妊娠を望むタイミングが、旦那とは違い…

みみさんのご相談

子作りのことで悩んでいます。
結婚2年目、旦那私とも20代後半の夫婦です。
私自身はもう年齢的なことと結婚2年目ということで子どもがそろそろ欲しいなと思っていました。
しかし、旦那は「子どもはもちろん欲しい。けど、そんなに急ぐことはないんじゃないか?自分の勤める会社には30後半になってから産んでる人なんて普通にいる。(タイミングは計らずに)子作りも月1-2回で十分だ。」と言って折れません。
正直、自分自身がちゃんと産める体なのかも分かりませんし(検査はしてません)、タイミングを計らないで月1-2回の仲良しで子どもができる確率なんて低すぎるし、30後半になっていざ!なんて不安すぎるのです。
無理矢理タイミングを計るのは男性も嫌だろうにと思い、一度タイミングとかあるんだよということを話したら、「お前のタイミングなんて知らないし、計って子作りしなきゃいけないんだ!子どもは授かりものだろ?」と言われ却下されました。
私の言い方とか方法が悪かったのだとは思うのですが、この状況をどう打破すればいいのか分かりません。
周りの友人や両親からのプレッシャーもあり余計に悩むばかりです。どうすればよろしいでしょうか?

※旦那は私の生理が来ないと「子ども出来たんじゃないの♪?」と楽しそうに聞いてくるので基本的には子は望んでいるとは思うのですが…(これも私のプレッシャーの一つです;;;)


悩めるみみさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦, 妊娠


妊娠を望むタイミングが、旦那とは違い… への34件のコメント

  1. よう より:

    こんにちは。
    すみません、ご相談内容と関係ないのですが「月1-2回の仲良し」という表現イイですね。ほのぼのしてしまいました。

    >30後半になっていざ!なんて不安すぎるのです。
    わかります。私は30代後半のいま不妊治療を頑張っている者ですから。
    20代で妊娠できるチャンスがあるのなら是非とも頑張っていただきたいです。

    >月1-2回の仲良しで子どもができる確率なんて低すぎるし、
    これは一概には言えません。回数の問題ではナイというか…。
    ウチの旦那さんの友人夫婦は2回の営みで、見事2人授かっています。
    かと思えば、4〜5年不妊治療をしている私の友人夫婦はいまだに授かっていません。
    他人と比べても意味はナイし、頑張ってもできないこともあるし、望んでいなくてもできてしまうこともありますよね。

    >自分自身がちゃんと産める体なのかも分かりませんし(検査はしてません)
    まず検査に行かれてはいかがでしょう。
    旦那さんもご一緒に。
    おそらく旦那さんは嫌がりますよね。
    下記のような言葉(お前のタイミング…って)が出るようなタイプですから…。
    でも、いざ子作りとなって「妊娠しないね?」となったとき妻側の責任とは限らないんですよ。
    旦那さんの検査もきちんとすることをオススメします。

    >「お前のタイミングなんて知らないし、計って子作りしなきゃいけないんだ!子どもは授かりものだろ?」
    旦那さんのこの言葉は暴言ですね。確かに授かりものですけど、だったらなぜ30代後半にこだわるのか?いま授かったら授かったでいいじゃないですか。
    矛盾しています。
    それとタイミング法というのが何なのかわかっているのでしょうか。
    全体的に『妊娠は妻側の行動とか責任」と思っていらっしゃるのでは?妊娠は夫婦の共同作業ですよ。
    ウチの旦那さんは私の排卵日をカレンダーにチェックしてます(^^;
    そしてその日は早めに帰宅して誘ってきたりします。子作りに前向きでありがたいです。

    >周りの友人や両親からのプレッシャーもあり
    これは完全シャットアウト!無視しましょう。ご両親は、百歩譲って言いたくなる気持ちはまだわかるけれど、友達からって…。
    「子供まだ〜?」とか言われるんでしょうか。そんな友達わたしだったらいらないです。
    しつこく言うのであれば「頑張ってるけど出来ないんだよ?私なりに苦しいし焦ってるんだけど。そんなプレッシャーかけるのはやめて。」と言ってみたらいかがでしょう。常識のある人、本当の友人なら「あぁ悪いことをしてしまった」と気付くはずですが。

    話が逸れますが…
    「子供が産まれたら旦那は使えないバイトだと思え」というのをどこかで聞きました(笑
    それくらい、なーーーんにも分かっていないということらしいです。
    手取り足取り、優しく、根気よく、教え込まなくてはダメなんでしょうね。

    焦らず夫婦で理解を深めて、がんばってくださいね。

    • みみ より:

