家族で海外赴任。絆が深まるどころか亀裂が…

チョコチョコさんのご相談

家族で海外赴任しました。
初めての海外でわからないことだらけ・・
そこに、家庭持ちは主人だけ・・・
できるだけ、仕事の邪魔にならないようにと自宅の不具合等は、会話等全くできないながら翻訳アプリでどうにかやってきました。
先日、家族で初めて電車に乗ろうと言うことになりました。
「調べておいて」と数日前から頼んでいたのと、お金を下ろしておくようにと頼んでいたのですが、当日になって電車の見方がわからなかった・・・
お金の下ろし方がわからなかった・・・
会社に聞ける人いてるやん・・・
なんでも人任せで、失敗すると「そうなると思っててん」とか結構人を馬鹿にする言い方をよくします。
海外赴任は家族の結束が固まるという人もおられますが・・
日本にいてた時よりも夫の頼りなさが目につき同じ空気吸うのも嫌になってしまいました。
餞別等も全て私の親戚実家からの物で主人側から一切ありませんでした。
それを両替して現在は使っていますがそこも納得できなくて・・・
「私の身内からもらったお金やから私のものや」と先日言いましたが、どこまでわかっているのか・・・
自分のしていた仕事を辞め主人についてきたことを今は後悔しています。 家族のために、電車の時刻表ってどう見るの?キャッシュコーナでの引き出しはどうするの?と聞くだけで済むと思うのにそれができないことが・・情けない。と思う私は理想を追いすぎなのでしょうか・・・


悩めるチョコチョコさんに
みなさまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 妊娠, 子育て


家族で海外赴任。絆が深まるどころか亀裂が… への25件のコメント

  1. 海外在住 より:

    厳しいようですが、
    ご自分でお仕事を辞めてまでついて来られたのなら、
    電車の乗り方やお金のおろし方ぐらい
    夫が仕事中の昼間になんとか調べられないものでしょうか?
    ネットでも見つからないなら、現地の人に身振り手振りで聞くとか。
    それとも女性は一人で出歩いてはいけない国なのでしょうか?

    頂いたお餞別も「家族のもの」だと思いますよ。

    国名を書き込まれたら、どなたかご存知の方がいるかもしれませんね。

    • チョコチョコ より:

      海外在住様
      コメントありがとうございます。
      ネットで調べれば済むんですものね・・夫に頼らず頑張って行こうとおもいます。ありがとうございました。

  2. ピッチ より:

    異国での生活、慣れるまでは緊張の連続ですよね。チョコチョコさんもご主人も疲れがたまっているのではないでしょうか?
    私も以前、非英語圏に住んでいました。はじめは、それはそれは緊張して、右往左往してばかり…..夫の会社関係に色々聞いたりするのが早いのですが、夫は私と比べ物にならない位、大変な状況で仕事をしてると思うのです。
    結局何が言いたいかと言うと、夫に頼らず自分でやったほうが早いし、揉め事が少ない!と腹をくくると、楽ですよ。(と偉そうに言いましたが、治安なども関係しますね)
    楽しい滞在になる事を祈っています。

    • チョコチョコ より:

      ピッチ様
      コメントありがとうございます。
      主人も大変な状況なのはわかっているつもりなのですが、、ついつい・・
      楽しい滞在になるように努力したいと思います。
      ありがとう ございました。

  3. 欧州在十年 より:

    海外赴任あるあるですね。
    私も赴任当初は、夫に不満ばかりぶつけていました。アパート中に響くような大声も出してしまってました。夫の職場の厚生担当(現地人)にちらっと愚痴を言ったら、「それはノーマルなことよ、皆はじめはそういう家族ばかりよ。」と言われ、なんだか肩の力が抜けた感じがしました。
    それからは、夫は慣れない環境で仕事頑張ろうとしているんだから責めてもしょうがないな、夫が手の回らないところは私がやってやろうじゃないかと思えるようになりました。語学も頑張りました。英語は夫担当、現地語は私担当です。初めてのことも怖がらずその場にいる人に聞いたりしてなんとかやってきました。はじめはこわいし、イヤな経験もたくさんしましたが、経験を積むうちに何かわからないことがあっても構えずに対処していけるようになりました。
    赴任して数年の友人が、「夫がなにもやってくれないから、うちはなにも出来ないの」みたいな愚痴をこぼしていましたが、もったいないなと思います。
    日本でも海外でも生活していく自分の気持ちの持ちようで変わってくると思います。
    苦労したらそれだけ身につくものも大きいし、だんだんと生活が楽しくなりますよ。

