産まない覚悟も産む覚悟もない私…

佐江さんのご相談

初めて相談させて頂きます。

私は結婚5年目の30代前半の者です。
子供はいませんが、最近自分の感情が分からなくなりました。

子供を産みたい。
この感情がある時期といらないなぁと思う時期が交互にやってきます。
私と夫の同年代の従姉妹達が子供ができるなか、直接は言われませんが言われないことでプレッシャーを感じているのか。

夫と私は共働きで、昨年私が勤めていた会社が倒産し現在はパートとして働いています。
金銭の不安はもちろんありますが、きっとどうにかなると思っているので心配はあまりしていません。(貯金は正直微々たるものです)

1つ不安だなぁと思うことは、夫との夜が全然というほどありません。
一緒に住んでいて、仲が悪いこともありません。むしろ仲良しだと思います。
子供が欲しいねということも2人で話しますが、お互い行動に移すことはなく気付くと普通に熟睡してしまう日が続きます。
元々性欲が強い方でもお互いないので、気にしないまま30代となってしまいました。

倒産し、出産しても社会に戻れないと感じたことは正直あります。なので、自分が(女性が)出産しても戻れる環境を作ろう!と思い細々ですが事業を始めようと準備しているところです。夫も了承してます。

しかしながら、やはり心のどこかで仕事と出産のどちらかで迷っている心境もあります。
親も数年前から病気となり、早く孫を見せてあげたいとも思うし、結局子供を産むことから逃げてるだけだろ?と自問自答する日々が続きます。

出産の年齢が近年上がっているとはいえ、今のままで結婚している意味があるのか?と様々な疑問が波のように引いては盛り上がりで訳わからない状況です。

産まない覚悟も産む覚悟もない。

同じように悩んで決断した方がいましたら、アドバイス頂けると嬉しいです。

まとまらない文章で申し訳ありません。
よろしくお願いします。


悩める佐江さんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て
スポンサーリンク

産まない覚悟も産む覚悟もない私… への16件のコメント

  1. ポルカ より:

    こんにちは。
    お気持ち本当にわかります!

    私も子供は欲しいけど、生まれてから趣味の登山や飲み歩きが出来なくなるだとか、仕事は続けられるのかとか、物凄く悩んでいました。
    夫は特に子供が好きなわけでもなかったので、私以上に子供を持つことに消極的でした。
    でも、私も30代半ばだし、そんな簡単に授かるかどうかもわからないので、とりあえず流れに任せてみようという結論になり、結果昨年子供が生まれ、現在育休中です。

    子供は本当に可愛いです!あれだけ子供を持つことにネガティヴだった夫もすっかり親バカです!
    仕事についてはこの4月に復帰予定なので、まだわかりませんが、どうにかするしかないと思っています。

    子供がいない人生もきっと楽しかったと思うし、来てくれて本当に嬉しいとも思います。でも、どちらに転んでも逃げではないし、夫婦仲良く力を合わせることができれば、どちらでも正解だと思いますよ。

    あと、保育園に入れるのは自治体にもよりますが、自営業やパートだと大変です。激戦区だと、認可はほぼ無理だと聞きます。もし妊娠したら認可保育所にこだわらず、すぐに自治体の保育コンシェルジュに相談することをお勧めします。

    お二人にとって納得する結論が見つかりますように。

  2. ぽぽろん より:

    不妊治療を経て子供がいる40代後半です。
    正直、1人で考えすぎではないかな?と思いました。
    現代社会では経済的社会的なプレッシャーがありすぎて、「今子供が欲しい」と思って適齢期にすんなり産める人は、残念ながら少ないように思います。
    佐江さんが一人で条件や将来を吟味すればするほど、結論が遠のくのではありませんか?

    産む選択をするのは割とシンプルですが、産まない選択をする場合、ご主人と時間をかけてじっくり話し合われたほうが良いと思います。男性は女性に比べて子供が欲しいと思うタイミングが遅くて、妻のタイムリミットが切れてから「やっぱり欲しかった」と未練を出されて辛い思いをした方を何人か見ています。

    うちの場合は晩婚でしたので、結婚当初から欲しかったですができるかわからない状況でした。産むと決めても産めないケースもある。欲しいと決心しても、不妊だったらどんなに欲しくてもできないかもしれないジレンマを抱えることになります。不妊治療の道のりは果てしなく長くお金だってかかります。

    大変失礼ですが、30代前半ならもう立派な不妊治療年齢です。夜の営みだとか仕事のタイミングなんて言っている場合ではないです。簡単に子供ができるかどうかもわからない。「産むなら早く」という方向で一度ご主人と話し合って調整を始めてみてはいかがですか?

