フリーのイラストレーターです。お客様との対応に悩んでいます…

ラッキーさんのご相談

いつもブログを楽しく面白く拝読させていただいています。
沢山の経験をお持ちのブログをご覧の皆様にご意見をうかがいたく
メールさせていただきました。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2人の子どもを持つ30代の主婦です。
フリーで文章をかいたり、絵を描いたりする仕事をしています。
自宅で仕事をしています。
デザイン会社や広告会社といった会社で働いた経験はなく
別業種の仕事をしている時に、
趣味で描いたイラストや文章が人の目にとまり、
そのまま仕事になりました。
いつでも仕事があるというわけではなく、仕事の入りはかなりランダムで
1ヶ月に小さなイラストの仕事があるかないか、という時もあれば
半年にわたる大きな仕事がきたりする時もあります。

基本的に小さな企業からの依頼が多く、
小さい企業ならお金がないだろうから、という気持ちが手伝って
いつも相場よりも少なく見積もった請求額にしてしまう癖があります。

その癖から生じたトラブルの相談をさせてください。

依頼主は長くつきあっているお店なのですが、
トップが変わってから、色々と変化が生じてきました。
前トップは、人情味があり、できあがったものに対しいつも感謝の気持ちを
伝えてくれました。仕事相手も友達のようにつきあってもらえる方で、
その人情にほれて仕事をさせていただいたところがありました。
そして、ほれた人情味を加味して、常に請求金額を少なめに請求していました。
私もそれで何も不満はありませんでした。
しかし、現トップが担当者になってから…言ってみれば普通の会社になりました。
例えば、制作前にラフスケッチをおくってくれ(いつもいきなり出来上がりを提示していました)
その上で見積り額を請求してくれ(普段は出来上がったら、いきなり請求書をおくっていました。江戸っ子風の言い値でした)
来訪しての談話まじりの依頼方法はなくなり、依頼は電話かメールのみになり
これも仕方ないかな、と思いました。
ある意味普通のことであり、ああ、この会社は「普通」になったのだな、ですむのですが、

自分の狭量な部分が顔をだしてしまうのですが、
人情分を差し引いた正規の金額を請求したくなってしまうのです。

しかし、先方は以前からの金額を知っている人でもありますから、
消費税増税後、少しでも安くしたい、という気持ちからなのでしょう。
より安くと暗に請求してきます。(暗に、というところがまたやっかいなのですが)

本来ラフスケッチの再考や、先方都合の修正を行えばその分請求額は加味されます。
しかし、その辺は理解いただけない部分が多く苦労しています。
ただでさえ安くしているのに…という不満がむくむくと顔をだしてしまうのです。
(大抵自分が涙をのんでいます)

以前、お世話になったデザインのプロの方から、
「ある程度は、デザインの苦労や知識を知っているクライアントでないと、こちらばかりが苦労をしてしまう。
すべての修正や要求を簡単にできるもののように思われてしまうから、どんどん注文してくるよ。
そして、今の会社さんはその傾向が強いから、つきあいを少なくしたほうがいいんじゃないかな」という
アドバイスをもらったことがありました。

その方も、以前仕事をして、てひどくやられた、という感じでいわれていました。

しかし、それならばと「今後修正をするならば○○円頂戴します」
と突然言い出すのも、気が引けてしまいます。

自分自身に専門会社での経験がないだけに、様々な面で途方にくれてしまっています。
悶々としている中で
検索した正規のイラストやライター料金のあまりの高さに
(私がいつも請求しているような額の2倍~10倍のものもあり)愕然としてしまいました。
相談するにも同業者の知り合いは皆無で(上の方は唯一の方です)
相談する相手がいなく、途方にくれてしまっています。

フリーでやっていくためのアドバイスや
こまったクライアントさんとうまくやっていくならば、どのようなコツがあるのか、
どうか教えてください。

長文で失礼いたしました。

お読みいただきありがとうございました。


クライアントの担当者さんの変更で
今まで通りにはいかないことってよくあります!