    • チョコチョコ より:

      欧州在十年様
      アドバイスありがとうございます。みなさん同じような経験されているんだなと思いました。気持ちを切り替えて前向きに頑張っていきます。
      ありがとうございました。

  4. 駐在卒業 より:

    私の夫は外国人ですが、その夫が駐在員で、夫婦二人にとっての外国で駐在が長かったのでお気持ちよくわかります。後から考えると簡単なことでも、はじめはなんでもオロオロ、その連続ですから疲れますよね。

    数年前から私は、夫の母国にすんでいますが、夫の母国に戻ってきてからも大変でした。夫は、母国に戻るのは20年ぶり。アップデートされていないのと仕事が多忙なので、生活の細々したことは、全部自分で開拓しました。会社の人に聞けば簡単にわかるのに、ということもたくさんあったのですが、彼も新しい職場環境でいっぱいいっぱいで大変そうだったので、出来るだけ自分でがんばりました。

    いい大人がバスののり方を間違えて運転手さんにおこられて涙ぐんだり、お店屋さんがわからなくて、ネジとかボンドまでデパートで買ったり…今から考えると、笑っちゃうような失敗や無駄をくりかえしてましたが、なんとかなりました。

    困ったときは、駐在の奥さん同士のネットワークは頼りになりますよ。日本人や他の国の駐在さん、ご近所にいませんか?あとは、国際結婚してる日本人の奥さんとか。奥さん同士で固まると、人間関係とか大変かもって思うかもしれませんが、私の経験では大部分の人は、常識の有る普通の人でした。企業から信頼して派遣されるようなご主人の奥さんです。教養のある人が多いし、皆さん多かれ少なかれ苦労はしているので、海外在住さんの悩みもよくわかるはず。みんな、自分の快適な生活や健康、子供がいる人は子供の教育など、求めてるものはそうはかわりません。

    何かを教えていただいたらお礼を忘れずに、自分から提供できる情報は喜んで提供する、など常識をわきまえた態度で接すれば、きっと多くの人が手を貸してくれますよ。まあ、時には、泣いちゃうことも有るとは思いますが。。。そうこうしているうちに、ご主人の知らない現地のことを知ったエキスパートになれますよ。がんばって。

    • 駐在卒業 より:

      間違えた!
      海外在住さんは、回答者で、質問者は、チョコチョコさんでしたね。
      失礼しました。

  5. きなこ より:

    チョコチョコさん、こんにちは。
    分かりますー。初めての海外での生活、毎日の日常生活を送るだけでもくたくたになりますよね。
    私の場合、ちょっとカフェにでもなんて思っても、『勝手に座っていいの?』『注文はとりに来るの、自分で行くの?』『メニューは?』と、入る前から緊張したりして、結局自宅へ帰るなんて事もありました(^^)
    海外在住、失敗の連続もあるかと思います。でも、仕方ないですよ。住み慣れた日本ではないんですもんね。

    銀行(ATM)でのお金の下ろし方、電車の乗り方など、具体的な国名を書いてネット上で質問されてはどうでしょうか?それを元にして、お金を下ろしてみる(海外は万が一のこともあるので、小額から)など、ご主人に頼らず自ら行動されてみてはどうでしょう。
    海外での電車なんて、行き先間違い、突然の運行休止などトラブルは付き物だと思って、お水とお菓子でも持って、気楽に近場からトライされてみてはどうでしょう。
    間違えても落ち込まない、「だって日本じゃないんだもん」くらいの気持ちでおられるといいですよ。 そして無事に出来たら自信になります!どんどん逞しくなりますよ(^^)

    それから、感じのいいお店(カフェやスーパーでも)や美味しいお菓子など、何かふと疲れたときに癒されるような存在を見つけられるといいですね。

    ご祝儀の件は、私も自分の物…と思ってしまいそうですが(笑)、ご主人のお給料は家族の為に使ってくれると思うので、今後少しず~つお給料から回収されたらいいんじゃないかな、と思いました。ファイト!