    その結果として産まない選択をするなら、ご主人ともう一度2人の生活のあり方について話し合う、そういう年齢なのかと思います。お二人にとって納得する結婚生活を模索されて欲しいです。

  3. はな より:

    「産まなくて後悔はしても、産んだ後悔はしないもの」
    自分の子供って、本当にかわいくいとおしいものですよ。
    こんなこと言うのも無責任かもしれませんが、
    仕事か子供か、産んでしまうと「仕事も子供も」せざるを得ない、
    けど頑張れる。そんなとこが子育ての良いところとおもいます。
    子供二人育てましたが、大変なこともつらいことも、あっという間に過ぎ去り、
    今ではしみじみとした思い出になっています。
    子供が大きくなるのは、ホントあっという間です。

  4. 緑犬 より:

    お気持ち良く分かります。
    私は子供を育てる自信がなく中々踏み切れませんでした。元々自発的に子供が欲しいとも思えず、あっという間に30も半ば。佐江さんと同じく、夫婦生活もお互い欲求が薄い上に、タイミングが合わず。
    しかし、ある日思い立って、夫と一緒に不妊専門の産婦人科でお互い不妊検査を受けてみる事にしました。結果、私は自然妊娠できる状態にありませんでした。検査を受けて良かったです。初めて突きつけられた現実に、焦りもあります。
    私は状態が厳しいだけにパートもせずに、治療に打ち込む事にしました。妊娠は迫りくるリミットとの戦いだと、思い知らされました。
    産む覚悟、二人で生きる覚悟、どちらも持てないならば、せめて検査だけでも受けた方がいいですよ。妊娠に必要なホルモンの状態も知っておくだけでも違います。御主人の検査もお勧めします。妊娠は一人の問題ではありませんからね。
    私が一番思い知ったのは、今まで何だかんだ頭でっかちで考えすぎていた事。考える割に、実際自分は何も行動を取っていなかった事、逃げていたかもと。
    今は覚悟も決まりました。これで授かる事がなかったとして、やれる事はやれば、後悔はしないと思います。検査を受けた事で知る現実が良好ならそれも良しです。怖い物ではありませんから、一度受けて見てはいかがですか?同じ様に迷った者として、お勧めします。

  5. ぽこた より:

    ウチもかなり状況が似ていました。すごく気持ちが分かりますよ~。
    私が現在そろそろ40代に差し掛かる年齢で、夫と結婚して3年、一緒に暮らし始めて5年になります。
    私たちは二人とも子どもが好きではなくて、周りの友達は不妊治療をしていたり子なしの夫婦だったり独身だったり…子持ちが近くにいませんでした。
    結婚してからタイミングを見計らって、私の年齢も含めセキララに話し合いをしまして
    ・挑戦せずに子どもを持たない選択をするのではなく、子作りをしてみてダメならダメで、出来れば子育てを頑張りましょう
    ・挑戦してもダメだったとしても不妊治療まではしない
    と、相成りました。現在臨月です。

    私は子ども時代が幸福ではなかったので、人をひとり世に出すということに夢も希望もそんなになくて、今ですら「早く私たちの赤ちゃんに会いたいわ」とか思わないです。でも縁あって私のお腹に来てくれたのだし、夫も周りも協力的に一緒に育ててもらえそうな環境もある程度整えられました。赤ちゃんが出来たという報告に対しての周りの喜びようが何か凄いものがあって色んな人が喜んでくれたのも良い経験です。
    あと、結婚している意味なんですけど、それは子どもを持つかどうかとは別で、自分が幸せかどうかによるのではないかと思います。ま、結婚だけじゃなくて自分と周りが幸せであればいいと思いますよ。ウチが子どもを持つかどうかの話し合いをした時の出発点は、夫婦が幸せであるためにどうしましょうか、でした。

  6. たまこ より:

    お気持ちわかります。
    私は産む決断も産まない決断もできないまま、タイムリミットを迎えました。
    現在44歳、結婚10年目になります。
    結婚当初は「子供なんてみんな産んでるんだからその内できるだろう」と軽く考えていましたが、
    夫との信頼関係がなかなか築けず、この人の子供を産んで一緒に育てて行けるのだろうかと迷いが出てきてしまいました。
    一度がん検診のついでに検査をしたこともあったのですが、その時の女医さんからいきなり排卵誘発剤を処方されて「貴女はもう遅いのよ!焦らなきゃダメ!!」と叱られ、
    検査の痛みで「治療はもっと辛いんだ」「私一人でこんな事耐えられない」と、心が折れてしまいました。
    現在は信頼関係もできて夫婦仲は良好です。
    子供は結局できませんでしたが、「今のこの人とならいろいろ頑張れたかも」と思うこともあります。
    結局、私も佐江さんと同じように考えすぎてしまったのだと思います。

    今は姪と甥がとにかく可愛くて、自分の子供ならもっと可愛いだろうと思うと、当時夫ときちんと向き合えなかったことや自分の心の弱さに後悔することもあります。
    産まなくて後悔するよりも、産んでがむしゃらになってみる方が楽なのかもしれません。

    うまくアドバイスできなくてごめんなさい。
    「こういう人もいるんだ」くらいに読んで頂ければと思います。
    女性が子育てしながら活躍できる場を作りたいという佐江さんの思いは素晴らしいと思いますが、その前にご自身としっかり向き合って、ご主人とも話し合ってみてください。
    個人的には、佐江さんの思いの為にはお子さんがいた方が、より理想に近づけるのではないかと思います。
    結婚って否が応でも「子供」がついてまわるものですよね…。
    それで悩むのは女性ばかりの気がします。

  7. mami より:

    お気持ちわかります。
    私は結局それで子供のいない人生を選びました。
    選んだあと、どういう対策をしておくとよいのかこちらで相談したことがあります。

    http://vanillafudge.jp/discussion/2014/0522-1/
    (ご興味があればどうぞご)

    具体的な話を聞けて、結構大丈夫かもーと非常に安心したのを覚えています。

    近しい人には自分たちの方針を話したりしますが、そうすると色んな女性から相談を持ち掛けられます。
    佐江さんと同じようなお話です。
    まだ迷ってる、仕事がどうか、どうやって夫婦でそういう話をしたの?とか、単純にうらやましい、けど自分はそこまで思いきれないとか。

    なので、個人的にはこの話を素直にご主人にされてみてはいかがでしょうか?
    ほしいとも思う、でもこれこれこういうことを考えてしまってほしくないとも思う、あなたはどう?と。
    案外ご主人も同じように気持ちがふれているかもしれないですし、
    逆に何も考えていないときはこれをきっかけに具体的に考えてみるかもしれません。

    私の場合は色々あるのですが、一番自分の気持ちの部分を押したのは
    「自分がこなせる自信がない」です。
    仕事をし、家事をし、子育てを笑顔でするキャパが自分にないです。
    夫を責めない自信がないです。
    私たちの場合は子供がマストという考えではなかったことや、
    そうこう悩んでいるうちに色々他の事情もでてきてしまって後押しされたりとありました。
    子育てされている方々を本当に心から尊敬します。
    結果、うちはこれでよかったと確信してますし、やっぱり夫婦仲は良いですよ。
    単純に話し合うべき事柄が増えませんので。

    私たちも夫婦生活はほどほどですが、これも私は話さないとモヤモヤする方なので、
    お互いに欲はだいぶ少なくなってきてるからこういう感じで行こう、
    でもまったくないと寂しいからこういうふうにしようか、とか提案しました。

    他の方も仰っていましたが、個人的には文面から子供を持ちたい気持ちの方が強いのかな?と感じました。
    軽い気持ちでとりあえず検査だけ受けてみるのも手だと思います。

  8. まるん より:

    ■「子供ができて大変だ」「苦労した」っていうことは言葉として書きやすいし、具体的に「眠れない」とか「荷物が重すぎ」っていう物量で制限を表現できるので伝わりやすいですよね。だからみんな出産子育てを不安に思うんだろうね。

    ■子供ができて良かったなーということは言葉では伝えにくいです。
    「子供が嫌いだったけど好きになった」ってわかんないよね(笑)
    いいことは伝わらないので不安だけが膨らむのだと思います。
    「結婚なんて損ばっかり」と言ってる人に結婚の良さを説明できないのと
    同じ。

