1ヶ月程前に離婚。疲れきってしまってやる気が出ず…

あおさんのご相談

はじめまして。

34歳の女です。1ヶ月程前に離婚しました。
結婚した以上どんな事でも乗り越えて行く覚悟でいて、どうにか上手くやっていきたくて別れるという事は考えられず散々悩んだあげく、もうこれ以外の選択はないと決断しました。

今、言い様のない不安と辛さで仕方ないのですが、離婚された方、どのようにして立ち直っていったのかコメントをいただけたらと思い投稿させていただきました。

離婚原因はDVとギャンブルと借金です…
元々ギャンブルをやっていた人でしたが付き合う時にやめたと言っていたので疑わず、ずっと気付かなかった私もバカでした… 私が夜勤なのでその間に行ってたみたいです。
旦那とは付き合って3年、同棲2年、結婚2年3ヶ月でした。

喧嘩になると逆ギレされて暴力を振るわれる事もありました。
私も自分が悪くないのに黙っていられるタイプではないのでやり返したりしましたが、体格のいい旦那にかなうわけもなくボコボコにされて終わりでした…
もう二度と殴らないという約束を破ったので私は一度実家に戻っていた事があります。
両家の親も交えて話したり、反省してちゃんとすると言うので戻ったのですが、家に戻ってからもちゃんとするどころか、反省もしていなければ訳のわからない暴言、罵声を繰り返し暴力もエスカレート。
何度も話し合おうとしても話は聞かない、逆ギレ、めんどくさい…
向き合う事、歩み寄る努力がめんどくさいと言われました。そして、離婚してくれの一点張り。

これは何かあると思い問い詰めまくったら、ずっとギャンブルをやっていてしかも借金があると…。
結婚してからお金の管理は私がしていたので旦那はお小遣いでは足りず、結婚直後に借金をし始め膨れ上がってどうにもできなくなったようです。
私に訳のわからない暴言、罵声、暴力を繰り返しエスカレートしていったのも、私にヒドイ事をすれば嫌になって離婚を切り出してくれると思った。
そうすればギャンブルも借金もバレないから私に怒られないし揉める事もない、自分の給料は全部自分の物になるから、と。
私にいきなり離婚してくれと言い出したのもそのためだと。

借金発覚してからも金額、借りた時期も嘘をつかれ、実は親兄弟、会社の人からも借金をしていました。
勝手に生活費のお金をおろして、友達と遊びに行ったり、私が出かけている間にまたギャンブルをしに行ったり…
反省する様子もなく開き直って逆ギレ、私の事も何も考えてないし、暴力も打ち所が悪かったら死にかねないんじゃないかって所まで来ていると感じ、向き合うのがめんどくさいんじゃ夫婦として成り立たないし、一緒に居ても辛すぎて、もう離婚するしかないのだろうと決断しました。

こんな旦那でも普段はとても優しくて私よりよっぽど気が利く人でした。
離婚直後はもう、悩まなくても考えなくてもいいんだ!もう殴られたり辛い思いをすることもないんだ、という気持ちが大きかったのですが、ヒドイ事をされたのにいい所とか楽しかった事を思い出してしまったり、辛いです。
私はアルバイトなのでこれからの仕事、年齢、先の事を色々考えても不安ばかりです。
もう、疲れきってしまってやる気もおきないです。
このままではいけないと思っていますが…

何かコメントいただけたらうれしいです。
長文、駄文失礼致しました。


すぐには立ち直れないけれど
いつか必ずこれで良かったと思える日が

傷ついた心では、なかなか次にサクッと進めなくて当然!
今はご実家や友達など、優しい場所で癒して、徐々にパワーをとりもどしつつ、これからの日々、自分をもっと大切に過ごして欲しいと思いました。
皆さまアドバイス・エールなど、お願いします!