お仕事を頼む際、予算に応じてイラストレーターさん探しをしなければいけない時と、あの人に描いて貰わないとこのプランが成り立たない!っていう時があります。
後者を目指し、ある程度イニシアティブを取りながら対応できると、いいかなぁと思いました。
業界関係者の皆さま、アドバイスお願いします!


カテゴリー: 仕事


フリーのイラストレーターです。お客様との対応に悩んでいます… への20件のコメント

  1. もも より:

    仕事相手を選べるイラストレーターなら
    仕事のやり方のイニシアティブをとれると
    おもうんですけど、そうでないなら、
    相手にそれを求めるのはちょっと贅沢な
    ことなのではないかな、とおもいます。
    見たところ、その仕事で生活なさっているわけ
    ではないようですね。
    なので、最初の値段も低めに言い出してしまった
    わけですよね。ほんとうにプロ意識があったら
    そうしていたのかな。
    生活がかかっているのだったらしないとおもいます。
    人情は押し付けるものではなくて、
    ましてや仕事をもらっている側が要求することではなく、
    双方のあいだに生まれたらありがたく
    大切にしていくものなのではないかなぁ。
    ほんとうの問題は、あなたが自分の仕事の価値を
    低めに見積もっていて、そして高めにしたときに
    その仕事は存続するのかな?ってことなんだと
    おもいます。

  2. あひる より:

    失礼は承知で・・書かせていただきます。
    もう、そちらのクライアントさんとはお仕事なさらないほうがいいと思います。
    相手も普通の会社に変わって・・貴女も普通に対応する・・
    いままでのフレンドリーなお友だち取引はできないときっぱり線を引けないなら・・辞めたほうが良いと思います。
    簡単に始めたといっても。。イラストは作品・・その作品を安売りしていいとは思いません。
    今まで安めに見積もっていても・・そこに支払われる金額には、お金だけでない気持ちがのかっていたはず・・、それがないなら・・その分金額にのっけてもいいはずです。それを分ってもらえないと勝手に悩むより・・
    ちゃんと請求して、それで折り合いがつかなければ・・それまでです。
    それが。。見積りであり、企業の仕事であり・・貴女の仕事です。
    専門の知識がある、なしは関係なく貴女がプロとして今後、どう有るべきか・・考えるいいチャンスになったのではないでしょうか?
    今までどおり・・気持ちが繋がっているクライアントさんだけでなく・・
    厳しいけれど・・企業としての仕事に取り組む、新たな仕事のチャンスかもしれませんよ!

  3. とろぽん より:

    私はどちらかというと、
    イラストレーターさんにお願いする仕事をしています。
    毎日、どんな風に伝えたら良いだろう、など
    悶々と考えながら依頼の文章を捏ねています。

    自分自身もイラストを描きますので、
    ラフでOKを出したのに、清書でどうしても変更しなければならない時は心臓が縮み上がります。

    ラッキーさんの相談を拝見して、
    ラッキーさん的には人情のある仕事が一番だと思うのですが、
    前の会社の状態には戻らなさそうだなぁと感じました…。

    相手がビジネスライクになられたのですから
    こちらもビジネスライクに思い切ってやってしまうのはいかがでしょうか。
    「今後修正をするならば○○円頂戴します」以外にも、
    「人情分、お安くしていた基本依頼料のアップ」、
    その代わりに、見積もりやラフはきっちりやる…など。
    理由をつけて(他仕事が忙しくなった等)整頓してしまうのはいかがでしょうか。

  4. サナ より:

    デザインのプロの方の言うとおりだと思います。
    わざわざラッキーさんの作品を安く売る必要はないと思います。
    きっぱりこの価格ではここまでです。と言い切ってしまって、それで仕事が来ないのであればそれまでの会社ということです。
    今はまだトラブルが大きくないのかもしれませんが、今後何らかのトラブルが起きそうな予感も秘めているように思います。
    大きなトラブルに発展してからでは遅いですよ。
    『先方は以前からの金額を知っている人』とありますが、以前の担当の方がどのようにコミュニケーションを取られていたのか、ラッキーさんとの関係はどうだったのかは知らないはず。
    きっぱり言わないと相手もわかりませんし、わからないような相手と仕事をしていても良いことは起こりません。

    安く安くと言ってくるということはラッキーさんの作品をその程度もしくはそれ以下だと思っている証拠です。(失礼なことを言ってしまいました。)

    私なら、担当が変わって以前よりも悪くなったところが分かったら、きっちり線を引き、それでも依頼してくるのなら割り切って受けると思います。

    仕事を頼む、頼まれるという上下関係ではなく、本来仕事は対等な立場な訳ですから、ラッキーさんも企業を選んで仕事を受けたほうが良いと思います。

  5. ラッキー(相談者) より:

    ももさん、貴重なご意見、ありがとうございます。
    私の拙い文章力のせいで、誤解を招いてしまい申し訳ありません。
    フリーでやっている仕事ではありますが、収入によって家計の3〜4割をまかなっており、それゆえのプレッシャーもあったように書いていて思いました。
    >ほんとうにプロ意識があったらそうしていたのかな。
    自分自身、仕事に関しては自分の力をだしきってやっているという
    自信はあるのですが、
    ことそれをお金で換算するとなると、一気に自信がなくなります。
    自分の作品をお金に換算することに対する自信となると別物になってしまうのです。それは今回の相談とは別のところなのですが、今回おっしゃっていただいたことで改めて問いかけたいと思います。
    コメント、本当にありがとうございます。

  6. ラッキー(相談者) より:

    あひるさん、コメントありがとうございます。
    全然失礼ではないです。貴重なコメントと感じました。
    本当にそのとおりです。新たなチャンスと思い、自分自身へのチャンスと受け止めて頑張ろうと思います。ありがとうございます。

  7. ラッキー(相談者) より:

    とろぽんさん、貴重なコメントありがとうございます。
    イラストレーターさんに依頼をされる立場としてのご意見、とてもありがたいです。ラフのイメージをイラストレーターさんに伝えてくださるんですね、いいなあ。とろぽんさんが担当されてらっしゃるイラストレータさんは幸せだなあ、などと思ってしまいました。
    ビジネスライクにわりきって…、そうですね。
    苦手な部分でもありますが、頑張りたいと思います。コメントありがとうございます。

  8. ラッキー(相談者) より:

    サナさん、コメントありがとうございます。とても励まされました。
    >今はまだトラブルが大きくないのかもしれませんが、今後何らかのトラブルが起きそうな予感も秘めているように思います。
    自分の中のもやもやをビシッと言っていただいたように思いました。
    ありがとうございます。はっきり言うということが苦手なタイプなのですが、
    伝えるべきことを伝えられるように頑張ろうと思います。
    ありがとうございました!

  9. chii より:

    プロの方のおっしゃる通りなのでしょうね。才能あるご自身の作品を、安売りする必要はないと思います。必要として下さる方が、いっぱいいらっしゃると思いますよ。

    これからも才能を生かし、ストレスフリーでお仕事楽しんで下さい!素晴らしい才能をお持ちで、本当に羨ましいです。

    • chiiさん、無条件に受け入れてくださるコメントに涙がでそうになりました。
      相談できる相手がいないだけに余計に嬉しかったです。ありがとうございました!頑張って目の前のたくさんの(笑)仕事と向き合おうと思います。

  10. ママたろう より:

    フリーでイラストレーターをしています。
    私も10年来、ものすごくお安い値段でイラストを描いていました。
    それはもう、同業者には言えないほどに(笑)
    でも、これではあまりにもかかる時間に対してもらえる金額が少なすぎると思い、
    一大決心をして、値上げをお願いしました。
    この会社からの仕事がなくなっても構わないというほどの決心でした。
    (その会社からの依頼は、私の収入の80%を占めているので、今まで値上げを言い出せませんでした)

    結果、時間はかかりましたが、値上げを受け入れてくれました。
    先方も、今までの金額は安いと思っていたようです。
    実際、値上げ後も相場よりは少し安めです(^_^;)
    それでも、交渉をしたことで、何だかスッキリしました。

    値段があってないような世界ですので、ある程度ビジネスライクな付き合いは必要ではないかと思います。

    • ママたろうさん、貴重なコメントありがとうございます。
      同じ境遇を持たれ、そして解決へとふみだされた体験、とてもありがたいです。
      >これではあまりにもかかる時間に対してもらえる金額が少なすぎると思い、
      そうなんです!私もそこがとてもひっかかってしまったんです。総合的にかかった時間を計算して時給換算すると最低賃金に届かない時もあって(笑)
      そしてそれが大抵直しにかかった時間だったりするのです。
      ママたろうさんはしっかりと交渉をされたのですね。素晴らしいと思います。私自身交渉は苦手な分野ですがもやもやを続けずに、頑張りたいと思います。ありがとうございました!

  11. みっち より:

     あの、とても言いにくい話だとは思いますが、安くしろと暗に言われた場合には、「今までの方との経緯」を説明して、こういう状況で他の依頼される会社より御社は安く引き受けていました(嘘っぱちでいいので正規料金表を見せる)ということをお伝えしていいと思います。いわゆる人情料金ですからこれ以上まけられないんですよ~っていうか。
     一番忘れてはいけないのは、今回の件でもそうでしたが「よかれと思ったサービス精神が、自分や他の同業者の足を引っ張ることもある」ということだと思います。
     実際、以前の担当の方とはうまくいってた関係で、今の変わってしまった取引先との仕事がしにくくなっていますよね。
     今までの分はもうしょうがない。
     だけど新規の方とか今後のお仕事では正規の料金を請求しませんか?
     他の同業者の足を引っ張る、というのは「ラッキーさんとこではこの半分だよ?」って迫られたら、仕事をなくすよりマシと圧力に負けてしまうこともあると思うんです。時給換算した時の労働代金以外に、デジタルではなく手で描いている方は画材代もかかるでしょう。みんながみんな、他より安くせざるを得ない状況が業界全体に広がると、全員身動きとれず力のある依頼側の言いなりで食っていけなくなっちゃいます(笑)。
     だから、今までの気持ちよくお付き合いしてる方とはともかく、今後はもう正規料金でお仕事なさった方がいいと思いました。「仕事は仕事」と割り切るのも嫌なものですが、案外「全員ビジネスライクでやってますんで」のほうが楽かもしれません。気持ち的に。
     今後、少しでも気持ちが軽くお仕事出来ますように…

    • ラッキー(相談者) より:

      みっちさんへ

      貴重なコメントありがとうございます。
      今後の自分の仕事の姿勢を考えるきっかけを与えてもらいました。
      そうですね、自分の足を引っ張っていた考えから独立しないといけませんね
      。正規料金というものが決して安くはないこともふまえつつ、自分を食わせている仕事でもあるというプライドをもってやっていけたら、と思います。
      コメントありがとうございました!

