不妊治療中。肉体的、精神的に辛いのに、夫は遊びにでかけ…

キャリコさんのご相談

初めまして。
アラフォー結婚4年目のキャリコと申します。
年下の主人との価値観の違いで離婚を考えるようになりました。

現在不妊治療をしています(両方に原因があり、顕微授精です)。
以前は働いていましたが、治療の為に退職しました。
肉体的、精神的に辛い日々の中、主人は遊びに出掛けて行きます。

平日や休みの日などは買い物がない限りほとんど寝ているかゲーム、まともに話せるのは食事のときくらいです。

結婚当初、主人は繁忙期で休日出勤、深夜までの残業、代休すらロクに取れない状況でした。
やっと休みが出来たと思えば会社の人と「スノボに行く」「山登りに行く」と家具も揃わない中で勝手に決めてきて何度目かに私が癇癪を起しました。
「先に予定を言って貰わないとわからない」と言われながらもその時は「嫁NGです」と断り、以降私は主人の会社で「鬼嫁」と思われているようです(未だに誘い文句の中に「奥様は大丈夫ですか?」という記述があります。←見せて貰いました)。

それからすぐ、今度は「友達(Aとします)と2人で2泊3日で旅行に行ってくるから」とまた勝手に決めてきました。

私たちは入籍が先で指輪もなく、結婚式も新婚旅行も白紙の状態で、また癇癪を起しました。
「なぜ遊びや旅行に行く事がダメなのか納得がいかない」と言われながらも新婚旅行が終わるまでは待って貰いました(その間も再度Aから海外旅行への誘いがあったりと揉めました)。

私はできれば家族としての時間を大事にしたいタイプ ですが、一方的に押さえつけてしまう事にも気が引け「旅行であれば海外はダメ。国内ならOK(海外で何かあった場合すぐに駆けつけられないから)」という条件を出しました。

その時主人は納得したようですが、実際のところ「すぐに駆けつけられないのは国内も同じだと思うけれど、それを言ったら逆噴射されるから言わなかった。新婚なのに家を空けるのはあり得ないとか納得がいかねー」と当時Aとラインでやり取りしているものを読みました(主人がゲームをする隣で主人の了解を得て読んでいましたが、その内容は覚えていないと思います。読んだのは昨年の事です)。
本来ならばそこで話し合うべきだったと思いますが、他にもAに対して思うところがあり、その時は頭が真っ白で言葉が出ませんでした。

昨年あたりから会社の人からの 誘いもまた増え始めているようで、主人は私に特に相談も無しに決めてしまいます。

今年初めのお誘いの際「採卵や移植のある月は情緒不安定だからやめて欲しい」とお願いしましたが会社の人には「嫁がダメと言うかも」「頑張って説得して」というやり取りをしたそうなので、やはり納得いっていないようでした(その時は仕事が入ってダメになりました)。

出掛けるのはストレス発散になるし自分が傍にいた所で何もできないし、する事がないだからだそうです。
キャリコも出掛ければ良いと。

私は傍に居てくれるだけでいい、と伝えても首を捻るばかり。

そんな状況で、最近主人のケータイを開いた時(←開く事は伝えた上で)に閉じ忘れていたであろうAとのライン画面が出てきました。

「12/20〜23でどこか旅行に行こう 。○○(国内)に行く事にして」という誘いのものでした。
主人は「年末で掃除やクリスマス近いし忙しいから無理じゃない?」と返していました。

Aの文面から海外も視野に入れているのだと思います。
主人は恐らく私の反対に合うと思い、無難な返事をしているように見受けられました。

「嫌だ」と言う事にも怒る事にも疲れました。

来年の私の誕生日を区切りに治療を辞めて養子縁組について話す事になっていますが、私自身よそ様の子供を、ひと一人の人生にそこまでの責任を負うだけの自信もなく、これまでの主人の状況から育児への協力もあまりあてにできないと思います。

その中でいつか「自分の本当の子供じゃないのに」と思ってしまう事があるかもしれません。
そう思ってしまうかもしれない事に想像するだけで涙が出ます。

主人が養子を考える理由としては「2人だと寂しいから」だそうで、考えれば考えるほど彼の人生に私は必要ないのでは?と思ってしまいます。

Aは今年結婚したばかりの新婚です。
奥様どう説得するのかはわかりませんが、送り出してくれるのだと思います。

世の中には旦那様が遊びに出掛ける事に快く送り出せる奥様が沢山いらっしゃる事はわかっています。
主人が出掛けるのも月に1、2回(自分から誘わない)。
Aとの旅行は2、3泊を年に1回程度です(誘いはいつもAから)。