      よう様

      アドバイス、励ましありがとうございます。
      回数が多いと子どもができるというわけではないこと、他人と比べてもしょうがないということ…確かにそうですよね。私自身も少し周りを気にし過ぎている部分もあるので気をつけたいと思います。
      検査については私は今後行こうとは思っているのですが、主人に検査へ行ってもらうにはかなり難しいと思います…というのも、もし自然に子どもができない体であればもう2人で一生過ごせばいい、不妊治療はしないという考えなので検査をしたところで…ということなのです。自分自身はどうしても子どもが欲しいという考えなので、結婚時にちゃんと話合わなかった私もダメだなと今反省しています。ようさんの旦那様、排卵日をチェックされて誘ってくれるなんてとても羨ましいです♪
      友人にはこの現状は詳しく話していませんが「自然にできたらとか(年齢も年齢なのに)余裕だね〜」とか「早くしたほうがいいよ!もうすぐ30だよ?!」ということを言われたりします。心配してくれる人もいると思うのですが、たまにグサッとくることも…(笑)でもピシャという事も必要ですね!
      なんにも分かってない…まだ子はいませんがなんとなく分かります(笑)あまり周りばかり見ず主人と2人で理解し合いながら頑張りたいと思います。

  2. ハル より:

    30代後半、4歳の子供がいます。
    中々2人目が出来ず、ようやく妊娠したかと思えば初期流産…と、妊娠は思うようにはいかないとつくづく感じています。

    旦那様は、初産で高齢出産だとどのくらい危険が高くなるか、詳しい情報や正しい知識をきちんとお持ちでないのでは?

    染色体異常の確率が高くなる事や、母体の体力も20代後半と30代後半とでは違うし、高齢になる程、流産の確率は高くなります。

    子供が成人する前に夫が定年となった場合には、経済的な問題も出てきます。

    もちろん、タイミングを計ったり不妊治療をしても中々妊娠出来なくて、やっと妊娠した時には高齢出産と言われる年齢、という場合には、そういった事情を最初から理解した上で出産されていると思いますが、旦那様はそういった将来的な事を考えているようには思えません。

    子供は授かり物というのは間違ってないと思いますが、旦那様の考えは、単なる行き当たりばったりという風に感じます。

    高齢出産の危険性や、経済的事情や身体的事情は人それぞれ違うという事もきちんと理解しているのか、再度じっくり話し合われたほうが良いのではないでしょうか?

    • みみ より:

      ハル 様

      アドバイスありがとうございます。
      そうですね、高齢出産のことや20代で産むこと、30代で産むことの違いなどよく分かっていないと思います。また、子どもはそう簡単にできるものではないということもです。ですので、何度か私が調べたことなど話をしたことはあるのですが、ちゃんと理解してもらえたのか不安になるくらい「はいはい」という感じで終わりです。そうなったのは、もしかしたら私が何度か子どものことについて話すことにもうウンザリしているのかもしれないのですが…(そういう風になってしまったこと反省しております)。もう少しちゃんと私自身も妊娠、出産のことについて理解を深め、再度主人と話し合える場を作れたらと思います。

      • ハル より:

        返信ありがとうございます。

        旦那様の周囲で、実際に不妊で悩んでおられたり、流産の経験があるといったお話を聞いた事がない為に、みみさんのお話を聞いても、あまりリアルに感じられないのかもしれないですね。
        ましてや同僚の方は30代後半で出産されているとのことで、自分達も大丈夫という根拠のない自信があるのではないでしょうか。

        ただその同僚の方だって、もしかすると不妊治療をしていたり、過去に流産の経験があるかもしれないのに、そこをわざわざ公にする人はあまりいないので、本当のところを知らないだけという事もありますよね。

        あまりしつこくするとまたウンザリされる…と不安になる気持ちはとても分かりますが、「避妊をせずに1年たっても子供ができなければ不妊症」と一般的には定義されているという事実を、本当に子供が欲しいのであれば旦那様にきちんと受け入れて頂かないことには前に進まないですね。

        まだ焦る必要はないかと思いますが、テレビや雑誌で不妊や高齢出産の特集があったりしたら、それとなく一緒に見てみたりして、旦那様に少しずつでも意識を変えて頂きたいところですね。

        • みみ より:

          ハル様

          アドバイスありがとうございます。
          そうですね、主人の親しい知人の中にはまだ結婚していない方が多いのと不妊、流産経験を聞いたことがないという部分が大きいと思います(同僚の方に関しても、話をしてないだけで不妊治療されている方ももしかしたらいるのかも…ということも確かにあり得る話ですよね)。逆に私は女性だからということもありますが周りは結婚、出産を経験した方や不妊、流産を経験した方がいるため話を聞く機会が多いため、主人とはお互い理解が出来ずにいるのかもしれません。

          正直月1-2回の頻度でタイミングは計らずなので不妊かは判断しづらいのですが、半年程月日は経っているので心配なところはあるため、他の方のアドバイスでもありましたが一度検査には私だけでも行こうと思っています。主人はそれですぐ変わるとは思えないですが、その結果を見て少し話すきっかけにでもなればなと思いました。
          ハルさんのおっしゃる通り、少し意識を変えて互いに理解し合えるように努力していきたいと思います。

  3. 今回は匿名で… より:

    こんにちは。
    えーとちょっとリアルな話ですが
    排卵日が近づくとおりものが増えたり、普段よりも性欲…とまでいかなくとも、ご主人とスキンシップを取りたくなったり、しませんか? そういう、子供の出来やすい時期に子作りがしたくなるという自然の仕組みに、身を任せてみるのはどうですか。
    我が家は排卵日のある週に4-5回、他の週はほとんどナシというペースで、半年経たずに2人とも授かりましたよ。ちなみに、20代後半〜30代前半でした。
    主人には、排卵日や体温の高低などは特に伝えませんでしたが、月に一度生理も、したくなる周期もめぐってくる…くらいに思っていたみたいです。
    男性のほうがロマンチックだっていいますよね。今日!と指定されるとプレッシャーになってしまう、とか。
    ストレスも大敵らしいので、ゆったり構えて、ご主人と恋人同士のままの新婚生活楽しんでください♪

    • みみ より:

      今回は匿名で…様

      アドバイス、励ましありがとうございます。
      書いてなかったのですが、排卵日近くになるとスキンシップを取りたくなることは私自身あるのですが、逆にその時主人には全くないことが多く困っていています;;;主人は意図していないようなのですが、私の生理直前直後にスキンシップを取りたくなるようでその周期がずっとまわっている感じです。そうなると本人が言っている月1-2回は生理直前直後でだいたい終了し、排卵日周辺に誘ってみても仲良くできるのはかなり低い確率で…;;;;。匿名様が書かれているような環境がとても羨ましいです。半年経たずにお子さん授かれたなんてとても。確かに子作りがしたくなるよう、気長に自然に身を任せることしかないのかなと薄々感じています。自分自身があまりこのことで気を揉んでストレスを溜めるよりは、今の生活を楽しむことを前向きに考えてみます。

  4. まつ より:

    旦那さんがどう考えているのかが相談文からは良く分からなかったので、的外れなコメントになっていたらすみません。

    まず、20代後半ということで、今から凄く焦る必要はないという感じはします。一方で、30代後半で焦るのはリスクが大き過ぎるというみみさんの考えもごもっともです。

    結婚2年目、20代ということで、もしかすると旦那さんは2人でまだ仲良く暮らしたいと思っている時期なのかなって感じました。
    子供が欲しくないわけではなくて、エッチの目的が子供だけになってしまうのは淋しいのではないでしょうか。子作り目的となった瞬間にプレッシャーを感じてしまう男性もいると聞きます。そういう意味で、自然な流れで仲良しした時に妊娠出来たらベストだね、という感じなのかなぁ、と思いました。

    繰り返しになりますが、20代は目の色変えて妊娠を焦る程の年齢ではないと思いますので、旦那さんと一緒にもうちょっとゆっくり進めてもいいのかな、と思いますよ。
    とは言え、月1、2回だとなかなか出来ないかもしれないので、子作りは一旦置いといても仲良くする回数は自然と増やしてもいいかもしれないですね。

    • みみ より:

      まつ 様

      アドバイスありがとうございます。
      主人の子どもに対しての考えは子どもはほしい、タイミング法とかで指定された日に仲良しは嫌だ、もし子どもができない体ということであれば不妊治療はせずに2人で一生過ごしたいということで、本当に自然に妊娠することを望んでいるようです。
      確かに、主人が本当に無知ということもあったので私から妊娠に関しての話をしようものなら「プレッシャーをかけてくるな」という感じなので私がプレッシャーをかけてしまったのかもしれないと反省しており、今はそういった話より距離を縮めて互いの理解を深めることを優先したほうがいいのかなと感じております。とはいえ、やはりまつ様のおっしゃる通り月1-2回は私も少なすぎるかなと思いますし、回数を決めるのではなく自然とそういう流れになり徐々に回数を増やす努力をしていきたいと思っております。

  5. 匿名希望 より:

    ご主人もお子さんを望んでいるようでしたら、
    みみさんが排卵日検査薬で排卵日をコッソリ調べて、
    妊娠可能日にお誘いしてみてはいかがでしょう?
    その方が妊娠する可能性は上がるし、
    半年、1年、妊娠しなければ、検査薬のことを打ち明けて
    それこそちゃんと協力してもらうようにしてみては。

    >お前のタイミングなんて知らないし
    って言っても、卵子の寿命は1日ですからね〜。

    • みみ より:

      匿名希望 様

      アドバイスありがとうございます。
      排卵日検査薬という手もあるんですね!知らなかったので調べてみたいと思います。実は子どもがほしいとお互い思って月1-2回を半年経ってまだ…という感じです。といってもタイミングとらずのこの回数なので当たり前なのかなとも思っております。皆さまからのアドバイスで、言葉だけでなくそういった流れになるよう環境づくりとか互いの理解を深めるといったことを実践し誘ってみようかなと思います。

  6. つぐみ より:

    こんにちは。
    30代前半、2人の子どもがいます。
    私は、妊娠を目指して子作りしてから1年ほどしても妊娠しなかったため、不妊治療に通っていました。毎月排卵日をほぼ特定してもらってタイミングを測っていましたが半年しても妊娠せず、検査を受けても男性側も女性側も特に妊娠に障害があるような結果は出ず…という原因不明の不妊期間で辛かったのを覚えています。その後、段階を進めた不妊治療で子どもを授かることができ、運よく2人目も授かることができ今は幸せに暮らしています。

