離婚したいが旦那に退職金がポンと入ると思うと…

ゆうとさんのご相談

旦那って退職したら退職金がもらえますよね
パートの私にはないですよね

毎月毎月節約しながら生活をしていて、子ども達の貯金と生活費でほとんどゼロに近い家の貯金が現状です

離婚も視野に入れて近いうちに正社員で働きたいと考えていす
でも、自分の未来の貯金、離婚してからの貯蓄といえどもたかがしれてると思いとても不安です
旦那は、あと10年もすれば何千万と退職金がはいってきます
そのお金は私のではないのでもちろんあてにはしていません

子どものことも家のことも全く関心がなく家事も全くやりません
子どものことも全く興味がありません
それプラス自己中なふるまいに嫌気がさして、離婚しようと決めています

が、金銭面でとても不安です
その反面、365日非協力的な旦那に離婚してから退職金がポンと入ってきて安定した生活があるのかと思うと納得できません
何か良い方法はありますか


悩めるゆうとさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: お金, 夫婦
スポンサーリンク

離婚したいが旦那に退職金がポンと入ると思うと… への10件のコメント

  1. まり より:

    なんていうか、上手く言えませんけど、退職金のことが気になるようなら、まだ旦那さんに対して少しは情が残っているように思うのです。
    本当に心から旦那さんのことが嫌になったら、退職金のことも今後の生活のことももうどうでもいいから今すぐ離れたいという気持ちになるのではないでしょうか。
    まだそこまでは思い詰めていらっしゃらないようなので、今のところは正社員を目指して自立を考えながら、いつか離婚してやる!って思いながらもうしばらく過ごしてみては?
    今決めてしまうのは早すぎる感じがします。

  2. スーパームーン より:

    何千万も入るような退職金の方なら、毎月の給与も結構あるのではないですか?
    それでもかつかつというのは生活費を少ししか渡されていないのでしょうか?
    貯金もないというのは旦那さんが自分でも貯金もしてないということ?
    給与が少ないのであれば、おそらく退職金もしれてると思いますが。。。
    退職まで離婚を我慢していて、「えっ、これだけ??」とならなければ良いですが。会社の人事にこっそり問い合わせてみてはどうですか?

  3. いちご大福☆ より:

    夫婦とは、お天気のようなものと思います。
    晴天もあれば 曇天もあり 豪雨や嵐もあるでしょう。
    ご主人は、きちんと働いて家計にお金を 入れているのですよね?
    暴力や、パワハラ、酒乱、浮気など 問題がある方じゃ
    ないのですよね。
    誰と結婚しても 同じだと最近思うようになりました。
    親友から 言われました。
    せっかくご縁があって 夫婦になったんですもの。
    少し踏みとどまれたら いかがでしょうか。
    二人で積み重ねた歴史も あるでしょうに。
    お互いが 空気のような関係性と思います。
    わたしは、夫に「妻は、空気のようなもの」。と言われました。
    いて当たり前なのか。とさみしく思いましたが、次男が
    「お母さん空気が無いと、人間は生きてゆけないよ。」
    と言ってくれ、そういう受け止め方もあるのかと納得しました。
    恋愛感情なんて4年しか持たないのが オスとメスだと思います。
    例外もあると思いますが。
    少し冷静になってみて下さい。
    後で後悔しては 遅いですから。
    夫婦は、お互い欠点あって 承知の上いっしょになったのですから。
    貴方から ご主人にねぎらう言葉を かけてみたらいかがでしょう。
    不器用なご主人だと思います。
    きっとお仕事が、大変なのでしょう。
    妻である貴方と子供ちゃんのために ご主人は会社という
    戦場で戦う武士と 思います。
    正社員になると 家事とお仕事の両立も難しくなると思います。
    私も 正社員に もう1度なってみたいです。
    経済的自立と離婚は、別問題で考えてみた方が良いと思います。
    私は、結婚もビジネスと思っています。
    雇用主が夫です。仕事と割り切って妻を 演じてもいいと思います。

    これは 「逃げるが恥だが役に立つ。」の影響ではありません。
    昔から 思っていました。
    昔は、恋愛結婚なんてなかったのですから。
    政略結婚も 戦国時代は 沢山ありましたし。

    結婚生活は、色々学べて勉強になります。
    修行と思っています。死ぬまで学習と思います。
    何でも自分の思い通りにいかないのが 人生です。
    そこを 試行錯誤して楽しむのも 人生と思います。
    割り切って夫婦として 生活していこうと思います。
    私は、生まれて初めて 「この人を幸せにしてあげたい!」
    そう思えたのが、今の主人です。
    でもそれが重荷のようです。夫には。
    どこの夫婦もいつまで続くか わかりません。
    でも 焦ることは無いと思います。
    後悔しそうだし、離婚はエネルギーをめちゃくちゃ使いますし。
    ×1女性は、モテますからね。
    変な男が ついてこないかも心配です。
    支離滅裂で ごめんなさい。
    わたしも 先はどうなるかわかりません。
    夫婦って 難しいですね。
    でも焦らないで下さいね。
    DVと借金と浮気が無ければ、良い夫と思います。

    不快にさせたら すみません。

    • ぶぶちゃん より:

      まだ夫婦となり一年がようやく経った若輩者ですが
      お言葉が心に響きました
      ありがとうございます

  4. happy より:

    家事離婚を広めていこう。というのを記事でみました。
    借金、DV、浮気がなくても
    家事しない、育児しない。でさくっと離婚もいいと思います。
    夫婦の継続に重きを置かないで
    相手を思いやれない相手とは罪悪感なしに離婚できる世の中になれば
    いいなと思います。
    早く外国のように養育費払わない男が刑務所に入れられるようになればいい。
    女性が子供がいても男性と同じだけの対価をもらえるようになればいい。
    と思っています。

    相談者さんも退職金云々をあてにするよりも
    自分の未来を充実させるために離婚するのだと思えば
    腹も立たなくなると思います。
    退職金は調停とかで話し合い、半分くらいもらえるようになるといいですね。
    公正証書を作るのをお忘れなく。

  5. かまこ より:

    あと10年、別宅を借りてはいかがですか

    私もあと20年どうしようか考えているんですが、月3.5万の極狭マンションを借りました(広いボロボロアパートとかなり悩みました)
    ここにかかる経費が約4万なので年間50万として20年間で1000万もかかります
    だけど、私はもう限界なんです

    「親の様子を見に行ってくる。今日は泊まってくるね。」「親が体調悪いみたいで。」と嘘を言ってかなりの日数別宅にて過ごしています
    家からは近いので食事を運び、家電などはほとんどありません
    昼間の家事とパートは普通にやっていますし、育児も手は抜いていません
    夕方~朝方だけ夫と顔を合わさないだけでかなりメンタルが保たれています

    退職金が例えば3000万だとして、そのうちの1000万がこの別宅に消えているかもしれない
    だけど2000万のうち1000万も離婚したら手に入るわけだし、貯金や家の半分の価値なども折半すれば生活していけると思っています

    10年我慢できる程度ならばすればいいけれど、私は無理なのでこの道を選びました
    子どもが小学校にあがったら就職活動もしていきたいです

  6. はる より:

    ゆうとさんご夫婦のの年齢がわからないのですが、
    旦那様があと10年で退職という事は50歳前後のご夫婦と言う事でしょうか?
    家族に無関心な旦那様との離婚、全然ありだと思います。
    ただ、年を取ってからの離婚、しかも旦那様が退職される前の離婚は、女の人に取って結構しんどいと思います。なにがしんどいって、ゆうとさんがおっしゃるように金銭面でです。お金、大事ですよ。切実な問題です。年を取るにつれて。

    50歳以降で離婚した夫婦を二組知っていますが、普通に収入のある旦那さん側は悠々自適でのびのびやっていて、収入が少ない奥さんの方は本当に大変そうです。離婚後も旦那さんへの恨みつらみが消えないようで、離婚後の経済格差がそうさせていると私は感じています。

    身内の話をします。実家の父は仕事人間で、家庭の事に関しては365日非協力的でした。母は不満をずっと溜めていて、「いつか離婚する」が口癖でした。
    私が中学生になった頃母も働きだし(フルタイムパート)、一生懸命貯金をしていましたが、退職後貯まったお金は1000万円強。「自分が貰う年金と足しても、離婚したらこれではやっていけないわ…」とがっかりしていました。
    父は相変わらず家庭に興味無し。この夫婦、どうなるのかなあなんて思っていたのですが、父が定年退職して二人の関係ががらっと変わったのです。
    まず父が仕事を辞めた事で気持ちに余裕ができたのか、母に優しくなり感謝の言葉をしょっちゅう口に出すようになりました。それに伴って母がみるみる元気になり、立場逆転。その後今までの分を取り返すような仲のいい夫婦になりました。あの父が、まさか、でした。退職金、年金と父の収入はやはり大きく、生活にもゆとりがあります。
    これは、二人が健康に年を取れたからというのも大きいですが、こういう結果になり、娘としてはホッとしています。離婚していたら、父は母のがんばりや凄さを知らないままだっただろうし、母も生活にゆとりが無く、好きに生きる父に恨みつらみが消えなかったのではないかと思います。
    今凄く辛いと思います。本当だったらコミュニケーションを取って夫婦の形を変えて行くのが一番だとは思いますが、もしかしたら旦那様が退職後大きく変化するかもしれません。
    離婚以外選択肢が無いなら、しっかりお金を押さえてからの離婚をお勧めします。ゆうとさんのこれからが、心安らかな時間が多い人生になりますように。

  7. 東雲 より:

    将来受け取ると見込まれる退職金が
    離婚時の財産分与の対象になるかについて。

    https://www.bengo4.com/c_3/n_809/

    http://www.mc-law.jp/rikon/1116/

    (退職まで10年あるとのことですので、可能性は低いと思いますがご参考までに)

  8. ララ より:

    一概に言えないのですが、現行、退職までの想定期間が10年未満であれば退職金が財産分与の対象となる傾向があるそうです。調べてみて下さい。
    ただ離婚における財産分与の日本の法律って強制力がほとんどないんですよね。しかも未来の分与の約束なんて… そのあたりは覚悟しておいた方が良いと思います。

  9. ねこ より:

    そこまで家事をしない方なら、離婚されたら悠々自適どころかとても大変ではないでしょうか?
    普段自分のことはやっているつもりでも
    衣替えとか片付けとか掃除とか、いちいち大変かと。

    あと多分、今までずっと一家の大黒柱として家計を支え、妻に生活面を丸投げしてきたということは、
    彼なりに家族を大事にしてきたということかと思います。
    なので、離婚されたら相当ショックで、寝込んでしまうかも。

    でも、残念ながら奥様の方も困ると思います。
    としをとったらなおさらお金がないと大変です。
    としをとってからの切なさを解決するのはお金だからです。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 + 6 =