近所の小6男子が、まるで大人の痴漢のような…

許せない母さんのご相談

私は小3の娘を持つ母です。最近周辺の女の子の母達を悩ませる出来事が起きました。
近所に住む小6の男の子が、最近性に目覚めたのか、イタズラにしては度が過ぎる、まるで痴漢のような動きをし始めたのです。
昔からキレやすい・すぐに手が出ると噂の子だったのですが、対象は同級生や年下の男の子。一緒に遊ぶこともないためあまり関わってこなかったのですが…。
最初はクラスメイトの女子達から、過度なスキンシップやキスをされそうになると不満が出始め噂になりました。
女の子の親御さんたちが学校に訴え、席替えがとり行われたそうです。

その後今までは遊ばなかった近所の年下の女の子たちに近寄り始めました。
ベタベタ触る、下着を引っ張るなど気持ちの悪い行為をされた娘の友だちは、年の割に体が大きい男の子にとても怖がり、外で遊ぶのを怖がるようになってしまいました。
学校から注意されたそうですが信用出来ず、娘には移動は自転車で、外で遊ぶ時は大人と一緒にと、何かと気にかけて生活しています。

その男の子のお母さんは、以前からのキレる彼にいつも叱ってばかりいて、ひどく疲れているように感じます。
男の子は、母の声が届かない状態なのでしょう。

こういった、親や学校の声が届かない子どもに、ダメなことはダメなんだと伝えるためには、再度女の子の下着をさわるような行為をした場合、通報や児童相談所に報告したいと思っています。
その考えは行き過ぎでしょうか。
小学生のやることだから、まだ善悪の判断ができていない時期だからと、許すのが大人でしょうか。
皆さまがもし、この地域に住む女の子の親だった場合、どうされるでしょうか。
アドバイスよろしくお願いいたします。


悩める許せない母さんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 子育て
スポンサーリンク

近所の小6男子が、まるで大人の痴漢のような… への26件のコメント

  1. はにー より:

    こんにちは。
    私には子どもがいないのですが、自分の経験も踏まえ回答させていただきます。
    小3なんてもう30年前の話ですが、私が小4の時に同級生がこのような感じで問題になりました。母親から「何かなかったか」と言われた記憶があります。ちょっと胸をさわられたり、昔は安全ピンで名札を止めていたので穴があきますよね?そこから下着が云々と言ったり、胸のサイズを聞いたりといったことがあったそうです。聞いてあー、確かに…となりました(にぶい)。
    直接私たちの前で指導はありませんでしたが、学級懇談会で親子はつるし上げになった模様です。
    ただ、今回の場合、すでに相手のお母さまは憔悴しているように思いましたが、いかがでしょうか。でもやっぱり最終的に一番責任を持つのは親御さんと思うので、そこはきっちり自分のお子様と対峙していってもらわないといけないですね。まずは学校、と思ったのですが、信用できないのはなぜでしょうか。
    問題になっているお子さんがなぜそんな行動に出るのかが気になります。性的なことに興味があるだけならある程度の年齢になれば落ち着くこともあると思うのですが(その間に被害になる方はたまったもんじゃないですが)、ほとんどの同級生はそこをこらえて社会生活を送っているわけですよね。なぜ彼だけがそうなるのか…。ましてや怒られて(注意されると恥ずかしいし)やめないのはちょっと。なんでも発達障害と認定する傾向は私は嫌いですが、何かしらの障害があるのかな?と感じてしまいました。
    学校としての対応に不満足、あるいは+してということであれば、児童相談所に通告することも良いとは思います。事実関係の確認に親御さんのお話しを聞かれるでしょうし、もしもそこで親御さんがお子さんに対して育てにくさや悩みを抱えておられたら助けになるきっかけになります。児童相談所は虐待だけではなく、育児支援のようなこともしているので。犯罪に抵触もしくは著しくその恐れがある児童が入所する児童自立支援施設もありますが、そこまでまだ問題はないかな、という印象です。
    小学校6年生は私は善悪の区別がついていると思います。少なくとも人に嫌がることをしてはならないということはわかっているでしょう。女児に接触させない、遠巻きに見るだけではなく、相談者様のようにもっと違うところから関わられるのはとても素晴らしいことと思いました。
    良い方向に向かいますように。

  2. chii より:

    性的な事に目覚めても、自分で抑制出来ない、何か問題があるのではないでしょうか?お母様が憔悴されている様に見えるとの事、どこかに相談はされているんですかね?そういうアドバイスが出来ないか?、学校の方から再度伝えて頂くのは難しいですか?