    みみさんのご主人の様子では不妊治療や検査なんて…という感じに受け取れますが、もしみみさんがすんなり妊娠できる身体なのかを調べたいという気持ちがあるなら(私の友達には片方の卵管が詰まっていて2ヶ月に1回しかチャンスがないという人もいます)、1人ででも相談に行ってみたらいいと思います。女性側の検査だけならできますし。あと、男性側に検査に行ってもらわなくても行為の次の日に体内の精子の数や運動量を見てくれるという検査もやりました。

    もちろん不妊治療にしても自然な妊娠を目指すにしても夫婦が合意して進めるのが一番だと思いますが、もし自分だけでも調べられることだけでも、という気持ちになられたときは参考にしてください。

    私も5年前は今の生活をとても想像できないくらい悩んでいましたが、今となっては懐かしく思います。みみさんの未来に幸せが待っていますように。

    • みみ より:

      つぐみ 様

      アドバイス、励ましありがとうございます。
      つぐみさんのお話聞いて最後に「今は幸せに暮らして…」という言葉になんだか嬉しいといいますかほんわかしました。
      主人は不妊治療はしない、子どもができない体であればもう一生2人で過ごしたいという考え方なので検査は確かに難しいのですが、皆様からのアドバイスをいただいて私だけでも行ってみようとさっそく調べています。その結果が良くても悪くても少し主人の意識を変えるきっかけや話すきっかけになればなとも思ったからです。私もつぐみさんのようにあと数年後、今が幸せですといえるように主人とよく話をして理解しあうことが自分に今出来ることとして努力していきたいと思います。

  7. ポルカ より:

    こんにちは。結婚2年目、34歳です。只今妊娠8週目です。

    焦る気持ちわかりますよ。ウチなんて夫が子供を持つことに対してかなりナーバスで、私もいい歳だし、ただでさえ以前婦人科検診で子供ができにくい体質といわれているのに11月頭くらいまで避妊してましたし…(汗)
    納得がいっていない自分のキャリアとか、本当にやりたい事が何かわからない焦りとか、そんなこんなを一人でこじらせてしまったようで、「あー、今無理矢理子供を持つ方向に進めようとしても、夫はつぶれちゃうかなぁ…。」なんて思ったので、私は焦る気持ちをどうにか追いやって、とりあえず本人が納得するまでとことん足掻かせようと腹を決め、プレッシャーを与えずに夫に寄り添うことにしました。

    ご主人、本当に30代後半まで子供は持ちたくないのではなく、今は子供を持つことに踏みきれない気持ちや、どこか納得がいっていないことがあるのではないでしょうか?
    ここで多分、女性のサイクルの事とかタイムリミットの事とか色々説明して協力を求めても意固地になってしまったりするのではないでしょうか?

    まずはご主人とがっつり話し合いをし、自分の事をわからせるのではなくて、プレッシャーのかからない日々のおしゃべりの中で、ご主人がいまどんな事を考えているのか、何が楽しくて何が辛いのか、相手に寄り添って相手の気持ちを一緒に感じてみたらいかがでしょう?
    相手に求めるより、相手を受け入れて不安や迷いと一緒に戦ってあげると、案外すんなり次のステップにいけるかもしれませんよ。

    あと、いきなりセックスの回数を増やしたり、タイミングに合わせようとするよりも、リラックスしながら笑顔でイチャイチャできるようになる方が良いんじゃないかなと思いますよ。
    大好きなパートナーと触れ合うのって本来楽しいことだし、月に二回ってよっぽど疲れているか、プレッシャーがあるかじゃないのかなぁ?と思いました。

    とにかく、20代後半なんてまだ若いです!チャンスはあるのだから焦り過ぎずリラックスして、笑顔でね!

    • みみ より:

      ポルカ 様

      アドバイス、励ましありがとうございます。
      冒頭のポルカ様が妊娠される前に感じていたこと、今私が感じていることと似ていてびっくりしてしまいました(笑)ただ私の場合は、プレッシャーを少し主人に与えてしまったということが今になっては反省点です。
      確かに主人は子どもだけでなく人生設計に対して石橋を”何度も何度も”叩いて渡るような人(その他の事に対してはスパッと決めてしまうんですが)で、特に子どもについてはお金のことや自分の仕事も絡めてかなり慎重的という節はありました。なので、私がいろいろ話をしたことで意固地になってしまった部分もあるかもしれません。
      ポルカ様のおっしゃる通りやはり子どものことだけでなく、互いの考えなど理解不足なところがあるので普段の会話の中で深めていく必要性があると感じました。また、回数も増やすこと考えるのではなくそういった流れになるような環境を作ったり、会話が必要なのかなとも思いました。
      自分の中にある焦りや悲しい気持ちを少しずつ払拭出来るよう笑顔で頑張りたいと思います。

  8. ママ より:

    失礼ですがアラサーはそんなに若いとは言えないですよね。
    そういった意味で、経験的には病院行って排卵日を正確に調べるだけでも意味がありますよ?
    タイミング大事です。そして病院選びも通いやすく自分にピンとくる又はわかり易い医師がいるところが良いと思います。
    一般的には2年子どもが出来なかったら不妊です。
    でもそれはいつも週に何回か仲良くしての不妊なので、月に1.2回じゃ不妊なのかタイミングが悪いのかわかりかねますよ。
    旦那さんはちょっと知識や興味がなさ過ぎるんじゃないでしょうか?かりに自然に妊娠してもダメな時もあります。そういうの理解した上で支える気や協力する気があるのか、、色々知ってから自然を選ぶならわかりますが、、。
    頑張って下さい。
    可愛い赤ちゃん授かるといいですね。 : 😮

    • みみ より:

      ママ様

      アドバイス、励ましありがとうございます。
      皆様からのアドバイスで検査は何度かお世話になっている病院に私だけでも行ってみようと今調べてみています^^ここ最近ストレスからか生理不順が悪化しているため(以前から2-3日遅れることはあったんですが、今回はそれ以上)、それを含めてお医者さんに一度話を聞いてこようと思います。
      ママ様のおっしゃる通り、月1-2回では不妊かどうかが判断しかねる部分があり、子作りしようと話して半年経ちますが自分自身でもどう判断すべきかと感じていたのでそういう部分も少し分かるキッカケになるかなと思っております。
      主人は、確かに私が言うまでは無知に近い状態で、前提として子どもはほしいけど、もし子ども出来ないということであれば不妊治療はせず一生2人で過ごしたいという本当に自然な妊娠を望んでいるようで…なので、こういったことを結婚前にちゃんと話し合えばどうしても子どもがほしいという私とすれ違うことはなかったのかもしれません。そこも反省点ではあります。
      まずは普段の会話から主人と理解を深められるように少しずつ距離を縮めることを実践していきたいと思います。

  9. こま より:

    旦那さんがおいくつなのかはわかりませんが、あまりにも無知で大人気ないのでびっくりしました。。。精神的にあまりにも幼い印象を受けました。ただ、質問者さんの言い方もどういった言い方をしたのかがわからないのでなんともいえませんが。。。

    ただ、こういった相手に対してはこちらが一枚上手でいかないと何事も進まないと思います。たとえば、妊娠についての知識を持たせるには、やさしく誰でも理解できるように(しかも、自分が相手にしっておいてもらいたい情報はきちんと書かれているものがいいですね。)書かれている本や雑誌を買ってきて、ポンと置いておく。などをすると勝手に読み始めるかと思います。あまり強要しないのがポイントです。(これは子どもに本を読ませたい時の策でもあります。この年齢ではこんな本を読むべきだと思う本を買ってきておいて置く。案外勝手に読み始めるものです。)授かりものというのは、「努力した上での」授かりものです。努力もなしに簡単に子どもは授からないのが昨今です。

    タイミングを取りたい場合、まず、自分の毎月の生理がどのくらいの周期できているのかきちんと日付を残しておく。また基礎体温を測り、グラフをつけていく。ネットで排卵日計算を使って図ってみる。そうやっているうちに大体のタイミングがわかるはずですが、それと一緒に婦人科でタイミングを取りたいことを言うと検査をしてくれ、「いついつが排卵日なので、いついつにタイミングを計ってください」(一番妊娠しやすいのは排卵日直前です。)とも言ってくれるので、そのときに一回がんばるつもりでもいいかも(まだ若いので)しかも、勉強前の旦那さんにはタイミングを計っていることは告げないのがよいと思います。タイミングの日は自分からいろいろと用意して誘うこと。相手が嫌がったら無理にはしない。これも大事かと思います。(平日だと疲れているので夜遅くはいやがることも多いと思います。なので、夕飯を早く食べ、早めにテレビは消して、お部屋とかを整えたりして、相手がその気になるようにします。)

    婦人科検診をして、妊娠希望なことを伝えて、自分がきちんと子どもができる体なのかを調べてもらうこともおすすめします。(そのときに数ヶ月分の基礎体温も必要になる場合がありますので、ある程度調べてからいくといいと思います。ただ、先生によってはあまり見ない人もいますけどね。)

    最近、ものすごく不妊な人も多いので、検査だけはしっかりやっておいたほうがいいかと思います。タイミングを計ってやって2年くらいしても出来なかったら不妊外来へいくこともお勧めします。そこまでには旦那さんの教育も出来ているといいのですが、自分が不妊の原因だったらどうしようとか心配する男性陣が多くて、ここのところで躓く人も多いのが現実です。それまでには少しでも精神的に成長してくれるといいですね。

    • みみ より:

      こま 様

      アドバイス、叱咤激励ありがとうございます。
      強要せず無理させず自然と情報を得たりそういった流れになるよう用意してみるなど具体的におっしゃっていただき、勉強になります。
      タイミングのために、基礎体温をつけたりネットでの排卵日計算を使ってみるなどは最近やり始めてみました。ただストレスからかここ数ヶ月ですが生理不順が悪化してしまったため今はそれを直すことに集中しています^^生理不順だと排卵日も分からなくなるため良い意味でもうどのタイミングなんて分からないからどうにでもなれ!(笑)とポジティブに考えています(と言っても、ちゃんと直すことが一番優先事項です)。そういった不順の部分や自分は妊娠できるのかといった部分で皆様からのアドバイスにより検査も行こうと調べてみます。
      まずは、自分から知識を得て行動しそのことを主人と共有できるように普段からの会話で距離を縮めていけるよう努力していきたいと思います。

