義両親が、長男夫婦より私達次男夫婦ばかり頼って…

kureaさんのご相談

2012年の2月に、中古住宅検討中、義両親を納得させるには?という件でご相談させていただきたkureaです。
その後もいろいろとありましたが、2014年に義両親の家から車で15分という立地に希望通りの中古住宅を購入、念願の犬も飼い、夫婦二人と犬2匹で楽しく生活を送っています。
これからご相談させていただくことは、長男のお嫁さん、そして専業主婦の方にはとても不愉快だと思います。
申し訳ございませんが、そこをご了承いただき、コメントをいただければと思います。

私たちが住んでいるところは、公共の乗り物がバスしかなく、家族一人一人が一台ずつ車を所有しているような場所です。
昨年初夏に義父が倒れ、幸いなことに命はとりとめたものの、車の運転ができなくなり、義母が免許を持っていないため、義両親はどこへ行くにもバスに乗らないといけない、という状態に。(タクシーは運転手さんに気を使うからいや、とのこと)
最初のうちは、みんな(義兄夫婦と私たち夫婦です)に迷惑はかけられないからと頑張ってバスの時間に合わせて行動をされていたのですが、そのうち、乗り物の時間に合わせて行動をしなければならない窮屈さと、自分たちが思い立ったときにすぐに出かけられないという窮屈さで、忙しいとは思うんだけど・・・すぐじゃなくていいんだけど、日曜日に時間があればどこそこへ連れて行って・・・と言った形で私たちに車を出してくれ、と言われるようになりました。
自分たちの通院などはバスで行っているようなので、私たちにお願いされるのは個人の趣味で出かけたい時の話です。
そして、その言い先が、私の主人(次男)であり、私なのです。
私も主人もフルタイムで仕事をしていますし、休みは隔週土曜日と日曜だけです。
祝日は基本仕事に出ています。休みの日にやりたいことは山のようにあります。
義両親が連れて行って、という場所に私たちも興味があればまだましですが、正直8割がたどうでもいいです。
行った先で別行動もしましたが、どうにも機嫌が悪そうで、結局一緒に動く羽目に。
木曜日や金曜日に今週もまた電話がかかってくるんじゃないか、とドキドキするのも嫌ですし、毎週のように私たちの時間をつぶされるのもうんざりで、いい加減にしてよ、と夫婦喧嘩の種になっている始末です。
そうは言っても主人も嫌気がさしてきて、兄貴や義姉に頼め、とは言ってくれています。
長くなってしまいましたが、ここからが本題です。
義母と義姉の仲が悪いため、一切のお願いごとを義母が義姉にしないのです。
「あの子は人に気を遣うということを知らない、気が利かない」義両親が口をそろえて義姉に対していう言葉です。
本当に気の利かないというか、それっておかしいでしょ、というようなことを平気でする人で、自分が入院して子供を義両親にみてもらわないといけない、という状況になった時ですら、義兄に伝えといて、といって本人は一回もお願いしますの一言もなかったような人です。
義姉は専業主婦です。
子供ももう中学2年生と小学校高学年になり、日中はすることなーい!といってママ友とお茶してるくらい暇な人です。
義兄は私たちがこんな目に遭っているのを知っています。
自分の嫁に平日暇なんだからどうにかしてやれ、とは言ってくれているようですが、義姉にも義両親にも歩み寄りが全くありません。
言ってこないことをこちらがわざわざしてあげる必要はない、が義姉の考え方のようです。
日曜日は子供のクラブの試合等であちらも結構予定が詰まっているようですが。
長男の嫁で専業主婦なのに、次男の嫁でフルタイムで仕事している私のほうへばかり負担が来るのが不満でたまりません。
同居はするつもりないから、と義両親が言ったため、主人も義兄も持ち家を買いました。
けれど、このままもし義父になにかあれば、義母はこちらに来るんじゃないか、そんなことまで考えてしまいます。
義兄はしっかりして自分の嫁に言えばいい、こちらも無理な時は無理と言えばいい、分かってはいるのですが、なかなか難しく・・・。

長文になり申し訳ありません。
こちらの気の持ちよう、いい断り方、長男夫婦との関わり合い方等、ご助言いただければと思います。


悩めるkureaさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 義兄弟姉妹, 舅姑
スポンサーリンク