    もし不可能であれば、警察や児童相談所への通報は止む得ないと思います。私には同じ位の歳の息子がおりますが、学校での男女別の軽い性教育だけではなく、家でもさりげなくそういう話をする様にしています。間違いなく分かっている年齢のはずです。

    大騒ぎになった芸能人二世の事件もありますし、自分の子供を守れるのは両親だけだと思う位、気を付けて下さい。大きな問題にならず、娘さん達がまた楽しく外遊び出来る様になります様に。

  3. なな より:

    通報、自相は構わないと思います。ただ、わるいけどこいつら、あんまり当てになりませんよ?
    よっぽどのことがない限り動かないんですよね。
    まあ権限がないんですがね。

    その母親の肩を持つ訳ではないですが、小六にもなれば力もお母さんより強いし、おそらく制御できないんだと思います。
    お父さんはいないのかな?
    発達なら、そういう抑制する部分が育ってないんだと思います。

    学校、民生委員、教育委員会。なんとかして欲しいですね。

  4. 子持ち より:

    行き過ぎではないと思います。
    むしろ1日も早く通報してあげてほしい。出来れば複数で。
    それは被害にあう子供たちのためだけでなく、加害児童の為でもあると思います。
    親御さんとその児童自身がコントロールできない現実は専門家の出番なくしては
    解決できないのでは。
    私だったら通報します。通報できるところすべてに。
    やらないで後悔するか、やって後悔するかは許せない母さん様次第です。

  5. 福祉関係者です より:

    行き過ぎなことはありません。
    どうしても児童相談所は虐待や問題のある子の対応を行う機関のように思えますが、名前の通り「相談」機関です。
    本人が意識的にしろ無意識にしろ、これから中学生になれば身体も大きくなって益々対応が難しくなると思います。

    お母さん自身も困っているようでしたら、学校から児相に連絡を入れるか、お母さん自身に児相の面談予約を取るよう促すことが一番近道だと思います。
    必要であれば児童精神科等の受診も進めてくれます。

    周囲に大きな取り返しのつかない被害が出る前に、
    また、その彼自身の将来のためにも、
    どうぞ必要な機関に繋がるよう連絡してあげてください。

    ただ、どうしても、本人やご家族が児相の関わりを拒否する場合、なかなか関係機関は入りにくい場合があります。
    なかなか改善が見られずやきもきされると思いますが、
    被害を受けている側が遠慮する必要はありません。
    大変だとは思いますが、何かあればすぐに、学校、児相、警察に連絡を入れるようになさってください。

  6. ひよこ より:

    私の娘の周囲にそんなことがあったら、徹底的に通報します。通報が行き過ぎだとは全く思いません。注意が出ても本人が自制できず、学校も家庭でも頼りにならず、それだけ周囲への迷惑行為となっているんですから、ご自分のお子さんの安全を第一に通報されていいと思いますよ。きっとその男の子のお母さんも自分ではどうにもできず、誰かに助けてほしいと思ってるのではないでしょうか?何かあってからでは遅いですし、児相などの行政機関が全くあてにならないわけではありません。複数で、同時期に、学校と児相と役所などにあきらめずに通報し続けてください。

    事件性の大小に関わらず、性的に気持ち悪い記憶は大人になってからも消えません。その後の人間関係にも影響します。「いたずらの範囲」なんてないと思います。性的な迷惑はこれっぽっちも許されてはいけないんです。

    相談者さんの周囲に、どうか穏やかな生活が戻りますように。。。

  7. まんまる より:

    通報しましょう。
    大げさ過ぎるかも、とおっしゃる気持ちもわかりますが、通報懸案です。

    私は小学3年生の夏、痴漢に遭いました。
    家族と友人達と一緒に行った市民プールで、陰部に触られた上に、プールから引きずり出されてトイレで痴漢されました。(やめて!離して!と言っても、きょうだいケンカにしか見えなかったのか、誰も気付いてくれなかった)(大事に至る前に発見されましたが)
    そのときは気持ち悪さと、どうして?と言う感情しかありませんでしたが、数年後に真意を理解し、感情を整理できずに苦しみました。
    加害者は小学5年生の男児でした。

    被害者は幼いながらに当時の記憶に縛り付けられます。
    加害者をこれ以上エスカレートさせる前に、通報された、と言う事実を作りましょう。

    30年以上前の話ですが、私の両親はその場で通報したので警察が駆けつけました。
    その後の記憶はあやふやですが、痴漢に遭ったこと、相手の顔は今でも覚えています。