カテゴリー: お金, 夫婦


1ヶ月程前に離婚。疲れきってしまってやる気が出ず… への25件のコメント

  1. いずみ より:

    ええと、第三者から見ると、今のあおさんは結婚されているときより、何倍も幸せだと思いますよ~。だって、ダンナが原因で起きる「辛いこと」は、もうこれ以上増えないわけですから。そのまま結婚を続けていたとしたら、身体的・精神的な辛いことが、もっともっと増えていたでしょう(しかも、いつ増えるか、どこまで増えるか、予想できないのも不安ですよね)。逆に「ダンナと離れたおかげで見つかる嬉しいこと」は、これからどんどん増えていくわけです。「ダンナと一緒だったときの幸せな記憶」なんて、新しく出会う「嬉しいこと」に、必ず上書きされていくと思います。そもそも「ダンナと一緒の辛さ」が、「ダンナと一緒の幸せ」を遙かに超えたからこそ、離婚されたんですよね。「ダンナと一緒にいるほうが辛い」という事実は、この先も決して変わらないから、あおさんの選択は絶対に間違ってません。そのことだけ心に留めて、しばらくゆっくり休まれてくださいね。

    ちなみに、何かマンガで読んで名言だと思った一言は、「私がいなくちゃダメな男は、私がいてもダメ」。ダメ男と離れられて、本当によかったと思います。これからたくさんのいいことと出会われますように。(-人-)

    • あお より:

      いずみさんはじめまして。
      コメントありがとうございます!
      そうなんですよね…一緒に居る辛さが一緒に居る幸せを上回ったから離婚を決めたんです。今はあれこれ思い返したり不安になったり、まだ辛いですが、改めて自分の選択は間違ってなかったと背中を押していただけて自信が持てました。
      私がいなくちゃダメな男は、私がいてもダメ…。確かにそうなのかも…(笑)
      温かいお言葉ありがとうございました!

  2. あおぞら より:

    夫婦とは違うのですが、友人関係です。
    ですから重みが違うかもしれません。でも良かったら参考にしてください。

    私は20年近く付き合いのあった人がいました。
    小さいときから気軽に誘えて、どこに行くにも最初に声をかけるような人でした。
    ただ価値観が少しずつずれて、最終的に相手へ精神的についていけなくなる決定的な酷いことをされ、2年間悩みに悩み、精神的にも病んであげくにそれが身体にも影響して、一時は流動食の生活にまでなりました。
    結果もう付き合えない。連絡しないで欲しい、と切りました。数年前の話しです。
    しばらく私は「あー!せいせいした!」という気持ちでした。
    相手には不幸のどん底に陥るが良いとまで思っていました。

    半年ほどたったころでしょうか、楽しかったときの思い出がやたら思い出され、夢の中でも楽しく笑い合っていたりするんです!
    夢から醒めて、もうこういう日々は戻って来ないのだと寂しく思いました。
    寂しいと思う自分に腹をたてたりもしました。
    一緒に出かけた場所などを通り過ぎる度に楽しかった記憶が呼び起こされて、
    かなり辛かったです。忘れるために他のことをしてもまた頭によぎります。
    切る他にもっと方法はなかったものかと考えたりもしました。
    いっそ切らずに付き合い続けてたほうが話しができて良かっただろうか!?と思うほど毎日毎日思い出す日々がつづき苦しかったです。
    心を楽にするために切ったのに、余計辛い気までしました。

    でもある日、相手との楽しい事しか思い出さない自分に「あぁこれで良かったんだ」と感じたのです。
    あのまま付き合い続けていたら私は相手の悪いところばかりを見て憎んでいた。
    嫌で嫌で仕方がなくて苦しかった。
    でも、離れ切った今、相手の良いところや楽しかったことばかり思い出せて、相手が今幸せならいいとまで思える。
    憎んで側にいるより遠くから幸せを願えるならそのほうがずっと良いと思ったのです。

    私は相手がどんなに大切で好きだったかよくわかりました。
    だからこそ、自分が酷くあつかわれるのが辛かったし苦しかった。
    好きだから許せなかった。それに気がついたらすごく泣けました。
    切ったことでそれを思い出し、もう一度相手を大切に思えるようになりました。
    それはもとの鞘にもどりたいとかそういうことではなくて、
    相手を大切にしていた心は素敵なものだし、相手との楽しかった思い出は本物だから、それを否定する事はないんだと気がついて、楽しかった日々を思い出しても辛く無くなったのです。

