夫が給与明細を一切見せてくれません…

かんかんさんのご相談

夫が給与明細を一切見せてくれません。転勤族です。
生活費を10万だけもらいます。
子供が産まれてからは状況が変わると思っていたのに、変化なしです。
赤ちゃんの世話が忙しい時期に投資用マンションを購入したり、訳を聞くとすごく怒るので、悩みすぎて帯状疱疹になりました。
現在は交渉して16万円になりましたが、数年たっても夫の態度は変わらず、私はパートをして車の維持費など捻出しています。
私はだんだんイライラして未来に希望が持てず、しんどいですが誰にも相談できません。
夫はレクサスに乗っています。


悩めるかんかんさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: お金, 夫婦
スポンサーリンク

夫が給与明細を一切見せてくれません… への17件のコメント

  1. なつみ より:

    まったく同じ状況でした。

    夫は自由にお金を使いたいので、明細を見られたくなかったみたいです。
    私は生活費を月に15万ほどもらっていて贅沢しなければやっていけていたので当時は不満なく暮らしていましたが
    妹やまわりから
    「稼いでいるのにそれだけしか渡してくれないの?旦那さんは他に何にお金を使っているの?」
    と言われました。

    後になって風俗に通っていたことがわかりました。

    自分の稼いだお金は自分で自由に使いたい!という考えなんでしょうね。
    ようは子供なんです。

    でも、お子さんがいたらそうも言っていられないのでもう少し危機感をもってもらわなきゃいけませんよね。
    明細を毎回見せて貰うようにするか、生活費をもう少しもらうかしたほうが良いです。

    • かんかん より:

      なつみさんありがとうございます。
      明細は会社のパソコンに届くだけだからもってこれないとか、すごく嫌そうに、しまいに怒るので、あきらめました。
      すこしでも金額を増やしてもらえる方向で考えています。

  2. みずは より:

    お疲れ様です。
    お金は生活に直結するから、
    不安な毎日のことと思います。

    しかし、お子さんがいるのに家計を話し合えないのは怖いですね・・・
    ・お子さんの学費→学資保険?や、こども手当ては?
    ・夫婦+子供の生命保険や医療保険は?
    ・家庭内の貯金は?台所の家電類や、冠婚葬祭に、
    急な出費はどうなる?
    ・車はキャッシュ?ローン?

    このあたりは、必ず確認したいところです。
    「子供に必要なお金のために、話し合いを!」
    と、ぜひともご主人に開示してもらいたいですね。

    それでもご主人が話し合いに応じないなら、
    妻だから、ご主人の収入証明は役所で申請できるはず。
    それで収入を知ることはできるし、
    金額がわかれば、ご両親や義父母さんにも話せるかも。
    また、貯金やカードの支払いや保険類も、「妻、同居家族」で、
    申請できる範囲はしてみましょう。
    ご主人を通さずとも、電話やネットで直接聞けば大丈夫です。

    私の親がお金が元でごたごた、子供ながらにしんどかったので、
    どうにも過敏に反応してしまいます。
    行き過ぎた意見だったら、ごめんなさい。

    • かんかん より:

      みずはさん、ありがとうございます。
      ご両親の経験から、アドバイスいただいてためになります。
      義実家の姑に相談したところ、「秘密主義は私と同じだわ。でもなんで息子を信じてくれ無いの?ま、うちのお父さんはあけっぴろげでなんでも話してくれるけどねー。」っと言われて、相談しても無理だなと思いました。
      実家の両親は、「守銭奴だな。ちゃんと貯金しておきなさい」と心配してくれています。
      こんなことで、親に心配かけるなんて情けないです。

  3. なの より:

    うちもそうです。
    給与明細は、最近必要があって結婚20年目にして初めて見ました。
    高校生の娘2人を含む4人家族です。
    電気代や学費や車の維持費、固定資産税などは夫の口座からの引き落としで、16万は食費や雑費、子供と私のお小遣いです。
    財形や学資保険やそのほかの貯蓄は夫がしてくれているので、私は楽ちんに暮らせてラッキーと思っていますし、別に生活も苦しくないのですが、16万の中に含まれるものが違うのかな。
    パートの給与は生活費のやりくりに失敗した時に補てんしたり、貯蓄などに使っています。
    そして夫はベンツに乗って毎週末はゴルフしてます。
    でも、今万が一夫に何かがあっても子供たちを大学に行かせて私の暮らしが立つようにはしてくれてるみたいです。
    要は信頼関係の問題ですかね…。
    16万、少ないですかねぇ。

    • ぽてち より:

      少ない、多いの問題ではなく、金銭の大事な話を夫婦間でできないことが問題なんだと思いますが…

      • なの より:

        経済的なDVて程でもないですよね。
        投資用のマンションを購入したり、賢く運用をしているのなら、亭主関白の範囲内ともいえるような気もしますし、
        聞くと怒るというのも程度問題かとも感じています。
        家計を任せて安心なご主人で、生活費が回っているのなら許容範囲と受け取れるのではないか、と感じての発言です。
        夫婦で話し合いたいのにシャットアウトされる悲しさが問題だとは十分わかってはおりますが、上記の状況によって、話は全然変わってくると思いませんか?