      • こま より:

        私たちも今がんばっている最中なので、ついつい旦那さんの幼さに私も腹が立ってしまいました。(==;気を悪くしたらごめんなさいね・・・。

        ところで、私たちはいろいろ検査した結果、何も異常がないのに妊娠しない状態です。なので、次は体質改善しようかなと思って、毎日の食生活を変えてみたり(根菜をよく取る、ルイボスティを飲む、飲み物は常に温かいものにする。などなど)、漢方薬での体質改善、いつ妊娠してもいいように妊活用のサプリを飲む、ミトコンドリアの活性と血流改善、体温を上げるために運動をしたり等です。

        私は不自然な状態での妊娠は望まないので、これでだめだったらもうあきらめる方向で。とは夫と話しています。もちろん、体外受精等をしてでも子どもがほしい!といった人達もいて、そこはそれぞれのカップルの話し合い次第です。(ただ、私達もこの考えのままかどうかは今後変わるかもしれませんしね。)旦那さんとはこういったことまで話せるようになるといいですね・・。

  10. 華依 より:

    実際的な話、子供を大学に行かせ定年を60才と仮定すると、
    38歳で出産すると子どもが22歳の時に60歳。
    もしも浪人したら、大学院へ行きたいと言ったら?
    大学へ進学させるのは大変なお金が必要です。
    事前に学資保険を準備するのは勿論ですが、仕送りなどをしていたら親は貯蓄どころではありません。
    有り金を吐き出しながら子供を進学させる。
    そして結婚する時期になればある程度の援助もしたいと思う。
    子育てって、お金がかかりますよ。
    収入がある間に子育てを終えると言うのも選択肢の一つと思います。
    その辺りのライフプランをご主人さんはどのように考えてらっしゃるんでしょう。
    うちは夫が30過ぎの結婚だったので、一年でも一月でも早く、と望み、紆余曲折ありつつも夫婦の希望通り3人の子供を設けました。
    はた目には順調な家族計画かもしれませんが、妊娠出産の大変さは身に染みてます。
    そして何より、3人目の子供の進路を考えると心もとない所が多いです。
    一番勉強熱心な子なので、6年の大学課程の後にも希望通り院へ進ませたい。
    かと言って、子供に大きな奨学金は負担させたくないと夫婦で奮闘してます。
    他の方も書いていらっしゃるので割愛しますが、30代後半の妊娠率は…そんなに楽観視できるとも思えないんですけどね。

    • みみ より:

      華依 様

      アドバイスありがとうございます。
      華依様の言う通り、お金や体力のことを考えると20代現在産めるチャンスがあるのに高齢出産を選択することについては良い選択だとは私自身も思えません(結婚時期などもあるためこれは人それぞれにはなりますが)。ただ、主人の子育てとお金の考え方についてはその子育てにかかるお金ほぼほぼを今貯蓄しておきたいと考えている部分もあり、今現在その額には達してないため自然に妊娠したのであればこのお金に関することは無視して喜ぶが、無理にタイミングを合わせてまで作りたくない(強制みたいな所も嫌だという理由もあるようです)ということもあるようなのです。ただ、その額に達するにはまだまだなので必然的に30代半ば〜後半になってしまいそうですが…お子様が3人いらっしゃる華依様の妊娠出産の大変さ私の想像以上ですよね。
      主人にはもう少し妊娠出産が簡単ではないことや理解を深めてもらうために私自身も検査にいき一緒に考え話し合う時間をとっていきたいと思います。

  11. ありあ より:

    結婚3年目に不妊治療を受けたことがあります。
    結婚が遅め(29)だったこともあり、まず検査を受けて、できないのであれば、それなりの人生設計というか、覚悟が必要だと思ったからです。
    検査の結果は問題はなく、医師から「やってみますか?」と聞かれ、自然に不妊治療を始めました。しかし結局妊娠はせず、転居をきっかけに治療をやめました。今月もダメだった…と、何となくもやもやとした数ヶ月でした。
    幸いその2年後に子供に恵まれました。

    狙っても妊娠するとは限らず、また妊娠しないことが、考えた以上の結構なストレスになるかもしれません。また私が治療中には妊娠しなかったのは、どこか不自然さが影響したのかもしれません。
    協力的でない旦那さんに、妊娠しないことを、それみたことかと言われたりしたら、今後のお二人の関係にも影響しそうです。

