お正月に婚約者の家に伺うことになったが…

にこさんのご相談

はじめまして。
諸先輩方のご意見を頂戴したく、相談させていただきました。
今度のお正月に婚約者の実家に伺うことになりました。
ですが彼は今年喪中です。
(お祖母様が今春亡くなりました)
実家には二度お邪魔したことがあり、先日、帰り際にお義母様から「お正月も是非来てくださいね」と仰っていただき、つい嬉しく「はい!」と応えてしまいました。
しかし、よくよく考えたら本来こういう場合は、喪中ですのでどうぞ家族水入らずで…とお断りするべきだったのでしょうか?
もし本当にお邪魔した際、手土産はどのような物を用意し、熨斗の有無はどうしたらよいでしょうか?
自分でも調べましたがたくさんの情報がありどれが正しいのか分からなくなってしまいました。
ちなみに彼は、実家に一緒に来てほしいし、手土産もこれまで二度持って来てるからもういいよ、と言ってくれています。

どうかお力添えをお願い致します。


悩めるにこさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: プレ嫁
スポンサーリンク

お正月に婚約者の家に伺うことになったが… への10件のコメント

  1. みずは より:

    アドバイスというにはおこがましいのですが・・・

    彼と一緒にご実家へは、
    たとえば、お正月の親戚の集まりですか?
    あるいは、彼とご両親だけのお宅へ、ですか?
    それによって、若干変わるのでは、と思います。

    お土産は、ないよりあったほうがいいかな、と。
    ただ熨斗は大げさに感じました。
    ご仏前でも大丈夫で、多少日持ちする
    和菓子が無難かな~と思います。
    彼が「一緒に」と言ってくれているのだから、
    彼から情報をもらうなり、
    ご両親に確認してもらうなりして、
    用意したらいいと思います。

    気がかりが多いと思いますが、
    ご挨拶に「おめでとう」を使わなければ
    (あちらが言われたら言う)
    いいのかな、と思います。
    新年を迎えて、息子のお嫁さんがたずねてくれるのは
    あちらでも気持ちが変わって、
    楽しみにされてるのかな、と思いました。

    どうか、よい新年を♪

    • にこ より:

      みずは様
      はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      彼の実家はご両親と(お会い出来るか分かりませんが)お義兄さんご夫妻が来られる予定です。
      なのでみんなで分けられる和菓子が良いかな、と思いました。
      熨斗については私の母も同じ様な事を申しておりましたので無しの方向でいきたいと思います。

      アドバイス頂きました通り、挨拶の言葉に気をつけ訪問いたします。
      本当にありがとうございました。

  2. ポルカ より:

    あまり気にしすぎず、素直にお言葉に甘えて遊びに行かれてはいかがでしょう?
    来られて迷惑なら、最初から「お正月に遊びに来て」なんて言わないでしょうし、他人行儀に「家族水入らずで」なんて遠慮されたら、彼のご両親もがっかりしちゃうかもしれません。

    あと、相手にもよると思いますが、既に何度も会っていて可愛がってくれる相手だったら、手土産の熨斗は必要ないと思いますよ。あまりかしこまらず、相手の好みの範囲内で自分が好きなお菓子やケーキ、フルーツ等を持って行く程度で良いのではないかなと思います。

    • にこ より:

      ポルカ様
      はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      仰る通り、他人行儀にお断りするのも失礼にあたりますよね。
      手土産もアドバイス頂きました通り、熨斗無しの皆さんで分けられる和菓子を持って行こうかと思います。
      本当にありがとうございました。

  3. なの より:

    彼のご実家の雰囲気や今までのお付き合いでの距離感で全く対応は変わってくると思うのですが、
    とても、格式の高い家なのでしょうか。
    相手から呼ばれた、婚約していてやがては家族付き合いが始まる、という事情を考えたら、喪中の事はあまり考えずに気楽にお邪魔してもいいのではないかと思います。
    お祖母様のお仏壇がもしも彼のご実家になるなら、御仏前として和菓子やフルーツを持っていかれてもいいのかと思います。
    そうでなくても、小さな手土産は持っていかれてもいいと思います。
    心遣いがイヤな人はいませんから。
    男の人は「うちの親は気にしないからそんなものは要らない」と言いがちですが、そういうのは信じない方が良いです。
    「私の気持ちだから」とでも言って、熨斗までは気にせず、適当な気の利いたものをご持参なさればいいかとおもいます。

    • にこ より:

      なの様
      はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      とても格式が高いか、と聞かれますとお答えしにくいのですが、大変裕福なご家庭です。
      お祖母様のお仏壇も彼の実家にあります。
      なのでお仏前にお供えできるフルーツを別途用意した方が良い気がしてきました。
      なの様の仰る通り、男性の「気にしなくていい」は鵜呑みにしない方がいいのだとつくづく感じます。
      本当にありがとうございました。

  4. やんまこ より:

    にこさん、はじめまして。ご結婚が近いのですね♪本当におめでとうございます!
    よく気がつかれましたね。婚約者様のご実家によく配慮されておられると思います!素敵なお嫁さんになられる事でしょうね~♪

    私は中国地方の田舎に住むアラフォーで、古い体質の親戚がご近所中にいるような環境です。
    そんな私が思うのは、婚約者様にもう一度確認を入れてもらっても悪くないかな?という事です。「お正月に遊びにおいで」と言って下さったのがお義母さま(になる方)なのかどうか分かりませんが、もしかしたら他の意見を持つご家族がいるかもしれないな~?と感じたので。
    婚約者様のご実家が、どんな土地柄にあるか分かりませんが、田舎の年寄りは表や裏で色々言うもんです(笑)確認につぐ確認、根回しにつぐ根回し。田舎の基本だそうです!(>_<)婚約者様はお若い?から大丈夫と言われるかもしれませんが、そこは私の為を思ってと頼んでみて下さい!
    その際は、遊びに行きたくない訳ではない事を充分過ぎるほど念を押してもらってね♪もちろん親密度が高ければご自分で聞いてみるのもいいと思いますよ。

    あと、うちの地方&宗教では、「ご仏前」は葬儀か法要(一周忌など)の時だけに使います。お正月やお盆は訪問するお宅の仏前に「お供え」としてお菓子や現金を供えます。ご参考までに。

    最後に。
    お二人のお幸せを心より念じておりますよ~!

    • にこ より:

      やんまこ様
      はじめまして。
      コメントに合わせ、お祝いの言葉とお褒めの言葉を頂戴し大変恐縮です。
      先日、念の為と思い彼には訪問の件を再度確認しておいてねと言ってはいるのですが恐らく未確認だと思います。
      「遊びに行きたくない訳ではない事」も念押ししてもらいます。
      本当に土地柄や風習により様々なマナーがあるのを知り混乱しそうでした。
      本当にありがとうございました。

  5. りる より:

    手前勝手な意見ですが、途中のご返答にある、お土産のお菓子の他にお仏前へ物は不要だと思いますよ。(多分、回答された方も、手みやげの他に…という意図ではないかと…。)
    実家がそうしていたので、私もそうするのですが、玄関先での挨拶が終わったらまずはお仏壇に手を合わせています。(大叔父達は、持参のお菓子等はそのまま仏前に置くので、結婚後、祖父母の家を訪ねるときはそれに倣っています。)
    それだけ済ませれば、あとは様子見、普段通りでいいんじゃないでしょうか。
    何もかもが初めてなのですから、最初から気遣いを完璧にこなそうとせず、各家庭にある習慣の違いはこれから見て学んで行けばいいんですよ。
    経験上、彼氏さんは頼りになりません。自分の家の習慣を知ってる若い男の子っているのかしら?

    私の母も、義母も、穏やかな人達なので、その二人の顔を思い浮かべながらの推察ですが、婚約したならもう身内。そう思っているからこそお正月に声を掛けてくれてるんだと思います。
    家族の一員に認められてるんだ〜を、楽しめたなら満点じゃないでしょうかねー。
    婚約中のお正月、結婚して初めてのお正月も、ドキドキしてしていた自分を懐かしく思い出します。がんばってね!

  6. いちご大福☆ より:

    にこさん 初めまして。
    新年のご挨拶ですが。
    装いは、グレーとか地味目な色の洋服で
    ご挨拶に いかれたらどうでしょう?
    おばあさまの好物だったものを 事前に調べておいて
    それを お供えとして持っていかれたらどうでしょう?
    そしてお線香と数珠を持って 行かれたらどうかと思います。
    まず最初に「ご仏壇に 手を合わせていいですか?」と
    聞いてから、お線香をあげて 数珠をつけ ご仏壇のおばあさまに
    ご挨拶しましょう。
    宗教によって 仏壇が無いご家庭もあるかもしれませんが。
    おばあさまの祭壇は あるはずです。
    果物でも いいかもしれません。
    おばあさまも 可愛い孫のお嫁さんに会いたいと私は思います。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 + = 9