    ■自分が子供を産むのを決めた理由
    「10年経って子供を産まなかった自分」を想像しました。
    周囲の友達にみな子供がいても本当に苦しくないのか?
    カッコイイ、そんな女性になりたい!と素直に思えるか?
    →全く思えなかった。
    (不妊などの理由があって出産できなかったのなら納得できただろうし、他人がそういう人生を選んでもよいが、自分自身はそうではなかった)

    ■産んでよかったこと
    ・ダメな自分を肯定できるようになった。自己肯定感がすごい。
    (仕事してる時は、達成感とストレスが両方かかる大きな案件じゃないと満足できなかった)
    ・子供のかわいさが判った(今までは表面だけヘーカワイイーと言ってた)
    ・子育ては人生での娯楽ということがわかった。仕事は5年もやれば飽きる。(ゲームの小ボスをずっと倒し続けるゲーム)子育ては、子供が成長していくので多分20年は飽きない。

    ■佐江さんの文面からは壮大な気力は感じられなかったため
    「身の丈に合わない理想の自分に自分を一生懸命当てはめようとしてる基本は真面目な人」を想像して読んでます。(あくまで質問文を読んだだけの勝手な想像なのでお許しください)

    子供がいると自己肯定感はすごく簡単に得られます、子供の「かわり」に(自分は何者かになりたいという)肯定感を得ようとすると、人生を投げ打つくらいで打ち込まないとなかなか、得にくい。そこまで本当にやる気があるのか?

    他人に言われて答えは出ないと思いますがご参考になれば。
    納得する人生は選べません。後悔しない人生は選べます。

  9. はなちゃん より:

    こんばんは。夫婦共に40代。
    いろいろ話し合った結果、産まない選択をしました。

    夫婦とも子供は嫌いではない。
    私は国家資格もあるので仕事復帰も転職もわりと簡単。
    体もすこぶる健康で月経不順などもなし。
    など、不妊治療や経済面で悩まれている人からしたら
    なんで産まないの?と言われそうですが。

    結婚して10年くらいは悩みましたが、
    そもそも結婚してからセックスレス(夫の問題)が続いており
    子供を望むなら、まずその問題はどうするのか?
    その話し合いからスタートしました。
    結果、もう無理だと。
    本気で子供が欲しいと思うなら、科学の力に頼るしかない。
    でも、夫に精子出してなんて頼めるか?
    お金かけて、夫に精神的なダメージを与えてまで子供が欲しいのか?
    そこまでして欲しくないわ、いらないやという結論に至りました。

    夫婦関係優先しただけ、といえばかっこいいですが
    私が、子供の人生に責任を持つ自信がなかっただけ
    のような気もします。
    守りきれるかなーと。

  10. 新米ママ より:

    私は38歳で、やっぱり子作りしよう!!と夫と話し合い39歳で授かりました。ずっと自分に人を育てる事なんて出来ないと目を背けて来たのですが、ふと年老いた時に私は後悔せずに居られるかな?と考えて、授からなくても、やれるだけやったら後悔はしないんやないか?と考えるに至りました。私の生きるモットーは後悔しない!!です。私の後悔しない選択は子作りを頑張る事でした。子供はとても可愛いですよ。本当に自分の命より大切な存在って言葉で解ってても身体で理解はしてなかったですが、今はよく解ります。子供を持とうが持つまいが人には不安感がつきまとうものだと思います。生きてる限り何かしらに不安を感じるんではないでしょうか…より自分らしい選択をして後悔の無い人生を歩まれます様に心から願っています。何のアドバイスにもならず申し訳ありません。

  11. ねこ より:

    私の場合、歳と共に成長していきたいなと思っています。
    そのためには、ある程度苦労する方がいいと思っています。

    そのために、私には子供が必要と思っています。
    仕事もあるけど私の代わりはいくらでもいるし、
    そのほかで何か目標に向かって頑張ろうと思っても、
    根性なしでまったく頑張れないのです。

    その点、子供は違います。
    一度恵まれたら最後、ずっと責任を負います。
    子供といることで勝手に苦労が飛び込んできて、それをひとつひとつ解決するたびに自分の成長を感じます。
    そして、それがとても嬉しいのです。

    なので、私はどちらか選べるなら産む方を勧めますが、
    産まないからと言って攻める気持ちは全くないです。
    それぞれの考え方があるのだから。

    ただ、子作りの行為が全くないのなら産みたいと思っても厳しいですよね。
    男性の方がその気にならないと、女性にはどうにもなりません。
    そういうのって、妻が痩せて綺麗になったらできる、とか簡単なものではなさそうですし。

    もう少し、夫婦で腹を割ってよく話し合うことが必要では?

