義両親に嫌われてしまったようです…

amiさんのご相談

誰にも相談できず、頭が混乱していて客観的な判断がもうできません。
聞いてください。
私は28歳会社員です。
夫は31歳。
義両親に嫌われてしまったようです。
きっかけは色々積もり積もってということのようです。
1年半前の結婚式の時に、夫は結婚式に興味がないので準備は手伝わないと宣言した為私はひとりで準備をすすめました。 わからないことも多く、必死でした。
結果、そんなつもりは全くなかったのですが彼の両親は自分たちが蔑ろにされていると感じていたようです。(リゾート挙式だったのですが、その後の行動をそれぞれ家族で別行動しました、ただ単に夫婦でゆっくりもしてもらいたかっただけで事前に説明もしたのですが不満だったようです。言葉に出さないだけで。私ばかりが準備をしている様子が嫁の意見ばかり通っている、こちらは蔑ろにされていると感じていたよう。ちなみに結婚式の時はお祝いを200万も頂いたので、それでこんな仕打ちという怒りもあったのかな…)
そして去年の9月に引越しをしました。
車を購入し、その時住んでいた賃貸の周辺には高額な駐車場しかなくやすく停めれる場所を探し、駐車場代込みで家賃が以前よりも5,000円やすく、敷金礼金もいらないアパートをみつけることができたので。
その後、たまたま住宅展示場に行く機会があり、本格的にマイホームの計画も考え出しました。
夫の年齢から言ってもローンを組むタイミングは早い方がいいし、頭金は少ないけど月々の支払いが今の家賃より少し増えるだけでやっていけるような物件を探すつもりで。
性急にすすめていくのではなくゆっくり考えながら決断したかったのもあります。
そのことを年始に軽く伝えたところ、義両親が怒り出しました。
去年は車を買ったり旅行にいったりも結構したのですが。引越しをしたばかりなのに金を使いすぎだ!と。なにも今すぐに買うわけでないのに。
義母はなぜか泣き出し全然関係ない話をしだしもっと帰ってきて寂しいというようなことを言い出し。
年末年始ゴールデンウィーク正月は必ず帰省していますし家に招待したりもしていました。
いつでも来てくださいねとも言っていました。
なぜこんなに怒られるのか意味がわからず固まっていました。
同居をしたいわけではないようですがとにかく不満だったようです。
ただ、マイホームの話は反対しているわけではないとのこと。
自分たちが阻害されているように感じているのが嫌なのかなとアドバイスをくださいという感じで一緒に土地をまわったりしました、その時は義母義父ともに特に何も言うことはなく普通でしたが帰ってからまたメールで怒り出したようで義両親と夫は喧嘩してしまいました。
色々義両親と夫が話した結果、結局住宅の見積もりを出してもらう時に家の仕様の希望をわたしがメインで担当者に話していた事が気に食わなかったようでした。
ふたりで話し合って決めていた希望で、私一人が勝手に決めたわけではなくただ私の携帯にメモしてあったのでそれを見ながら話しただけなのですが、ローンを組むのは夫なのに私ばかりでしゃばっていると感じたようです。

そんな風に思われていたとは…
ショックでした。
今までは自分の親と変わらないくらいの気持ちで思っていました。
なのに内心にそんな気持ちをふつふつと隠し持っていたのだと思うと母の日父の日のギフトも仕事の合間に疲れていても顔を出したこともアウェイの義実家で頑張って家事を手伝ったことも何もかも無駄で伝わっていなかったのだと思いました。

夫は間に入ってくれ、結婚式の時の事は俺が手伝わず私に任せた結果義両親とのコミュニケーション不足でこうなったと思う、その時動かないといけなかったのは俺だったのにごめんと謝ってくれ、その旨を義両親に伝えてくれました。
マイホームの件も決して私がグイグイすすめているわけでなく夫婦での話し合いの結果で、夫を蔑ろにしているわけでないと説明してくれました。

しかし、やはり私のことが気に入らないと。
もう、多分嫌われてしまったので何もかも気に入らないのだと思います。
どうしたらいいかわかりません。
義両親は何もかも好きにしたらと投げやりだと。
夫はこんな状態でマイホームの話を無理にすすめたくない、一度全てを白紙に戻そうと言い出し。
ちなみにマイホームは援助をしてもらう予定もつもりも一切ないのですが。
白紙に戻すなら戻すでそれでもういいのですが義両親に対して今後どう接していいのかわかりません。
何を言ってもマイナスに受け取られ怒りをふつふつと溜められるのだと考えしまいます。
私からも義両親に頭を下げるべきなのでしょうか。
至らなくて申し訳ありませんと。
今の気持ちは正直もう会いたくないです。
夫と別れるのは絶対嫌ですが義両親とは必要以上に関わりたくない、話もしたくないと思ってしまいます。
頭が混乱しているので、わかりにくい箇所があれば申し訳ありません。
皆様にご意見いただければと、思います。


悩めるamiさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 舅姑


義両親に嫌われてしまったようです… への33件のコメント

  1. PON より:

    旦那さんを立てるって事が出来て無かったと言う事ですね
    本来、社会人なら相手を立てる事は必須です
    会社だろうが、趣味の場だろうが
    色んな年齢の人と係わっていると自然と勉強出来るんですけどね

    任されているのは事実でも
    相づち、言葉の尻やら気を遣う事は出来たと思います

    ただ、旦那さんも気が付かない事ですしお若いので難しいとは思います
    良い勉強になったのでは?

    じゃあ旦那さんに話して貰うわ!とか、どっちが話すとかそう言う低いレベルの問題では無いんですよ
    若い人はくだらないとか、面倒とか言う事だけど
    人を立てて損は無いと思います
    気を遣って損は無いのだけど、昨今の若い人は損が理解出来ないんですよね

    周囲の所作を見ないでしょ?
    その位のお年の人達の所作を見て、そう接する事でどう相手が反応しているのか知る事も大切だと思いますよ

    面倒なら係わらなければ良いと思います
    ただ、貴方は悪くないと思うと思っていると思いますが
    貴方の年齢の所作が歳の違うご両親に理解されない事はお互い様と思いませんか?貴方だって理解出来ずに反発しているのですから

    年長者=人生の先輩なのですから
    少しは年長者の所作を取り入れる事です
    それは決してへつらう事でも何でもありません
    人生の糧になると思いますけどね

    今まで言われなかった!と思うでしょうが
    言われ無い事が正しいのでは無いんですよ
    単に「仕方ない」「あの子はそう言う子だから」と会社などで思われているだけ注意して貰える内が花

    ご両親は家族だと思うから言うのでは無いですかね

    • あこ より:

      その旦那本人が、「俺は知らん」と関わりを持とうとしないのだから、立てるも何もないですよ。

    • まー より:

      ゆっくりした、出来る人任せな息子さんが、
      「俺が手伝わず私に任せた結果義両親とのコミュニケーション不足でこうなったと思う、その時動かないといけなかったのは俺だったのにごめん」
      と言いました。私も原因は息子さんだと思います。

      このお嫁さんは、義理ご両親を精一杯立てていて、息子さんも立てながら、全員にお伺いもしていましたが、

      「実力のあるきびきびと素早く仕事をこなすお嫁さんの処理スピード」に、
      義理両親さんがついて行ってないだけだと思います。

      • まり より:

        私もここかなあ、と思います。なんでもテキパキこなせる人にありがちなトラブル。
        できる人ほど、全てに自分は気を遣ったと思ってやってるんですが、周囲はその半分にもついていけてません。
        なんでもかんでも説明することが、周囲の負担になるパターンです。
        それに被害妄想が入ってくるともうお手上げです。この方がそう、ということではないですけど、なんでもテキパキこなしてちゃんとやっているのに周りが理解してくれないと嘆く人はだいたい被害妄想もセットで持ってます。
        しばらく、何もせずにのんびりしてたらいいんじゃないですかね。半年くらい連絡も取らずにおとなしくしてたら向こうも変わってくるかも…。ぶらさがりで長々とすみません。

  2. mari より:

    人から嫌悪されるのってすごいダメージありますよね。
    わかります。
    謝るべきというよりは話合うべきではないでしょうか?
    義理のご両親とのことは確かにうまくやっていければ一番ですが、あみさんがご結婚されたのはご主人であって義理のご両親とではありませんし・・・
    『こーゆーところが気に入らない』『こーしてくれなかったから腹が立つ』というのは、義理のご両親がご自分たちの思うようにならないという不満からですよね?たぶんですが、どんなに人格者で愛される性格の人であっても何かしら不満をお持ちになると思います。嫁としての理想があるんでしょうね。
    あみさんが義理のご両親に愛されて可愛がられることを一番に望んでいるのなら言われるがままでいいと思いますが、それではあみさんがあみさんではなくなってしまいます。
    義理のご両親へは、尊敬の気持ちを持ちつつお礼と感謝と謝罪だけはことあるごとに形としてするとして、愛されるために何かをする必要はないと思います。
    私すごくドライなので、自分は自分・義理でも実の両親でも他人は他人。全員に愛されることは難しいけど、自分が大好きなもの愛してるものを大事にしようと思っています。
    あみさんには自分の幸せのために生きて欲しいです

  3. ちー より:

    同じような経験しました。苦笑。
    普通に話してるつもりなのに主人(←これも、友達と話すにも主人と呼ぶようにと言われました)
    の母には立ててないと思われたらしく、一度電話でかなり叱られました。
    その時は晩に主人が帰ってきてから私は号泣、主人はひたすら私を慰めると言う・・・
    今考えたら主人は仕事で疲れて帰ってきたのに悪い事したなぁと思います。
    それ以降はもうもう、主に考えるのは
    義母の前でいかに主人を立ててるように見せるか!!
    でした。笑。
    それが功を奏したのかどうなのか、以降は普通に過ごせました。
    家を建てたり大きな話し合いの時には先に主人にメモを渡して
    「お義母さんの前でこう言う言い回しにしてほしいな…」とか頼んで、
    ウラで手は回しまくりましたけど。でもそうすると
    「うちの息子、頼もしくなった!」みたいになって更に機嫌は良かったです。
    今まで関わりの無かった人と「家族」を形成するなんて、
    初めからうまくいく人なんて居ない・・居ないと思いましょうよ!
    みんなどっかでつまづいて、学習して、一つ一つ階段登るんですよきっと。

    ただ、一年半前に結婚生活をスタートさせて、
    約一年で車の事を考えたら得だから!
    と引っ越しをしたと思えばたまたま住宅展示場に行く機会があって
    今度は家を!
    というのはやはり第三者から見ると勢いで動いてる印象です。
    すぐではない、いつか・・・と思っているとしても
    住宅メーカーの方はどんどん話を進めてくるし(今は住宅ローンの事もあるから
    本当に勧めてくると思います)、土地を見に行くってことは
    もう結構具体化しつつありますよね?
    慎重に考えて行動してるのに、私たちが熟考したことが受け入れられてない!と
    考えてしまいがちでしょうが、
    ここはちょっと、義両親様の気持ちに寄り添ってもいいかな、とも思います。
    でもやはり今のうちに家を・と思うのであれば
    きっちりと今までの収支と計画を表にして、
    「ここまで俺らは考えてる、決してその場の雰囲気に流されている訳ではないから安心して欲しい」
    と旦那様に落ち着いて説明してもらうと良いと思います。
    その時は相談者様は「至らない所も多くて不快な思いをさせてしまった事、
    本当にすみませんでした」と謝りまくることかな・・。
    謝る姿勢を見せれば向こうの態度も柔和になったりしますよきっと。
    これから長い付き合いです。
    折れるところは折れて(折れてるように見せかけて(笑))
    可愛いお嫁さんでいてください♪

  4. はにー より:

    あみさん、こんにちは。
    内容を見て、なんかせつなくなりました。さぞおつらいでしょう。だって結婚式のアレコレってすごく大変じゃないですか。そして男性ってあまり気が廻らないので、自分の親にしっかりと言っていないこともあって、そのあおり(文句や不満)が嫁に来るのよね。
    今までのことが積もり積もって、マイホームとか引っ越しの件についてはなんかきっかけに過ぎない気が済ます。結婚式やリゾート先のことで印象が悪くて、ずーっと引きずっている感じです。
    プレゼントや招待だってしてあるんだし、もちろんあみさん側の話しか聞けないから本当のところはわかりませんが、ちゃんと親御さんに気を遣っていますよ。大丈夫。だけどちょっとこじれてしまったので、少し引いてもいいと思います。今は「そういうつもりじゃなかった」等、言っても言い訳にしか聞こえないかも。幸い、夫様がかばってくれているので、頼もしいですね。
    マイホームはよっぽどの好条件がない限り、ほとぼり冷めるまで待つと良いかもしれないですね。第一、マイホームや結婚式ってお嫁さんの方が意見をしっかり持っているので、担当の方も奥様に話してしまうようなところがあります。それは仕方ない。
    過剰に義両親に媚びる必要もないですが少し時間を置いたら、今まで通りプレゼントしたり、招待をしたりしてみたらどうでしょう?変わらない態度を貫く。色々言われて悲しかったと思うけど、全て夫を通してやりとりするようになったらますます溝が深まると思います。それでも一向にあちらが態度を軟化させなかったり、くどくど言ってくるならつきあいの方法を考えてみたらどうでしょう。夫様は今、既に間に挟まれている状況だから(もちろん、立場上しょうがないんですが)、あみさんが「全てあなたがご両親と話をして 」:evil:とやっちゃうと夫様ともこじれそうです。相手にきつく当たられても、やり過ごして礼はつくす人って、傍から見ても礼を尽くす人の方が立派に見えませんか?夫様もそれに気づくと思います。

  5. たま より:

    夫を立てる、年長者を立てるって…(-。-;
    別に、義両親の眼の前で夫をバカにした言動を取ったわけじゃないですよね。
    義両親も長年生きてる割に、視野が狭いというか、想像力がないというか。
    大体、世の中で上手くいってる関係は、義両親の方が嫁を立ててこそ成り立つことが多いって、もう定説ですし。

    私も似たような経験ありますよ。
    でも夫をどれだけ持ち上げようが、義両親をどれだけ立てようが、義両親を満足させるには天井がないというか、息子と結婚できたタマさんは世界一の幸せモノ!!ってのがずっと続くと、いやいや、オタクの息子の方こそ私と結婚できて世界一の幸せモノなんじゃね?って気持ちになってきて、段々どーでも良くなってきて。