        • みずは より:

          飛び入り失礼。

          妻が家計に対して不安を訴えているのに、
          開示をかたくなに拒否して話し合いにならない
          姿勢が、夫婦間で問題なんだと思います。
          お金があれば家計はまわりますが、
          信頼関係が損なわれては、意味を成さないと思います。

          なのさんのお宅は、ご主人が家計管理して、
          なおかつお二人の信頼関係もゆるぎないから、
          かんかんさんの苦しみが、
          伝わりにくいのかな、と思いました。

          お金の不安は生活の不安です。
          たとえお金が定期的に入ってきても、
          相手への信頼が愛情にもつながってると思います。

    • かんかん より:

      なのさん、ありがとうございます。
      16万の中身は子どもの学費や習い事、車の維持費、保険、電化製品のちょっとした修理代なども含まれるのでかつかつです。
      塾にもいかせましたが、月謝が辛くなってきたのでやめました。学資保険は夫が入っているのですが内容はあやふやなので、確認したいと思います。
      お金について話をしようとすると、顔つきが変わるので、それが怖いのです。
      16万…贅沢しなければ、少なくない額だとは思うのですが、やはり心配なのです。

  4. たまこ より:

    食費と日用品だけで16万なら、それなりに生活できる気がするのですが。
    家賃・水道光熱費・携帯代・保険代(人と車)はどうなっているのですか?
    16万の内訳がよくわからないので、何とも言えません。

    • かんかん より:

      たまこさんのおっしゃることも、よくわかりますが、今後のことを考えると、心配なのです。

  5. 愚息の母 より:

    かんかんさんの気持がよく分かります。私も結婚当時は月に6万円だけ渡されてました。教育費や家賃等は全て払ってるから良いだろうが! と凄まれて… でも忙しすぎて小さい出費(公文の月謝など)の支払を忘れたり、主人が出張中に必要な支払が生じたら主人の秘書さんに頼んで現金を借りる(?)などしてました。みじめでしたわ… 自営業だから借金をしてるはずだから、そこも心配でした。結局自分の腹を括って、共働きを継続して、自分の給料はがっちり貯めて頭金を作って自分名義のアパートを購入しました。そうしてるうちに自営業のほうも軌道に乗り、ある日主人の銀行口座の残高を見て、「ああ、もういっか」と心が落ち着き、パートに切り替えて生活してます。

    「どうしても全部知りたい」と思う女性がいるように「どうしても全部知らせたくない」という男性もいるんだと思います。昔の上司(銀行員)達も、そういう男性が半数以上で中には食費子供のミルクオムツと奥様へのお小遣い全部合わせて3万円だけあげてるんだと自慢してる人もいました。

    かんかんさんが稼いだお金は自分のヘソクリにして、生活費もお小遣いも全部ダンナさんから出して貰えるようにしていくか、もう、全く考えないか、になさってはどうでしょうか?もしくは必要事項のみ(教育費と保険とローン等)に項目を絞って話をするのも良いかもしれませんよ〜 私もこの3点はしぶとく聞きました。でも結婚19年経ちましたが、未だに彼が幾ら稼いでるのか、貯金額も分かりません。

    あと、まあ、なんとかなるか〜と思って生きてて突然ご主人が自己破産した同僚もいました。そういった事例を持ち出して自分の心配事項を解決したいというスタンスでお話しされるのも良いかもしれませんよ。でもまあ、笑顔で! 笑う門に福(金)は来る!

    • かんかん より:

      愚息の母さん、丁寧なお返事有難うございます。
      おっしゃるとおりで、教育費、保険、ローンについては本当に話し合いたいです。
      昔の銀行員のおとこの人ってそんな考え方していたんですね。すごく違和感です。夫もそういう古い価値観の人なんですね。きっと。
      まずは、自分なりに働いて貯めないといけませんね!なんとかなるさの精神で。
      応援いただき元気が出ました。ありがとうございますm(__)m

  6. りか より:

    奥様が心配なさるのは当然です。
    万一、御主人の身に突然何か起こったら、全部が配偶者の身に降りかかってきます。
    子育てで忙しい奥様が体調を崩すほど悩んでいることは、重大な問題です。
    御主人の職場の信頼できる方に相談できるといいのですが、適当な方が居なければ、御主人のご両親や兄弟姉妹などに相談されてはいかがでしょうか?

