ハウスメーカーと契約後、実父の病気が…

すりりんごさんのご相談

夫28歳 嫁25歳の新婚です。

昨年、結婚式を挙げ、年明けからマイホームの勉強をし始めました。
2人で検討し納得した上
大手ハウスメーカーと契約をしました。
夫の仕事が落ち着くため収入が減るのはわかっておりましたが、夫の昔からの夢マイホームを建てるのにチカラになりたいと思い月々厳しくなるの覚悟で契約を決め契約金を振り込みました。

さらに友人結婚式が上半期で3件あり、
夏のボーナスまで本当にギリギリな生活がこれから始まります。
が、負の気持ちを改め、
夢のマイホームへ向けて2人で頑張ろう!
落ち着いたら子どもも考えていこう!
と前向きに歩みはじめた矢先…
契約を結んだ直後…
私の父が大きな病院で診てもらうことが必要と言われ診て貰った結果「狭心症」と診断されました。少し胸が痛む程度で父はケロッと元気にしているそうで、不安になった私の方が拍子抜けしたくらいですが、これから手術などお金がかかると思われます。
父と母は昔に保険を解約してしまったといいます。
医療費は大丈夫なのかときくと
大丈夫と答えますがとても大丈夫だとは思えません。
私には2人の弟がいますがまだ若いので不安です。
片道4時間ほどみれば帰れない距離ではないですが、駆けつけるにはお金がかかります。

また重度なのかどれくらいの状況なのかは
数週間後お話があるそうです…。

上半期に重なってしまったこと
・マイホーム契約
・友人達の結婚式
・父の病気
・6月まで貯金がほぼできない状態

100万円契約金を払いました。
契約解除しようにも60万はもう戻りません 。
数週間のうちに土地の契約も決まる予定です。
土地契約が決まればもう手元に残るお金は皆無です。

今契約を辞めて40万戻ってきたら
6月までの不安は取り除かれるかと思います。

父の病状がまだまだ良くなる余地があるとしたら諦めたことに後悔するかもしれません。

嫁いだ身で 夫に夢を諦める形になるのもどうかと思います。

わたしはどうしたら良いのかも
わからないです…
マイホーム計画はそのまま続けてあげたい
父の負担もできれば助けてあげたい

マイホームを建てたとしたら年内完成で
両親を呼ぶことも考えてあげれると思いますが…

考えれば考えるほどわからなくなります…
助けてください。


悩めるすりりんごさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: お金, 夫婦, 実父母
スポンサーリンク

ハウスメーカーと契約後、実父の病気が… への38件のコメント

  1. みずは より:

    28歳でマイホームとは、ちょっと早まったな、
    という印象です。
    冠婚葬祭を貯金でまかなえないとは、
    楽天家さんかな?と思います。

    ・マイホームはそのまま
    この場合、結婚式はお祝い(1万円程度)だけにする
    お若いから抵抗があるかもしれませんが、
    「家庭の事情で」と手紙を添えて、お祝いだけではいかがですか?
    お父さんの病気も、弟さんのことも、
    家を出た身なら、遠くから心配して、貯金に励みましょう。
    使わなければ貯まります。
    マイホームに浮かれすぎず、内装も家具も、新調は最低限に考えて、
    出費を慎みましょう。
    ご両親の言葉を信じて、まずは自分の生活を守ってください。

    40代のおばちゃんから見たら、貯金を使い果たしてマイホーム、
    というのは絵空事で、相談されたら「まだ無理」で終了です。

    ・マイホームをあきらめる
    あまり得策とは言えませんね・・・
    お金というよりも、ご主人との関係や、両方の実家との関係です。
    まだ若いお二人ですから、心配する声もあったのでは?
    お金のためにあきらめたら「それ見たことか」と、
    言う人もいるかもしれません。

    何度も言いますが、冠婚葬祭に事欠くようでは、
    返済生活もどうなることか・・・と思います。

    結婚式の参加はあきらめて、
    ご実家は心配でも自分の生活を引き締めて、
    (もちろんご主人に話してますよね?)
    堅実につつましい生活を送ってください。

    • すりりんご より:

      つたない文章にコメント
      ありがとうございました。

      助けて…と思った日から
      数日経って落ち着いてちゃんと
      考えることができます。

      情報が少なかったこと申し訳ありません。

      結婚式に来てもらった手前やはり
      ご祝儀などは削らずヘアセットを自分でしたり
      交通費を時間がかかるけど安い方向へと考えております。

      土日は外食が多かったので
      改めることができることはしようと思います。
      ありがとうございます。

  2. かのこ より:

    こんにちは。
    相談文を読ませていただいて、お父様のご病気がなくてもマイホーム計画にとてもとても不安を感じます。

    貯蓄がゼロになってまで、今マイホームが必要ですか?
    また違う出費がでてきたらどうしますか?