    • チョコチョコ より:

      きなこ様
      コメントありがとうございます。本当に言葉が通じないというのは不便ですね。けれども、みなさん同じような経験されてるんだと知って元気になれました。ありがとうございます。いつかこうだったねって笑って話せるように頑張っていきたいと思います。
      給料から少しずつ回収する目標もできましたので頑張ります。
      ありがとうございました。

  6. 黄色い靴下 より:

    お住まいになっている国でもきっと色々と違いますよね。
    日本人の少ない国なんでしょうか。
    文面から、英語圏ではなさそうなので、本当に大変だろうなぁと思います。
    旦那様赴任と同時にチョコチョコさんも引っ越しされた感じでしょうか。私は商社勤務なので駐在員も多い職場ですが、基本的に3ヶ月は家族を呼び寄せない規則になっていますね。取引先なんか見ていても似たような感じです。

    例えそれまでに数え切れないほど出張に出ていたとしても、駐在に出て現地の生活に馴染むというのは大変なことなんだと思います。駐在者本人が現地の生活、習慣と、駐在者としての仕事に何とか馴染んでから家族を呼び寄せる、という期間が最低3ヶ月と見なされているとういことなんでしょうね。

    チョコチョコさんが旦那様の赴任と同時に引っ越しされて、かつまだ一ヶ月も経っていないようであれば、きっともうちょっとの辛抱だと思います。

    旦那様の会社の人は単身でいらしてる方ばかりとの事ですが、旦那様が駐在員として軌道に乗ってくれば、仕事の関係から自ずと日本人コミュニティ的なものにも知り合いが増えてくると思います。

    今は一緒にゼロからの出発なのでお互いに本当に大変だと思いますが、わだかまりが近い内に解消されて旦那様との楽しい海外生活を送られることをお祈りしています。

    • チョコチョコ より:

      黄色い靴下 様
      コメントありがとうございます。
      住んでいるところは、英語圏ではなく日本人も10名以下と聞いています。
      会社も日本人は主人含めて2名なので主人も大変だとわかっているのですが愚痴ってしまいました。みなさんの体験等を聞かせていただき、勇気づけられました。ありがとうございます。

  7. プー より:

    駐在国がどちらか分かりませんので、不明事項は『転勤妻掲示板』というサイトを利用されてはどうでしょうか。国別に質問トピが立てられますし、利用者がほぼ女性のみなせいか、掲示板が荒れたりすることはなく安心して利用できますよー。

    中国在住がトータルで15年以上になる私ですが、いまだに不安でドキドキすることはしょっちゅうあります(笑)。留学経験もあるので中国語は普通にしゃべれるし、日本語OKな現地人の友人も多く、分からないことはいつでも尋ねることが可能な環境ですが、それでも!です。時にはあまりに基本的すぎることが分からず、いまさら気恥ずかしくて聞けないー!とか、例えばお金に関することはなんとなく聞きにくいなぁ……とかあったりしますしね。

    だから、赴任間もないあなた方一家が右往左往しても、至極当然のことです! 駐在したり、海外に移住したりって人は、みな同じことを経験してきているので、安心してあなた方も右往左往してください(笑)。

    ご主人の「こうなると思ってた」発言には怒っていいと思いますが、会社で質問してこい!は、できれば勘弁してあげて下さい。考えてもみてください、ご主人は生活環境だけでなく、勤務環境や同僚から取引先など、すべてが新規の状態なんです。覚えなきゃならない事柄や人の顔に現地ルール、駐妻よりはるかに多いです。ただでさえ、仕事内容について毎日回りに質問してばかり、教えて貰ってばかり、という状態です。そのうえ仕事に関係のないことまで質問して、周りを煩わすのは気が引けるんじゃないかなーと思います。

    同じ町でなくても、同じ国在住の日本人のブログなどを探してみてください。非英語圏なら尚更、生活お役立ち情報を公開している人って、けっこう多いですよ? そしてそのうち現地で日本人の知り合いや友達が出来れば、いろいろ気楽に、生活も楽しくなってくるんじゃないでしょうか。 

    • チョコチョコ より:

      プー様
      コメントありがとうございます。『転勤妻掲示板』ですか早速検索してみます。15年ですか凄いですね。会話ができても不安に思う事がおありになるのなら海外初めての私なら仕方ないですね・・もう少し右往左往しています。思うようにできない自分にも苛立って愚痴ってしまいました。けれども皆様の体験をお聞きし頑張れそうです。ありがとうございました。