    お嬢さんやお友達に辛い記憶を残さないためにも、児相や警察などに通報してください。
    また、できましたら被害者の方にはカウンセリングを受けてください。

  8. 今回は匿名でゴメンなさい より:

    私も通報は大げさではないと思います。
    小学5~6年生の時、同じクラスの男子からいたずらをされた事があります。
    体が大きかったので、もう胸が膨らんでる頃でした。
    服の上から胸を触られて、スカートをめくられて、下着を下ろされました。
    私はまだそれが何だったか分からない頃だったし、男の子がどういうつもりだったのかも分かりません。
    たまたま通りかかった先生が助けてくれましたが、その場面が今でも忘れられません。
    私も上の方と同じく、30年以上前の事です。
    その男の子は転向して行きましたが、同じ学校に通うのがすごく怖かったです。
    それと、よく分からない気持ち悪さがあって、男性とのお付き合いがなかなか出来なかったです。

    本人がどういうつもりなのか、ただ興味があるだけなのか分かりませんが、お子さんを守ってあげて欲しいです。

  9. みぃ より:

    子供のやったことだから…と許され続けてきたことが、今の痴漢(暴行)天国日本を作り上げてしまったと思います。
    一度許された男の子は、また必ずやります。そして、大人になったからと言って、「じゃあやめます」とはなりません。

    万が一被害にあってしまったら、被害届を出してください。警察に届けるのはすごく大変だしお辛いと思いますが、次の被害者を出さないために、どうかお願いします。

    それは犯人が小学生だろうが老人だろうが同じことです。犯罪に年齢は関係ありません。

  10. ぱち より:

    児童相談所や警察へは
    ・被害を受けたら→通報
    ・被害を受けてはいないけど、周囲に被害者が複数いて、いつ自分の娘に被害が及ぶかわからない→相談
    という形が良いのではないかと思います。
    また、被害を受けたお子さん達の保護者が通報する事、そしてそれを学校に伝える事が大切だと思います。

    学校も警察も児童相談所もお役所ですから、通報や相談の実績を作っておく事がモノを言います。

    第二次性徴は誰しもが通る道ですが、それは自制の効く年齢であるからこそ、この年代で来るわけです。自制が効かないというのは(診断名がつくかどうかは別として)やはり発達のアンバランスさのある可能性はあるかと思います。
    本人や保護者が、適切な相談相手や支援を受けれるよう願っています。

    • ぱち より:

      追伸です。
      学校へ伝える時は、担任だけでなく必ず管理職(校長・副校長・教頭のうちの誰か)の同席を求め、記録を残しておく事をお勧めします。

  11. ゆう より:

    気持ち悪いですね。
    私は熊本の養護施設で10歳から15歳迄育ちました。
    一度だけ、小学何年かは憶えて無いけど、牛小屋前で呼び止められて振り返ると1人でやってるとこ見せつけて来られた事は有ります。同じ施設児で中学生。良いイメージしか無い子で、何してんのんって走って逃げました。
    おしゃべりな私、聞きまくる。私以外にも被害有ったみたいです。それからは何も無かったかな。
    30年前の話だけど。
    私も児相には二ヶ所行った挙句養護施設送り。
    当時の児相には悪い子供では無くて、親が面倒見れないからここに来たみたいな感じでした。
    何十人も広い部屋布団敷いて寝てるなか夜勤の先生1人だったの憶えてるな(笑)

    今はどんなシステムかは分かりませんが、簡単に児相に行かせても他の子供達も居てるのになぁと思いました。

    対策練られてるので今はちょっと様子見られてみてはどうでしょうか。ゲンコで殴っても良いよって疲弊したお母様が許してくれたら良いですね(^ ^)

  12. かばちょ より:

    私も小学生から高校生の男の子の親ですが、通報してもいいと思いますよ。
    その親御さんも、警察や児相など第三者に助けてほしいと思っているかもしれないですよ。

  13. かりんと より:

     現在6年生の息子がいます。許せない母さんさんの投稿を読んで今現在身近にいる息子の同級生の子のことではないかと思うほど同じようなエピソードがあり、出てきてしまいました。近所に住んでいて母親は知り合いです。
     うちは男の子ですが、やはり低学年のころは暴力や、持ち物を壊されたり汚されたりしました。周りにも被害者はたくさんいました。そしてやはりこのところ、性に目覚めたのか、同級生の女子に告白してみたり、低学年の子に「キスして」とせがんだり、抱きついたり、ひわいな言葉を投げかけたり・・etc。
    どこかで覚えたことを次々と実践しているという感じです。
     母親も父親も時には強く叱っていますが、目の届かないところでやっています。それに、なにより周りよりも断然危機感が薄いと感じています。しょせん小学生のやること、低学年の子をかわいがってあげてる(世話してあげてる?)と思っているようなふしもあります。暴力のときよりも始末が悪いです。(暴力なら明らかに悪いですもんね。けれど相手も何か言ったのでは、と被害者にも謝罪させた話を聞いたことがあります。両成敗?)
     私も通報したほうがいいと思います。学校にも再三訴えたほうが良いとおもいます。学校でも手を焼いていると思います。親の自覚を促すためにもその子は本当に危険人物だということを周知したほうが良いと思います。小学生だからではなく、これからの危険の芽を摘むのです。
     息子の同級生の件は被害に会っている女の子が親に訴えられないケースが多いです。たまたま見かけた大人がいた話が出回っているだけなので、氷山の一角なのだと思っています。もっと重大事なのではないかと思っています。

  14. tomoking より:

    こんにちわ。
    小学生高学年の息子、低学年の娘がおります。

    私も、出来る限りの所に「相談、報告」するべきだと思います。
    小学校高学年の男の子は、もう色々わかっています。
    この情報社会です、私たちが小学生だったころとは違います。
    子供だからでは済まされません。

    私は、警察署が不審者情報などを発信している「安心メール」を取っています。ご存知かも知れませんが、痴漢やひったくり、オレオレ詐欺などが発生すると、警察からメールがくるシステムです。

    そのメールの「痴漢が発生しました」の内容と、その男の子がやっていること、一緒ですよ。場合によっては、その男の子の方がヒドイです。

    不審者がでれば、警察にパトロールをお願いしたり、地域の大人が声かけ運動をしたりして、目を光らせるのは、当然ですよね。

    不審者の年齢や家庭環境は関係ありません。
    どうか、許せない母さんさんのお子様が安心して過ごせますように。

  15. ざい より:

    被害者側からの立場、被害者を守る、我々被害者…被害者…という考え方のみでは答えは出ないと思います。

    その男の子は癌ですか?取り除くべき絶対悪ですか?
    まず、その男の子がなぜそんな行動に出るかを考えてあげてください。自分の大切な娘さんが傷つけられるのは我慢ならんでしょうけど、その男の子が自分の息子だったら、を考えてあげてください。
    詳しい事情がわかりませんので、当てはまるかはわかりませんが、いたずらをするのは反応が欲しいからです。人間は無視されることが一番苦痛です。本来なら良いことをして良い反応をもらう、そっちのほうがその子にとってより良いのですが、それを知らないかあるいはそうしてもいままで良い反応が返ってこなかった、だから悪いことをしてでもなんらかの反応が欲しい、と自然と思うようになってしまいます。

    その子の母親は叱り続けて疲弊して…とあります。叱るべき時に叱るのは必要ですが、それ以外でその子と良い関係をちゃんと築けているかが重要です。大人しくしている時にその子と楽しく過ごしているか。良いことをした時にちゃんと喜んであげているか。また、友達はいるのか。いじめられてないのか。

    ただ、投稿者さんができることは少ないですよね。その母親と接点でもあれば良いのですが。
    いずれにしても、そういった家庭環境を改善させる意味でも児相に相談するのはありだと思いますよ。

    • るる より:

      激しく同意です。

      通報などというと物騒だし、する側も身構えますけど、児相や学校に相談してみるのはなんの問題もないわけです。私なら、その男児も周囲の子供たちも、平穏無事に、健全に育ちますようにとの想いから、むしろ積極的に各所に相談します。その男の子も、どうか落ち着いて社会適応できますように。そうでないと、その子も排除され続けることになるので、可哀想です。たぶん、お母さんもいっぱいいっぱいなのでしょう。

      私もある件で児相にお世話になりましたが、専門家がたくさんいらっしゃるので、今よりもよい解決が見えてくる可能性は高いと思いますよ。ダメ元でもよいので、あちらこちらで相談してみてください。大変な問題には、大勢で取り組んだ方がよいかと。

      ぶらさがってすみません。

    • ぽぽろん より:

      さらに便乗で失礼しますが、全く同意見です。

      すでに許せない母さんのように、近隣の女生徒の日常生活が脅かされている訳ですし、万一被害にあった場合、唾を吐かれたり物を壊されたりするのと違って一生心に残る傷を負うかもしれない話だから、公的な機関に対処してもらうで良いと思いました。