    ご主人に上手く話してもらう、ほとぼりが冷めるまで会わない、でいいんじゃないですかね?
    義両親って、たまたま好きになった人の両親だったってだけで、この人たちと望んで家族になったんじゃないからって思えば、気が楽になりません?
    品のない言い方ですが、孫ができれば途端に変わりますよ。

    • るんちゃん より:

      たまさんの意見に同意です~

      >義両親を満足させるには天井がないというか
      うちも本当にこれに困っていて、満足させると 次・次 と要求がエスカレートしました
      結局、どこまでやっても こちらが対応しきれない限界点で義両親が爆発しまして、結局 縁切りされました

      蔑ろにされてる なんて感じる義両親さんは、子離れできてないんだと思います
      頼ろう 大事にしてもらおう という期待が大きければ大きいほど、思ったように嫁が動かないときの反動・反発が大きいんじゃないでしょうか

      現場では、嫁のやることをじっと観察して、後から負の感情を熟成させて不満爆発 なんて陰湿だと思いますよ
      負の感情をぶつけてくるなんて、子供っぽさの最たるものですからね

      自立した義両親さまなら、お嫁さんの配慮にも気づいて 言いたいことがあったにしても、もっと大人の対応されると思います

      私 正直 義両親に嫌われてホッとしています
      散々気を使った挙句、義両親の言葉の数々に傷ついて カウンセリング・精神科に通うところまで追い詰められました

      夫も我が親ながら、あまりの仕打ちに 私の味方です

      依存したい気持ちが強い義両親さまかもしれません
      どのみち、介護が必要になってくれば、関わらずを得ないかもしれません
      今は適度な距離をもってお付き合いされるといいと思います

  6. 匿名希望 より:

    amiさんスゴイよくやっていると思うんですけど、
    正直、義母様こわいです。
    amiさんが地雷踏みまくっても、その時はニコニコしているんですよね。
    しかも、その地雷もよく分からないし、、、
    義母様の理想の嫁像がとても高いんだなと、、、
    ご主人も義母様たちにちゃんと話をしてくれるのはいいと思いますが、
    後からじゃなくて、その場その場で対応して、
    amiさんにまで話がいかないようにしてくれたらいいのになと思ってしまいました。
    私なら、嫌われたらラッキーって思っちゃうけど、
    何かあればご主人に義母様のお考えについてお伺いを立てて義母様のご要望を聞くのが良いのではないでしょうか?
    このやり方も地雷の可能性がありますが。。。

    • しめしめ より:

      横から失礼します。
      >嫌われてラッキー
      私もそう思います。どうせなら「アンタに面倒見てもらいたくない」と言われるほど嫌われればなお良しです(笑)。
      気づかいは大事ですが、必要以上に気にせず、「何事も2人で話し合って決めています」と言い、ご主人からも「何でも夫任せの人はしんどい。俺は助かってる」などと言ってもらう。
      くどくど説明してもわかってもらえそうにないので、決まり文句の繰り返しでいいと思います。

  7. ゆらゆら より:

    うーん、両方の気持ちが、わかる!(笑)
    ご両親は謝ってほしいのですよ、単純に。「私が至りませんで、申し訳なかったです」と。謝ってないですよね?文面になかったし、怒られる意味がわからない…ってご相談ですものね。
    頭を下げるべきでしょうか?→下げるべき、と思いますね。それは『私はそんな気は全くなかったけど、不愉快な思いをさせてしまったこと』に対して。
    家や車のことの行動を謝るのではないです、あくまで『傷つけた』ことのみを謝るんです。行動には謝らなくていいです、ここ大事!
    ご両親はね、傷ついてるんです!私らの大事な息子をさしおいて!自分のいいようにポンポン色々決めて!なんやの!なんでそんなことされないかんの!もっと大事にしてよ!もっと大切に接してよ!!…と、傷ついています。
    …お若いからピンと来ないかな〜、親世代ってのは誰でもそうなんですよ、老いも若きも。

    ご主人を立てる、というのは、この気持ち対策なんですよね。年長者だからというより、大切なご子息に対して、です。
    加えてご両親の性格的なこともあります。色々相談されて頼られてワイワイするのがお好きなタイプなのでしょう。それが嫌な人がいるのもわかります、amiさんは違うようですね、なので、ワイワイタイプには『冷たい』と写ってしまったのです。

    かくいう私は超ドライなタイプですが八方美人を発揮(そして心の壁にたどりつかせない)、義両親にはワイワイ相談してましたよ。ありがとね、息子を頼むね、と言われれば、いえいえ私は息子さんについていくだけですから…と。実際は違いますよ!好き放題やってます。でも、報告する時は必ず、息子さんに決めて戴いたので、とか言いますね。
    その辺が…年の功なのかなぁ…でも私25歳で結婚した時からしてまして、周りの環境かな?母親がそんなんだったので、そういうものと思っていました。
    お母様には相談されました?お父様でも、お話しやすい方に話してみたらいかがでしょう?年の功なりの対処法を教えてくれると思いますよ。

    お辛いショックな気持ちは、ご主人にわかってもらって。まずは義理のご両親には謝罪と反省の姿勢をみせる。その後にショックだ、と伝えないと、最初からショックばかり言うと「また自分のことばっかり!!」になります。

    「私は…」から話し始めてませんか??それ、一番印象ダメです。「お義母さんは…」「(ご主人)さんが…」を意識してみてください。
    大丈夫、修復可能ですよ!『若さ故に何もわからず、すみませんでした!反省しています!』でいいのです。愚痴は旦那さんへ、ご両親へは演技すればいいんですよ。amiさんは真面目で優しいですね。
    amiさんご多幸をお祈りしています。

  8. ぽぽろん より:

    40代後半のおばちゃんです。

    結婚されてまだ1年半とのこと、生活のすり合わせをする最初の段階で、まだまだストレスも多い時期なのかなと思います。
    相談内容だけではなんとも言えませんが、amiさんは嫌われてはいないと思いますよ。それよりも、お義母さんの考え方がちょっと重いのと、コミュニケーションが子供っぽいというか、あまり上手じゃないですよね。
    でも、世の中にはもっと残念な姑がたくさんいますし、嫁姑で問題がないケースもほぼありえないと思うので、攻略可能な範囲かと。

    相談文を読んでいて、いくつかの問題が絡まっているように感じました。
    例えば結婚式についてご主人が興味ないからとご自身で頑張ったこと。
    これは、大変だったと思うし、一人で立派に準備をしたのは素晴らしいことですが、今後例えば子供ができて、子育てに関して同じことが起きたらさらにもっと大変です。負担は全てamiさんで、旦那さんは関与せず、義両親からは不服ばかり。今後はやっぱり「大変だから手伝って欲しい」と訴えて、少しでも夫なり義両親に関与してもらうような関係性を作る方法を探しておいた方がよさそうです。