    お父様の件は、マイホームを今買うべきなのかもう一度よく考えてみなさいという神様からのメッセージのような気がします。

    御主人とよく話し合ってみてくださいね。

    • すりりんご より:

      こんにちは、
      コメントありがとうございます。

      情報不足申し訳ありません。

      マイホームについては、
      友人結婚式の間少しかつかつだけど
      乗り越えたら心配がないように
      しっかり返済計画を考えた上で契約を決意しました。

      それも考えましたが…
      それでは諦めきれなく今にいたります。

      ありがとうございました。

  3. はる より:

    色々な事が重なって、少しパニックになっていませんか?
    大丈夫!落ち着いて。
    医療費はとりあえず大丈夫ということなら信じましょう。
    お父様の病状、とても不安だとは思いますが、それも病状がはっきりわかってから落ち着いて考えましょう。
    結婚式とマイホームは、もともとぎりぎりの状態になるのを覚悟して旦那様と計画した事のようなので、特にマイホームは、早急に撤回!というのは慌て過ぎだと思います。
    (勢いで契約してしまい、今冷静になってやはりやめておこう、となっての撤回なら問題ないと思います。旦那様としっかり話し合ってください。結婚式や、お父様の病気とは分けて考えましょう。)

    すりりんごさんがもし専業主婦なら、短期のアルバイトで収入を得るというのもいい方法だと思います。
    ご両親をマイホームに呼ぶ事等、一旦落ち着いて、旦那様とご両親と、良く話し合って進めてくださいね。焦りすぎないでくださいね。

    • すりりんご より:

      コメントありがとうございます。
      少し落ちついて考えることが
      できるようになりました。

      親が大丈夫と言うのを信じたいです。
      国から受けれる制度があることも送りましたし、
      私が不安なだけならよいのですが。

      マイホームはおっしゃる通りで
      もともと父の病気がなければ
      2人でなんとかなるよと計画してきました。

      父の病気のために本当に
      マイホームを諦めなくてはならないのか、
      しっかり考えたいと思います。

  4. みんと より:

    旦那27歳、私22歳で、全然貯金の無い状態からマイホームを購入して22年経ちました。
    子供は1人いて私大に行っています。
    自分だちがやってこれたのは、夫婦2人が大病せず健康だったからだと思います。

    当時に比べると規則が変わって土地に対して大きな建物が建てられるようになり、地価も金利も相当下がり羨ましいくらいです。
    建材が高くなってきているので、マイホームを買うのは早めの方が良いと思います。
    でも家庭が破綻するようなローンの組み方ではだめですよ。
    医療費は国民保険でも健康保険でも、一定の額以上は返ってきますから大丈夫ですよ。
    申請の仕方は病院でも教えてくれます。
    心配でしたら、ファイナンシャルプランナーさんにこれからの一家の収支予想をしてもらうといいです。
    生命保険の代理店さんは資格をお持ちの方が多いですよ。

    選ぶ物件やお金の掛け方で差はあれど、一生を賃貸で暮らす金額と分譲購入の金額はさほど変わりはないと聞きました。

    親の立場からですが、自分たちのために娘夫婦がマイホームを諦めるとか、建ってから呼び寄せようと思ってくれている気持ちは嬉しいですが、その気持ちだけで充分です。

    お金の心配がメインで、ご実家のあれこれをマイホームを諦めるための材料にしていないならいいのですがどうですか?
    60万戻らなくても今なら60万で済むので、ご実家のことは別にして、ご主人と夫婦の今後のお金についてのことをよく話し合われた方がいいかと思います。

    • すりりんご より:

      コメントありがとうございます。

      建てる時期も悩みましたが、
      ここ2年内には建てるつもりでしたので
      いろいろ考えて今にしました。
      住宅ローンが始まるのは年末で
      土地に関しては6月頃を予定してます。

      保険を考えたときにも
      ファイナンシャルプランナーさんを通すとよいと
      知人から紹介されましたが、

      わたしは過去にそういう方に知り合いましたが
      あまり良く思っておりません(危うく人生をしくじるところでした)

      ファイナンシャルプランナーを通す
      メリットはなんなのでしょうか。。。
      教えて頂けたら幸いです。

      • みんと より:

        ファイナンシャルプランナーを通す。
        のではなくて、相談しては?という意味ですよ。
        別にご自身で勉強されて、今から人生設計を立てようが、ご両家の両親に相談しようが構いませんよ。
        あなたの身の回りには、あなたのお宅の経済的事情や家庭事情を、こちらのコーナーのご覧の皆さんよりよくご存知の方が大勢いらっしゃるでしょうから、こちらに年収やローンの年数、勤続年数、お勤め先、などなどプライベートなことまで書くよりも、そのような方に頼るのも良いだろうと考えたのですよ。
        ファイナンシャルプランナーの資格を持つ方が全員、すりりんごさんが嫌な思いをされたようなタイプと決めてかかるのはいかがでしょうね。

  5. みか より:

    すりりんごさん、こんにちは。
    ご結婚、マイホーム、お父様のご病気と、
    人生の大きな山が一度に来てしまったのですね。

    まず、お父様のことは切り離して考えましょう。
    すりりんごさんがマイホームをどうしようと、
    失礼ながらあなたのお金の力でお父様のご病気を見事解決とはなりません。
    日本には、高額医療制度というものがあります。
    (手術になれば、病院で事前に説明があると思います)
    お父様や2人の弟さんの年齢が分かりませんが、
    ひょっとしたら大学生でまだ学費がかかるとか、
    状況によっては、今後の家計について家族会議が必要かもしれません。
    すりりんごさんはとても優しいお方とお見受けしますので、
    ご両親の精神的サポートなど、離れていてもできることを
    お考えになってみてはどうでしょうか。