      理由がどうであれ、その子の中で悪いことだと知りながらそういうことをしてしまっている状況があるわけですから、その時にきちんと周囲の大人たちが「許されることではない」とはっきりと確固たる態度で示すのは社会の愛情だし、必要なことだと思います。反応がなければエスカレートする、まさにそうだなと思いました。

  16. Aaron より:

    私も小学生だった時代から30年以上経っていますが、同世代の男の子による性的被害は大なり小なりありました。学校の廊下で性器を出して歩く男の子がいたり、女子トイレを覗く男の子がいたり。でも当時は「子供のすること」でスカートめくりと同じレベルで片づけられたりしました。
    でも、被害に遭った女の子の心の傷はずっと消えていません。私自身、幼稚園の時にやられたスカートめくり自体トラウマになって、中学生になるまでスカートがはけませんでした。今でも当時のことを思い出すと嫌な気持ちになります。

    私は「小学生だから」で済ますべきではないと思います。ましてや小6ならあと半年で中学生ですよ。善悪の判断がつく年齢です。
    自分の娘さんを守るためにも、通報等はやってもいいと思います。そして娘さんにも防犯ブザーを持たせ、護身術を教えるのもいいと思います。(私が小学生の時に教わったのは、相手の指を反対側にひねる、むこうずねを蹴る、股間を蹴る、でした)

  17. 三日月 より:

    児相への通報はありデス

    まずは我が子だけでも守る為逃げることを子供に教えます

    小6男子に対しては危うい行動をしたその瞬間に
    視線を合わせひとこと低めの太い声で「体に触れてはいけません」とだけ伝えてください

    ふりはらって逃げようとしたら逃してください
    しつこいと逆恨みする要素を持っているかもしれません

    私は似たような息子を育てと母親です

  18. とめこ より:

    児相に相談してください。

    どうか早く、彼に専門家の支援を受けるチャンスを与えてあげてください。

    後になればなるだけ、ツラい思いをする女の子が増えてしまうのでは。

  19. 性的暴力被害者より より:

    通報すべきと思います。
    小6の男児は、もう男です。
    私は、小6の時 同級生の男子生徒に 性的虐待を
    受けました。
    ずっと心に残る傷になります。
    記憶から、1回消そうとしますが、後からよみがえってきます。
    ずっとPTSDに 苦しみます。
    今もなお ずっと苦しんでいます。

    その男児生徒さんは、親子で専門家の治療
    カウンセリング、親子ペアトレーニングなど
    受けると良いと思います。

    何かがあっては、おそいのです。
    何かが起きては、いけないのです。
    感情的になってしまい すみません。
    娘さんを愛する強い親の心に 胸を打たれました。
    親が子を守るのは、当たり前です。応援します。
    慎重に 水面下で 話し合いを進めて下さい。
    匿名で行動される事を おすすめします。
    その男児生徒さんも、服薬などで 落ち着くかもしれません。
    その男児の親後さんも 苦しんでみえると思います。
    あなたは、自分と自分の娘を守って、男児生徒くんが
    専門家のケアを受けれるように 慎重に動かれたら
    良いかと思います。
    あと児童相談所は、匿名で通報して下さいと 言いますが
    名前を聞かれても、絶対教えないで下さい。
    名前を 名乗らないで下さい。
    ふつうに 聞いてきますから。
    怖いですよ。
    私は、ひどい目に遭いました。

  20. グロウン より:

    皆さんのコメントを読んで、小学生の痴漢がそんなに多いのかとびっくりしました。
    私自身は、小一の時に「スカートめくり魔」の男児がクラスにいて、どんなに注意されても止めず、卑猥な笑みを浮かべて女子たちに繰り返すので、どんだけませてるんだと思っていたけれど、きっと発達障害か何かで、ませてるんじゃなくて、本当は幼かったのかもしれないと今は思っています。(当時は学校に行きたくないくらい、その子が嫌いでした。)
    その後私が転校し、小学生の性的嫌がらせは無く、中3くらいで不良男子に卑猥な言葉を投げ掛けられたくらい。(当時意味わからず。)
    高校で高校生や大人から、電車で痴漢にあったり、道端で変質者にあったくらいです。
    そんなわけで、小学生の高学年で痴漢行為はびっくりです。