    義両親が現在腹を立てている内容については、ほぼ行き違いにすぎない感じがしますので、上手に話し合いをする機会をもつと良いと思います。特にお義母さんは感情的になっていますので、ここはamiさんが大人になって、折れたふりをするのか、自分の悩みを相談してみるとか、お義母さんの感情に触れるような場を作れませんか?お義母さんの言い分を聞いた上で、自分もまた悩み辛かったと伝えておくべきです。頑固そうなお義母さんですので、そんなことでは気持ちが和らがないかもしれませんが、amiさんが歩み寄ってくれることに嫌な気持ちはしないはずです。

    だからといって義両親の意見を取り入れる必要はないんです。
    もちろん良い意見があれば「よっ!さすがお義母さん!」と褒めてありがたく取り入れれば良いですが、amiさんとご主人の人生に関わること(家、車、育児等)は義両親の意見がなんでも通ると思わせるのは危険です。ここは少し関係性が悪くなったり、「できない嫁ね」と思われようとも、一線を引いてamiさんとご主人の信念を貫きましょう。面倒ですが、ちゃんと話し合いをした上で自分の主張を通すというのも、家族とのコミュニケーションでは必要だと思います。

    それでいうとマイホームの購入は、まだ具体的な物件が見つかっていないのですし、ご主人がいう通り一旦白紙に戻して、義両親に一歩譲った形で再スタートしても問題はないんじゃないでしょうか。今のままだと、義両親側でもamiさんから嫌われていると勘違いして、不要な溝が深まるばかりなのでは?

    amiさんの言い分はすべて効率的で合理的で間違ってはいないんですが、義両親の世代が義理や手順を重んじるというのも残念ながら変えることはできません。そこはうまく気持ちを切り替えて、賢い嫁になって義母攻略してくださいね!

  9. itc より:

    第三者から見ても、少しびっくりするかな、と思います。
    端的に言って、夫さんとご両親のコミュニケーション不足のとばっちりを受けているようにも思えます。帰ってこない、金遣いが荒い、ないがしろにされたなど、全てamiさんのせいにされて怒られていますよね?夫さんも同意してらしたなら、夫さんも同様に怒られて然るべきところ、そうではないんですよね?

    話の進め方はいくらか改善の余地はあるかもしれませんね。
    つい「これこれこういう事情で、こうしようと思う」と伝えて「どう思いますか」と話を持っていきがちですが、ご年配の方はとまどうこともあるかもしれません。どう思う、と問われても相手にとっては唐突で咄嗟に何も応えられなかったり、もう決定されたかのように感じて遠慮してしまうこともありえます。「こうしようと思うんですが、もしお嫌でしたら他にこういう方法もありますよ」と代案も一緒に提案して選んでもらえるようにするとか、代案がないなら「考えておいてください」とか「気になることがあったらいつでも遠慮なく言ってくださいね」とか言っておいて後日改めて「先日お話しした件、どう思われますか」とお伺いをたてるとか?「夫さんがこうしたいと言うのでこうしようと思う」という風に言いかえるとなお良いかもしれません。

    人(自分側の人間)をたてろと言うタイプの方は話の展開についていけないと
    取り残された=ないがしろにされたと思うことがあるようなので、できるだけフォローしてあげるといいかもしれません。ただこれ、非常にめんどうで、個人的にはあんまり関わりたくありません。自分の親のことなんですし、夫さんにできるだけ任せられるといいですね。たぶん夫さんならご両親をたてようとせず「俺達こうすることに決めたから」と言えば済むことも多いと思うので。amiさんが無理してがんばるところではないと思います。

  10. ak より:

    どっと疲れちゃいますね、おつかれさまです。
    でもちょうどよかったのですよ。
    「これからは旦那様に何でも言ってもらうことにする」のです。
    旦那様も今までの行動(妻任せ)を反省してね。
    当たり前ですが『夫婦の団結』は必須!ですよ。
    ここのとこ難しいですが、あまりお義母さんを悪者にしすぎても
    旦那様の気持ちが離れちゃいます。(実の親子ですからね)
    なのでその辺の加減だけ気をつけて、がんばってください。
    ふたりがわかってればいいんです。
    ふたりだけの時は妻が全権握っててもOKなんです。
    でも、一歩家を出たら(特に義母宅では)
    「旦那様が決めてくれました」で通す。
    (こじれる前なら2人で決めました、でもよかったかも。
    でも今は100%彼の判断と言うことで。)
    フリをする。演じる。は、嫌かもしれませんが、
    結果自分が(自分たちが)ラクになると思うのでやってみてくださいね。

    (それを繰り返しておくと、今後突然無理難題を言われても、
    「あー、旦那様に聞いてみないとわかりません」「旦那様に聞いてみますね」と即答できてラクです。実感してます。)

    もちろん媚売ったり、バカっぽいふりをする必要はないですよ。
    好かれよう!!なんて気負わなくてもいいと思います。
    『わざわざ嫌がってることはしない』って程度でOK。

    「最近息子がしっかりしてきたわ。嫁も立ててくれてるみたいだし」って
    そのうち思ってくれますよ。
    それはイコール嫁のおかげですからね。
    旦那様と幸せな未来を描いてくださいね。応援してます。

  11. りん より:

    amiさん、はじめまして。
    もともとのきっかけの結婚式の件ですが、結婚情報誌ゼク○ィにも「親は親で、子供の結婚式に夢を持っているもの。ウチの親は大丈夫、とのカレの言葉を鵜呑みにせず、こまめに相談・報告を!」みたいに書いてありました。つまりそれだけ一般的に起こりうる事なんだと思います。もし義両親がおかしいとお考えなら、改めた方がよろしいかと思います。
    事前に聞かれるならまだしも、決まってからor案がある状態で、主役ではない立場から希望や文句は言いづらいですよね。それで一旦飲み込んだ不満が積もって…というように見えます。
    結婚式、披露宴は、お世話になった方々に感謝するためのものです。自分たちの考えで設定して説明…ではなく、別行動の方がゆっくりできて良いでしょうか?それともせっかくの機会ですし両家の皆で思い出作りをしましょうか? 等、どちらでも言いやすい聞き方で希望を聞くくらいはしても良かったのではないでしょうか。
    家のことに関しても、土地を一緒に見に行く→買うこと自体は決定という風に見えます。ここに書かれた内容だけでも申し訳ないですがamiさんがでしゃばっているという、まさにその印象を受けます。
    ただでさえ親からすれば、子供の結婚はおめでたくも、少し寂しいものなんですよ。その気持ちの整理を待って、そろそろ家を考えようかな…それともまだ早いかな、とご主人から切り出すべきだったのでは。
    謝った方が良いと思います。ただ、心のない謝罪は逆に相手の心を遠ざけてしまいますから、少し冷却期間を置いて、義両親の気持ちを考えた上でなさるのが良いかと思います。
    愛する人を育んだ義両親と、歩み寄れたら良いですね。

  12. 茶々 より:

    50代、親世代です。

    推察なので外れてたらごめんなさい。
    ご夫婦のことをご両親に伝える際は、二人で話している時の延長線上で話されませんでしたか?
    たとえば、二人の間ではお互いを呼び捨ての名前で呼び合っていても、相手のご両親の前では「○○さん」と言いませんか?
    それと同じで、どんな話をする時も相手への配慮があってしかるべきだと思います。
    「目上を立てろ」とか「良い嫁を演じろ」とか、そんな大げさなことでなく、友人間や職場においても自然に行われていることではないでしょうか?
    現場で相談したことを上司に報告する際には、それなりの話し方があるのと同じです。
    そのあたりが疎かになると、親ってついつい文句言いたくなっちゃうものです。