    • かんかん より:

      りかさん、アドバイスありがとうございます。
      夫の両親には伝えたことがありましたが、なんで息子を信用しないのか。と、逆に言われてしまいました。その時、姑は、自分も秘密主義だといい、だけどおとうさん(義父)はあけっぴろげだから、自分はくろうしてないってことを言い出す始末。話になりませんでした。
      会社の知り合いに話をしていいのか、それはしにくいです。悪い噂がたってしまいそうで、今後の夫の仕事に影響があったらと思うと躊躇してしまいます。
      親には伝えています。その上で貯金をしなければと頑張っているのですが、時々すべてをやりなおしたいという強い後悔を感じてしまいます(涙)。

  7. ぽんすけ より:

    今は懐かしい「バブル期」に結婚した者です。
    主人は自営で当時は羽振りもよく、
    毎晩遊び歩き、週末でさえ家には不在でした。
    結婚当時は何度か給与明細を見せて欲しい、
    家計について一緒に考えようと提案しましたが、
    それについては全く無視、
    お金を入れている(15万円ほど)ので文句はないだろうといった態度でした。
    子供が出来なかったので私は仕事を続けており、
    確かに15万円あれば充分でしたので色々聞くのは止めました。
    けれどそのうちにバブル崩壊、主人の会社も傾き始め、
    とうとう自己破産に追い込まれました。
    子供もおらず、賃貸暮らしだったのがかえって幸いだったと思うほど、
    なかなかに辛い経験でした。
    保険などのことも全く教えてくれなかったのですが、
    それもその筈、破産をする相当前から総て解約してました(もちろん教えてもらえずです)。
    主人は現在も自営で頑張っていますが、
    金銭的なことは全く信頼していないので、
    月に食費として四万円受けとる以外はノータッチです。
    家賃、水道光熱費は結婚当初から主人が納めており、
    もちろんそれも主人自ら始めたルールなのでノータッチのままです。
    都合のいいことも悪いことも私の耳には入ってきませんが、
    今ではむしろ気楽です。
    かんかんさんのご主人は会社勤めとのこと。
    そして投資用マンションも購入しておられるとのこと。
    儲かるからという理由で、
    相当利回りのいい(リスクの高い)物件を所有されているかもしれません。
    マンション以外にも、株やFXに手を出されていないか気になります。
    普通に会社勤めのをしながら投資をするのは、相当危険な気がします。
    突然「自己破産」ということは有り得ないかもしれませんが、
    これから先も家計にお金を入れてくれる保証もないと思われます。
    車の維持費を負担するだけでは済まなくなるかもしれません。
    ご主人が給与明細を教えてくれない、
    預貯金の状況も教えてくれないのであれば、
    少なくとも16万円の中からご主人への出費(車の維持費等) は止めること、
    かんかんさんの収入は将来に備えて蓄えておかれてはどうでしょうか。
    そして、もし可能ならご主人のご実家に相談し、
    また離婚も視野に入れてご自身のご実家にも相談されてはどうでしょう。
    随分脅かしましたが、自身が自己破産し、
    仕事の上でもごく普通のご家庭が不動産等を手放さなくてはいけない状況を見てきましたので、
    老婆心ながらコメントさせていただきました。
    良い方向へ解決できるよう、
    そしてご心労て体調を崩されることのないよう祈っております。

    • かんかん より:

      ぽんすけさん、実体験を含めていろいろな角度からアドバイスいただきありがとうございます。
      投資マンション…このあたりから不安でたまらなくなりました。それまでは、しっかり貯蓄してくれていると信じて家計をまかせた気分でいたからです。

      保険も勝手に解約されていないかとても心配です。実家にも相談してはいますが、まずは自分が貯金をしておきなさいと言われています。

      夫の機嫌をそこねて、金額が減ったり、渡してもらえなくなると、子育てにも影響が出てきますし、普段は気にしないようにしています。

      どうしたたいいかは日々考えていますが、悩むというより、前向きにいたいです。体調をくずしたら大変ですもんね。コメントのお陰で、自分だけじゃないことがわかりました。大変な経験を書いてくださってありがとうございました。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 1 = 7