    それより気になるのは、マイホームです。
    契約金に100万、土地の契約が終わったら貯金がほとんどない、
    ということは上物はフルローンと捉えて話をすすめます。

    もし私がすりりんごさんの親なら、全力で止めに入ります。

    【夫の仕事が落ち着くため収入が減るのはわかっ】た上で、
    夫は【昔からの夢】と言いながら、今まで【マイホームを建てる】ための貯金もせず、
    妻として【チカラになりたいと思い月々厳しくなるの覚悟で】契約されたんですよね。

    非常に心もとないです。ちょっと夢見すぎてるな~と感じます。
    【落ち着いたら子どもも】とおっしゃいますが
    住宅ローンと教育費が重なると貯蓄も厳しいですし、精神的に相当キツくなりますよ。
    夢だったはずのマイホームが、悪魔のような存在に見えてくるかもしれません。

    ついでに言ってしまうと、
    東京オリンピックの開催年前後から不動産価格は本格的に下降すると予想されますので、しばらく待つのも手です。
    また、いつどこで巨大地震がおこるかもわかりません。
    東日本大震災や熊本地震によって、2重の住宅ローンで苦しんでいる人が実際に多数おられます。
    マイホームを持つということは、今の日本ではそれなりの大きなリスクが
    あるという一面も忘れないでください。

    どなたかもおっしゃってますが、今なら60万で済む、とも受け取れます。
    今一度、冷静に夫様と十分話し合われてください。
    足元のしっかりした結婚生活を送ることが、ご両親への親孝行にもなります。

    • すりりんご より:

      コメントありがとうございます。

      いろいろ考えて頂いているのに
      情報不足も本当に申し訳なく思います。

      頭金は500万です。
      これは夫が18歳からマイホームへの貯金をしており、
      私生活でも苦労人で心から尊敬してます。
      マイホームの計画でのいたらなかった部分は
      年末年始の出費と結婚式ラッシュが重なるこの上半期(3ヵ月)かつかつだけど頑張ろうねというところです。
      6月からは貯金もできる状態には戻る予定ではあります。

      ただ、それが私の父の病が発覚したという出来事と重なり諦めなければいけないのか、このまま進めても良いのか不安になり投稿させて頂きました。説明不足申し訳ありません。

      病気については、
      確かに私がどうこうできる範囲ではないのも
      承知しております。
      私達夫婦に全て任すようなことは
      親も思っていないと思うので、
      おっしゃる通りただ遠くでも
      支えることを考えてみようと思います。

      ありがとうございました。

  6. まめ より:

    結婚式が重なった程度で苦しくなるような経済状況でマイホームを購入されようとしていること大変心配です。
    お父様の病気だけでなく、夫婦どちらかになにかあったとき(例えば軽微な事故や病気でも)破綻するような状況ですよね。。。
    自分ならお父様のことは切り離して、もう一度考えてみて月々の返済が可能であればこのまま突っ走る(自分もがむしゃらに働く覚悟でも)かなと思います。返済に不安が残るならこれは考え直すようにということか、と捉えるかなと思います。

    すりりんごさん、マイホームにしてもお父様の件にしても感情的というか思い込んで周りが見えなくなるタイプのように感じますので、決断の前に信頼できる人に相談してからでも遅くないと思いますよ。

    • すりりんご より:

      コメントありがとうございます。
      説明不足申し訳ありません。

      実際、経済状況はそこまで悪いわけでもないのですが、
      貯金が少ないことに抵抗があり、
      夫婦で頑張ろうと表現させて頂きました。

      マイホームの計画での誤算は
      結婚式が続く3ヵ月間は厳しいのと
      父の病が発覚したことです。

      諦めたくないと思っているのですが
      いろんな意見をおききしたくて…

      夫以外で相談できないので
      この場をお借りしたのですが、
      申し訳ありません。

  7. じゅじゅまま より:

    一つずつ考えて見た方が良さそうですが、
    まずお父様のご病気。娘としては確かに心配ですね。
    ここで、必要なお金は帰省費でしょうか?医療費でしょうか?医療費なら娘に頼らずにいてほしいですが、難しいですか?
    一般的な医療なら一定の金額でそれ以上は掛からない高額医療費制度があります。
    この範囲ならお父様がご自分でご用意されるのではないですか??

    帰省費ならまず計算していくらかかるのか前もってかんがえておきましょう。

    そして、マイホームですが契約金100万で貯蓄がなくなるなら本来は契約すべきてはなかったですね。
    本当に返済計画できてますか??
    住宅ローン通ったのでしょうか??