    逆の立場だったら・・・という考え方も必要かと思います。
    amiさんのご両親に、ご主人メインで結婚式から家のことまですらすら話されたら、「amiは無視されてるの?全部亭主の言いなり?」と怒り出すかもしれない。
    ご自身のご両親なら、そうなった時の気持ちを想像できるでしょう。

    ちょっとしたボタンの掛け違いで、嫌われたのとは違うと思います。
    義両親さまと話し合いなんて大げさなことをすれば、それこそ取り返しがつかない溝ができてしまいます。
    これまで通りに、でもちょっと気を遣って接して、何かの折りに「気がつかないで嫌な思いさせて申し訳なかった」と言えれば良いと思います。
    友人間でも、心ならずも相手を怒らせちゃった時には「気づかなかった。ごめんなさい。」と謝ると思います。
    それと同じです。

    あとはご主人にがんばってもらいましょう!(一番重要!)

  13. さち より:

    自分も結構年を重ねてきて常々感じますが、年配者が気を使った方が物事は上手く行くと思いますよ。
    甘やかしすぎて調子に乗らせるのはだめですが、適度な寛大さは必要だと思います。

    旦那様の義両親が大人になり切れていないのでは?
    そしてやはり旦那様がきちんと間にはいってもらった方がいいと思いますよ。旦那様しっかり!

  14. 三十六茶 より:

    40代後半です。
    相談文を読ませて頂きましたが、論理的に何も相談者様は間違っていません。
    ただの義両親様の感情の問題。
    義両親様は全て感情で物を言っていますね。
    その確固たる証拠は、自分の息子は決して悪者にしていない面。
    でしゃばるな夫を立てろと言う前に、現状の確認や自分たちの意見や希望を伝えるのはまず自分の息子に、ですよ。
    その当たり前の行動を怠ったのに嫁のせいにばかりするのは、まあよくあることです。
    他人の嫁を悪く思う方が楽ですからね。
    ないがしろと言いますが相談者様のご両親には色々と相談されたのでしょうか?
    相談者様のご両親も自分達に一言も了解を取らずに決めるなと怒鳴られたり泣かれたりしましたか?しませんよね?
    もう結婚した時点で決めるのは夫婦二人です。
    でも親、特に夫側の親はまず自分達ありきで物事を進めることを当然と考えてしまいます。
    それも感情です。
    何をしても気に入られないのは嫁と呼ばれる人全員に当てはまりますから落ち込まなくとも大丈夫です。
    今回は相談者様が表に立って夫の代わりに動いていたことが癇に障り、出しゃばりという口実になったのでしょう。
    感情に対処するには感情です。
    嘘でいいんです。謝って反省しているそぶりを見せましょう。
    義両親様は謝らせることで鬱憤を晴らせたらスッキリします。
    その後は、今まで仕事で疲れててもなるべく帰省し家事も頑張っていらしたのですよね、帰省を減らしていいと思います。
    距離を置いて、重要なことは全て夫の口から。
    どなたかも書かれていましたが、私も夫側には「全部夫が決めることですから」で済ませていました。
    またそう言うと夫側は良い気持ちになれるんです。従順な嫁だと。
    他人の感情に付き合うのは大変ですし疲れますし、果てが見えません。
    でも少し利口になって義両親様が喜ぶ言動を心掛けて、細く長いお付き合いをしていきましょう。

  15. のんこ より:

    結婚20年以上のものです。
    叱られちゃったら、苦手意識持ちますよね。
    当分は、こころのダメージ回復のために近寄らないことですね。
    そのうち、絶対会わないといけない場面もあるでしようから、
    こころの健康を取り戻してください。
    慣れちゃうと、相手を上手に転がすコツが掴めれるんですけどね。
    卑怯ですが、孫ができると、嫁のポイントアップになります。
    頑張り過ぎると苦しくなっちゃうのでほどほどに。
    1年2年で成り立つ関係ではないと思います。
    だから、嫌われちゃったとかは決め付けないように。
    私も苦労しましたが、かつての新婚さんの気持ちも
    この歳になると老いた両親の気持ちもわかるようになります。
    老いると、さみしいんですよ~。
    amiさん、前向きに(^o^)/~~

  16. ヨガ好き より:

    もしかしたら頭金出すから近くに住んで、とか、
    一部屋はいつでも泊まりに来て下さい♪とか、
    甘えて欲しいタイプなのかもしれませんね。

    もっと会いたいとは、どのくらいの頻度なのでしょう?
    隔週なのか、月一なのか、三ヶ月に一度か。
    孫が出来たら、毎日のようになのか?

    寂しいなら、電話やラインでも旦那さんから元気?とか、連絡するだけでも嬉しいのかも。
    価値観は十人十色ですから、どっちが悪いとかではなく、折り合いをつけていけると良いですよね。

    親と絶縁するのは罪悪感もあるでしょうし、子供が出来たら悪影響になるだろうから、
    いちいちお伺いはたて、相手を誉め、自分の意見は聞かれたことだけにニコニコ控えめに言うと、信頼関係が築けるのかもしれませんよ

  17. chii より:

    結婚した26歳から、結構な間、同じ様な状況でした。舅が亡くなり、長男に依存してたのに、反対してた私と結婚したのもあり、すっごい嫌がらせをさせられました。でも、何年も経って、姑が年を取り、私が孫を産み、私も年を重ねて擦り合わせが出来た感じです。

    口下手で、興味がない事には率先して協力してくれない夫だから、と思ってやってた事を、嫁のくせに!と難癖。田舎出身のお年寄り(年が離れた夫なので、姑も私の祖母並みの年齢です)は、孫の名前まで決めるつもりだった様子。恐ろしいです。考え方が古過ぎる、私の祖父母の方が考え方が若く、柔軟性がありました。

    結局は、自分の親は自分で面倒を見ましょうと夫婦で話し合い、何かあった場合は、それぞれの親にはそれぞれが話す事にし、表面的には夫を立て、姑の話は一応聞いているふり。意見は夫を通してやんわりと。それで、今に至ります。

    将来の為に、と色々と考えるのは分かりますが、しばらくおとなしくされて様子見されてみてはいかがですか?そして、何かあれば、ご主人に対応してもらうのが最善ではないでしょうか?もちろん、夫婦での話し合いは、しっかり意見を主張して下さいね、あくまでも窓口がご主人という事で。まだ義両親もお若いでしょうから、口出しや鑑賞も続くと思います。上手く回避する方法を見つけて下さいね。

  18. だるま より:

    それが「お嫁に入る」って事だと思います。
    誰と結婚しても、よっぽど自分の息子に無関心な親でない限り、新参者の嫁がする事は目につくものなんですよ。

    旦那さんと別れたくないと思えるだけでも、amiさんと旦那さんの関係性がとても良いものだと分かります。

    義両親様との今後の関係を修復したいと思えるなら、嫁レベル高いなと思います。
    レベルの低い私は、個人的には謝らなくて良いと思ってしまうけど。
    どうせ今謝ってもこの先何十年と陰で不満を持ってるんだろうなーと。
    「不満に思うんだったら、旦那通さず、面と向かって嫌な思いしたその時に言ってくれなきゃこっちも直せないし!」って、思うので。
    陰で不満を言う側は言われる側の事なんて考えてませんからね。
    直接言ってくれた方が次につながるのにね。