  12. 黒豆茶葉 より:

    うちは、結婚当初から
    「子供ができなかったら不妊治療はしないで養子を迎えよう」
    と結構アッサリ二人で決めました。
    結局、1年くらいで自然に妊娠したので、自分の子供を育ててます。
    男の子だったので、趣味嗜好が自分の幼少期とは全く違い、今まで知らなかった色んな世界に触れることができました。電車、車、仮面ライダー、ポケモンなどなど。ほほー、こんなものが面白いのか!と、子供と一緒に楽しく学んできました。
    夫婦揃ってジグソーパズルが好きなので、時には一緒にこちらの趣味にもつき合せたり。
    誰かの人生を背負い込む、って思ってると子育てって重たいかも。
    一緒に新しい世界を楽しむきっかけを与えてくれる家族、という見方は如何ですか?
    24時間、面倒見なきゃいけないのなんて、幼稚園入るまでです。保育園に入れるなら、それよりずっと短いです。
    確かに、大変なことは沢山あります。面倒なことも。でも、行動が制限されたりなんて、一時のことです。スキーも年少から連れて行ってますし、山登りも家族で楽しんでます。
    面倒だと思われがちなPTAも、今まで全くご縁のなかったタイプの方たちとお知り合いになれる場で、時間は取られますがそれはそれで楽しいです。皆さんお持ちの特技がそれぞれで、おぉお~!と感心することも多いです。

    きっと、凄くまじめな方なんだな、と思いますが、妊娠、出産にタイムリミットがあるのも事実です。
    ご主人と、納得のいく話し合いができますように。

  13. みずえ より:

    お気持ちわかります。
    私も子供がそれほど好きではなく、また婦人科系の持病もあり、しかし不妊治療に行く覚悟もなく。
    子供が欲しいとも欲しくないとも決断ができないまま4年。
    たまたま自然に妊娠できたのでそのまま出産しました。

    出産するまで、育児放棄してしまうんじゃないか、とかさまざまな心配をしていましたが、子供はびっくりするほどかわいいです。自分の子供だけかわいく見える特別な何かがあるのだと思います。
    もちろん泣き止まなくてつらい、とかそういうことはありますけどね。

    たいしたアドバイスはできないのですが、子供ができるかどうかはまだまだ運によるところが大きいと思いますので、まずは運に身を任せてみてはどうかな、と思います。
    「案ずるより産むがやすし」ということわざがありますが、まさにこの言葉通りだと実感しています。

  14. むーらん より:

    私も30代前半主人は30代後半、結婚6年目にして子供がいません。

    私は結婚当初から子供が欲しいと思っていましたが、様々な事情があり、結婚後数年は子作りはまだまだ先という状況でした。主人には欲しいということは伝えていましたが、私たちもレスの状態が続いていました。
    私たちも仲が良い夫婦で、むしろセックスをしなくても満足している状態でした。

    ですが、結婚して3年4年と過ぎ、周りには続々と子供が産まれ、「子供は?」と聞かれることも頻繁になり、だんだんそれがストレスになってしまったんですね。私が一人で焦り始め、主人に「まだまだ、って言ってばかりで、セックスもしないで、子供なんか一生できないよ。どうするの?」と思い切って聞きました。

    最近になって本当にようやく主人が私の気持ちを思ってか行動してくれるようになりました。主人が行動し始めるまでに2年以上かかっています。
    排卵日検査薬や葉酸を飲むなどひとまず自分だけでできること、病院にいかずできることをやっている段階です。しかしやはり主人とタイミングを取ることは難しく。。。喧嘩することも度々。ふとしたときに、もう別に子供いなくてこのままでもいいんじゃないかと思うことがあります。今まで2人で仲良くやっていたのに、子供ができないことで喧嘩して、本末転倒じゃないかと。

    相談者さんはまだお一人で悶々とされている段階のようですが、いずれはご主人と話さないといけませんよね。ただ、話した瞬間すぐにご主人が相談者さんほどの焦りや悩みを共感できるとは思わないでくださいね。男性は多分ぴんと来ないんだと思うんです。リミットがあることや妊娠の難しさ、頭でわかってもふーんという感じでしばらくは全く変化が無いですよ。だから迷っているならそれこそ早く行動(話し合い)をして、のらりくらりするご主人を駆り立てないといけません。