義両親が、長男夫婦より私達次男夫婦ばかり頼って… への19件のコメント

  1. はにー より:

    kureaさん、こんんちは。
    ああ、なんかすごく大変な様子が伝わってきました。
    義姉様というのは、kureaさんの夫様の兄嫁ということになりますでしょうか。同じ嫁なのに、しかも専業主婦で暇そうなのに…と悔しくなりますね。ただ、長男の嫁のくせにという考えはこの際捨てましょう。ちょっと考え方が古いと思いますし、揉める元です。
    このご相談で唯一の希望があるとすれば、義両親にkureaさんが愛されている…は大袈裟かもしれませんが、気に入られているというか、頼られているところなんでしょうね。そこが難しいところでもあるのですが…。
    そしてお休みの日の運転手。病院や緊急時、たまの親戚の法事などオフィシャルなことならともかく、義両親の余暇活動なところが腹が立ちますよね。きっと送り迎えだけではなく、最中もつきあわされているのでしょう。
    嘘をついてもいいので断りましょうよ。きちんと義両親に。あまり負担をかけていないと彼らは思っているのかもしれません。応じてくれる=予定がない、特にきつくもないと認識してるのかも。あまつさえ外出を楽しんでいると思われているかも。「仕事に行くのが精いっぱいで、かなり疲労がたまっているので」とウソをついてもいいんです。実際、負担になってあるでしょう?趣味のことの送迎を断っても義両親は死にません!命に係わる時だけやってあげたらいいですよ。断ればタクシーで行くなり、嫌でも長男夫婦に頭をさげるでしょう。今はkureaさんに頼めるから楽な方向へ行っているのですよ。
    ご病気になって運転ができない状態でも自宅に引きこもらず趣味を楽しむ余裕があることは素晴らしいです。でもこれからも何かして差し上げる機会は多いはず。だからこそ無理はだめですよ。そして兄嫁は無視!余計に気持ちがイライラしてしまいますかからね。

    • kurea(相談者) より:

      はにーさま、こちらの欄をお借りすることをご容赦いただければと思います。また。たくさんのご意見、有難うございます。皆様にまとめてのご返事になることをお許しください。そして、質問させていただいてから今日までに新しい懸案事項が発生してしまったことをご報告させていただきたいと思います。
      先週末に、以前より決定していた用事があり義姉・私を除いた義家族の集まりがありました。そこで事件が発生、親子喧嘩・兄弟喧嘩に発展してしまい、今日現在終息していません。というのも、義兄は私から見ても「自分が長男なんだから、何かあれば自分が率先して両親の面倒は見る」といったタイプの人なのですが、義兄は両親が私たち夫婦に自分たちではなく、弟夫婦にいろいろお願い事(今回は送迎の件で相談させていただきましたが、実際は他のお願いごともうちに来ています。最近機種変した楽々フォンの使い方が分からないとか、電球が切れたとか・・・お義母さん、取り替えてよって感じですが)をすることが面白くなかったようなのです。私自身がその場にいなかったため、主人からのまた聞きになってしまうのでのようです、としか書けないのですが、義両親はその集まりの席でやはり主人に何か頼んだようで、それを聞いていた義兄が大爆発。おまけに義母の携帯の短縮番号の一番目に自分ではなく、主人の名前が入っていたことが余計に気に食わなかったようで(義母が頼んで携帯会社の方に登録してもらったみたいです)
      義兄「そんなに○○がいいのなら、俺たちはもう一切家の事は知らん!」
      義両親「そんなことは言っていない、ただ、あなた(義兄)やあのこ(義姉)に頼んでもすぐには動いてくれないから○○に頼んでいただけ」(義兄は土日祝日休みですが、普段は朝早く、夜遅い)
      義兄「お前(主人です)もお前だ!自分たちじゃなく兄貴に先に言え、とくらい言えるだろ!」
      主人「兄貴や嫁さんが動かないからこっちだって迷惑してる。親父が車が運転できなくなったことは分かっているのだから、自分たちが先に気にかけることくらいできるだろう」
      売り言葉に買い言葉ですが、このような会話がなされたようです。そこからは誰が悪い・悪くないとやりとりが延々続いたそうで・・・。
      主人はしばらく何もしなくていい、兄貴に全部やらせとけ、ともう匙を投げています。これからどうなるか分かりませんが、きっと喉元過ぎればなんとやらになるのは目に見えて分かっているので、皆様にご助言頂いた通り、「断る勇気」をもって対処していきたいと思います。有難うございました。

