

      アドバイスありがとうございます。

      そうなんです。友人の電話、脅迫でした。笑。
      彼女も必死だったからだと思うんですが、必死になるところが違いますよね。私が同じ立場なら、なりふり構わず働きます。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  4. ムーン より:

    お金は貸してはいけません。
    貸すのではなくあげるのです。
    返ってこないと友情が壊れます。
    いくらでもいい、たとえ三千円でもいいから返さなくていいよと言ってあげましょう
    それすらムリなあなたなら友情が壊れてもいいから
    断りましょう。
    現金以外の協力は彼女は求めていないのです。
    的外れな助言や涙は必要ないのです。
    そこを踏まえてこれからの付き合いを考えましょう。

    • のらイグアナ より:

      ムーン様

      アドバイスありがとうございます。

      本当にそうですよね。
      現金以外の協力は求めていないんですよね。
      改めてわかると、実に悲しいです。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  5. かえる より:

    友人から借金した事がダンナさんにバレたほうが大事になると思うよ
    死ぬくらいの覚悟があるならダンナさんや家族にきちんと相談しなさいと言うのが「友達」の役目だと思います
    本当に200万円ならやりなおせる金額だと思いますが
    これ以上積み重なったら離婚(まして内緒で友人に借金なんてダンナさんの面目丸つぶれですよね)

    • のらイグアナ より:

      かえるさま

      アドバイスありがとうございます。

      そうなんですよね。死ぬ覚悟があるのになぜ働けないんだろう、夫や家族に話せないんだろうととても不思議です。

      はい。私もまだ200万円なら傷は浅いと思うのですが、働かなかったら傷がどんどん深くなりますよね。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  6. もっち より:

    死ぬっていう人は意外と死なないんですよね。本当に死を選ぶ方は何も言わずにいなくなります。
    話が道にそれましたが、私も旦那さんの給与が低いと言いながら生活レベルが高いのではないかと思います。今後も子供の塾が、周りは夏休みに旅行に行くからうちも‥と際限がなさそうです。
    私が友人なら叱り飛ばします。
    死ぬというなら、子供のためと言いながら一番子供に辛い思いをさせることを選ぶのか?それを回避するためなら働きに出るんじゃないのか?と詰め寄りそうです。。
    冷たいようですが、現実を伝えるか、距離を置くかしたほうがいいと思いますよ。
    お金を一度貸すと何度もたかられ、しかも返ってきませんから。

    • のらイグアナ より:

      もっちさま

      アドバイスありがとうございます。

      そうなんです。自殺する人はそっと死を選びますよね。
      ただ、私の仕事柄、自殺者にも関わることがあり、死ぬしかない!と言われると生きてほしい!と思います。たぶんそういう私の性格も知っていての発言だと思います。

      おっしゃる通りで、友人家族はちょこちょこ気になる贅沢ポイントがあります。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  7. ポルカ より:

    私だったら、たとえお金に困ったとしても支払い能力を超えた借金を大切な友人にお願いするなんてしませんけどね。
    働きもしないで借金を申入れするなんて、その方はのらイグアナさんのこと大切な友人だと思っていないと思いますよ。

    十分やれる事で協力されたのですから、のらイグアナさんにできることはもう無いと思いますよ。気にする必要もないと思います。

    • のらイグアナ より:

      ポルカさま

      アドバイスありがとうございます。

      まさにその通りだと思います。
      今回友人の言動を見て、ああ私はこの人にとり捨て駒なんだなと思いました。私から借金して返さなくて疎遠になっても捨て駒なら痛くありませんからね。
      パニック状態だったというのもありますが、そういうときこそ本音が出ますね。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  8. 匿名 より:

    ご友人の目線は「みんなが悪い、死ぬしかない」のようですが、お子さんの目線で見ると、父は稼げず借金があってDVもある、母は自分の幼稚園を言い訳に働こうとしない。と貧困を強いられている状態ですよね、こちらの方が気になります。

    ご友人がDV夫と早々に離婚して、幼稚園などと見栄を張らずに働かないことには、今後お子さんはもっと深刻な貧困に巻き込まれて行くのではないでしょうか。もし両親共にそういった自覚がなく、ましてや母親が自殺、心中、もしくはDV父からの虐待が疑われるようなことがあれば、児相に通報するのも一つの市民の義務という考え方もあると思います。

    のらイグアナさんの対応は正しいと思います。
    お金を貸したら返ってこないばかりか、現状の友人宅の泥沼を長引かせる原因にもなりますよね。何の解決にもならない。電話で泣きつかれても、毅然と離婚と就職を勧めるのが本当の友情だと思いますので、相談先なども教えてあげて、のらイグアナさんの対応で十分だと思います。

    逆に、のらイグアナさんとの友情も絶たれて、ご友人がどん底に落ちて、ようやくそこから自力で這い出そうと思ってくれるのが一番良い結果ですが、子供のことだけは気にかかりますよね。私だったら、絶交状態になっても、時折子供用のお下がりの服や本、食料はそっと家の前に置いておいて、様子を見守りつついざとなったら児相に通報すると思います。

    • のらイグアナ より:

      匿名さま

      アドバイスありがとうございます。

      そうなんです。私も友人の子どもさんのことがとても心配です。
      友人が私に夫の悪口を言っていた時、幼いのに耳をふさぎました。
      かわいい子どもにこんなことさせちゃいけないよ、とその時は言いました。
      でも、変われないんですよね。

      はい。役所の女性相談や女性保護団体なども紹介しました。

      本当に、どん底から這い上がってきてくれることを願うばかりです。
      子どものことも気にし続けていきたいと思います。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  9. まよ より:

    昔、法律事務所の事務員を短い間ですがしていたことがあります。

    これは本人が腹をくくって自己破産なり債務整理なりするしかないですよね…。あるいはご実家に頭を下げて肩代わりしてもらうか。

    友人に泣きついてなんとかしてもらおう、というレベルの問題ではないです。

    のらイグアナさんは優しい方だなぁと思いますが、お金は人を変えます。お友達の方とは距離を置いて問題ないし、自分を責める必要はないと思います。

    • のらイグアナ より:

      まよさま

      アドバイスありがとうございます。

      専門家でいらっしゃるんですね。
      本当にその通りで、本人が腹をくくらないとどうしようもできない問題なんですよね。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  10. 貸しちゃったお人好し より:

    友人(だと思ってた人)に泣き付かれてお金を貸したことがあります。
    なかなか返してくれないので、その後どう?とご機嫌伺いしたら、すごい剣幕で怒鳴られました。

    親切ぶった顔して、お金のことでしょ?
    返せるわけないじゃない。
    返せるお金があるくらいなら借金しないわよ!

    実に真理を突いた名言だと思いました。座右の銘にしたいくらいです。

    • のらイグアナ より:

      貸しちゃったお人好しさま

      アドバイスありがとうございます。

      すみません。大変失礼ですが、ご友人(だと思っていた方)の
      発言、笑ってしまいました。
      真理をついていますね。その通りですよね。
      ただ、当事者のお人好しさまは笑えないでしょうし、つらい思いをされましたね。
      つらい体験なのに、書き込んでくださって本当に感謝します。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  11. えめ より:

    こんにちは!
    お金を貸してしまう前にコメントを、と思っていましたが、たくさんの方に返信されている通り大丈夫なようで安心しました。
    私は昔、上司に騙されて借金を負いました。
    家族が警察官なので恥ずかしくて相談出来ず、友達に相談していましたが「ごめんね、貸せない」とハッキリ言ってくれた友達は今も友達です。(結局誰からも借りていません)
    私は任意整理という方法で清算し、完済し終えています。
    クレジットカードはまだ持てませんしローンも組めないので、携帯の分割契約はヒヤヒヤしますが、それでも借金があるよりはかなりマシな生活をしています。

    のらイグアナさんのした事は、決して「冷たい」とか「酷い」とかそういったことはありません。「友達なのに助けてあげなかった」事になったりしません。本当に友達なら、私が友達をそう思わなかったように彼女も思いませんよ。

    • のらイグアナ より:

      えめさま

      アドバイスありがとうございます。
      返信遅れてしまいすみません。
      心配してくださり、お忙しい中コメントを残してくださり
      本当にありがたいです。

      上司の方に騙されてしまったのは、本当に大変でしたね。
      きっとその上司は良い死に方はしません。

      ご自分で必死に完済されたのも、こんな言葉しか見つからず
      恐縮ですが、えめさんは素晴らしいですね。

      はい。貸しません。
      親戚の家が震災でなくなってしまい、震災関連病にもなり、
      被災していない親戚たち総出で援助しました。
      もちろん、あげたものとして考えています。
      本来お金は貸す場合、あげる覚悟で関わらなきゃならないと学びました。

      私としては、もうこれ以上できることはないといったのでこれで終わりとします。

      もやもやしていましたが、私と同じお考えの方がいらっしゃってほっとしました。ありがとうございます。

  12. ちきん より:

    大変なお友達をお持ちですね。
    お金を貸さないことが一番このお友達のためになると思います。
    自己破産をされることをお薦めしたいですね。

    >先日泣きながら、どこからもお金を借りられないようなら死ぬしかない、と号泣しながら電話がありました。

    こんな言い方は脅迫であると突き放した方が良いと思いますよ。
    どうか巻き込まれないようになさってくださいね。

  13. 夕暮れ より:

    お恥ずかしい話なんですが、私、似た様な状況で泣き付かれて
    なけなしの40万貸しちゃいました・・・
    独身時代に貯めてたお金だったこともあり、主人には内緒で・・・
    案の定、貸して数ヵ月後、音信不通&トンズラされて
    かれこれもう6年返済1円もないままです。
    もう、縁切りのお金と思ってキレイさっぱり忘れ去るつもりです。

    どうか、絶対お金貸さないでください。
    それで縁が切れる、悪態をつかれるなら、それまでの人ってことです。
    どうせ縁が切れるなら、こちらの懐は痛まないほうがいい!

    • つぐつぐ より:

      お金は恐ろしいですね。
      「縁が切れるなら、こちらの懐は痛まないほうがいい」名言です。
      のらイグアナ様もお疲れ様でした。中々割り切れないと思いますが、お金を貸すよりも重要なことを伝え切れた、と思って御自身を労ってあげてください。

  14. 三人兄弟 より:

    できることをしないうちから人に借りようなんて安易な考えの人は、絶対にお金を返せないでしょう。
    だから返さなくても有耶無耶にできそうな人に借りに来たんです。
    そのご友人がまともな考えの持ち主なら、まずカードローンなんてしないし、したとしても返してるはずですからね。
    お金がないのに働かず他人に借金して幼稚園とか。そんな親がいること自体が教育にいいわけないのにね。

    私ならまず断りますが、大切な友人だと思うのなら、その人のために払ってもいいと思えるお金を用意して、貸さずにあげます。そして二度とないことを宣言して縁を切ります。手切れ金みたいなものです。

    金の貸し借りはするな。貸すぐらいならあげなさい。実父の教えですが、本当にそうです。貸し借りは人間関係を壊しますよ。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


1 + = 8