快く送り出す事もあるのですが、Aなど特定の人物に対しては拒絶反応しか出ません。
私が一番傍に居て欲しい・欲しかった時の辛い記憶が甦って来てしまいます。

旅行も遊びも自分の小遣いからの捻出です。
タバコも酒もギャンブルもせず、温厚・穏やかで浮気するタイプでもありません。
私が出掛ける事には何も反対しません。
むしろ忘れているくらいです。

治療に関しては主人から状況や結果を聞かれる事はないですが、子供は欲しいようで可能な時は病院へも付き添ってくれます。
行きたい所があれば付き合ってくれます(出費を抑えたいのであまり遠出しませんが)。
良い夫なんだと思います。
相手によってはとても幸せな事なのだと思います。

それでも近々Aからまた旅行の打診があると思うので子供もいない今、離婚を切り出そうと思うのですが私の考えは幼いのでしょうか。
離婚の事を考えてると泣けてきて仕方がないのでまだ未練はあります。
友人と出掛けてみるものの、不妊治療の辛さを抱えたまま今一つ気持ちが晴れません。

結婚してから喧嘩はほとんどありません。
揉めるのはほぼこの事だけです。
「納得いかない」まま無理やりお互いの落とし所を見つけて終わります。
そのやり取りに疲れ、最近私は遊びに行く事に何も言わなくなりました。

恐らくこの話をすれば外出は控えると思うのですが「キャリコに言われたから」「キャリコが怒るから」という理由によると思います。

自分の意志ではないのです。
お互い納得できないのであれば我慢する事も、我慢させる事もいずれどちらかの心が壊れてしまうと思います。

私が年下だったら違っていたのか?など考えては見るものの、私自身も疲れているのか上手く考えがまとまりません。

できましたら心の持ち方と何かアドバイスを頂ければと思います。

長文読んで頂きありがとうございました。


月に1.2回の遊び、年に1回の旅行、ご主人は不在。
そんなもんだと諦められたら楽かもしれない。

きっと根本的にご主人は、キャリコさんの“出掛けてほしくない”気持ちを理解できないタイプの人。
辛い治療とプレッシャーに心が弱ってきている今、“家族だから”“自分は必要か?”という考えはお休みして、ご主人と一緒に楽しめる共通の何か、例えば今ご主人がハマっているゲームをやってみるとか、もっと軽い感覚で過ごしてみるのもいいのかもしれません。
皆さまアドバイスお願いします!


カテゴリー: 夫婦, 妊娠
スポンサーリンク

不妊治療中。肉体的、精神的に辛いのに、夫は遊びにでかけ… への21件のコメント

  1. わんこ より:

    初めまして。不妊治療、お疲れ様です。

    よその旦那様にこんなこと言って失礼ですが、お子様ですね。
    独身気分がまだ抜けないのでしょうね。お友達も同様です。
    とはいえ、私の夫もまだまだ子どもです。
    2~3ヶ月に1度泊りがけで遊びにくる夫の友人がいるのですが、2人でずっとゲームしてます。その間私はどこも出かけられず、食事やお菓子の用意をするだけです。小学生が来たと思うようにしてますが毎回イライラします。

    ご相談の内容ですが、子どもを持つことと旦那さんの外出は別に考えたほうがいいと思います。

    旦那さんの外出も、ダメと言ってばかりだと、またキャリコさんのせいにされるだけです。お互い納得できないし、辛いですよね。
    でしたら、会社の方からの誘いは
    「行ってもいいけど、私も連れてって」
    Aさんからの誘いなら
    「Aさん夫妻と私たち、ダブルデートで行こう」
    と、提案してみてはいかがでしょう。
    不妊治療で心身ともにお疲れなところ、そんな気分にはならないとは思いますが、旦那さんがどんなことをして楽しんでいるのか、興味を持っている(フリでもOKです)アピールをするのはいいと思います。
    同伴OKであれば思い切って行ってみれば、キャリコさんも楽しいかもしれません。
    もし同伴を断られるのなら、同じところに、キャリコさんと旦那さん2人で行こうと言ってみたらいかがでしょうか。
    それぐらい、夫婦で過ごしたい、行動したいんだよ、と見せてあげてください。