  2. りん より:

    kreaさん、はじめまして。
    貴重なお休みに駆り出される憂鬱さ、お察しします… 本当にお疲れさまです。
    必要なときはバスで行けるのですから、足がないことを口実にしているだけですよね。甘えられてしまっているんですね。。
    本当に限界になったり、ご夫婦でギクシャクしたりしてしまう前に、お断りする割合を増やしていかないと、この先が大変そうな気がします。
    ただ、義姉様への感情はまた、別の話なのでは…。。単純に、他の家庭のことですから、関わらないほうがよろしいのではないでしょうか。

  3. えりりん より:

    kreaさんは、いい子になりたい性格なのですね。
    イヤなら断ればいいし、イヤな態度を取れば頼まれる事もなくなります。
    まあ、それができないからの相談でしょうが・・・

    お父様が病気で、お母様も運転が出来ないとなれば、近所にグループホームとか施設の入所を薦められてないかがですか?
    もし施設などに入りたくないのであれば、もう連絡してこなくなると思います。
    同居したくないのであれば、今のうちに手を打っていかなければ。
    タクシーなどお金で何んとなかる事であれば、援助をしてさしあげるとか、ガソリンもバカにならない旨言いましょう。
    今では、タクシー会社さんも高齢者はいいお客様なので、親切にしてくれますよ。

  4. なっとう より:

    頼まれる内容で選別しましょう。体調や病気に関することだったら、優先してあげる。他はこちらの都合も話して、無理な時は低姿勢で謝りながらお断りしましょう。
    兄夫婦は他の方もおっしゃっているよいに、関係なくkureaさんご夫婦と義父母の問題です。今から線引きしないと、相手もこれもあれも大丈夫なんだとどんどん甘えてきますよ。

  5. m より:

    1度だけ、おもいきって「嫌です!」って言ってみてください。理由など考えず、ただ「嫌なので嫌です。」ってだけ。

    その後、皆の反応や自分の心の状態を見てどうするか考えてみたらどうでしょうか。
    嫌って言うのがそれほど苦でなくなるか、反対にさっさと車出してやった方が気が楽だなあと感じるか。その日によって使い分けしてもいいな、ぐらいになれば理想的ですね。

  6. りさがすぱーる より:

    以前の相談内容を読ませていただきました。う~ん、一番の原因は、義父母さんが息子夫婦と適度な距離を保てないことではないでしょうか。こういう方だと、ご長男夫婦と折り合いが悪くなるのも至極当然、のような気がします。

    いちばんいい対処法は「決定の主導権を握る」こと。
    たぶん義父母さんはそんなに次男夫婦を困らせているなんて思っていないはず。まずは現在の状況を説明してわかってもらうところから始めては?
    「ごめんお義母さん今頃こんなこと言ってなんなんだけど…実は私たち普段毎日仕事でしょう?なかなか平日にできないことが多くて土日に…だからごめんなさい、しばらく時間が取れないから行ってあげられないの、また余裕ができた時こちらから声かけるから」とか。
    行けない、ごめんなさい、と先に謝ってしまい、行けるときはこちらから声をかけるという流れを決めてしまう。そうすればもう電話がかかってくるのにおびえることもなくなるでしょう。

    自分の子供の幸せを願わない親はいません。
    kureaさん夫婦が穏やかに仲良く暮らせるのが一番です。私はそう思う。うん。

    また、以前読んだ本に書いてあったことですが、「人は自分にとって最善の方法を無意識に選択している」そうです。えーっ!?と思いましたが、よく考えればなるほど。kureaさんの場合だと、「行きたくない、けど、行くことを”自分で”選択することによって、義父母にいい次男夫婦と思われる=最善、という”報酬”を得ている」ということに。義兄夫婦は「良い長男夫婦と思われることを捨て、行かない自由=最善、という報酬を得ている」んでしょう。私はこの考え方を知ってから、誰もやってくれない面倒なお風呂掃除を、「掃除は面倒だけど、汚いお風呂に入るよりきれいなお風呂の方がいい、と、掃除することを”自分で”選択しているんだからしょうがない」とあきらめてできるようになりました(笑)ちっちゃい私です。

    親戚の相続争いで「私たちは何っ回も○○へ行く時車を出してあげたっ!」と話を持ち出されたことがあります。義父母さんが亡くなったときそんな話を怨念のように持ち出すことにならないように、今から自分の思いは上手に伝えていってください。ぜひ。