    結局、義両親様も卑怯だと思いますよ。

    誰と結婚しても起きる問題だと思いますし、今後ずーっとついて回る問題だと思いますよ。結婚してようやく、義両親も本音が出せるようになってきたという事だと思います。

    私も結婚式の日にちを式場の関係で候補3つ位から選んでもらおうと旦那と二人で義両親に提案に行ったら、既に3つにしぼってある事に腹を立てられました。
    その候補日からしか選べないのは私たちのせいじゃないのに。
    もう7年も前の話です。時間がたてば気持ちも落ち着きますし、笑い話にも出来ますよ。

    どれだけ気を使っても相手が満足する正解なんてないし、本当の家族になろうと思ったら意見が衝突するのなんて当たり前ですよ。
    ケンカしないのは気を遣える他人の関係。

    どれだけ喧嘩しても繋がりが無くならないのが家族だと思います。
    これから3〜40年お嫁さんの立場なんですから、気長に攻略しましょ。

  19. まー より:

    ゆっくりした、しゃべり下手な、出来る人任せな旦那さんが、
    「俺が手伝わず私に任せた結果義両親とのコミュニケーション不足でこうなったと思う、その時動かないといけなかったのは俺だったのにごめん」
    と言いました。私も原因は旦那さんだと思います。

    「実力のあるきびきびと素早く仕事をこなすamiさんの処理スピード」に、
    義理両親さんがついて行ってないだけだと思います。旦那さんはめんどくさがって間にも入らなかった。

    義理両親さんと旦那さんには、「彼らの過ごしてきたゆっくりマイペースな世界」があると思います。
    最近の、「結婚式決めて行うまでの流れ」「お家を買う・建てる」やり方が、昔と比べて異常に早く見えると思います。
    結婚式まわりの雑誌があったり、海外挙式なども安くスムーズに出来たり、お家も住宅展示場1か所で複数社同時に検討できたり、
    何かとスムーズに出来るようになってるので、知らないとびっくりするのかもしれません。(式も新築家もパターン化されてるので、別のやり方選ぶ人はまた別ですが)

    ↑の人たちが沢山書いてあるように、
    義理両親さん宛のお伺いは、全部旦那さん窓口にして、ちょっとずつ距離を置いて、10年くらいかけて旦那さんが義理両親さんに、「嫁は仕事ができて最高です」と説得成功し終わったら、またおつきあい再会したらいいと思います。

  20. さつき より:

    夫婦の中で外に意見を伝えるのがamiさんだから、印象として嫁が好き勝手やってると思われてしまったのですね。
    義実家への建前上、旦那さんが話を進めているように見えたほうがよかったのかもしれませんが、援助を出すこともないのにそもそも口を出す方が間違っていますよね。
    私もamiさんと同い年で結婚してますがすごく気を配っているのが伝わってきますよ
    amiさんは全く悪くありませんので、一旦連絡をとるのをやめてこれからは旦那さんを窓口にすればいいと思います。全てのことに関して「二人で決めた事だから」「俺が決めたことだから」と言ってもらいましょう!!(建前で全然OK)
    マイホームの話は、義実家ではなく旦那さんを説得しましょう。時間をかけて分かってもらえるよう、努力していこうねと言ってみたらいかがでしょう

  21. yojorind より:

    こんにちは。
    amiさん、全然悪くないし、悪くないのに謝ることはしないほうがいいと思いますよ。それこそ、しこりになりますから。
    義両親は人付き合いの下手な人たちなのではないでしょうか。「さみしい」って、なんだそりゃって思いますよ。息子やamiさんは義両親の人生をにぎやかすためにいるわけじゃないんだから。さみしい人生になっている原因を自分で考え、楽しい人生にする工夫を自分でしなさいって言いたいですね。
    それと、人のタイプとして、自分達がヒマなあまり、人のことばっかり考えてイライラするという人もいます。身近な人が標的になりやすいです。だから、amiさんじゃなくても、ご主人と結婚された女性にはそういう風に接することになったのではないかと思いますよ。
    結婚式の準備や住むところ、マイホームなど、考えるだけでも大変なことをてきぱきこなすamiさん、素晴らしいと思います。
    無理して父の日や母の日にプレゼント渡すことないし(それこそ、ご主人がやるべき。自分の両親なんだから)、お付き合いも距離を置いたらどうでしょうか。
    amiさんは新しい家族をこれから持つでしょうし、そのとき、お手伝いが必要になって義両親の出番がくるかもしれません。そのときは、笑顔で「お願いします」といえばいいのです。悪くないのに謝ったり、卑屈なことをしていると、ますます人間関係がこじれちゃいますよ。義両親にamiさんはてきぱきしてさばさばした人、ときちっと印象付けちゃってください。それが事実なんでしょうから。

  22. 和音 より:

    結婚約15年のアラフォーです
    結婚は「嫁に入る」のか「入籍」したのかでかなり受け取り方が違うのかもしれません
    親世代の人たちは嫁取りというような表現を使っていた時代の人です
    婚家の伝統や風習を受け継ぎ、家を守っいく為、姑に学び、家長となる旦那様や家を支えるのが嫁という考え方が多かれ少なかれあると思います
    自分たちは入籍し、これから二人で家庭を作っていくと思っている人からすると、ビックリすることが多いですよね
    どちらが正しいということはありませんが、価値観が異なるのでどうしても問題が生じてしまうのだと思います

    きちんと頭を下げ、旦那さまのご両親の前では夫を立て、軋轢が生じないよう装うのが、嫁としては正解なのでしょう・・・たぶん
    しかし、amiさんが健やかな結婚生活を継続できることが、旦那さまにとってもよい結婚生活のはずです
    過度のストレスが溜まらないよう、ご両親との窓口は旦那さまにお任せするのが良いのではないでしょうか
    旦那さまとよくお話しされるのがよいと思います
    (お話しする際には決して旦那さまのご両親を悪く表現しないでくださいね)

    優しい旦那さまと幸せな家庭を築いてください

  23. なつん より:

    たまさんのコメントに同意です。同じ気持ちです。(笑)。

    で、ぽぽろんさんの対策方法に賛成です。

    本当。夫を立てるって難しいですねぇ。

    私事ですが、新婚当初 実母の前で「……て旦那がねぇ。」と話したら怒られました。激しく。

    理由は。「あんたはちゃんと結婚して籍を入れたんだから、そういう時は「〇〇さん」と名前で呼ぶか「主人」と言いなさい!」と。
    なぜだと思いますか?

    「旦那」という意味には愛人を囲ってる人。が含まれてるそうです。
    ドラマとかで2号さんは「旦那様」と呼びますよね?
    正妻しか「主人」と呼べないそうです。

    えぇ〜?って思いましたが。年配の方をよくよく見てると「主人」派多いです。若い方は知らずに「旦那さんが…」の人多いですよねー?