    あなが私の妹だったとしたらとめますね。
    解約させます。60万円は授業料です。
    おそらくそのまま買ったとしたら、それでは到底足りない利子を今後払っていくことになります。

    家がいくらかわかりませんが、見える額面に利子が乗って今後30年40年払うことになります。
    本当に払う総額が見えてますか?
    見えてないならやめましょう。

    • すりりんご より:

      コメントありがとうございます。

      私は心配しずぎていたかもしれません。
      父も母も働いておりますし、
      弟も手が離れて贅沢しなければ
      余裕はあると思います。
      見る限り貯蓄ができない親でしたので
      自分達が保険など入り落ち着いた頃でしたので
      親が保険に入ってないときき不安になりました。

      もし急に帰省費が必要になる場合を
      少し考えておこうと思います
      ありがとうございました。

  8. きのみ より:

    「ローン総額」「毎月のローン返済額」「ローン年数」は?
    ご主人と奥さんの「税込年収」と「手取り月収」は?
    「今払ってる家賃」は?

    とりあえず↑これらを教えてください。
    数字によっては、完全アウトかもしれないので…

    • PON より:

      きのみさんの情報は必要ですね。
      年明けから勉強か・・・短いですね。
      ハウスメーカーは貴方が破綻しても売ってしまえば銀行の問題なので関係ありません。
      つまり良い事しか言いませんよ?。

      新しい家を建てたのに家具も買えない。家電も新しく出来ない。遊びに行けないではどうしようもありません。
      それでお子さん出来たらどうするのでしょうか?。
      既に建つ前からボーナス頼みとは固定資産税払えるのでしょうか?。

      土地の契約が別と言う事は注文住宅ですか?。
      先々の事を考えると旦那さんと揉めるのが目に見えます
      何を揉めるかと言うと、思った設備、思ったクロスにならない・・・等々です。

      一生に一度の気持ちの物が妥協に妥協を重ねた家にしかならないなんて嫌でしょう?。

    • すりりんご より:

      コメント、ご心配ありがとうございます。

      マイホームについては思いつきではなく、
      長く見て話を進めてきたので大丈夫です。

      誤算は、
      貯金が少ない時期に
      結婚ラッシュを乗り越えなければならないということ、
      さらにその時期に父の病が発覚したことです。

      今後どうしたらいいかわからなかったので投稿いたしました。

  9. ひよこのこ より:

    ローンの内容、ご主人の勤務先と年収がわからないので、ジリ貧でもなんとか大丈夫そうとも絶対契約破棄だともなんとも言えないと思うんですが・・・。

    これまで色々あって契約金で貯金が尽きたんだけれど、実はこれからご主人のご両親からのバックアップがあって/ジリ貧生活で年間数百万円の貯蓄ができるほどの年収が実はご主人にはあって/あとはなんでしょう、よくわかりませんがそういう話があるのであれば、本当にこの数ヶ月間だけの危機を乗り越えればいいので、スイートホームは手に残せばいいと思います。(個人的に気がかりなのは、結婚式はそんな理由でお祝いを減額して出席するぐらいなら、欠席して違う形でできる範囲でお祝いするべきかと・・・。)

    そんなような話もなければ、60万円はお勉強代と考えて契約破棄です。現状の突発出費に備えられなかったお二人は、どんなローンを組んでもいけません。日々の生活なんて健康な大人二人ならどうにでもなりますから、ジリ貧でも我慢できるーだなんてローンを続けられる理由にはならないんですよ。数千万円のお買い物をするには明らかにお金の勉強が足りておらず、準備が足りなかったから取れた行動です。それが今学べて、不幸中の幸いです。

    お二人の勉強不足に加えて、そんな財務状況でありながら、組んではいけないローンの形で話を進めた窓口からお金を借りてしまうだなんて・・・まさか本当にそれで買う人いないよねと思っていたけれどここにいた、というのが私の第一印象です。これからのお二人の生活よりも、そんな借入先と住宅購入先に一番の不安を感じます。

    夫婦でどうしてもマイホーム一番!というのであればそれはそれでいいんです。綺麗なおうちに佗しい食卓だろうと何だろうと、人生の優先順位は人それぞれですから他所様に何を言われたってお気になさらず。
    ただ無い袖を無理やり振っても何も出てきません、契約破棄して、計画的に貯蓄して、並行して沢山勉強して、確かな窓口への相談も必ずし続けて、時が来たら再度挑戦すればいいだけの話です。今契約を破棄したからって、マイホームを全て諦めることにはなりませんから。本当、失敗が今でよかった、若くてよかった。

    >6月までの不安は取り除かれるかと思います。
    数ヶ月先ではなく、数十年先まで想像しないと・・・考えすぎて心配ばかりも良くありませんが、考えないで行動してしまうのは時に何よりも危険です。実際今危険区域の中です、これでもかこれでもかと想像してご夫婦で計画なさってください。

    >夏のボーナスまで本当にギリギリ
    ボーナスをあてにしてローンを組むのはありえない、と、住宅無料雑誌の一番最初に書いてありますよ。基本中の基本のキです。

    >嫁いだ身で 夫に夢を諦める形になるのもどうかと
    妻として地位を向上させたいのであれば、諦めさせるのではなく、手の平で働かせて夫婦で金融と財務状況を掛け合わせたお勉強を続けましょう。行動力はあるんだから、あとは知識とお金だけ。ポジティブにいきましょう!