  12. 今回匿名 より:

    こんにちは
    家業がその仕事で育った者です。厳しい意見になるかと思います。

    どうか自分の作品は自分の納得する見合った値をつけてください。
    安くや無料でイラストを提供する人が増えて、正規の価格の仕事がなくなってきています。
    イラストレーターを志望する学生達にもこういう傾向が多いのですが、安売りすればするほど、無料で配れば配るほど、本当にそれで生活できるプロが少なくなってしまいます。
    フリーイラストや素人作品を使わないというのはいわば使う側のモラルにもある程度身を預けた問題ともいえます。数年前CM曲にフリー音楽を使った事がちょっとニュースにもなりましたが、使う側のモラルが崩れればイラストは無料があたり前の世の中になってしまいます。
    今まで一万円で描かれていたものを誰かが100円で出すと、いつの間にかその価値は100円になり、100円で提供してしまった人は仕事が増えたとしても結局100点もの絵を描かなければ今までの価値に届かなくなる。
    こういう現象が起きてきていて、編集業者すらそういう価値を持つ若い世代に移行しつつあります。
    貴女がもし、茶こしが欲しいと思ったら今はまず100円ショップに見に行きませんか?20年前は100円ショップで茶こしを手に入れる事はできませんでした。
    年賀状のテンプレートもそうです。無料で溢れていますが、数年前まではソフトを買わなければ編集できませんでした。
    つまり物の価値は20年あればあっという間に変わってしまうのです。

    フリーだからといっても、同業者がある限り貴女は一人で仕事をしているわけではないのだから正規の値を頂いて良いのだと毅然として良いと思います。
    少なくとも貴女が身銭をきる必要はなく、自分のためではなく、今働く同業者そして将来を絵で生活したいと望む子ども達のためにも絵の価値を下げてはいけないはずです。
    どうぞ勇気を持って依頼者に連絡をしてください。
    交渉と説得、絵を描くのにどのくらいの時間がかかり、時給にすると幾らになるかも伝えた方が良いと思いますよ。

    お子さんも、もしかすると絵を描くのが好きではないでしょうか。
    将来自分も絵描きになりたい!と思った時、堂々と「頑張れ」と言えるよう、今絵描きである人達がイラストの価値を守らないとならないと思います。
    話しが壮大になりましたが、ここ20年でイラストや写真の価値はどんどん下がっています・・・

    こうした視点でも、イラストにきちんとした価値をつけるというのは重要なことだと思います。
    どうぞ頑張ってください。先にも書きましたが時給換算すると相手は伝わりやすいようですよ!

    • ラッキー(相談者) より:

      今回匿名さんへ

      貴重なコメント、ありがとうございます。
      同業者の方からの親身なお言葉、とても参考に指針になります。
      自分のためでなく、他の同業者の人や、これからのイラストレーターさんのために、という発想は今の自分にはなかったことなので、開眼の思いです。
      確かにフリー画像がかなりあふれていますね。美術大学出身の友人がアルバイトとしてやっていた記憶があります。フリー画像として使われることに対してはいつもプライドが邪魔をして拒否をしていましたが、おっしゃるような事態があったとは知りませんでした。肝に命じて仕事したいと思います。ありがとうございました!

  13. じゃがまりりん より:

    それは困りますね
    仕事が無くなっても困るから、余計に悩みますよね
    でも、時には仕事相手を選ばなければならないときもあります
    プライドを持って、ご自身が納得いく見積もりを出す必要があります
    相手が安く、と言ってきたら、カラーを線画にする、イラストの点数を減らすなど代替え案を出すなど交渉術を身につけてはどうでしょう
    また、以前のトップの方には大変恩義があったので、他よりもお安くしてましたが、消費税などの影響から材料費などの経費が値上がりしたので、価格を改定させて頂きます、とはっきりと相手に価格改定のお知らせを差し上げてもよろしいかと思います
    それで仕事が無くなるのであれば、仕方の無いことのように思いますが、営業し新たな良いクライアントを見つけるなど、努力されてはと思います。
    相手もあなたに強く言えばなんとかなるだろうと感じているのかもしれません。
    覚悟を決めて、言いたいことは言ったほうが後悔は少ないと思いますよ。
    うまくいくといいですね。がんばってください。

    • じゃがまりりんさん、貴重なコメントありがとうございます。
      交渉が苦手な自分ですが、具体的な部分も含めて教えてくださりありがたかったです。なるほど、とうなづける部分も多く、二重にありがたいです。
      じゃがまりりんさんはきっとお仕事を頑張られている方なのでしょうね。
      営業も含めて、がんばっていきたいと思います。ありがとうございました!