    私自身「絶対欲しい」という気持ちと「もうこのままできなくてもいいんじゃないか」という気持ちが入れ替わり立ち代りやってきます。本格的な治療に踏み込まないのも、大金をかけてまで欲しいのか?絶対にできる保障も無いのに?と思う部分があるからで、そこまでして欲しいとは思っていないって言うことかと思ったりします。

    悩む気持ちがあるので、自分たちで期限を決めました。あと一年は病院に頼らないでできるだけタイミングを取る。それでも駄目なら病院に行って検査を受ける。問題が無いならそのまま自分たちでタイミングを取る方法を続ける。それでも駄目ならあきらめる。問題があった場合のことはまだ考えてません。治療のレベルにもよると思うので。

    でも実際こう決めたとおりに行動できるかも自信が無いんですけどね。そのときになってみないと。。。だからやっぱり一人で悩んでいないでご主人と腹割って話し合ってくださいね。

    お互い悩みながらでも前に進めるよう頑張りましょうね。

  15. よつば より:

    悩むお気持ちすごくわかります。
    同棲3年結婚2年、計5年子供について悩みました。
    今は30代前半で二児の母ですが、昔から子供や年下が苦手でどう対応していいのかわからないタイプです。
    今でもそれは変わりません。子供と遊ぶのは下手だと思います。
    子供は苦手だし20歳の時に子宮の手術をしたし、妊娠には不安しかありませんでしたが、うちの場合は夫が子供好きで兄弟が多いので最低でも2人は欲しいと言われていたので、悩んだ末に子供を産む選択をしました。
    産むなら早く産んだ方がいいと思って20代のうちに2人産めるように頑張り、
    幸い早く自然妊娠する事が出来たので30歳の時には二児の母でした。
    育児はやはり大変です。楽しい事もありますが、私は辛い事の方が多いかも。
    やる事すべて初めてで不安と驚きの連続ですし、子供を産んでからずーっと毎日が大変です。心が折れる時もあります。
    でも子供のおかげで自分が人間として成長しているとも思いますし、夫も子供が出来てから別人のようにいろいろやってくれるようになりました。
    (以前はお米も炊けないし洗濯も掃除も何もしない人でしたが、今ではなんでもやります)
    逆に夫から「よつばは子供が出来て変わった。子供を可愛がれないんじゃないか不安がっていたのか嘘のようだ。」と言われるくらい私にも大きな変化がありました。
    この人生経験は他では得られないものなので、早めに産む選択をしてよかったと今では思っています。
    子供の事は夫婦の2人の問題です。
    産むにしても、産まないにしても、お一人で決めないでご主人とよく話し合ってくださいね。
    どちらの選択をしても夫婦で話し合って決めた事なら自信を持ちましょう。
    それと、他の方もおっしゃっていますが一度婦人科を受診してみてもいいと思いますよ。
    それから話し合っても遅くはありません。
    一度きりの人生ですから後悔のないように。

  16. みずは より:

    こんにちは。
    佐江さんの文章を読みましたが・・・
    ご主人と話し合ったとありますが、
    お互いが本心をぶつけあったのでしょうか?
    子供のことを話しながら、性生活はなしって、
    「本音で話し合って生活してるのかな?」と思いました。
    私は一人目を生んだ後、なかなか妊娠しませんでした。
    性生活は間遠になり、夫と何度か話し合いましたが、
    夫は「子供には兄弟を」としか言わず、さりとて性生活はなし。
    私が「もう授かりものと思って一人でも十分」とあきらめたいと
    話しても「子供には兄弟を」です。
    思わず泣いてしまいました。
    結局、たまたまタイミングがあって、妊娠しましたが・・・
    後になって、夫が本音を言ったこともあります。
    「性生活を義務のように言われると面倒」
    どういうわけか、その場では言えないんだそうです。
    一人目育児中で時間のある私ばかりが空回りして、
    いま思い出しても少しつらいです。

    子供を持たない夫婦は、思っているより多いと思います。
    ただ、産みたいのにさずからなかったのか、
    妊娠を迷っているうちに妊娠する年齢を過ぎたのか、
    夫婦にとって、重要ではないでしょうか?
    佐江さんが産むのはご主人の子供・・・
    佐江さんだけが出産しますが、ご主人にも関係あることと
    自覚して、話し合ってほしいと思いました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


4 − = 3