    気恥ずかしいので、友人との会話では主人の事「ウチの旦那がねぇ…」と言ったりしますが、友人のご主人の事は「お宅の旦那さん」と呼ぶのは知ってしまうと抵抗あるので、「ご主人」と呼びます。

    公の時にはやっぱり「ウチの主人」と呼んでますがね。

    ちょっとした気遣いができる方が損はしないですよ。

    頑張ってください 😮 😛

  24. かおちゃん より:

    いろいろ大変な思いをされていますね。

    人の気持ちはそれぞれで、全てに寄り添うことはできないと思います。
    まずは、amiさんが常識や礼儀から外れないように、また身なりも言葉使いもきちんとされるのが一番大切なことと思います。そうすれば、何かを言われても結構平気ですし「あぁ、また私に嫌みを言って、可愛そうな人だな」と心持ちも変わってくるものです。
    しかし、自分の至らぬ点やその地域の風習などを教えてもらった時は素直に「教えて下さりありがとうございます」とお礼を言う。そして実行する。
    「いい嫁=相手の親の思う通りの嫁」、では常識から外れることもあります。
    amiさんがそれらを身に着けておけば、「非常識な嫁」と周囲からは言われないはずです。
    また旦那さんに好かれていれば、義両親に好かれなくてもいいじゃないw嫌われた方が好き勝手できるわ~とそれくらいの心持ちでいれば楽ですよ。
    あとはamiさんがしなければならないことをきちんとやっておけば、それでいいのではないでしょうか。見ている方はちゃんと見てくれています。肝心なのは、義両親の言動によってあなたが取る態度を変えないことだと思います。そうすればそのうち義両親もわかって下さると思います。
    良い嫁を演じなくともよいのです。「合わせ鏡の心」の気持ちがあれば、amiさんの想いはいつか届きますよ。
    そのためにも、もう会いたくないという気持ちはしまい、今までどおりの笑顔で接した方が良いと思います。
    あと、今回の事で謝る必要はないと思いますよ。
    「いい嫁」「好かれる嫁」ではなく、ぽぽろんさんもおっしゃっておられますが「賢い嫁」になって下さい。

    義両親に「家を買おうと思っています」という報告をされたのは大切なことだと思います。ある日突然「家を買いました。遊びに来てください」ではそれこそ非常識でしょう。
    ただ、結婚式、車の購入、引っ越し、そしてその後すぐに家を買う話、これが2年弱の間にあればどんな生活設計をしてるんだと驚く方もおられるでしょう。
    結婚と同時に家を買う方もおられますが、引っ越ししてすぐ家を買う話をされれば、実際に今すぐ買うのではないにしても驚かれても仕方のない事だと思います。
    家を買うに当たり、細かいことまでご両親に報告する必要はないと思います。
    ご主人様のご両親の事ですが、自分たちの家を巣立った息子が一つの家族を作り上げようとしているという意識が乏しいのでは、と感じました。別々の家庭なんだと理解してもらうためにも、全てをあけすけにする必要はないと思います。一定の線引きを意識的に行うことも大切ですよ。
    また、過ぎ去ったことを「あの時はこうだった」「こうしてほしかった」などと言われたら「その時に伝えてほしい」旨を何かの機会に話してみてはいかがでしょうか。
    amiさんの感じたとおり、後で言われると嫌な気持ちしか残りませんよね。

    私の場合ですが、amiさんと同じで、義両親にはもう会いたくない、関わりたくない!と思ったことは何度もあります。義母はかなり非常識で無礼な人間です。主人も当然、常識や礼儀がなっていないところも多々あります(私とて完璧なわけではありません)。
    しかし私は、義両親との窓口を主人にしてもらわず全部自分でしました。そうすることで非常識な義母から主人に変なことを吹き込まれなくて済みますw
    義母から非常識なことを頼まれたら、「それは無理です」と断りなぜ無理なのかきちんと順序立てて話し納得してもらいます。無礼なことをされたり言われたら反論できます。
    逆に先に主人と義母が話をしてしまった後で否定すれば、どうなりますか?
    主人が引き受けてしまったことを断れますか?
    義両親の気に入らないことは、どうしたって嫁が悪者になるのですwそれなら最初に私が言った方がいいという考え方です。
    結婚して数年は言い返すのもなかなか難しと思いますが、5年も過ぎる頃には結構言えるようになっていますよ~。
    結婚して4年ほどの間、義母は主人のいる時間を見計らって電話をしてきたり、私が電話に出てもすぐ「息子に変わって」と言っていましたが、今ではそんなことはなく「かおちゃん、これどうしよう?」などと電話がかかってくるようになりました。用件も私に話して終わり。あとは世間話をして電話を切ります。主人と変わって欲しそうにもしませんよ。

    私も例にもれず嫁いびりにあった身ですが(それも主人の叔母や従姉からも)、冠婚葬祭や、顔見せ訪問などの付き合いはしてきました。嫌な思いも沢山しましたし、辛い事もありましたが、今では誰からもいびられることなくすんでいます。それは嫌な思いをしても悲しく辛い思いをしても変わることない態度で務めを果たしてきたからかなと思っています。
    なのでamiさんも、「もう会いたくない、関わりたくない」から関係を絶つのではなく、今までと変わらずの心で接してみてくださいね。

  25. あおぞら より:

    こんにちは

    ただ単に、子離れのできてないご両親。という印象です。
    相手は不快に思ったとはいえ、私は謝る必要も無いと思います。
    私が謝るとしたら、夫が申し訳ないけど頭を下げてくれって言われたら下げるかもしれません。

    いったい両親はどうしてほしいのか、
    おそらくそれは誰にもわかりません。義両親すらわかっていませんよ。
    だから重箱の隅をつつくみたいに、amiさんを責める事しかできないんです。言っている事に意味はありません。
    子離れで来ていないことに本人達は気がついていないし、でもどうしようもなく悲しくて寂しいし…自分たちと向き合えないから嫁を敵にしただけです。
    おそらく、旦那さんがどんな人を連れて来ても、何かと欠点を見つけてそこを言うのだと思います。amiさんだからではないですよ。

    ご両親がどうのというより、旦那さんががどう思うかで動いてはどうでしょうか?
    もしかすると旦那さんもご両親に似て察してちゃんなところがあるかもしれません。こんなことになって家のことは白紙にしたい…援助も受けていないのに?同居する訳でもないのに??
    いきなりわけのわからない弱気発言になっているあたり、何か察してもらいたがっているような気がします。
    今は旦那さんのケアのほうが大切かもしれません。

    ご両親へは一貫して今までと同じように声をかけてはどうでしょうか。
    旦那さんには「私はもうあんまり気にしていないよ」という態度のほうがいいかもしれません。義両親もふてくされる、amiさんも落ち込んでいるだとたぶん旦那さんが病気になります。

    家のことは白紙にするのも良いかもしれません。
    私は家を注文住宅で建てましたが、たっぷり勉強された方が良いです。
    とてもクリアな状態でなければ、後で酷い後悔をします。
    今この状態で家作りをしても、チェックミスや判断ミスをするだけです。
    休日を使って水回りなども見たりしますが、問題を抱えていては営業さんの言われるままになってしまいます。
    一端白紙にしても、年齢的にもまだまだ大丈夫。
    あと・・・これはおせっかいですが、家を建てるのはお子さんが産まれてからの方がお勧めします。