    子どもをもつことに関しては、今の状況ならば養子縁組は絶対反対です。
    キャリコさんが予想されているように、今の旦那さんの様子では子育ての戦力になりません。養子に来たお子さんがかわいそうです。
    来年のキャリコさんのお誕生日、と一応区切りを設けているなら、その場で離婚を切り出すのではなく、旦那さんの子どもだから欲しい、授からないようなら2人で生きていきたい、ということをしっかりと伝えたほうがいいと思います。
    2人の人生を楽しむために、旅行も一緒に行ってみようよ、とか……。

    ちなみに、男の人の、同性の友人への気持ちとか、趣味へのこだわりって、本当に何をしても動きません。
    キャリコさんが年下だったとしても、何も変わりません。
    ご自分を責めないであげてくださいね。

    • キャリコ(相談者) より:

      わんこさんコメントありがとうございました。

      実際は反対したのは結婚当初の頃と昨年に1度、今年初めのものだけで他は反対していません。
      出掛けるのは主に会社の人かA。
      会社の方々との人間関係も大事ですし、わんこさんのおっしゃる通り自分のせいにされたり「悪い嫁を掴んだ」と思われる事は嫌です。

      一緒に出掛けるという案は今年初めの件で私が「辞めて欲しい」とお願いした際、翌日に「じゃあ奥さんもいかがですか?」というお誘いをいただきました。
      変なプライドと「品定めされるのでは」という思い込みからお断りしてしまいました(会社グループにいるいつも同じ女性の方から「奥様大丈夫ですか?」と聞かれます。)。
      そういう意味では恐らく私も子供なのだろうと思います。

      Aに関しては身バレの為詳細は省きますが、人として生理的に受け付けないながらも(主人との友人関係は何ら制限していません)、W旅行の話も出ましたが「男同士で行く旅行と女性と行く旅行は違う。女性が喜ぶような場所じゃないから行きたい所に行きにくい(夜の街等の事ではありません)」という男性側の理由を聞いたうえで自然消滅のような形になっています(私も難色を示したのかもしれませんが)。

      わんこさんの
      >ちなみに、男の人の、同性の友人への気持ちとか、趣味へのこだわりって、本当に何をしても動きません。
      にとても同感です。
      誰かを家に招くだけでもエネルギーを消費する中、嫌な気持ちになりながらも旦那様の友人を受け入れているわんこさんの姿に感服いたします。

      養子縁組に関してはやはり現状考えられません。
      以前にも「あなたとの子供だから欲しい」と伝えたのですが、来年に向けきちんと気持ちを伝えられるよう改めて考えて行こうと思います。

  2. Yueliang より:

    キャリコさん、はじめまして。
    不妊治療お辛いですね。体は大丈夫ですか?ご自愛ください。

    キャリコさんは今、ストレスMAXで辛くて辛くて大変なんだと思います。
    そんな普通の状態じゃないときに離婚や養子縁組みたいな大きな判断をしない方がいいと思いますよ。
    どちらも頭の中がすっきり整理されるまで待ったほうがいいと思います。

    治療ですが、女性のほうが肉体的に辛い治療だと伺っていますが、私はご主人もかなり精神的に辛い状態なんじゃないのかな、と推察します。
    だって、大好きな奥さんが笑顔も無くて、しんどそうにしていて、その原因の一部が自分にあるなんて状況、ツライに決まってるじゃないですか。ふがいないと思うだろうし、自信も無くなると思いますよ。(男の人は男としての生物的な能力に物凄くこだわる傾向があると思います。ボーイズトークって常にそんな感じ…中学生みたいですけどね。)
    そんな中、友達との外出も月1-2回で頑張っているご主人、私はよくがんばっていらっしゃるなと思います。
    男の人は本当にとことんまで追い詰められたら、自分の身を守るために逃げますから。自分の殻に閉じこもるのも逃避行動のひとつですから、今は絶対に中途半端な覚悟で離婚とか言わないほうがいいと思います。

    キャリコさんは多分、今はストレスMaxでどうやったら自分が笑顔でいられるか分からないんじゃないでしょうか。
    まずはカウンセリングを受けて、ご自身がどうやったらハッピーに過ごせるかを探るのがいいと思います。
    キャリコさんがハッピーなら、きっとご主人も嬉しいと思いますし、もっと一緒にいろんなことしたい!って思うと思いますよ。

    • キャリコ(相談者) より:

      Yueliangさんコメントありがとうございます。

      おそらく主人は私がここまで思い詰めている事には気づいていないと思います。
      むしろ日々笑って送り出し、笑顔で迎え入れ、どうしても聞いてほしい治療の辛い話は「ちょっと聞いてよ~」と風に面白おかしく伝えるようにしています。
      辛くて泣きたい時は一人で泣きます。
      ですが、おっしゃる通り治療の事を話すという事は同時に主人を傷つけていたのかもしれません。
      「あなたのせいで」とは死んでも言いませんが(私自身、うまく卵が採れないのでどちらが悪いとは思っていません)、こちらの思いとは別に主人自身が責任を感じているのだろうという事も感じています。
      なのに押さえつけようとは酷い話です。

      あれこれ先走って考え過ぎ、確かに頭が混乱しています。
      カウンセリングはどのタイミングで受けるものか、と考えていましたが今回コメントをいただき本格的にお世話になってみても良いのではないかと思いました。

  3. SAKUSAKU より:

    キャリコさん初めまして。文面からお辛い気持ち、伝わってきます。
     
     前にコメントされている、わんこさんやYueliang さんのコメントを読んで、「そうそう!」と私も思い当たることがありました。男の人って、子どもっぽいところがあるし、自分の生物的能力にこだわる、というところです。

     私事で話が飛びますが、以前夫が浮気未遂をしました。家事育児に協力的でない夫を責めているばかりの私を尻目に、同僚女性とイチャイチャしているメールをしているのを見てしまったのです。
    相手女性のベタなぶりぶりの甘え方に同性の私は嫌な気分になりましたが、半分嫌味のつもりで私も夫に甘えた接し方をすると…喜んでいるんです!

     夫は「自分の冗談で笑ってくれた」とか「些細なことでも頼ってくれた」とか自分の力で彼女が幸せそうだ。というのに満足感があるようでした。妻が笑顔でいることは、夫の自尊心を満たすのかと思います。

     同じ内容も言い方で変わります。「側にいてくれない」責められてると感じると夫はすごい速さで引いてゆきますが、「あなたが側にいてくれるとすごい安心感」って言うと「だろぉ?」って満足しています。ほんと単純ですよね。
    重い内容の話も、軽い口調で「~ショックだったよ」「泣きそうだよ」助けて!って感じで一緒に考えてもらうようになりました。こっちが甘えると、夫も愚痴など言いやすいみたいです…私はこんな感じで夫との距離を縮めることができました。

    ご主人とキャリコさん、どちらが正しいとか間違っている、ではなくてお互いの気持ちが伝わるやり方を模索してみましょう。ご主人はキャリコさんを愛していらっしゃいます。気持ちが伝われば、絶対に解決の糸口が見つかると思います。

    • キャリコ(相談者) より:

      SAKUSAKUさんコメントありがとうございました。

      家事の合間主人に「お皿洗って貰っていい?」だとか「疲れてる所悪いけどお風呂洗って貰っていい?」と聞くとかならず「えー」と言われます。
      これは主人なりの「OK」の言葉で(結局やってくれるので)、わかってはいるものの毎回不満のような口ぶりにいつしかお願いする事自体億劫になってしまっていました。
      「褒められた所で俺はそういうのに乗るような男じゃない」と本気とも冗談とも取れる言い方をされますので、実際は私のお願いの仕方がヘタクソなのかもしれません。
      いちいちそういう所がひっかかってしまうのが自分でもダメだと思うのですが、細かいところは気にせず今後は上手く甘えたりおだてれられたらと思います。
      SAKUSAKUさんが嫌みのつもりでも感情的にならず、きちんとご主人様との距離を縮められた事はぜひとも見習いたいです。

      人の数だけ、夫婦の数だけ正解が違うと思いますので、うまくそこへ辿りつけられるよう頑張りたいと思います。

  4. shtoskazaka より:

    優しくて素敵なご主人ですね。
    キャリコさんは、不妊治療の結果などなど思い通りにならない全てに対する
    イライラを、ご主人がキャリコさんと過ごさない事にすり替えていませんか?
    北風と太陽ではありませんが、押さえつけると人は逃げ出そうとしますよ。
    キャリコさんは、北風になっちゃっていませんか?

    私は、高刺激を含め何度も体外受精をやり、治療仲間も複数いるし、
    治療を受けている人たちのブログも多く読みました。
    なので、人それぞれの辛さも知っていますが、キャリコさんの理屈は
    あまり理解できませんでした。

    採卵や移植の当日ならまだしも、その月はまるごと情緒不安定で
    ご主人は傍らに居なくてはならないのですか・・・
    不妊治療を、ご自分を通すための言い訳に利用していませんか?

