共働きで、夫婦揃って転勤族。私に栄転の話が来たが…

たろささんのご相談

初めて相談させて頂きます。”たろさ”と申します。
私と同じ状況になった際、皆さんの意見を知りたくて投稿させて頂きました。

私たち夫婦は、共働きで、揃って転勤族なため単身赴任歴が5年以上になります。
紆余曲折あり、もう少しで夫と同じ勤務地への希望が通りそうなのですが、そんな矢先、私に栄転の話が出ました。

普通に行けば、次の異動で夫と同じ勤務地へ行くことができますが、栄転地への異動は年齢的にラストチャンスです。ただ、栄転地に行った場合、夫と一緒に住む夢は5,6年叶わないと思います。
事情により家計的に夫婦共働きでなくては厳しく、私には就職に有利な資格等もないので、満足な収入を得るには現在の職場しかありません。

夫は甘い考えの持ち主で、仕事は手を抜きつつ、家事や家の事もせず、私と一緒に住みたいそうです。
そんな状態なので、今後の夫の収入アップは見込めませんし、一緒に住んだところで私の出世の夢が潰えた上に、私が仕事と家事に追われる毎日になるのは目に見えています。(過去に数年同居した経験からの結論です)
また、夫自身は栄転の話を何度も断っているため、栄転のチャンスが来て受けるかどうか悩む私の気持ちは理解できないそうです。

夫とは暫く一緒に住んでいないため夫婦というより恋人同士みたいなので、一度ちゃんと同居して家族になりたいという気持ちもあるのですが、仕事と家事に追われている私の横で食っちゃ寝を繰り返す夫を見続ける人生は、すごく後悔しそうで躊躇してしまいます。
家族が欲しいけど、後悔するなら仕事で充実した人生を・・・。とも考えます。

価値観は人それぞれですので、こんな質問をしても仕方のない事かもしれませんが、皆さんなら私のような状況の場合、どのように考えて選択しますか?

今後の参考にしたいので質問させてください。
よろしくお願いいたします。


悩めるたろささんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 仕事, 夫婦
スポンサーリンク

共働きで、夫婦揃って転勤族。私に栄転の話が来たが… への9件のコメント

  1. 桜咲く より:

    たろささんの書き方に既に明確な答えが出ているようです。
    あなたがこの先 後悔するであろうのは夫との生活よりも
    栄転のチャンスを逃すことみたいです。
    このまま単身赴任を続けた場合、
    お互いにもっと価値観の合う人に出会ったら?
    もしかしたら、その方が良いのかもとさえ思える印象すら受けます。
    もし夫との生活を選んで子供ができても、収入面での不安が高まり
    夫への不満が益々高まるだけでしょうし。
    私がたろささんと全く同じ状況なら、迷わず仕事を取ると言えます。
    子供のいない間の夫婦だから恋人同士と変わりないというよりも、
    そこまで自分を犠牲にしたくなる程のパートナーではないから。
    これを機会にお互いがお互いをどれだけ必要としているのか
    将来どうしたいのかを腹を割って話し合ってみてはどうでしょう。
    場合によっては早めに次のパートナーを探した方が幸せになれるのかも…

  2. Aaron より:

    文面を読んだ第一印象ですが、
    たろささんにとってご主人は人生のパートナーに向いていないんでしょうね。
    ご主人にとってもそうなのかもしれません。
    でも好きだから夫婦をやっている。そんな印象です。
    人それぞれの価値観なので、私はそういう夫婦も有りだと思います。

    おそらく一緒に暮らしたら、今の関係は壊れてしまうかもしれませんね。
    それくらいたろささんはご主人に対してフラストしているように思えます。
    それなら納得いくまで仕事優先の暮らしをされではどうですか?

    仕事はいつか辞める日が来ます。
    定年なのか、自主退職なのか、理由と時期はわかりませんが
    その時になったら二人で暮らせばいいのではないですかね?