    つまり、今急がなくても良い事ではあると思われた方が良いです。
    何かケチがついているときに高い買い物をすると、一生引きずりますから。
    amiさんにとってご主人が大事なように、あちらのご両親にとっても大事なんですよ。それだけの話しです。
    あ、とっちゃったんだな。と思って、旦那さんのケアにつとめておおらかにいかれたほうが良いと思います。

  26. ねねみこ より:

    少しは落ち着かれたでしょうか?
    不意に敵意を向けられると悲しいですよね。でも、貴女がお義母さんを『泣くほど悲しませた』のは事実です。
    不本意でも、人として謝るべきじゃないですか?嫌な思いをさせるつもりじゃなかったならなおさらです。
    「今までは自分の親と変わらないくらいの気持ち」でいたとのことですが、私は「自分の親の3倍パートナーの親を大切にする」と肝に銘じて生きてきました。極端に言うと『自分の親』は、どんなに酷い対応をしても縁は切れないし、仕方ないわねぇ~とか言いながら許してくれる存在ではありませんか?
    同居であれは大変でしょうが、離れたところに居るので、会った時には全力で応対です(笑 その甲斐あってか、関係は良好です。

    ひとつ試してみていただきたいことがあります。予行演習だと思って、お義母さんたちに謝る自分の姿を動画に撮って、自分でその姿を客観的に見てみてください。何か気付くこともあるかもしれません。
    他人を変えることはできません。できるのは自分を変えることだけです。
    嫌だ、もう会いたくない、は幼児の対応です。
    貴女が自分を成長させて、より良い未来が切り開けますように。

  27. ふぁんず より:

    私は嫁と姑の両方の立場です。
    新米嫁の頃を思い出すと、良い嫁になるように懸命に頑張ったことが反故にされたような気持になっているamiさんの気持ちはよくわかりますが、長い間には、義両親との関係もいろいろ変化します。
    姑からの私への評価は、「気の利かない嫁」「冷たい嫁」「日本一の嫁」と、その時々でコロコロ変わります。義弟が二人いますが、そのお嫁さんへの評価も、その時の状況と気分によって様々です。
    嫁が姑に嫌われるのはデフォルトと思っていた方が気が楽です。相手がそれを言葉に出すか出さないかの違いだけ。
    私が楽になったのは、「やるべきと思うことはやった。それをどう受け取るかは相手の問題。嫌われようが、親戚中に悪口言われようが構わない」という心境になってからです。
    あまり頑張りすぎないことも大事。

    次に、義母さまの気持ちも、私には想像できてしまうんですよ。
    その世代の人が結婚した時は、親の名義で招待するので、式の内容に親も深く関わることが多かったのです。今の風潮をご存じなかったなら、「新婦が好きなように進めている」と感じるのも無理もない部分があります。
    マイホームにしても、義両親さまがサラリーマン家庭なら、当時はマイホームローンを組むには20~30%の頭金が必要でしたし、そのうえ戸建は、物件そのものが高額なうえにローン期間が短く(今はマンションと同じ期間借りられますよね)、新婚でマイホームを望むならマンション、戸建を望む人はたいがい10年以上貯金しないと無理、というのが一般的でした。その感覚から言うと、1年半の間に車、引っ越し、旅行とお金のかかることばかり続いたのにもうマイホームの算段かと、危なげに感じたのではないでしょうか。
    それならそれと、心配な点をはっきり言ってくれればとお嫁さんが思うのは当然ですが、そこがそれ、姑ゴコロの複雑なところなんですよ。
    今まで言わないで抑えていたのも、先方もお嫁さんに嫌われたくなかったのだと思うし、ある意味わきまえがあったのだと思います。
    今回、たまっていた不満があふれちゃったんですよ。あふれた分が、「嫁が好きなように進める」に凝縮してしまったんでしょうね。凝縮の仕方が理不尽ではありますが、上に書いたような、世代による感覚の違いは、少し大目に見てあげられないでしょうか。
    いずれにしても、義両親さまもまだ息子夫婦との距離感をつかめていないのでしょう。ここでお嫁さんが気を使ってご機嫌をとる必要もないし、顔を合わせるのも避けるほど嫌うのも、重く受け取りすぎと思います。ちょっとした行き違いが重なっただけで、今後もそういうことはあるでしょう。
    謝る方がいいという意見と、その必要はないという意見が出ていますが、amiさんが口先だけ謝れる性格の人なら謝って上手に立ちまわればいいし、そういうことをすると心が折れる性格なら、誤解を解く話をご主人がされたのですから、あとはマイペースでいいと思います。義両親様にも、息子夫婦が自分たちで家庭を築いていくことに慣れてもらわないと。少し時間が必要ですね。
    マイホームなどの人生設計は、お二人で考えて、良いと思うことは進めて行くべきと思いますが、展示場の人や不動業者と接触すると、どうしても相手のペースに飲み込まれやすく、冷静な判断ができなくなりがちですから、その点は注意なされますように。二人でゆっくり研究してから物件探しにとりかかる方が安全と思います。
     お仕事もされているそうですし、同居ではないのですから、新しい家庭の運営や仕事を精神上のメインにされて、義実家との関係は必要な時だけ思いを馳せる程度でいるのが、今はラクと思います。良い距離感を保てるようになりますように。

  28. ami より:

    みなさん、たくさんのご意見本当に本当にありがとうございました。
    ひとつひとつ、わたしのことを真剣に考えてくださっていることがわかるご意見で時に泣きながら読みました。
    本当にたくさんのご意見をいただき、まとめてのご返信になってしまうこと、どうかお許しくださいませ。
    皆さんのご意見を聞きながら、思ったのは、まず私はまわりを立てるということや空気を読むということが苦手で、それを敏感に感じ取り指摘してくださった方が何人かいらっしゃり、これまでなんとかだましだましやってきたつもりがこういった義両親との濃い人付き合いという場面で悪い形で出てしまったのだな…と。もう少し、人の気持ちや周囲の空気に敏感になりたいです。
    義両親に対して、よくやっていると言ってくださったかたありがとうございます。これまでの自分を否定されたように感じてしまっていたので本当に嬉しかった。
    やはり、一度苦手意識をもってまったのですぐに普通に接することは難しそうですが、少し心のダメージを回復すべく冷却期間を置き、マイホームも元から焦ってはいないのですがもうちょっとことを進めるスピードを落とし、もう少し強くなって、嫌われてもラッキーくらいの気持ちで!義両親の前では、旦那の意見に従っています感を出しまくり!
    これまで通り、感謝の気持ちだけは自分なりのやり方で伝えていけばいいかなと、思います。
    旦那とはやはりずっと一緒にいたいので、イコールそれは義両親とも一生付き合っていかなければいけないですもんね。
    …と思っていたら、なんと本日義祖母危篤の連絡が入りました。
    少し距離を置いて、冷静になってと、思っていたところだったので思わぬタイミングで義両親に会うことになり、正直不安でしょうがないですがここで躊躇うとまた関係悪化しそうなので頑張ってきます。
    経験豊富なみなさまの意見にどれほど助けられたかわかりません。
    本当にありがとうございました。
    日本中のお嫁さんに幸せがありますように!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 + = 8