  14. おでかけ前マドモアゼル より:

    同業です。
    まず、時給換算して云々とおっしゃっていますが、それはタブーです。プロなら単価の低い仕事に嘆かないで、単価の高い仕事を組み合わせてなんぼだと思います。
    それと、初代のトップの方とのお付き合いはとても良い関係を築かれていたようですが、平たく言えばなぁなぁ、で仕事されていたわけですよね。
    初代の方がとても上手にラッキーさんを使っていた、とも言えます。
    なんにもせず待っているだけじゃ、依頼主の都合のいいようにどんどん下げてくるのは当然です。

    と、ここまで厳しく言いましたが、ギャラ交渉は本当にキツイですよね。
    お察しします。
    まずは、その依頼主に経緯を説明して、ギャラを上げられないのであれば修正回数に上限をもうけるなどの交渉をしてみてはどうでしょう。1回までは修正するけど、それ以上は追加で料金を設定するとか。
    そうやって、嫌がられてもこま切れに加算していくのがおすすめです。
    ラフ書きは基本なので、一発納品に戻すのはあまりよくないような気がします。依頼主にとってもあまり関係を築けていないラッキーさんにいきなりラフ無しで納品してもらうのはリスクが高すぎますし。
    作業工程の大変さをわかってもらえることは、ほぼありませんよ。それを汲んでくれないかなーと思っても言わないと絶対に伝わりません。言ってもあまり伝わりませんが。
    ささっと書いてるだけでしょ?と思ってますから。
    修正なんてすぐできるでしょ?って。
    あと、業界経験が無いとおっしゃってましたが、お金もらって書いている時点でもう業界の人です。プロです。そこで自信を持たないと、仕事を依頼してくる人に失礼ですので、自信たっぷり(嘘でも)の態度で!

  15. との より:

    同業の二十代です。子供も今度二人になるので完全にお揃いです。

    私も、そのデザインのプロの方と同じ意見ですが、更に付け加えると
    依頼側は絵描きでもない限り、技術者の苦労なんか微塵も解らないし理解する気もありません。
    修正費用を請求するのはラッキーさんの当然の権利であり、交渉すべき内容です。
    気にする必要などないのです。担当者が変わったのでサービスする必要性を感じなくなったのですよね?
    値上げ交渉もされたらいかがです?それで仕事を切られてもお気になさらず。ダメ元ぐらいの感覚で交渉しても全然問題ないですよ。
    寧ろそうすることで相手に断られればラッキーさんもスッキリされるでしょうし、先方もその金額を払う程ラッキーさんのお仕事を必要としていなかっただけの話です。
    厳しいようですがそんなもんです、イラストレーターなんて。
    誰も仕事の保障をしてくれないからこそ、自分の価値を武器にお金をもぎ取るしかないのです。
    ただ、他のイラストレーターに依頼していたらラッキーさんのお見積りが一番良心的で、あわてて後からコンタクト取ってくるケースはありますけどね。私の場合はありました。

    私だったら値段下げの交渉をしてきた段階で、
    「その費用では出来ません。品質も落ちます」
    ラフスケッチの再考を求められる可能性がある場合は、仕事に入る前に
    「修正については一回調整○○○○○円です。ラフ提案は一案増加につき○○○○○円です」
    と具体的に提示しておき、一切の交渉の余地が無いことを示すだけでいいです。
    いいわいいわでは相手がつけあがるというもの。
    ここは自分を守るためにも、逃げずに正面から向かっていきましょう。
    そんなあなたを食い物にするクライアントに付き合う必要ないですし、時間の無駄です。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 + = 8