  7. かおちゃん より:

    前回の質問も読ませてもらいました。大変ですね。心中お察しいたします。

    長くなりますが、別の視点で少しキツイ事を申し上げます。
    >「長男嫁は人に気を遣うということを知らない、気が利かない」義両親が口をそろえて義姉に対していう言葉です。
    とありますが、それはkureaさんご自身の意見でもあると推察します。
    そして、kureaさんの希望は、「私はフルタイムで働いているんだから専業主婦の義姉が義両親の足になってくれ」という事ですよね。

    質問文を読んで思いましたが、「気を遣う事を知らなくて気が利かない」のは義両親もそうではないですか。気を遣う人が毎週のように頼みごとをするでしょうか?
    またkureaさんは義姉に、私は働いていて大変だから代わってほしいと自分で義姉に頼むこともせず、嫌々ながら全部引き受けておいて、義姉に対しては専業主婦なのに何もしてくれないと腹立ちばかり募らせていますね。
    義姉が日曜日はお子さんの部活動で予定が埋まっているのがわかっているのに、自分の負担を減らすため、平日暇だと言っている義姉に義両親の足をしてほしいと。
    そして義姉は弟夫婦が義両親の世話をしているのを知っておきながら義両親と折り合いが悪いから代わろうともしない。
    皆が皆、相手に気を遣っていないのだなと感じました。
    仮にkureaさんが義理の両親と折り合いが悪く、義姉が義両親からの頼みごとを一手に引き受けていたとします。その状況でkureaさん自ら「たまには私がするよ」と申し出ますか?義姉は専業主婦なんだから、長男嫁なだからすればいいと思い、休みを満喫していませんか?兄夫婦が無理な時はこっちに連絡が来るだろう、と思いそれまではほっておきませんか?

    まず義両親は「長男嫁には頼みたくないし、次男夫婦は断らないからそっちに頼もう」と思い、兄夫婦は「両親は何も言ってこないからいいか」「弟夫婦の方がいいんだな」「弟夫婦に断られたら言ってくるだろう」等とお互いが都合よく考えているだけかもしれません。kureaさんたち次男夫婦が断れば今の関係は変わってくるのでは?
    もしかしたら義両親からは「次男夫婦は私の言うとおりにしてくれるから」と思われているかもしれませんね。
    なので何度か断ってみましょう。途端に「次男嫁は気が利かない」になるかもしれません。それでいいじゃないですか。
    義父にもしものことがあった時、義母に頼られたくない、しかし、いい嫁を演じたいでは無理な話です。
    義両親が自由に動けず今までと違う生活を強いられ不自由にしているのを見れば手を貸したくなるのもわかります。しかし、毎週の事で負担に感じているのであれば「断る勇気」を持ちましょう。

    「私にばかり頼んでくる→義姉は何もしない→私はフルタイムで働いているのに→義姉は専業主婦で暇なくせに→義姉に腹が立つ」のは、あなたの勝手な苛立ちです。
    また、平日私は働いているから、「暇な専業主婦がすればいい」「長男の嫁なのに」という考え方も自分本位だと思います。
    お互い同じ立場だという事を忘れないようにしましょう。
    だからこそ、自分たちだけが負担を強いられていることに不満を感じていらっしゃるのでしょう。

    そこで提案です。
    まずは義両親からの頼み事は二回に一回は断る、もしくは一月に何回までと自分の中で決め、よほどの事がない限りその回数を超えないようにする。
    そして、義両親が連れていって欲しい場所が買い物施設なのであれば、ネット通販やカタログショッピングを教えるというのはいかがでしょうか。
    無駄使いをしない人というのが前提ですがw
    買い物以外にもニュースが読める、音楽が聴ける、HPを立ち上げる、ブログをかく、ゲーム、チャット…慣れれば楽しいツールです。

    兄嫁に関してですが、kureaさんは義姉に舅姑との間にあったことを何でもすべて話していますか?普通はそうではないですよね。もしかしたら、あなたの知らないところで義姉と義両親の間に何かあったのかもしれません。
    それに兄夫婦は自分たちができる事とできない事を分けているだけかもしれませんよ。義両親や兄夫婦があなたに言わないだけかもしれません。
    義両親が兄嫁についてあなたにいう事が本当の事かどうかも見極めないといけません。長男次男夫婦それぞれにうまい事を言う姑もいますから(kureaさんの舅姑がそうだとは言っていません)。
    このように視点を変えるだけでまた人の見方も変わってくると思います。