  10. めいぴー より:

    結婚されて1年も経っていないし・・・お二方のご両親の援助は何もない
    当てにも出来ない・・・・無茶でしたね!
    家が建ちあがった後、カーテン、照明器具、外構工事、税金等?百万単位で要りますよ。
    ローンも、もしかして35年とか組んでませんか?せめて25年ですよ。
    家がボロボロになってからのローン終了や退職してからの返済は有り得ませんよ。
    今それで悩んでいる方がどれほどいるか・・・・売主の口車に載せられて簡単に払えると思いこませますからね。年収(税諸々の後)2割までで無いと・・・
    出来ればボーナスも当てにしない事・・・しても10万程・・・
    何の為の人生か考えて下さい。家の為に一生を台無しにする必要はありませんよ。

  11. まー より:

    お父さんの病気狭心症との事で、すぐ死ぬ病気ではないと思われます、
    突然死もあるけど、突然死ならば周りは手助けしようがないですし、そうならないようにご本人が治療をこれから頑張るだけです。
    あと「ガンのように保険効かない治療が何年も~」が少なそうなので、お金は年収によって月8万位以上は、後程、国から戻る制度があるので、お金は問題ないと思います。

    来週の報告待ちで、それまでは狭心症について知識をつけて、本や図書館やネットで調べて、心の準備をしておけばいいと思いました。

    お家も、いったん問題ないと判定して買ってると思うので、
    ・固定資産税が高い地域でない事
    ・5000万以上の家でない事
    これならば、

    1・奥さんの方が、今から就職してしっかり働き、月15-25くらい稼げれば問題ないのかなと思いました。

    一番気を付けるべきは、
    2・「生活費でローン破綻して、家を途中で手放す」事だけ気を付けて、(よくある事のようなので。)
    10年たったら半額になり、20年たつと上物(家)は0円になり、土地代の身になる事、なのでもったいないので30年以上しっかり住む事。

    3・修繕費を月2万位は積み立てておく事
    (12年で300万、24年で600万溜まるので、これで外壁、屋根、壁、ガス設備、水道設備、風呂台所トイレの修繕をまかなう必要があります。)

    4・衣食住の「住」に一番力をいれた生き方の家族なんだという事を忘れず、「衣食と娯楽・旅行」は、貧乏節約モードで頑張る事

    これができれば行けるのではと思いました。1234を頑張って、ローンを返すことを最優先にすればやれるかもです。ファイナンシャルプランナーに相談も良いと思います。

    • まー より:

      何せとにかく、ご夫婦の「年齢の若さ」が最大の武器になると思います、
      お金はらえる期間が40年くらいあるわけです、
      気の持ちようと、知恵を振り絞って、仕事を夫婦でがっつりがんばる、これで乗り切れるんじゃないかなーと思いました。
      30代になるとまた、給料も知識も変わっているし、いくらでも対応できるかと、、、。

  12. よぴお より:

    不動産業を経営しています。

    営業マンにせかされましたね。
    うまいんですよね。ハウスメーカーの営業の方は

    この業界に居て私が思うことは
    今の方はまずハウスメーカーに行かれるんですよね。
    私はね土地ありきの昔ながらの考え方がベターだと思っています。
    家はその時これが完ぺきと思う家を作っても
    必ず時間経過や家族構成の変化でこうしておけばよかったとか思うように思います。
    でも土地は後からリフォームも増やしたり減らしたりできないのです。
    なのでゆっくり、子供が生まれた時の学区や近隣状況を確認して
    決めるべきだと思っています。
    そして出来るだけたくさんの頭金を用意すること

    もしあなたが私の大切な友人なら
    手付流しても契約を解除することを勧めます。
    不動産はタイミングではありますが
    今ではないような気がします。
    とにかく頭金を貯めてください。
    そして住宅ローンは余裕をもって組んでください。
    ローンの為に生活がきゅうきゅうとするのでは
    マイホームじゃないです。
    お金が足りないと心にもゆとりが無くなります。
    苦しめるためのマイホームになる人をたくさん見てきています。
    どうか冷静な判断をなさってください

  13. よぴお より:

    追記
    私の父も25年前狭心症と診断され
    カテーテルの手術をしました。
    今も元気ですよ。
    でも一度手術しても数年でまた手術が必要になり
    25年で3度手術したように思います。
    病状的には安心してもいいかなと経験者は語るです。

    • すりりんご より:

      コメントありがとうございます!

      そうなんですね、今もお元気とのことで
      少し安心できました。

      父もカテーテルを近々受けるようです。
      父も心配がないとよいのですが…

      ありがとうございました!

  14. ひぃ より:

    家を建てても10年したらメンテナンスに100万単位でかかりますよ
    何年ローンかわかりませんが利息入れたら倍の金額支払う状態じゃないですか?
    落ち着いたら子供とありますが急に授かったらとか
    落ち着くのを待ってたらいつになるかわからないのでは
    お父さんの病気は別にしても皆さんが言うように不安要素が沢山です
    何年かお金を貯めて中古物件をリフォームした方が無理がないんじゃないでしょうか

    • 極上比率 より:

      うちは注文住宅に住み始めて10年経ちますがメンテナンスにそんなにかかっていませんよ。子どもも息子が2人います。ペットはいませんが。
      海沿い山沿い豪雪地帯などお住いの地理的要因で差はあると思いますが、無闇に断言して不安を煽るのはよろしくないと思います。

      • ひぃ より:

        すみませんでした
        友人達が10年をメドに屋根、サイディングのメンテに200万単位でかかっているのを見て家を持つのも大変だなと思っていたので
        我が家も私が嫁いだ年に屋根・サイディングで280万かかったのですが北海道だからと言うことなのでしょうね

  15. hari より:

    まず第一に、
    貯蓄がない時点で、あなたがたはローンを組むべきではありません。
    親の病気も結婚式もなにもなくてもあなたはこれから困窮するでしょう。
    ローン後の生活は、難しく考える必要ありません、
    ただの計算です。収入=ローン支払い+生活費+貯金(+保険)
    不測の事態には貯金から対応します。不測の事態があるのは当たり前です。
    この計算に破たんがあるのなら無理です。
    が、ローン審査が下りたのならある程度収入があるのでしょう。

    ところであなたのコメントには「ローン」という単語が一切出てきていませんが、ローン組んだんですよね?
    情報が少なすぎて意見を出し合う価値がないように思える質問です。

  16. くみ より:

    親世代です。
    問題は6月までにかかる出費とお父様の病気でなく、それだけで不安になるような「甘い見通し」だと思います。
    たとえ今貯金ゼロでも先々の計画と覚悟がしっかりしていれば、落ち着いて対処できるものです。

    また、文章から垣間見えるすりりんごさんは考え方に疑問を持ちました。
     ご主人の夢を叶えてあげたい
     ご両親を助けたい
    誰かの役に立てればそれは良いことですが、やりたいことと出来ることはイコールでないのが世の常です。
    私がなんとかすれば…という考えをまず捨て、自分に出来ることを客観的に見直す良い機会だと思ってください。

    解約時にかかる費用の損得を、6月までの出費がまかなえると考えているようでは、失礼ながらきちんとした計画のもと契約したとは思えないです。
    私の娘だったら、高い勉強代だと思って諦めてやり直せ、と言うだろうな。

  17. なりなりなりこ より:

    お父さまの狭心症はしばらく投薬で様子を見るしかないだろうし、
    医療控除などもあるのでそれほどお金がかかる病気ではないのではと
    思います。しょっちゅう発作が出ているわけでもなさそうなので何回も
    帰省する必要もないだろうし。

    でも、お友達の結婚式が続いただけでその有り様(預金残高等)では、
    そもそも銀行はお金を貸してくれるんでしょうか…。

    「40万戻ってきたら6月までの不安は解消される」って、そんな
    レベルの人が何千万もする戸建なんて買ってる場合でしょうか。
    大手ハウスメーカー云々って、注文建築でってことですよね?
    お父さまが病気にならなくても、早々に頭は打っていたと思いますよ。

  18. シープ より:

    えーと、だいぶ手厳しい意見が集まっていますね。
    でも、
    ・100万の契約金を払える貯金はあった。→貯金はしていた。
    ・結婚式も3件も同時期に重なれば、一般的にもそりゃ家計は苦しい。→でもその分は今出せるのであれば、また同じ額は貯めれるのではないか。
    ・ボーナスまではギリギリな生活だけど、ボーナスはある。→余裕を持てる。
    ・ハウスメーカーとの契約も出来ているということは、銀行ローン審査も通っている。→収入的にはOKライン。

    ちゃんと貯金もされていて(貯金額の大小は置いておいて)、若いながらも前向きにマイホームを検討されてたのだと思います。

    お父さんのご病気をきっかけに若さゆえのパワーとか何とかなるみたいな考えに、上手くストップがかかったんだと思います。マイホームの件は、ご自分でもちょっと不安だったのでしょうね。

    不安があることを旦那様とハウスメーカーに相談してみましょう。契約金を払ったとはいえ、まだ変更できることもあるかもしれません。

    ハウスメーカーの人は色々急かすかもしれませんが、自分達の買物ですから自分達のペースで、時には立ち止まって考えてたり、相談したりしていいと思います。

    相談するのには紙に書いて見せると良いですよ。リストにすると自分も相手も何が不安か分かりやすく、意外な解決策も見つかるかもしれません。

    まだ大丈夫です。落ち着いてまずは、旦那様とハウスメーカーに話してみて下さい。ただローンは借金ですから額は少ない方が良いです。基礎などはちゃんとしないとだめでしょうが、設備などランクを下げたりしてローン総額はなるべく下げる工夫をして下さいね。

    • すりりんご より:

      シープさん、コメントありがとうございます。
      私の情報が少ないばかりに皆さんに誤解を招いてしまったこと
      切なく感じていたところでした。。。

      ポジティブな意見本当に嬉しくおもいます。
      シープさんが察して下さった通りです。
      夫が入社当初からしていた住宅財形も500万あり、
      頭金にあてるつもりです。
      今まで夫は車を買うにもなにをするにも
      ローンを組んだことはありません。

      父の病気がストッパーになったのは確かです、
      数ヶ月乗り越えればっと
      言う時になぜ?どうしたらよい?
      諦めたくない!諦めなくちゃいけない?となってしまいました。

      ハウスメーカーさんとは
      不安要素を契約前に全てお話させて頂き今に至ります。
      急かしてくる時ほど、時間を下さいと断りを入れてきました。

      父のこととは別に
      マイホームは考えてよいでしょうか…

      • シープ より:

        詳細が分かり、想像以上にしっかりされていて驚きましたよ(^^)。マイホームの件はすでに落ち着いて対応されているようですし大丈夫だと感じました。
        お父さんのご病気のことは心配でしょうが、そこもまずは落ち着いて、マイホームとは切り離して考えて良いと思います。ご実家に行く費用も頭金を少し減らす等すれば何とか捻出できそうです。
        ご両親を金銭的に助けるのは最終手段で、まずは他の方も言われている様に、公的な制度などを利用できるようにご両親と一緒に調べてみては。
        とはいえ保険に入っていないのは心配ですよね。共済などは掛け捨てですが費用は抑えることは出来ますので最低限のものを、すりりんごさんがご両親に提案されてみてはいかがでしょうか。
        ご両親の家計はご両親が管理するのが健全ですので、そう出来るようすりりんごさんが上手に促していくと良いと思います。
        私も父が大きな手術をした時、100%大丈夫と説明を受けてもかなり動揺しました(結果大丈夫でした)。でも色々と考えを改める良い機会になったように思います。すりりんごさんは健全に立ち止まっておられると思いますので、これからも落ち着いて対応していくと良いと思いますよ。

  19. 茶々 より:

    銀行ローンの審査が通ったから返済計画は万全!…ではないです。
    銀行により審査基準は異なり、ハードルが高い銀行は金利が低く、ハードルが低い(頭金ゼロでもOKとか)銀行は金利が高いです。
    資金面で問題ありの客には最初から後者の銀行を紹介して売るんだよ・・以前とあるハウスメーカーの営業マンから聞いた言葉です。
    また、初年度は返済額を押さえて安く見せ、だんだん高くなるプランを奨めるのは常套手段。10年後には返済額が倍なんてことも。。
    お若いですからどんどん収入上がりますよと、根拠のない皮算用で先の話を濁し、目先の手の出しやすさのみ強調するそうです。(今のお家賃とかわりません!とか)
    こまったことに銀行審査はこの初年度の額で返済能力を判定しちゃいます。
    それはひどい!と言う私に、ウチは家を売るのが仕事で銀行は金を貸すのが仕事。生活の面倒を見てるわけでない、と返されました。
    そういう銀行は回収できる担保(土地)があればどんどん貸すよ。
    セールストークしてるだけで騙してないとも。

    さらに、場合によっては契約成立の翌月から返済が始まることもあり。
    そうすると今の賃貸家賃とダブルでの支払い。
    完成までのたった数ヶ月間これが出来ないようでは家持つのはむりだね、とも言いやがったわ。
    すごく腹の立つヤツだったけど、言ってることは間違ってないからさらに悔しい。

    すりりんごさんの担当営業さんはどのようなプランを提示されたでしょうか。
    そのプランを持ってファイナンシャルプランナーに相談されてはいかがでしょうか。
    そもそもご両親や周りの大人に相談はされたのでしょうか?
    まずは落ち着いてできるところから整理して、判断するのはそれからです。
    お父様のことも、お母様が大丈夫と言ったら信じて任せるのも親孝行ですよ。
    言葉の端々に新婚ハイとマイホームハイが見受けられ、50代のおばちゃんとしてはそれが心配です。

  20. くろろ より:

    こんにちは。

    医療費についてです。
    健康保険組合で、限度額認定証を出してもらえれば、窓口での支払いも月額八万円ほどになります(諸条件や別費用はありますが)。この金額が払えないほどご両親の経済状態が悪ければ、それこそ家を建てている場合じゃないです。。
    とりあえず、後から請求して戻してもらうより楽なので、入院前に用意されることをお勧めします。お父様、早くよくなりますように。

    家に関してですが、建物は固定資産税の計算をみればわかりますが、木造一戸建てなどだとあっというまに価値はなくなります。。なんて事もご存知かな。でも売るつもりがなければ気にしないで良いところです。

    欲しいものがあって、お金が無ければ、やることはひとつ!稼ぎましょ。本当は順番が逆ですが。
    契約破棄して60万勉強代にするのも、必死になってお金を稼ぐのも、どちらも「覚悟」が必要です。
    あと、夫の教育も妻の役割だと思います。
    子供ができたらなおさらなんです。何が大切なのか、自分に課せられた責任をどう果たすのか。
    ご主人も子供じゃないのだから、わかっていて欲しいですね。

  21. ちきん より:

    長文で失礼します。
    お父様の狭心症が発覚したこと。お見舞い申し上げます。
    そのときの医療費について。
    お父様の狭心症、心配な病気ですが、見た目元気だし、入院期間が短い病気です。また、狭心症では先進医療などを受ける必要がありませんので、そんなに費用が掛からないです。
    お父様の所得にも寄りますが、一般的な所得の方は、月44400円+差額ベッド代などで済みます。(所得がとても多いともう少し高いですが、一番高くても上限月額14万円+差額ベッド代くらいです 一昨年改正)ただし先に手続きをしておかないと、一旦手術代などを立て替える必要がありますので、お父様の健康保険の窓口に相談してみて下さい。