    もう二度と会わないし、会っても何も話さないし、相手のしたことを許す事もないでしょう。でも相手が元気でいてほしいとも思えるのです。
    憎むよりずっと気持ちの良い事で、離れた事は正解だったと心から思えます。

    夫婦という特別な関係だった相手ですから私とは違うかもしれません。
    離婚されたのは正解です。
    どうか、楽しかった日々を思い出してしまう自分を責めないで下さい。
    あおさんが幸せになれるよう祈っています。

    • あお より:

      あおぞらさんはじめまして。
      コメントありがとうございます!
      お友達とのお話ですが、似たような気持ちはあると思いました。私も相手が好きで大切だったからこそ、自分が酷い扱いをされるのが辛かったし耐え難かったです。散々酷い事もされたし会うこともないけど、相手には元気で幸せでいてほしいと思います。
      友達にはそれだけの事されたのに相手の幸せを願うとかありえない!と言われましたが、そのままの気持ちでもいいんですよね。
      自分を責めないで、と言って下さって救われた気がします…ありがとうございます!

  3. たむたむ より:

    あおさん、別れて正解です。

    >こんな旦那でも普段はとても優しくて私よりよっぽど気が利く人でした。

    これって、DVの被害者の方がよくおっしゃる言葉です。
    DV男は普段は本当に優しかったりするものです。

    私はどんなに素敵な男性でも、一度でも女性に手を挙げた時点でアウトだと思います。
    あおさんが一日も早く心身共にお元気になられるますように。

    • あお より:

      たむたむさんはじめまして。
      コメントありがとうございます!
      そうなんですよね…最初は全然気にもしてなかったのですが、自分であれ?これってもしかして私は典型的なDV被害者の思考だったりする?と、それに気付いてからどんどん恐くなりました…。自分の事が。
      だからこそ離れなくてはお互いにダメになると思っての決断でした。
      温かいお言葉ありがとうございます!

  4. かなこ より:

    はじめまして。

    離婚して一ヵ月と言うことでやる気が起きないお気持ちお察しします。
    私は離婚して8年経ちました。
    現在37歳・独身です。

    あおさんと同じように、離婚当時一ヵ月くらいはやる気が出ず
    また体調も崩して実家でゴロゴロしていました〈笑

    私の場合はタダの性格の不一致で離婚を決めたので、現在のあおさんの様な
    ダメージは無かったと思いますが、それでも離婚したことは辛く重く感じていました。
    親を悲しませた事も、悲しかったですね…。

    でも大丈夫ですよ。
    ある程度は時間が解決してくれます。

    人間て嫌なことや辛いことを少しずつ忘れていくように、うまく出来ていると思います。
    だって辛いことばかり覚えていたら人生嫌になってしまいます。

    私は一ヵ月ちょっとグダグダしたある日「さて」と思い立ち、
    引越をして、仕事を再開し、友人と遊びに行ったり、新しい趣味をはじめたりしました。

    そして新しい出会いもあり、今は心から「離婚して本当に良かった」と思っています。
    我慢して結婚生活を続けていたら今の自分はいないのですから。

    離婚後に出会った彼氏、友人、
    離婚後に経験した仕事は私の人生の宝物になりました。

    あおさんにも、自由な人生を楽しんでいただきたいなと思います。

    それと、他の方も書いておられますが、女性や自分より弱い者に手をあげる人はダメです。
    最低だと思います。
    もっとご自分を大切に、これから素敵な出会い(男、女、友人、恋人問わず)が
    沢山あるはずです。

    お互いにがんばりましょう。

    • あお より:

      かなこさんはじめまして。
      コメントありがとうございます!
      やはり時間も必要ですよね。そんなにすぐ切り替えられる訳がないとわかっていても、どうしても不安になってしまいます。
      そんな自分と向き合いつつ新しい人生を楽しんでいけるように頑張ります。離婚の経験のある方に応援コメントいただけて嬉しいです。

  5. こうめ より:

    あら?私と同じような人が!