    怒ったり癇癪を起こせば傍にいてくれるかもしれませんが、それは
    最初のうちだけです。そのうち、癇癪も効かなくなります。
    それよりも、ご主人自身の意思でキャリコさんと一緒に過ごしたいと
    思うようにした方が、お互いにとって良いのでは。
    例えばですが、ご主人にこんな風に思って暮らしてもらうのはどうですか↓

    「家で棚を組み立てたら、さすが頼りになると凄く喜ばれたから良かった。
    週末に窓拭きを手伝ったら、とっても上手と絶賛されたから良かった。
    友人と遊びに行くのをいつも許可してくれるから、皆から羨ましがられるぜ。
    辛い治療でも淡々と続けるキャリコちゃんを尊敬してしまう。
    会社の誘いにも送り出してくれて、うちのキャリコちゃんは自慢の嫁だ。
    意味不明に逆噴射するような事がないキャリコちゃんは、聡明だなぁ」
    と、
    まぁこんな感じです。

    で、ご主人が自分のお小遣いの範囲内で楽しく健康的に遊ぶのは
    何も問題ないですよねぇ?
    山に登ったら一番綺麗な落ち葉でも1枚選んでお土産に持って来てくれれば
    私はひとり家でTVでも見ながら、夫を誘ってくれた人に感謝です。
    私が付き合いたくない山登りを、主人に経験させてくれる人がいたラッキー。

    で、キャリコさんも、ご主人に楽しい?何かを提案して
    夫婦仲良く過ごしてください。
    「一緒に私の自転車の前カゴを新しいのに交換してくれ」程度でもOKでは?
    カゴの交換は、この前私もやってもらいましたが、私は応援する係という名の
    口だけ出す係として夫婦二人で協力し、サビて回らなくなった自転車のネジと
    悪銭苦闘しました(夫が)。
    カゴがピカピカのに交換されたので、気分の良くなった私は夫のカゴ職人ぶり
    を褒めちぎって、家計費からアイスとコーヒー約200円を買って授与し
    ベンチで食べたら二人で近所の土手までサイクリングに行きました。
    こんな程度の小さな提案でもOKと思いますが、いかがでしょうか。

    「今日はAさんの誘いもあったのに断って、妻(私)を大切にしてくれて
    ありがとう。あなたは私の自慢の夫よ」な~~んつって感謝してたら
    ご主人が「もっと理想の夫になっちゃおうかな」なんて思うかもしれません。

    キャリコさんご夫婦の元へ、元気な赤ちゃんがきてくれますように。

    • キャリコ(相談者) より:

      shtoskazakaさんコメントありがとうございます。

      その月丸ごと情緒不安定、についてですが言い訳だと思われるという事を承知で書かせて頂きます。

      治療が始まった当初、全てが初めてで不安もあり病院での出来事や泣きごとをメールしたのですが、帰宅するまで気づかれず、毎日とは言わないが治療の日だけは少し気にしてほしいとお願いしたのですが結局変わらず未送信という形で溜め込むようになりました。

      診察状況にもこちらから話さない限り聞かれる事もなく(聞いたところでわからないから、といえば当然かもしれません)、ネット検索はゲームの事ばかり(治療について検索してくれた事はありません)判定日も忘れる状態ですので「一人で治療を行っている感」が強くなる時があります。

      採卵当日には「俺は夕飯どうすればいい?」と聞かれ、以前も判定日当日に陰性という結果に落ち込んでいた時に会社の人とオンラインゲームを始めました。
      「今日ぐらい辞めて欲しい」とお願いしましたが「誘われているから」と別室へ(普段ゲームは反対していません)。
      今思えば主人もどう私に接すればいいのかわからなかったのかもしれません。
      そういうことが重なり情緒不安定は言い過ぎだったかもしれませんが、「誰との子供か。また同じ事が始まるのか」と内心とてもイライラしてしまいます。

      むしろ無理をしないと傍に居られないようであれば外出してくれる方が気持ちは楽になるのかもしれません。
      実際留守番している時はあまり気になりません。
      移植当日に家事をお願いしても「えー」と(先の方のお返事にも書きましたが、主人なりの「OK」の返事です)言われ「ごめんねー。ありがとう」と言いながら「こういう時くらい素直に聞いてくれればいいのに」と情けなくなります。