  8. 森猫 より:

    そういう体験は、わけがわからない「初々しい」時期にしかできない貴重な経験です。
    よくわからないが故にやらかしてしまった間違いや失敗は、後々の「話のネタ」であり「いい思い出」。悪く考えないで下さい。
    海外生活も20年を越えると何でも当たり前になってしまって、かつでの微笑ましい勘違いや、笑える失敗もよく思い出せなくなりました。ちょっと残念。書き留めておけばよかったかな、と思う今日このごろ。

    • チョコチョコ より:

      森猫様
      コメントありがとうございます。貴重な経験ですよね。主人には感謝しているのですが愚痴ってしまいました。笑って言える日が来るように頑張っていこうとおもいます。ありがとうございました。

  9. chii より:

    付いて来てあげているのに、頼んでおいた事も調べてもらえないの?日本から離れて、こんなに寂しく過ごしているのに…という感じでしょうか?駐在あるあるですね。お餞別にしても、夫側からもらっていないのに、何で?と思われるのも、きっとご主人に頼りたいのに、思ったとおりの頼りにはならないのも拍車を掛けているのかも知れませんね。

    今は便利な時代です。家でお仕事をされているのですか?ご主人が働かれている時間に、ご自身で調べる時間は全くありませんか?ご自身で何とか出来る事はトライしてみてはいかがでしょうか?何でもやってもらって当たり前になれば、そりゃ他人同士結婚して夫婦になったのですから、不満になり、積もり積もって、いつかは爆発するでしょう。

    日本では出来ない経験を、少しでもご自身で楽しめる滞在に出来れば、きっと楽しい時間も増えるかと思います。それと、ご主人のお給料で何とかなるのであれば、お餞別は使わないでおいてはいかがですか?帰国の際に、手元に日本円があると便利ですよ。海外在住なので、帰国の度に、手元に日本円を残して海外に戻る様にしています。

    お互い労わり合って、長くはないであろう海外生活を、少しでも楽しんで下さいね。

    • チョコチョコ より:

      chii様
      コメントありがとうございます。自分のできることから頑張っていこうと思います。ありがとうございました。

  10. あんな より:

    大変ですね。私は52歳、3カ国、計18年の現役海外駐在妻です。子供も海外で高校まで終わらせ、大学生になって家を出た今、夫婦二人の生活になりました。が、未だ尚、似たような経験をしています。特に今回の駐在は、前回が13年と長かったせいもあり、新たに駐在生活を始めたかのような新鮮な悩みを味わっているところです。
    自分も悩み中なので、大したアドバイスも出来ませんが、他にも同じような悩みを抱えている人がいると知っていただきたくて、コメントしました。
    居住地に日本人が少なければ少ないなりに、多ければ多いなりに、それぞれ悩みは尽きないものです。駐在妻の会などは、助けになるときもあれば、そうでない時もあり、一概に駐在妻のお友達ができたから解決される問題でもないことと思われます。ネットで調べて、電車の乗り方が分かっていたとしても、同じようにどこかで衝突したのではないですか。ストレスが溜まった生活は、本当に信じられないほど些細なことでも亀裂が入ってしまうのですよね…。
    過去、どのように乗り越えたかは、方法論があるわけではなく、時とともになんとなく、という感じでしょうか。毎回、これで本当にダメかも、と思っています。これで何度目かなー(遠い目…)
    ただ、いまの大変な状況では、同様にストレスを抱えていらっしゃるであろうご主人が打開の一助になるとは思えません。双方の心が落ち着くまで、ご自身お一人でで楽しまれる何かを見つけられることをお勧めします。街歩きでも、ちょっとコーヒーでも、掃除でも。(コメ主さんが綺麗好きなら)
    あ、あと、夜7時を超えたら、悩みを捨てるようにしています。たぶん人生は、まだまだ続くので、46時中悩んでいると、身が持ちません。これ、お勧めですが、これができるようになるまで、時間がかかりました。よかったら試してください。
    頑張りましょうね、じゃなくて、のんびり行きましょうね。

    • チョコチョコ より:

      あんな 様
      アドバイスありがとうございます。3か国18年ですか・・凄いですね。
      夜7時に悩みをすてる・・いいですね!これならできそうな気がします。
      随分落ち込んでなんとか切り替えしないとと自分に言い聞かせ過ごしていました。その時この掲示板を見て愚痴ってしまいました。けれど、皆さんの貴重な体験等聞かせていただき、やっていける自信がつきました。ありがとうございます。

      • あんな より:

        非英語圏ですか。私も今回初の非英語圏、東南アジアの、海のない国にいます。ネットで調べても、わからない事多いですよねー。ネットの情報は、たまたまその人が上手くいった方法、てだけで、実際のところ、手練手管(?)、交渉力(?)、の世界です。ファイトウっ!

        • チョコチョコ より:

          あんな様
          再々のコメントありがとうございます。
          国を入れたいのですが、国名を入れると特定できるという内容のコメントを頂いたので控えさせてください。すみません。
          非英語圏で、翻訳機能を使っても英語翻訳までの正確さはないようで買い物等も毎回先に調べて翻訳機能にかけていくのですが、半分は首を傾げられる状態です・・
          ただ、親切な方が多く言葉が通じなくても嫌な顔されず対応してくれていますのでなんとかやっていけそうです。楽しい海外生活になるよう頑張っていきたいと思います。ありがとうございました!!

  11. 五郎丸ステキ! より:

    海外での生活大変ですよね!
    私も主人について行きましたが、喧嘩も何度もしました。笑
    主人は赴任先でも出張が多く、私は月の半分近く誰も居ないアパートで一人ぼっちでした。
    一日中家に閉じこもりネットしたりしてましたよ。笑
    お互いストレス溜まりますもんね。
    私の主人は、赴任先の会社で日本人1人で本当に大変そうでした。多分ご主人も大変なんだと思います。
    日本に帰った今では、あの時一緒に行って支えてあげて良かったと思います。
    今だに、言ってやります!「あなたが海外で頑張れたのは私が一緒に居たからだ!」
    主人も私に感謝しています。
    今は大変ですが、沢山思い出も、旅行先の写真も増えますよ♬
    お体に気をつけてくださいね。

    • チョコチョコ より:

      五郎丸ステキ!様
      コメントありがとうございます。みなさん同じ思いをされたのだな知り、元気が出てきました。会話ができると違うのでしょうが、しゃべれないので買い物に行くのが精一杯の状態で翻訳機能を使って翻訳してもまともに出てくる確率が英語に比べて低く・・そのまま書いて持って行くと首かしげられることがしばしばあり結構へこんでいました(笑)数年間の海外生活を楽しめるように自分自身切り替えて頑張っていこうと思います。
      ありがとうございました。

  12. まるこ より:

    こんにちは中国語圏で3年間駐在妻生活してました。
    凄く分かります!アプリで調べたり偉いと思います。本当に本当にお疲れ様です。
    私も海外に出て自分が何も出来ないことに落ち込みました。旦那にも当たってました。
    今だから分かるのですが旦那様も必死で余裕が無かったんですよね。最初は余裕がなくて理解出来ませんでした。

    近くに日本食レストランなど日本人が集まるお店などはありませんか?あればそこに現地情報が書かれたフリーペーパーなどがあるのでそこで情報収集してみたり、語学学校にいかれたり、習い事をしてみたりしてはいかがでしょうか?
    後、私はmixiのコミュニティで近くのお友達と知り合いました。旦那様より先輩駐在妻の皆さんは数倍頼りになります(笑)。とにかくお友達をつくると気持ちが全然違うかと(*^^*)

    『私、出来ません、分かりません!助けて下さい!教えて下さい!』が周りの人に言える様になって凄く気持ちが楽になりました。
    スーパーマンじゃないから最初から日本と同じ様には出来ません。出来なくて当たり前と思うと気持ち楽になりますよ。
    数年後にはきっと笑い話にはなります!いっぱい失敗して当然です。
    そして男性の方がプライドが高く変化には弱いです。
    そんなもんだと諦めましょう。追い詰めていいことないです。
    私は自分が旦那さんの会社の現地スタッフと仲良くなって直接聞いたり頼む様にしてました。旦那様には会う機会をセッティングしてもらうなど橋渡し役をお願いするのはどうでしょうか?

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


8 + 4 =