    私は交際1年結婚3年で離婚。
    借金とギャンブルと微妙なDVが原因です。
    うちもギャンブルは昔の事だと言われて信じてましたよ。あほでした。
    まあもう昔の話ですけど。
    私も離婚直後は食事ものどを通らず痩せましたっけ。
    自分から言い出した離婚なのにね。
    まあいいダイエットになりました。
    仕事はあったけど
    離婚なんて!
    みんなが出来てる事を私だけ出来なかった!
    なんかもう人生うまくいく気がしない。
    なぁーんて思ってましたけど
    あれ間違いでした。
    別れてよかった。
    人生ってやり直せるんだ!って感じですよ。

    今あなたに必要なのは
    友人との美味しいお酒とか、楽しい会話とか
    家族との時間とか
    趣味を持つのとか、忙しくする事かな?
    可能ならばフルタイムで働き
    自分の浪費のせいじゃないのに余裕のなかった
    生活を建て直し
    自分一人でも生きていける経済的な余裕と
    自立を身につければ
    その後良い出会いもあるかもしれませんよ。
    いまはまだそんな事考えられないだろうけどね。

    自分ではもうやり直しのきかない年齢だって
    思ってるかもしれませんが
    実はまだまだ行ける年齢です。
    ぜーんぜん余裕です。
    離婚の経験はこれからの出会いに慎重になるだろうし
    若者のような勢いでは動けないだろうけど
    もっとあなたの年齢に合った行動が取れたりもする。
    離婚のあの煩雑でしんどい経験を考えれば
    結構ほかの事なんてちゃらいですよ。
    取り敢えずそう思って離婚後半年、離婚後1年を乗り越えましょうよ。

    ちなみに私は再婚しました。
    良い出会いがあって。
    凄く慎重になっちゃったけど
    経済的に同じ金銭感覚の人なので、楽ですよ。
    それに夫を大事にしようって思えるし
    大事にしてくれてるの分かるし。
    私は子供は出来なかったけど
    離婚してよかったー!!!ってあなたに会って叫びたいくらい(笑)です。

    とにかく今はネガティブになっちゃうだろうけど
    大丈夫ですからね。
    乗り越えてね。

    • あお より:

      こうめさんはじめまして。
      コメントありがとうございます!
      同じような離婚経験をなさった方からのコメント、とても心強いです。今は漠然とした不安ばかりで何も考える気力もないですが…私もこうめさんのように乗り越えていけるように頑張りたいです。
      大丈夫ですからね、の言葉涙が出ました。ありがとうございます。

  6. のぞみん より:

    私も、あおさんと似た状況になったことがあります。婚約者が借金を隠していて、返済でお尻に火がついていて、同じようなことをされて、自分の収入は借金返済にあてるだけが必死なようで、喧嘩になり、逃げて行きました。

    私は、そこから引っ越したのですが、身体が動かず、1ヶ月程、寝たままでした。

    当時、22歳でしたが、結婚願望が大きかったので、すぐに結婚紹介所へ入るのですが、男性不信に陥り交際できなかったです。37歳で結婚して今は、幸せなので、晩婚でも良かったと思っています。

    結婚紹介所では、30〜35歳が一番、求められる婚活期だと感じました。あおさんは、今は再婚にエネルギーを使えないかもしれなませんが、1歳の赤ちゃんのママも婚活していました。34歳は、とても良いお年頃ですよ。

    私は、お別れした後、住居の都合で田舎へ転居して、田舎の干渉する風土、仕事に就く大変さで更に苦しみましたが、いつか、賃貸併用住宅を得て引っ越そう、遠方の方と結婚したい、と心で願っていました。15年かかりましたが、ほぼ、その通りになり、「願えば叶うんだなぁ〜」と実感しています。

    私も田舎で、必死に正社員になりましたが、合わなかったので、すぐアルバイトになり、懸賞で生活のプラスになるようにしていました。

    アルバイトをしながら、他の安定があったり、やりたい仕事があれば、転職しても、いいと思います。元夫からのダメージで、疲れている時に、「アルバイトじゃ不安…」と一気に考えなくても、いいと思います。

    嘘の上塗りの上、お金を引き出す夫といながら、夜勤をこなしていたあおさんは、すごいです。きちんと稼いでいます。

    私の場合は、無職からのスタートだったので、ろくに食べ物を買えなかったので、あの時、玉子や肉の元気がでるものを食べれば良かったとも思いました。

    ウィンドウショッピング、日帰り温泉、バイキングとか、趣味をされるのはいかがですか?