    義両親に頼まれたら「都合を確認して電話するね」と伝え、その日は無理だなと思ったら兄夫婦に連絡する。
    「この前は私が連れて行ったので、今度はお義姉さんお願いしますね」「この日はどうしても都合がつかないのでお義兄さんして下さい」とkureaさんが直接兄夫婦に言うだけでも違うと思います。
    そして義両親に「その日私は無理なのでお義姉さん(お義兄さん)に頼んでおきました」と連絡を入れておく。後は出かける出かけないは義両親と長男夫婦の間で解決すればいい。
    もし、兄夫婦がどうしても無理だというなら、いつだったらいいのか確認を取りましょう。
    また義両親への断り方ですが、確認したけれどその日は無理だったと伝え、理由を聞かれたら「ちょっと用事が…」と口を濁す。次回も同じことを聞かれたら素直に気持ちを言えばいいのでは?
    また、最初から断ることも必要かと。
    義両親に断る時、こちらは悪くないのだから「ごめんね」を連発しない。これ使いすぎると相手が感情的優位に立って後でややこしくなりますw
    頼んでいる立場なのに、謝られることによって「こんなことを頼んで申し訳ない」という気持ちが減っていき「断られた」という腹立ちや悔しさが多く残るらしいです。

    以上、長々とすみません。

  8. みち より:

    お断りする勇気が必要だと思います。

    毎日がお休みの義両親様にしてみれば、
    「一週間の一日くらい、それほど苦じゃないだろう」
    「子供だっていないんだし」
    「兄嫁には頼みにくいし・・・」
    という気持ちなんだと思います。
    多分深く考えてないですし、それほど困ってると思ってないでしょう。
    かおちゃんさんが書かれたことに深く納得しましたが、

    >「気を遣う事を知らなくて気が利かない」のは
    義両親もそうではないですか。

    まさにこれだと思います。
    タクシー運転手は気を使うからなんて、ちゃんちゃらおかしい。
    そこに気を使うなら、身内にこそ気を使ってほしい、が本音ですよね。笑

    そして、そういう人に「察してくれ」とかっていうのは、
    無駄な労力だと思います。
    「こちらは毎日仕事をしていて、週末にはたまった家事も、買い物もある」
    「仕事と送り迎えと・・・
    いろんなことで夫婦がギスギスして、仲良く暮らせなくなってきてるんだ」
    正当な理由ですよね。
    ご自分が言えないなら、ご主人から言ってもらうでも。
    二番目を言ってもわからないような義両親様ではないと信じたいですね。

    その上で、「月○回まで」とか、夫婦でルールを決めていいと思いますよ。
    越えるなら、ご主人からお兄さん側に連絡してもらって
    そちらで調整してもらう。
    兄弟なんですから。

    もしくは、片道だけバスで行ってもらっては?
    片道だけならずっと同伴している必要もないし、
    時間的な拘束も減るのかなと思います。

  9. でん より:

    それは大変ですね。上の方が書かれていましたが、私も回数を決めてしまうのがいいかなと思いました。

    いつジョーカーを切られるか分からないのもドキドキするので(笑 「来月はいついつならいいよ、用事があったら考えといて」とこっちから伝えてしまう。それ以外は「無理」で押し通す。何してるんだ、と聞かれても「僕らもいろいろ忙しい」で十分です。具体的に理由を説明すればするほど「だったらこうすればいい」って食い下がられて面倒なことになりますし。

    回数的には、月に1~2回(2か月に3回程度)くらいで十分では? だって祝日出勤、土曜も隔週出勤ってことは2日連続で休めるのは月2回ですよね? 貴重な連休をつぶされ続けていたら、ほんと、体を壊しますよ。

    もちろん、健康の理由などで急を要する時は別として。

    ご主人から「このままじゃ自分たちが体を壊す、今後はこちらから都合のいい日をあらかじめ伝えるから用事があったら考えておいてほしい」とはっきり言ってもらうのがいいんじゃないかと思います。

    結果としてタクシーを頼むのか義兄夫婦を頼るのかは、義父母さんの判断ですね。

  10. ふう より:

    「kureaさん夫婦ばかりに負担がきてるのは、姑が甘えすぎてる上に、長男夫婦には頼みにくいからとkureaさん夫婦にばかり頼むからですよね。これって長男嫁のせいではなく、姑のせいでしょう?

    kureaさんのイライラは、本来、姑に向けるべきもの。それを長男嫁にぶつけてる。姑に怒りをぶつけると自分が困るから、長男嫁に八つ当たりしてるように見えます。

    長男夫婦が気を利かせて「私が平日に…」と申し出るべき、と考えてるんですよね?姑とkureaさんのために。

    でもその前に姑が自重したり長男夫婦に頼んだりすべきだし、kureaさん夫婦も適度に断るべきだと思います。

  11. もも より:

    「長男の嫁」で「専業主婦」は余計かな。笑
    嫁だろうが主婦だろうが、いるのですよ。
    馬があわないひとって。
    そしているのですよ。おかしな人って。
    義母さんは義父さんが倒れて、心ぼそいんだとおもうんです。
    そしてすでにコメントしている方がいるけど、
    あなたたちは愛されているんだとおもいます。
    心ぼそいときにそばにいてほしい人たちなんですね。
    嫌いな人とはいっしょにいたくないですよね。
    きっとね、ストレスなのは「頻度」と「行く先はあちらが決める」
    からなんだとおもいます。
    隔週だったら気持ちよく送迎できるんですか?
    そして自分たちが行きたいところだったらいっしょでも
    いいのかな。あちらが決める行き先には月1行って、
    あと一回はあなたたち夫婦からさそってみればどうでしょ?
    このラーメン屋、とかあそこの温泉とか。
    義母さんがそれはいや、自分の行きたいところへ行けというなら
    負担になっているということを
    伝えないといけないですね。
    義母さんはあなたたちをタクシーにつかっているのではなく、
    さみしいんですよ。

    情けは人のためならず。
    お年寄りにいいことすると
    きっといいことが返ってきますよ!^^
    約束します。

  12. BB より:

    おかあさん、お出かけは月に一回にして下さいませんか?私も片づけないといけない用事がありますので月一回なら行けます。そして行き先の近くのスーパーか大型ショッピングセンターで買い物しながらお待ちしていますからと言ってはいかがでしょうか?兄嫁さんに頼むのもお母さんは嫌なのでしょうから
    月一回だけは協力してあげて下さい。お母さんも気兼ねしながらいってられると思います。携帯に電話がかかったらすぐお迎えに行きますと言ってあげたら
    どうかしら?兄嫁や兄(義兄)を動かすのはなかなか大変です。そうしてお母さんに協力してあげて下さい。私はそのお母さんの立場です。

  13. アラザン より:

    お義姉さんは、「気が利かない」んじゃなくて、「気を利かせることをやめた」んじゃないかしら。
    この義母の言うことをはいはい聞いてたら、人の生活にどこまでも踏み込んでくるということに気付いて。
    相談者様は義母さんに感情をうまくコントロールされて、不満の向けどころがお義姉さんになっちゃってるけど、皆さんおっしゃってるようにそれはお門違いですから。
    お義姉さんを見習って、「気を利かせることをやめる」だけでぐっと楽になるかと。

  14. にゃんこ より:

    失礼ですが、問題の本質をはき違えていると思います。
    問題なのは、義両親さんとkureaさんご夫婦の関係であって、義両親さんと義兄ご夫婦の関係では無いと思います。

    私はkureaさんと義姉さんの両方を足して二で割った感じの境遇です。
    私は長男の嫁でフルタイム共働き、かつ去年まで同居。主人と姑が揉めたため別居。
    次男嫁はパート主婦で別居です。
    両方とも子供はおらず、姑の家から車で1時間程度のところに住んでいます。
    基本的に義母の用は長男の嫁だからと言う理由で私が頼まれますが、出来ないこと、やる必要がないと私が判断したことはきっぱり断ります。
    姑は庭の草引きに始まり、いろいろ用事を言いつけてくるので、9割断る感じです。
    私は、次男嫁に「あなたはパート主婦なんだからやりなさい」とは思わないし言わないです。
    私が断ったとき、もしも次男嫁に姑が頼んだとしても、次男嫁がやっても良いと思うことはやると思うけど、「長男嫁がやりなさい」とは言わないし思っていないと思います。
    自衛手段として次男嫁とはできるだけ姑に関する情報は共有しています。
    kureaさんが断らないことが問題だと思いますよ。
    勇気を持って断りましょう。バスに乗れば良いのに、頼む方が悪いんです。