      こういう事もあり「なぜ嫌がるの?もっと私に関心を持って」と必要以上に主人に依存しているのだと思います。
      家計を圧迫する事無く自分のお小遣いで行くのですから反対する事自体おかしいという事はわかっています。
      一時期主人の外出は全く気になりませんでした。むしろ快く送り出していたと思います。
      再燃したのは治療が始まってかtらです。

      不妊治療をたてに自分を押し通そうとしているという以前に、不妊治療に対して私が感じている主人との距離が結果主人を束縛したい衝動にかられているのかもしれません。
      もう一度自分の問題点を考え直してみたいと思います。

  5. にゃんこ より:

    不妊治療は精神的にも体力的にもつらい物だと伺っています。どうぞお体を大切になさってくださいね。

    一般的ではないけれど、こういう見方もある、と思って読んでいただけたら良いんですが。
    男性と女性では物の考え方に大きな違いがある。と思えば、『非協力的→離婚した方が良いのではないか』という結論にならないんじゃないかと思って、書きました。

    奥様がつらいとき、旦那様は楽しんではいけないのでしょうか?
    何かできるんなら良いんですけど、何にもできないなら、付いていてもなー。と、うちの主人だったら思うし、私も思うし、もしかしたらご主人も思ったんじゃないかな。
    女性は良く、ご主人につらさを分かち合って。と言いますが、男性が奥様とつらさを分け合うって聞きませんよね。
    男性はもしかしたら「手伝うことがあるならやるけど、特に手伝うことがあるわけじゃないなら、空いた時間は自分の好きに使って良いよね。」と思うんじゃないかなー。私は女ですが、そう思うタイプです。空き時間は有効に使いたい。
    旅行や遊びに行っていないときは、病院に付き添ったり、行きたいところに連れて行ったりしてくれるんですよね。
    たぶん、うちの主人だったら、「こんだけつきあったから大丈夫!あとは僕の時間」って思うと思うんです。
    逆に言うと、「この日からこの日は、治療のため体がきついから、家事をやって欲しいので、家にいて欲しい。でも他の日なら遊びも旅行もOK」とか予定をいれたらどうですか?(やることがなく、そばにいて欲しいとかは、男性は苦手かもしれないので)
    うまくルール作りをできると良いですね。

    • キャリコ(相談者) より:

      にゃんこさんコメントありがとうございます。

      >『非協力的→離婚した方が良いのではないか』という結論にならないんじゃないか
      短絡的な極論なのかもしれません。
      ただ、治療を終えた夫婦が離婚するという話は聞かなくもないです。
      その溝をどう埋めるか。埋められるか。
      特に私はタチの悪い「察してちゃん」だと思うので、自ら溝を深めているのだと思います。
      では私たち夫婦がそれに該当するかと言えば今のところ私の一方的な思い込みの中からきていますので判断しかねますが、こうしてにゃんこさんはじめ多くの方々から意見をいただき少しずつ冷静になりつつあります。

      >男性はもしかしたら「手伝うことがあるならやるけど、特に手伝うことがあるわけじゃないなら、空いた時間は自分の好きに使って良いよね。」と思うんじゃないかなー。
      相談内容とは異なるのですが、結婚当初「子供が急に熱を出して病院に運ばれたら?」という問いかけに「病院に行ったのならもう自分はする事がないから普通に残業して帰る」と言われ「すぐに帰って来ないのか?」と驚いたのですが、男性としての考え方としてはそうなのかもしれません。
      男性らし男性思考だを持っている人なのだと思います。
      わかっていたようで忘れていたように思います。
      私は再度その部分から理解し、自分の気持ちを整理せねばなりません。
      いただいたご意見、参考にさせていただきます。

  6. オレンジ より:

    うーん、、、文面からキャリコさんの苛立ち、寂しさ、自分ではどうにもできない事へ対しての悲しさが伝わってきます。
    会社を辞めて治療に専念されておられるとの事、
    経済的不安やご自分自身に対するプレッシャーもかなりあるのではないでしょうね。
    外で仕事をしていないと、私ならどうしても焦燥感が出てきます・・・。

    それがご主人へ「私が会社を辞めてまで治療に専念しているのに、あなたももっと真剣になって協力して欲しいのに!」という不満にもなってしまっているのではないでしょうか。