    とても楽に、あおさんの風向きが良くなることを願っています。

    • あお より:

      のぞみんさんはじめまして。
      コメントありがとうございます!
      のぞみんさんもお若い時に大変な思いをされたのですね…今は願うような結婚もされてお幸せそうで何よりです。
      年齢で不安になったりもしますがまだイケますかね(笑)仕事もアルバイトですがフルで働いているのでとりあえず最低限の生活はできます。この先は不安ですが…。やはりあれもこれもと一気に考えてしまうのですが、爆発しそうになるので時間がかかっても無理せず一つ一つですかね…。
      上手く気分転換できるようにして頑張ります。ありがとうございます。

  7. 茶々 より:

    15年前に離婚しました。

    楽しかったことを思い出すのは、キズに薬を塗るようなもので、それだけ心の傷が深いということです。
    辛かった事なんて思い出したくたくもない。だってそれはキズに塩を塗るようなことだもの。
    私もそうでした。そしてだんだん楽しいことを思い出さなくなり、逆に辛いことを思い出せるようになった時、「あー傷が癒えてきたんだなー」と感じました。

    あおさんが今何も手に付かないのはとても自然なことです。
    大病した人には療養が必要、大けがした人にはリハビリが必要。それと同じです。
    病人やけが人が健康を取り戻すのを楽しみにするように、あおさんもこのあと楽しい人生が広がることを夢見てくださいね。
    漠然とした先行き不安を思い描けるならば、その想像力で漠然とした先行きの幸せを思い描いてください。
    不安は不安しか生みませんが、希望は夢と幸せを生みます。

    とは言っても不安な気持ちを打ち消すのは難しい。
    私はもともとがすごくネガティブの根暗なので、「あ、この思考はまずい!」と思ってもそんな器用にいい事なんて考えられない。
    なのでそんな時には「今度何を食べに行こうか妄想」をしています。何を着てどんなレストランでウェイターはイケメンで・・と微に入り細に入り妄想。
    これけっこう効果あり。好きなことなら何でもいいんです。
    ショッピング、ドライブ、宝くじが当たったら、こんな家建てたい、などなど。
    微に入り細に入り具体的に妄想することがポイントです。

    当時私が救われた言葉を思い出した。
    離婚した時はそれは落ち込んで、誰かに慰めてもらいたかった。心配してもらいたかった。
    しかし親兄弟・友人、誰も心配してくれず、皆が同じ事言うんです。
    「何を心配しろというの?辛い暮らしから抜け出して、やっと心配しなくてすむようになったんじゃない!よかったね〜!」
    これで身体中から力が抜けました。

    あ、もう一つ思い出した。
    私は自営業ですが、離婚の事は取引先にいちいち話してませんでした。
    離婚後半年くらいのころ、取引先の女性経営者(すごくかわいがってもらっていた方)から、「最近すごくキレイになった。恋してるでしょう!ご主人にはばれないようにしてるんでしょ?でも幸せが溢れてるわよ」とまさかの不倫の心配されました。
    離婚しただけで恋もしてない、と話したら彼女はびっくりして「じゃあ離婚が大正解だったのね」とすごく喜んでくれました。

    • あお より:

      茶々さんはじめまして。
      コメントありがとうございます!
      楽しかった事を思い出してしまったり何も手につかなかったり、そんな自分が嫌になって負のループから抜けられない状態ですが、それは当然だし自然だと言っていただけて少し楽になった気がします。
      私もネガティブ思考で根暗なのでなかなか気持ちの切り替えが上手くできません。具体的な楽しい事を妄想する方法私もやってみます!
      私も身近な人からは離婚してほんとに良かったね!やっと解放されたね、としか言われません(笑)もちろん私もそう思ったりする訳ですが…。
      離婚を経験なさったからのご意見嬉しいです。ありがとうございます!

  8. ひろこころ より:

    あおさん 大変でしたね。
    ご相談の内容は、16年前の私と同じです。
    旦那さまはギャンブル依存症ですね。

    私は離婚後、一人娘を育てていました。
    8年前、娘と元夫の再会を許した後、なぜか復縁、そして再婚しました。

    再婚して2人の子供に恵まれ、5人家族になりました。
    ギャンブル依存症は、釣りに趣味が変わることで、今は家族楽しく生活しています。
    この先なにが起きるか、本当に解らないものです。
    離婚も私達にとって必要なプロセスでしたよ!