    さて、夢のマイホームですが。
    家を買うモードに入ると、うきうきしますね~!かなり舞い上がってしまいますね。それは誰でもそうです。「家を買う」ことが目標になってしまうことが良くあります。しかし、大事なのはそこで生活することです。
    そこでアドバイスとしては最初に、「契約金60万円を流すのを恐れないで下さい!」と申し上げたいです。
    これは、今買ってはダメですよ、と言いたいのではなく、60万円にしがみついて、もっと大きなお金の損をしないように、冷静になって下さいね、ということです。
    例えば、今の物件より、もっとあなたに合った物件が見つかった場合。
    あるいは、今の業者がなんだか怪しいぞ。と感じた場合。
    今買おうとしている物件に、なんだか引っかかるところが出てきた場合。
    それ以外にもライフプランが変わったり、今回のように資金計画に不安を覚えた場合。
    なぜ60万円にこだわるなと言うかというと、35年ローンで考えた場合、金利が0.1%変わっただけで60万円なんて簡単に変わってきます。
    今、資金計画を立てても、実際にローンが始まるのは、引き渡しの後なので、金利が変わっていて総支払額が100万以上違ったなんて事も良くある話です。
    また手数料だけでもこのくらい変わってくるなんてザラです。
    つまり、住宅購入に関して、「60万円は誤差」くらいに思っておいた方が良いです。繰り上げ返済で取り戻すことも十分出来る額です。

    さて、それを踏まえて。
    殆どの皆さんが、すりりんごさんの住宅購入に待ったを掛けているのは何故か?
    ①ご結婚したばかり→生活様式や家族構成がはっきりしていない。
    ②購入後の手持ち資金が少ない→少しの変化で破綻する可能性が大きい。
    私も同じ理由で、もう少し考えた方が良いんじゃないかと思います。

    自分の経験を踏まえて言いますと、特に①は重要です。
    私は結婚に際して、主人の実家を立て直して私達部分は夫がローンを組んで、2世帯住宅を準備して貰いました。
    しかし、主人や義両親のそのときのイメージで建てたので、台所が狭かったり、間取りが使いにくかったり、また寒かったりしました。
    建てちゃったから、嫁に入った私が、「間取り変更して欲しいなあ」とはとても言えませんでした。
    若い頃、主人も私も住むなら一戸建てが当たり前と考えていまして、つまり、自分たちの生活に一戸建てが必要かどうか、最適かどうかは考えたことがなくて、たくさん不便はありましたが、通勤に1~2時間近く掛かる無駄に広い家で我慢して過ごしていました。
    それが、2年前に引っ越すことになり、自分たちの生活の便利さと何が必要で何が不要かを取捨選択の上、家を選んだら、全く違う住居形態の、マンションで、間取りも自分の生活しやすさを考え、立地も通勤に便利なところという選択になり、現在非常に満足しています。
    子供がいたら全く違う選択をしたかもしれないし、私の仕事が違っても、別の選択をしたと思います。つまり家ありきではなく、家族ありきなのです。何度も買い換えることが出来るようなものでもありませんし、すりりんごさんの場合であれば、もう少し、せめてお子さんの数が定まるくらいまで待たれた方が、あとで問題が噴出しなくて良いんじゃないかと思います。うちのマンションも、お若いご夫婦は大体2人目、3人目が生まれたタイミングで購入されていました。

    また資金計画ですが、どんな場合も、手元に半年分の生活費を残すことが基本と思います。住宅購入で、頭金を出しすぎたり繰り上げ返済をしすぎて、手元がほぼゼロになると、急な経済変化に対応できず、結局住宅を手放すことに繋がると良く聞きます。(しかもローンの残債は払い続けるというケースが多いと。)
    私は購入時、頭金+新居に必要な費用で手持ち資金の1/3を使い、2/3を残しました。
    残しておけば、繰り上げ返済はいつでも出来ます。
    計画するときには「頑張れば何とかなる」ではなく慎重に。払っていく局面で、頑張らなきゃいけないことも出てくるかもしれないので、頑張りはそのときのためにとっておきましょう。

    • すりりんご より:

      医療費のこと詳しくかいてくださり
      ありがとうございます!
      父も母も大丈夫な気がしてきましたし
      少しづつ不安がとれてる気がします。

      60万円は勉強だったと思う考えも頭にはあります。
      金利がこのまま上がるのであれば今のうちだとも思いますし…

      もともと2年内には建てる予定で
      当初は子どもが出来てからと考えていましたが、
      見学会に参加してきて、子供がいる中での
      住居計画はかなり体力がいるであろうと判断し
      私達は先にマイホームを建て
      子供が安心して産めるような環境でいたいと考えました。

      考えている家も
      28坪以下の小さなお家を検討しています
      理由は私たちには広い家はいらないという
      あくまで自分達の住まいを重視しました。

      狭心症で手術をして元気な方がいるそうなので
      父の病気は心配がいらなくなる方向にいくように願うのと
      娘は余計な心配をしないように気をつけます。

      貯蓄が少ないのは今だけですので、
      マイホームは割り切って進めて行こうと思います。

      皆さんが心配して下さったことを逆にとれば
      住宅ローンに不安がなければ大丈夫と思って良いのかなと受けました。

      ありがとうございました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 8 = 16