    ご主人に「一緒に居てくれるだけでいい」と訴えることは、友達と一緒に出かけたり、旅行に行くのが好きなタイプの人にはとても強い束縛の言葉です。
    「ずーっと、どこにも行かないで、私と一緒に居て。」とも取れます。
    ご主人からしたら、「一緒に居て、って言われたから、折角の休日に遊びを断って家に居るけど・・・。別に一緒に居ても、ゴロゴロしてるだけで大したことしてないじゃん。それなら友達と出かけたいんだけど・・・。」って思ってしまうかも。
    それで「なんで友達より私との時間を一緒に過ごしたいと思ってくれないの?」とキャリコさんが思われても、、、思えないものは仕方ないというか、、、、男ってそんなモンなんですよね。(汗)
    女性の方が、「大切な相手と、一緒の時間や価値観を共有したい」欲が強いと思います。
    そして他の方も仰っておられますが、男性の方が、「好きな相手に認められたい、スゴイと思われたい」欲が強いと感じます。プライドをくすぐって欲しいんですねw
    多分、キャリコさんがご主人と一緒に居たいと思われているように、ご主人はキャリコさんに褒めてもらいたい、認めて欲しいのではないでしょうか。

    私も元パートナーに、キャリコさんと同じような事を言った事があります。
    多趣味で友達が多いタイプの人だったので、そういう所も好きだったのですが、休日は友人との予定を優先しがちで、ある日寂しさが溜まり「友達との予定ばかり優先させていないで、私と過ごす時間も考えて欲しい!もっと一緒に居たいのに。」って爆発してしまいました。
    今思うと、言い方がマズかったなあ、若かったなあ、、、と思います。
    「私とも遊びに行こうよ!あなたと一緒に居ると楽しいんだよね。○○に行きたいんだけどさ、いつが空いてるの?」と言えば、相手の受け取り方は全く違ったのに。
    「新婚なのに家に居ないなんて有り得ない」っていうのは、言い方がマズいですよ〜。押しつけと束縛が全面に出ていますもん。

    そりゃ家庭的で、友達と遊ぶより家族との時間優先!!という男性もたくさん居るんでしょうけど、子供の居ない既婚男性って、独身男性とあんまり考え方が違わないと思います。まだ30代の男性、まだまだ自分勝手で子供ですよー。
    でもキャリコさんのご主人は、優しくて、思いやりのある素敵な方だと思います。

    キャリコさんがご主人に「一緒に居てくれるだけでいい」と言っても、向こうがゲームしているだけ、というのは余計寂しくなりませんか?
    もっと一緒に居る時間にメリハリをつけるというか、例えば今は、「ご主人は休日は5日中3日は家でゴロゴロしていて、1日は友達と出かけてしまう。」とかなら、「休日の5日中3日は2人で出かけるようにして、1日は家でゴロゴロして、1日は友達と出かけている。」というようにするとか。
    ご主人が休みの日に合わせて、キャリコさんが仕切って前もって計画して、どこかにお出かけする日を増やされるようにしてみては如何でしょうか?
    そして、出かけたらなるべくポジティブに楽しく過ごせるようにする!
    そしたら、ご主人の友人との交流も、もう少し受け入れられるようになるのではないかな?と思います。

    離婚は、今は冷静に判断出来る時期ではないでしょうから、、、口に出すのも辞めておいた方がいいのではないかと。ただ今の辛さから逃避したいあまり、「離婚した方がいいのでしゃないか?」と考えてしまっているだけなのではないかと思います。

    • キャリコ(相談者) より:

      オレンジさん、コメントありがとうございます。

      経済的不安や焦燥感はおっしゃる通りです。
      治療に関して主人の関心が低い所にも不満が溜まってのだと思います。

      「新婚なのに家に居ないのはあり得ない」は我ながら酷かったと思います。
      主人は無責任ではありませんが「なんとかなる」というタイプで私はプレシャーに弱く当時「仕事も家事もちゃんと頑張らなきゃ」と自分を追い詰めていたと思います。
      だからと言って言っていい事と悪い事があると思うのでそこは自分でも反省しています。

      離婚は逃げですね。
      確かにこの状況で切り出せば自分自身、後に引けなくなりそうです。
      主人がお小遣いの中から遊びに出かける事も「私はいざという時の為にも自分の貯蓄をなるべく使わないようにしているのに」と思っている節があります(言葉にしたり強要はしていません)。
      焦燥感、ジレンマ、プレシャーなどから理由を付けて主人を攻撃してしまっているのかもしれません。
      予定も「私が予定を立てなければ行かないのか。行きたくないのか」と、無意識に思い込み相手に求めてしまっています。
      あれこれ考え過ぎてうまくルールを見出すのではなく、煮詰まって逃げ出したくなったのだと思います。
      お陰で少し冷静になって自分を見つめられそうです。
      ありがとうございました。