    これからあおさんにも、たくさんの幸せがやって来ますよ!
    どうぞご自身の人生を諦めないでくださいね。

    • あお より:

      ひろこころさんはじめまして。
      コメントありがとうございます!
      旦那は典型的なギャンブル依存性ですね…。うちは子供はいないですが、当時ひろこころさんの子供がいての決断、覚悟は私よりはるかに大変だったであろうとお察しします。
      そして旦那様との復縁… 旦那様も昔とは変わられて楽しく生活なさってるようで、良かったです!
      世の中良くも悪くも本当に何が起きるかわからないものですね。私もいつかこの離婚が自分の人生で必要な過程だったと思える日が来るといいです。
      今すぐには無理でも、人生を諦めずに生きていけるように頑張りたいです。ありがとうございます。

  9. きはだまぐろ より:

    あおさま。
    数年前の私を見ているようでびっくりし、
    他人事とは思えず、コメント致します。

    私も離婚経験者です。離婚して3年経ちます。
    悩んで納得して離婚しましたが、離婚直後は、
    明日に希望が持てない日々でした。

    離婚=ネガティブではないと思います。
    生まれ変わったと考えました。
    お金を払っても経験できませんからね!

    時間がかかってもいいので、
    ゆっくり自分の気持ちと向き合って、
    新しい人生を歩んで行って下さいね。

    • あお より:

      きはだまぐろさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます!
      きはだまぐろさんも同じような経験をして離婚なさったのですね…。そうですね、離婚ってネガティブな事だけじゃないですよね。
      確かにお金を払っても経験できる事じゃないかも…
      この先自分の気持ちとしっかり向き合って生きていけるように頑張ります。温かいお言葉ありがとうございます。

  10. まゆ より:

    あおさん、初めまして。
    ご相談を拝見し、とてもお気持ちがわかり、直接お話がしたくなったくらいです。あおさんの心が少しでも軽くなればと思います。
    私も、離婚しました。ちょうど1年になりました。この1年、振り返りっぱなしですよ、私(*^^*)。最初、こんなことじゃあかんと思い、あえて忙しくしました。でも、そんな焦らんでもええんちゃうかなと、フッと思いました。あおさんも仰るように楽しかったことを思い出しては号泣してました。でも泣くたびに、じゃあ元に戻る?と、自問自答しました。いつも答えは、楽しかったんやけど‥‥。と、けどって言葉が付いてることに気づいたんです。泣けてくるけど、心はもう戻られへんって自覚してたんです。その時に、いっぱい思い出して見よう‼︎と、そして、最後に戻る?って自分自身に聞く。そのうちに、私は幸せやったなと、これから又、幸せやと思いたい、穏やかに過ごしたいなと自然と思えてきました。いい格好でもなんでもなく、元夫も幸せであって欲しいし、義両親にも感謝でいっぱいです。幸せな時間を過ごせたんやから。時々、じゃあなんで離婚したんやろ?と、思うこともあり、へんな感じがしますが(*^^*)
    矛盾しててもいいと思うし。あおさんも、振り返っていいですよ。そして必ずそのあとに、自問自答してね。
    それから、離婚するまでの25年間私はずっとある仕事をしていました。離婚と同時に全くかけ離れた職にも就きました。3ヶ月勉強し、正社員として働いています。年齢的に転職も難しかったですが、運良く今の職場に拾ってもらえました。
    何事も遅すぎることはない、遅いと思ったら努力をしよう。隠れて泣いて、人前では笑顔でいられるように。そうすると、手を差し伸べてくれる人が絶対います。そう思ったら、自然と皆さんに感謝の気持ちが湧いてきました。
    あおさん、より幸せになろう、なりましょ。
    泣きながら、笑っていきましょ(^o^)ね。
    文章にまとまりがなく、読みにくかったかと思いますが、最後まで目を通してくださって、ありがとうございます。

    • あお より:

      まゆさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます!
      25年もの結婚生活を終わらせた方からのご意見、とても励みになります。私も直接お話させていただきたい位です!
      私も振り返ったりして辛くなって、でもじゃああのままの状態でずっと一緒に居れたの?って自問自答します…。それが無理だと思ったから離婚したのに。矛盾しまくりです…
      私も焦らずに振り返ったりしてしまう自分も受け入れて、自分の気持ちと素直に向き合っていきたいです。こんな私の状態を肯定して下さって楽になれた気がします。このままの私でもいいんだーって。
      まゆさんの、これからのより一層の幸せお祈りします。私ももがきながらでも頑張ります。ありがとうございます。

  11. けいこ より:

    あおさん、はじめまして。

    あおさんの場合と一緒にしては元ご主人に失礼かもしれませんが、
    私は母が亡くなった時に同じように無気力になりました。

    母も怒鳴る叩く罵るのDV&買い物依存症で借金癖。
    母が倒れた時は正直言って「これで家族が破滅せずにすむ」とほっとしました。

    でも、不思議なもので、亡くなってしまうと良い事ばかり思い出して辛いのなんの・・・
    きっと、日常にいた人がいなくなったらこんな気持ちになるんだと思います。

    私の場合ですが、立ち直るのに2年近くかかりました。
    でも、時間が気持ちを整理してくれますよ。

    あおさんも、しばらくは辛いでしょうけど、今日一日を生き延びて下さい。
    必ず立ち上がれる日は来ますから。

    • あお より:

      けいこさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます!
      お母様が亡くなられてとても辛い思いをされたのですね…。やはり身近にいた人間がいなくなった時はいい所ばかり思い出してしまうのでしょうかね…。
      今は辛さと不安で早くこの状況をどうにかしたいと思ってどうにもできなくてまた辛くなって、の悪循環な気がします。
      どうしても時間が必要な部分はあるんですよね。焦ってはダメなのでしょうね…
      再び立ち上がれる日が来るまで、日々1日をどうにか生き延びていきます。優しいお言葉ありがとうございます!

  12. ちは より:

    「普段はとても優しい」という認識が間違っています。
    「逆ギレして暴力をふるう」方が普段の彼で、優しい彼は、理性が働いている(無理をしている)特別な状況だったのです。
    世の中の男性の中で、女性に暴力を振るうことに抵抗がない方は少数派です。ほとんどの男性がそんなこととは無縁ですよ。
    あおさんが優しく、他人に暴力を振るうことなど思いつかない常識的な方だからこそ、優しい彼のほうが普段の姿だと考えられるのだと思いますが、犯罪行為への垣根が低い方は、よほどの本人の努力がない限り変われないと思います。
    早くリセットできてよかったんですよ。まだお若いじゃないですか。
    次に行きましょう!

    • あお より:

      ちはさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます!
      なるほど…私が思ってた姿が本当の旦那の姿ではなく、逆だったという事ですね。そんな事考えもつかなかったです…。そう言われるとそうだったのかも…
      私も感覚がマヒしてた所があると思います。それに気付いた時に旦那の事もそんな自分の事もとても恐くなりました。このままではいけない…と。それが離婚を決断した大きな理由でもあります。
      もし離婚してなかったら今の自分がどうなっていたかと考えると、それも恐ろしいです…
      どうにか次に進めるように頑張っていきたいです。貴重なご意見をありがとうございます!

      • のぞみん より:

        こんばんは。上でコメントをした「のぞみん」です。私も同意見です。隠していたサラ金の借金の返済で、お尻に火が付き、「結婚と生活」が、できない状態の彼に深酒とDVをされても、「本当はいい人」と私もマヒしていました。ご両親が借金を肩代わりした後も、サラ金で新たに借りていました。

        他の方のコメントにもあるように、自分を困らせた相手でも、居なくなると、寂しかったです。「私が悪いのだわ(涙)」と思い込んでいました。

        当時、私に「本当に好きな相手の借金300万円くらい、払ってあげるべき。」と意見する人もいました。ガーン(T_T)、思い詰めていました。

        あれから15年、今、老後の計画を描いていると、あの時、あの彼と結婚していたら…と考えると背筋が凍ります。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


6 + 4 =