    何かネガティブになってしまいましたが、
    他の方も書かれているように、今後のライフプランも考えて、検査だけても受けてみてはどうでしょうか。うちの旦那もいろいろ抵抗はあったようですが、めったにできない経験だし、ちょっとやってみようかな?話のタネに!みたいにとらえていたフシもあります。医師の話では、検査で刺激を受けて妊娠する人もいるそうです。
    旦那さまとも冷静に話し合えるといいですね。アテにはならなくても、協力は必要です。
    医師から話を聞く機会があれば、旦那さんの考えも変わるかもしれません。旦那たちは、ヨメさんには大口叩くけど、結構権威には弱い、かも。

    • みみ より:

      ありあ 様

      アドバイスありがとうございます。
      ありあ様の経験談、とても考えさせられました。確かに私自身、妊娠しないことに落ち込み考えた以上のストレスになっているのかもしれません(数ヶ月前から生理不順が悪化してまして元に戻るよう試行錯誤しています)。やはりあまりにそれを考え過ぎてはダメなのかもしれませんね。
      皆様からいただいたアドバイスを元に私だけでも検査を受けてみようと調べてみています。主人を病院にというのはかなり難しいことなので(子どもはほしいというのは前提で、ただ子どもができないということであれば無理して不妊治療などはせず一生2人で生きていきたいと希望しているため検査自体拒否する可能性があります)、主人がいかなくとも自分の結果やお医者さんに相談したことを元に2人で改めて子どものことについて冷静に話し合うキッカケになればいいかなと思っております。

      • ありあ より:

        返信ありがとうございます。
        ぜひ子供を!というわけでもなかった私ですら、妊娠できないことがつらかった。煮詰まってくると、資格がないと言われているような気さえしました。
        どうぞ自分を追い詰めないでくださいね。

  12. みっち より:

    また今どき珍しく古風な(?)旦那さんですね~
    まずは毎日の基礎体温を測ったり検査薬使って、ここぞというタイミングで甘えて事に持ちこみ(?)トライ→出来るのを待つ。
    タイミング合わないかなと思ったら、とりあえず産婦人科に相談者様だけで相談→検査→自分は大丈夫となったら旦那さんに一緒に産婦人科に来てもらって「医者の」説明を聞いてもらう。
    今どき仕組みも知らないなんてとも思いますが,案外やればできる危険があるから避妊をしっかりと学校等で教わってても,出来るために,というのは教わらないのかもしれませんね。「医者に」説明されたらさすがに目が覚めるでしょうし,とりあえずそこに行く前に相談者様が手のひらで転がす感じでタイミングをはかってみてはどうでしょうか。

    • みみ より:

      みっち 様

      アドバイスありがとうございます。
      確かに古風なというか頑固親父みたいな人ですよね(笑)
      まずは皆様からいただいたアドバイスを元に、私だけでも検査に行ってみてお医者さんに相談するなどしてみたいと思っています。また、基礎体温や排卵日予測などは少し前からやってみてまして検査の結果とともに今後活用していきたいと思っております。主人自体を病院に連れて行くということはかなり難しいこと(自然妊娠を希望しており、子どもができにくいということだったら不妊治療などはせず2人で生きていきたいという考えのため)なので、この検査結果を主人と話せるキッカケにし2人で改めて子どもについて話し合えたらいいなとも思っております。私が主人を手のひらで転がすではないですが(笑)、自然とそういった流れになるように環境や話を増やすことをやってみたいと思います。

  13. いこ より:

    こんにちは。結婚3年目、妊娠7週目の者です。
    私事になりますが、何か参考になればと思いコメントさせて頂きます。

    結婚後初めの2年間は、私もみみさんの旦那様の考えに近いものを持っており、基礎体温はつけるものの、タイミングは自分の旦那のしたい日のみ、ということで確率も低かったと思います。
    2年出来ず、やっぱり病院に不妊治療に通うか迷っていた所、排卵検査薬のことを知り、だいたいの自分の排卵パターンがわかるようになりました。
    が、旦那のしたい日それがズレたりするものなんですよね…。頑張って誘ったりもしましたが断られうまくいかない時もあり、うまくタイミング合っても妊娠に至らず落ち込んだり…。
    ただ、そうこうしながら生理が終わった直後で排卵するわけないと思いつつも旦那の気分に合わせて仲良しをする→3日後排卵(いつもより早い)→妊娠。とこの度なったので、排卵日もズレることはあるし、精子も長生きすることもあるということを実感しました。
    あとは最近毎晩お風呂に浸かって体温を上げていたのも良かったと思います。

    色々個人的なことを書きましたが、基礎体温をとりあえず1ヶ月分持って病院に相談に行かれるのも良いと思います。旦那様の検査は男のプライドにも関わってくる気もするので難しいとは思いますが、それも含めて病院の先生に相談してみては。
    応援しています!