  15. タマ子さん より:

    こんにちは。
    読んでいるだけでしんどくなりました、、

    私は一人っ子長男の嫁なので、基本自分達に来るのが大前提なので、逆に気楽に断っています。

    みなさん書かれているかも知れませんが、義姉さんのことは置いておいたほうが精神的にはいいと思います。

    問題は、義姉さん夫婦に頼まず、すべてスレ主さんたちに甘える義母さんですよね。

    わたしだったら、平日働いていて、休日はどうしてもやる事が溜まっているので、しばらくは厳しいです。お義兄さんご夫婦にお願いできませんか?と、一度心を(自分に対して)鬼にして言います。

    しんどいと思いますが、言わないと伝わらないですよ。
    義姉さんとの確執は、スレ主さんの問題ではないので、そこはさらっと無視して、たまにはあっちにも頼めば?と伝えるべきだと思います。

    ほんと、言わないと良い様にしか解釈されませんよ!
    たまにだし、良いだろうと思われている可能性大です。。

    わたしも最初は遠慮してやんわり義両親に伝えたりしていましたが、増長するだけだと学び、嫌われる覚悟で言いたいことは言っています。がんばれーー

  16. たまひろい より:

    私は長男の嫁で義母は同じ敷地内に
    住んでいます
    義妹も平日はよく来て買い物・ランチを
    義母としていきます
    私はフルタイムなので 隙間の時間をねらって
    義母のアッシーにさせられます
    出社前に病院へ送るとか
    何度も手術をしているので 先生の事前の話や
    手術中の待ちは有給をとります。
    義妹は協力してくれません
    義母も「あの子は子供の世話をしなくてはいけない」
    って専業主婦ですよ。子供ももう中学~高校ですよ。
    本当に頭に来ます。
    口先だけで全然感謝の気持ちがありません。
    でも出たがりの義母は
    電動カートを介護保険で借りたり
    タクシーもワンメーターでも利用します
    (今は病院にもタクシー会社直通の電話があります)
    タクシーは商売ですから なにを遠慮しているのでしょう?
    チケットを購入したらどうでしょうか
    私は出張もあるので
    曖昧に請け負うことはできないし
    土日も「午前中は用事があって 夕方も出かけるので!」
    とはっきり言います。
    義母さまも年寄り特有の性格だと思います
    お世話をしないと勝手なことを言うこともあると思います
    義母様が義姉さまに頼めばいいんですよ
    他人(近所の人)とかよく見ていますよ
    絶対 kureaさまの味方ですから
    大丈夫ですよ!

  17. さに より:

    タクシーやバスがあるんだから断っても大丈夫だと思います。お休みの日は自分にも都合があるんで( ´ ▽ ` )…と言っていいんですよ。義姉さんは義姉さんで、自分のペースを守っているだけです。最後まで責任持てないことは最初からしないタイプの人もいますし。kureaさんはちょっと羨ましかったのかなと感じました。断るのも勇気が要ると思いますが、親切な気持ちで接せないレベルまでお疲れなんですから、もうちょっと距離を取りたいとご主人に相談なさってみて下さい。

  18. みっち より:

    ずばり,こっから先の頼みごとを全て断る!
    これに尽きるでしょう。命がかかるような頼みごと以外の一切を。
    電話はまず留守電に。親の電話は特に出ないように気を付ける。
    親の電話は実子である旦那がとる。

    親には「まず兄貴に頼め。兄貴を立てるのが次男の俺の立場ってもんだ。前回大げんかになって,兄と仲良くしたいのにこんなことで喧嘩になるなんて迷惑だ」「忙しいから今週は無理。兄貴に頼め」
    兄ないしは兄嫁からどうにかしろと言われたら「前回のことで無駄な兄弟喧嘩はしたくないし,俺は当面仕事が忙しいから無理だ。」

    これを壊れたレコードのように呪文を唱えてもらって撃退すればいいんじゃないでしょうか。
    命がかかってることならちゃんとやることやれば,もう充分役目を果たしてると思います。
    私なら図太いので,兄嫁が義母に嫌われたようなことをしでかしてやりますが。「こいつと出かけてもつまらないしメリットなし」と思われれば使われたくなくなるわけですから…

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 − = 4