    何となく、家庭環境が影響してそうだなと思いました。
    お母さんに甘えたいけど、甘えられない鬱憤がたまって変な方向にむかってしまっているのかも。
    発達障害的な傾向があったら、一度楽しく感じたらやめられなくなってる可能性もありますよね…。
    小6にもなって身体も大きくなってくると、お母さんに甘え難くなりますよね。でも、これからもっと大きくなるのだから、せめていまお母さんに甘えといてほしいとも思います。
    親子のカウンセリングとか、お母さんの負担を軽くするサポート体制など、必要なケアが受けられたらいいのに、と願います。
    通報は、厳しいという感もある一方で、被害者を出すべきでないのも理解できます。事が起こる前に、どこか相談という形で相談されてはいかがでしょうか。学校とか、保健センターとか、教育委員会とかですかね…。
    全員が救われますように。

  21. まー より:

    詳しくはわからないですが、
    ・昔からキレやすい・すぐに手が出る
    ・社会生活に問題が出ている(周りの子供に被害がある)
    ・度が過ぎた性への執着(周りの女子複数に、過度なスキンシップやキス)
    なので、発達障害のある子だと思います。

    自閉傾向があると、何かに執着しやすいようです。執着対象が、数字だったり、物だったり、人によって違うのですが、性に執着してるとしたら、本人も自分ではやめられない状態、相当大きいきっかけがないとやめられない状態と思います。

    おかあさんの手にも余ってるようなので、第3者(発達障害の病院や、先生)の手助けが必要と思います。お母さんへのペアレントトレーニング(発達障害の子供をもつ、親の勉強会)も、病院や療育で出来ます。

    どうやったらそのご家族を発達障害の病院に紹介できるのかわかりませんが、どうにか児童相談所・学校、学校の支援学級の先生・教育委員会・警察から、上手くつながると良いですね、、、。
    大人になっても手助けが入らず、性への過度の執着を育て続けたら、他の人を襲う日も来ると思います。小さいうちに気づけて良かったとなるといいですね、、、。

  22. 許せない母(相談者) より:

    相談者です。
    躊躇する気持ちの中、強く心を押してくださりありがとうございます。
    また、過去の辛い記憶を思い返させてしまった方には、申し訳ございませんでした。時を経ても心の傷となっている様子に、真に放おってはおけない問題なんだと強く感じました。
    被害にあったお友達のお母様と協力し、児相等相談してみたいと思います。
    男の子の事情、お母様の事情、家庭の事情、様々あるかと思いますが、そちらに私達が直接接触するのは避けようと思います。
    次の事件に結びつかないよう働きかけていきます。
    皆様有難うございました。

  23. ジョジョ より:

    こんにちは!
    それは児相に通報すべきだと思います。

    私の考えとしてはまず、警察に言っても動きません。
    これはどなたかが仰ったように「あいつら何もしない」のではなく、出来ないのです。
    「被害があって初めて動ける」「それまで何も権限がない」これが実情です。
    中には「直接言うと報復が怖いから警察に注意だけでもしてもらおう」と警察利用をする人もいますが、多くは「直接言えばいいのに警察に話して恥をかかされた」と、通報者を明かしていないのにも関わらず特定されて揉めに揉めます。
    それと、学校をあてにするのもどうかと思います。
    小中学校は学問の基礎教育と集団生活、団体行動を学ぶところであって、モラルやマナーなどは最低限親が教えるところだと思うからです。もちろん、1日の多くの時間を学校で過ごしますし、その間親は手も口も出さないので委ねる部分もあります。でも本来は親から学んだ事を更に深く学ぶ場なのではないでしょうか。
    その点から言うと、まずはその子のお母さんに会って、「こういう事になってるけど家庭ではどう話しているのか」と聞いて、そのお母さんが本当に参っているようであればまずはお母さんから児相に相談を。開き直っているようであれば、今後また同じ事が起こればすぐに児相に通報すると忠告を。
    そしてどちらの場合でも学校には報告をしておくのがいいのではないかと思います。

    生意気な事をいいましたが、私も小学生の頃、近所に住む中年男性に性的ないたずらをされそうになりました。
    一人暮らしの男性で、みんなが「怖い」「不気味」と言って避けるのが可哀想に思えて、話しかけられた時に親切心で笑顔で対応したのがよくなかったのです。
    幸い、お喋り好きが高じて近所の大問題になり、自治会総出でその男性に抗議に行き、以来ずっと近隣住民から白い目で見られる人になりました。登下校時にその人がいると近所の人が出て来てその人を監視してくれたり。
    自分で自分を守れないうちは大人が守ってあげるしかないので、頑張ってくださいね!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 + 5 =