    • みみ より:

      いこ 様

      アドバイス、励ましありがとうございます。
      いこ様も以前は私の主人と近い考えをお持ちでいらっしゃったということとその後は今の私に似ている感じがしまして勝手に親近感が湧いていました。
      やはり主人の仲良くしたい日と自分の体のタイミングが合わないことは珍しいことではないんですね。私も頑張って誘っても「疲れてるから」と断られたりタイミングが合ってもできなかったりの日々です…。やはり排卵日のズレなどで妊娠に至る場合もあるのですね。実体験を聞くととても現実味が増すというかタメになります。
      とりあえず、皆様からいただいたアドバイスをもとに病院へ行って検査をしてみたいと思います。いこ様がおっしゃるとおり主人を検査というのはなかなか難しいと思いますのでそれも含めて病院に相談しに行こうかと思います。
      応援していただき心強いです、ありがとうございます。

  14. マミー より:

    男性はプレッシャーに感じるのかもしれないですね。
    ということはつまり、ご自身でタイミングを持っていくしかない?!
    基礎体温をはかり、ここぞ!と言う日にお誘いしましょう!
    子作りのことはおくびにも出さず、ご自身のタイミングで…
    と言うとなんかどうなの?って感じですが、私はその方法で2子設けました。
    長期間出張中の夫は、盆と正月にしか家にいません。
    なので、年に2回しかないチャンスを男性のプライドやプレッシャーで不意にしたくない!と思い、実行に移しました。
    まあ、そのためにはタイミングが合わなくちゃ意味がないのですが、だからこその基礎体温です。
    まだお若いし、十分にチャンスはあります。

    ただ、ご主人もしくはみみさんご自身に何らかの不妊原因がある場合は、基礎体温だけでは解決しませんので、やっぱり話し合いが必要になるとおもいます。
    お子さんがいらっしゃる男性のかたからのアドバイスがあると、ずいぶん気持ちもなり変わるのですが…

    • みみ より:

      マミー 様

      アドバイスありがとうございます。
      そうですよね、こういった話(タイミングとか)を何度もしてしまうと男性にとってはプレッシャーに感じてしまいますよね…その点については私自身も反省すべき点だといまは感じているところです。
      マミー様の実体験、とても羨ましいです。やはりタイミングや排卵日を把握するためにもまずは基礎体温をつけるということが大事ですよね、私自身は最近始めたばかりですがサボらず計る癖をつけるように頑張りたいと思います。
      まだ主人の親しい知人の中にはこれから結婚ということで妊娠、子育て、流産、不妊治療という話を聞く機会が少なく、私は女性の友人からそういった経験談を聞く機会があるため考え方のすれ違いが起こっているのかもしれません。やはり、そういったこともふくめて今後のライフプランを冷静に話し合おうと思います。

  15. 2児の父親です より:

    47歳、2児の父親です。
    最初の娘は授かりでしたが二人目は時期を見計らっての計画出産でした。
    しかも2番目は絶対男!と言われ
    日にち指定、飲酒禁止、家内より先にイカない等の縛り有(笑)
    でしたが運よく?男の子を授かりました。
    家内からの指示に対しての嫌悪感等は有りませんでしたよ。
    産み分けって大変だなぁ~って感じで・・・

    みみさんの返事の中に
    「旦那さんは排卵日近辺ではなく生理前後に誘ってくる」
    との文面がありましたが
    それって妊娠する確率が極端に低いタイミングですよね?
    (あまり詳しくないので間違ってたらごめんなさい)
    旦那さんは子供を望んでないって事はありませんか?
    確かに欲求の周期もあるとは思いますが
    男だって人間ですから毎度毎度同じ周期で性欲が起きるとは限りませんよ
    明らかに妊娠しづらいタイミングでしか誘ってこない
    30代後半でも産んでる同僚もいるなど
    若いうちは協力してる振りして妊娠しづらい時期を狙って誘ってくる
    歳を取ってくればおのずと妊娠しづらくなって来るだろう
    そう思っているのではないかと私は思ってしまいました。

    そうで無い事を祈っておりますが
    ひとつの可能性として書かせて頂きました。

    • みみ より:

      2児の父親です 様

      アドバイスありがとうございます。
      産み分けなどの計画出産に嫌気がささなかった2児の父親です様の協力姿勢が羨ましいです。また、男性からの体験談もとても参考になりました。
      「排卵日近辺ではなく生理直前直後に誘ってくることが多い」確かにそのときは妊娠確率は低いといわれていますが…私の言葉足らずで申し訳ありませんでしたが必ずその時期にスキンシップ取りたがるのではなくその時期が多いということで排卵日付近(妊娠しやすいといわれる時期)にもスキンシップを取りたがるときも生理直前直後よりはだいぶ少なくはなりますがあることはあるのです…が、未だに妊娠には至らずという感じです^^;
      一度冗談ぽくわざと〜?とは聞いたところ「わざとじゃないんだけどな〜なんでだろ?(笑)」と言っていたことや、「大前提に子どもはほしい。けど今後もし子どもができないということであれば不妊治療などはせずに2人で一生すごしたい。」と話し合ったときに言っていたので信じてはいるのですが…う〜ん…確かにわざとそういうことをして子どもができることを避けているといえばそう見えますね。
      そういう可能性があるということは、まだまだ私たち夫婦はお互いの考えを理解していない部分があるのかもしれませんね。それを打破するためには、やはり普段の会話やスキンシップが大事かと皆様のアドバイスから学びましたのでそれを生かして今後もう少し夫婦として話をしていきたいと思います。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 + = 9