    でも一緒にいる価値がないと思うのなら、別々の人生を歩むことも
    お互いのためになるのではないでしょうか。

    私ならそんな風に考えます。

  3. ぽぽろん より:

    文面から、旦那様と同居するという目標を目指しているような印象を受けたのですが、たろささんが結婚に求めているのは何でしょうか?
    もし旦那様との間に子供を授かりたいと思っているなら急ぐ必要がありますし、本当は家庭に入りたいというなら、今回の栄転を利用して稼げるだけ貯金して数年後に家庭に入るとか?
    そうでなくてただ一緒に家族の時間を過ごしたいだけなら、老後にいくらでもできるので今は栄転のチャンスを謳歌すべきだと思います。
    ご主人がキャリアに興味がないのは別に構わないと思います。会社なんて所詮個人の面倒は見てくれないですから、全員が仕事に生きがいを見出す必要はないですし、会社での評価よりも、友達や家族の評価が高い人のほうが人生のパートナーとして良い場合もあると思います。
    でも、それが物足りないならば、現在の”恋人”(のようなダンナ)に別れを告げて、互いに仕事の面で刺激し合えるパートナーと人生を送るのも一つの選択だと思います。
    私はバツイチですが、最初の結婚では夫が夢の職に就職したばかり。私は家計を支えるためにバイト感覚で派遣で働いていましたが、仕事が面白くなってしまい、気がつけば正社員に。夫はクリエイティブ系の超人気職でしたが、結局芽が出ず、気がつけば夫の給料は私の半分になっていました。
    これじゃあまずいと一旦自分のキャリアを諦めるべく仕事を辞めてみましたが、夫の稼ぎでは首が回らずまた私が派遣に。そこでもやっぱり仕事が面白くて、気づけばまた正社員。家でウダウダ文句ばかり言ってる夫のもとに帰る時間はどんどん減り、5年の結婚生活に終止符を打ちました。
    離婚を機に元夫はすっぱり夢の職を諦め、全く別の業界で派遣の仕事をしながら趣味の人となりました。今はしっかり者の奥さんと再婚し、子供もできて幸せに暮らしています。
    私はと言えば、現在の夫は自分のやりたい仕事をバリバリやるタイプ。子供ができるまでは2人ともバリバリ働いて、私も仕事面でやりたかったことは一通り達成することができました。今のほうがずっと自分らしい人生です。
    人生は長いようで短い、と言いますが、短いようで長い。
    今しかできないこと、自分が本当はしたかったこと、チャンスを活かして2人で幸せになる方法を考えてみてください。

  4. ドーム より:

    なんとなく、栄転へ背中を押して欲しいのかなー?と思えたのですが、
    例えば、たろささんが栄転したいと決心した時、旦那さんは反対しないのでしょうか??

    私だったら、納得できる結論に至るまで旦那さんと話し合って決めるかなと思います。
    旦那さんが栄転を辞退したのも、実はたろさささんの同居が少しでも早くなるように考えていたから・・・とかだったり、しませんかね?
    旦那さんに栄転の話が来て断った時は、たろささんには相談されなかったのでしょうか??

    お二人の年齢はわかりませんが、お二人でもう少し具体的な目標を立ててみてはどうでしょうか。何歳になったら一緒に住むとか、貯金がいくら貯まったなら退職しても良いとか。(別居してれば、同居より出費がかさむとも思いますが・・。)
    お互いが納得してれば、同居が5.6年延びても構わないわけですよね。
    いっその事、いずれは旦那さんが家に入る事にする・・・とか。

    まぁ、目標を立てても、どちらかの親が入院する事になって、親との同居になってしまって・・とか、目標通りにいかない事も多々あるんですが・・・。

    家の事しないで一緒に住みたいとか、旦那さんの希望も、たろささんが承諾できなければ、我慢する事もないと思いますよ。
    以前はそうだったとしても、次はもっと分担してもらいましょう。
    婚前にそういう約束で、家の事をやってくれる人と結婚したんだって言うなら離婚してそういう人と再婚してくださいって思いますが、
    他の人ではなく、たろささんと暮らしたいって思うなら、お互い24時間の中でその時出来る人がやるしかないんですから。

    旦那さんが反対してないのなら、栄転の話を受けて、
    反対してても栄転したいのなら、旦那さんが折れてくれる条件を2人で見つける事だと思います。
    私は旦那と一緒に過ごす為に、結婚を機に仕事を辞めた方ですが、
    個人的にはお金使いとか食生活とか、離れてても心配ない旦那さんなら、どのみちこのままでもまだ一緒に住める時期じゃないなら、たろささんの収入アップの方をとる方が良いのかなーと思ってしまいました。

  5. でん より:

    「家族がほしい(家族になりたい)」とのことですが、「家族」って、共働きなのに片方が家事に追われて片方が食っちゃ寝する夫婦を指さないと思うんですよね。

    それでもそばにいられればそれだけで幸せ、という人もいるでしょうし、それならそれでいいですが、たろささんは「後悔しそう」と今から思ってるわけで。

    私なら栄転を選ぶかなと思います。恋人みたいなご主人とは、お互い引退後(またはやりたい仕事はやりつくしたあと)、ゆっくり同居したほうがお互いにストレスがなさそうな気もしました。

  6. エリカ より:

    たろささん、はじめまして。
    あなたの気持ちひとつでどうとでも出来そうな話ですよね。
    ちょっと質問なのですが、たろささんの栄転地へ旦那さんを呼んで、そちらで夫婦で暮らすというのはナシでしょうか?
    旦那さんが「仕事なんてどうでもいい(何でもいい?)」という考えであれば引っ越して転職も可能かと思ったのですが、それは違うのかな?
    私だったら、と考えると別れる方向でいくかなと思います。
    私も仕事に意欲のない男性と付き合ったことがあります。職場で上司に叱られても、お客様から苦情が来てもポカーンとしているような人。遊びに行けば私の財布をアテにし、40代半ばで貯金なし、「俺はローン組めないから」などという恐ろしい発言が普通に出てくる人でした。
    付き合ってすぐ、あぁコイツとは結婚できないわーと思いました。芸術家タイプでおもしろい面もありましたけど、人生を一緒に生きていくのには現実的ではなさすぎる人でしたね。

    その人と別れて本当に良かったと思います。今の旦那さんは結婚と同時に私には一円も払わせず新築の家を用意してくれて、貯金もあるし仕事もバリバリ頑張ってくれています。
    家事はほぼ私が担当ですが、気づかって積極的にお手伝いしてくれたりします。
    ちなみに上記のダメ彼と同世代です(^^;

    で、旦那さんがどうかはわかりませんが、あなたが頑張っている横で食っちゃ寝する可能性がある…って、夫婦として家族として成り立つと思いますか?
    既にご結婚されているので簡単に離婚だ!とはなりにくいと思いますが、将来のことを少し真剣に話し合った方が良さそうかなと思います。

    >そんな状態なので、今後の夫の収入アップは見込めませんし、一緒に住んだところで私の出世の夢が潰えた上に、私が仕事と家事に追われる毎日になるのは目に見えています。
    コレが事実なら、うーん…そんな旦那さん必要??って思ってしまいます。
    もっと良い男性を選びなおしても良いんじゃないかな〜とも思います。
    私はバツイチで今の旦那さんに行き着きましたよ。

  7. たろさ より:

    みなさんコメントありがとうございます。相談者のたろさです。
    色々な価値感、色々な意見が聞けて大変感謝しています。
    自分一人では、回答が凝り固まってしまって、違う考えの方々の意見を聞いてハッとする部分もありました。
    私のしょうもない悩みに皆さんから意見を頂けて感極まって涙すら出てきました。
    これから夫と今後の相談をするにあたり、皆さんの意見を参考にさせて頂きたいと思います。
    本当にありがとうございました。

  8. 朋華 より:

    シンプルに聞きます。

    「そんな男(旦那)たろささんの大切な人生にいる?」

    現在は単身赴任という事で一人暮らしをされているなら、日常の
    生活は各々で運営されているんですよね?
    たまに会って過ごすから悪い所も目を瞑っていられるんではないの
    かしら?という印象を受けました。

    今現在ですら一緒に暮らしたら仕事しつつ家事が倍に増えるのが
    判りきっていて、身体は大人、中身は子供の世話までついて来て…
    いつかたろささんが旦那さんと子供を持ったとして、旦那さんは
    大人になってくれますか?
    人生を一緒に歩んでいく、対等なパートナーとしてたろささんを
    支えてくれますか?

    もう一回、シンプルに考えて見ましょうよ。

    「そんな男(旦那)本当にたろささんの大切な人生にいる?」

  9. abc より:

    「仕事は手を抜きつつ、家事や家の事もせず」妻と一緒に住みたい夫、「仕事と家事に追われている私の横で食っちゃ寝を繰り返す夫」・・・なんてひどいんだ!と思うけど、共働き夫婦の9割方では、男なんてこんなもんじゃないでしょうかね・・・(周囲の共働き奥さんヒアリング)。妻側が、あきらめてたり、甘かったり(たまにゴミ出ししてくれれば感謝!みたいな女神のような日本の女)、割り切ったり(不満に思うより自分でやっちゃったほうが気楽だし早い、とか)という中で、日本の共働きは成り立っているのが、残念ですが、現実ではないかと。

    別居婚でいいのではないですか?それに文句を言わないだけ、良い旦那さんかもしれないですよ。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 − = 0