  7. itc より:

    お疲れ様です。読んでいて、おつらい気持ちが伝わってきました。
    一方で、どなたかもおっしゃってましたが、様々な要因からのつらさと混同されているようにも思われました。一番大きな問題は旦那様の外出のようですが、なぜそれがそんなにイヤなのか、掘り下げて考えてみてはいかがでしょうか。
    「家族としての時間を大事にしたいタイプ 」とおっしゃってますが、「家族としての時間」というのが具体的にどんなものなのか、それを「大事にする」というのがどういう行動を意味するのか、人によって解釈は異なるでしょう。もちろん旦那様も。もしかしたら旦那様は家族を大事にしているつもりかもしれません。
    私自身は、寝起きと食事を共にし、今日はこんなことがあったよと一つ二つ話す時間があればまあ家族として最低限の関係にはなっているかなと思います。人によっては語らいの時間をもっと取りたいとか、いろいろ要望はあるでしょうから、まずはご自身の気持ち的にどの程度を求めているのかを、見つめ直してみてはいかがでしょうか。その後、どうしても譲れない部分は旦那様に相談して、お二人のペースを見つけられたらいいですね。
    一緒にいる時間を多く持ちたいのなら、旅行に同行することも検討されてはいかがでしょう?出費を抑えたい気持ちは分かりますが、ここは譲歩してもいいのでは(した方が楽なのでは)?
    もし、外出せず二人きりでずっといたい気持ちが強いようなら、それは少し独占欲が強いように思います。ご自身でも束縛したくない気持ちと板ばさみに苦しんでおられるようですし、気持ちの持って行き方というか、考え方を変えないと苦しいままかもしれません。
    たぶん一番つらいのは、旦那様が出かけてしまうことや置いて行かれることではなくて、旦那様に自分の気持ちが通じないことですよね。ご自身でも努力されているようですが、伝え方の工夫次第で多少は変わるかもしれません。男性は因果関係がはっきりしていた方がピンときます。逆に、ピンとこないものごとは、口では分かったと言っても(本当にそのときはそのつもりでも)飲み込めず身につかなかったりします。
    例えば、おっしゃっていた「採卵や移植のある月は情緒不安定だからやめて欲しい」という言い回しですが、まず男性は情緒不安定になるということ自体があまり理解できません。月々の生理がなく、ホルモンバランスが変化するせいで情緒が変わるという経験がないからです。そもそも情緒ということを理解しない男性も多いですから(泣)情緒と言うより体調と言う方が伝わりやすいかもしれませんよ。
    嘘も方便、「採卵の後一週間くらいは痛みがあるから休ませてほしい(ほか、ホルモンバランスが崩れるから不定愁訴が出てつらい、など)、家事を頼みたいから家にいてほしい」「移植後は着床・安定のために一週間ほど安静にする必要がある。だから家事はお願いしたい」など。あなたの症状をできるだけメンタルではなくフィジカルの面で説明して、旦那様の役割を具体的にすることをおすすめします。それでも遊びに行ってしまうようなら、不妊治療およびお子様を持つこと自体にピンときていない人かもしれません・・・。

    • キャリコ(相談者) より:

      itcさんコメントありがとうございます。

      itcさんをはじめ、皆さまからいただいたコメントを読んでいくうちに、自分の中にあるわだかまりや問題が見えてきたように思います。

      >たぶん一番つらいのは、旦那様が出かけてしまうことや置いて行かれることではなくて、旦那様に自分の気持ちが通じないことですよね。
      言われてそうなのだと気付きました。
      もどかしいと思った事もおおくあります。
      自分の中では具体的のつもりでも、主人側からすればわかりにくかったのかもしれません。
      時折「ここまで言いたくない」と思ってしまう事もあります。
      そういうところが結果うまく伝えられない原因になっていたのだと思います。

      ピンと来ない、というご意見ですがおっしゃる通りです。
      実際、移植にも立会をしてもらった事がありますし状況は「カタチ」としては理解しているのだと思います。
      ですが実際移植後に出血が続いて腹痛を訴えた時も「うわあ」と心配した表情で食卓についてTVのチャンネルを変え、食事が出てくるのを待っているタイプです。
      「だから準備はあなたがお願い」と最後まで言わないとわからない人なのだと思います。
      主人に悪意は全くありません。
      最後まで言わない私にも責任があると思います。

      主人は主人なりに私を大事にしてくれている事はわかります。
      主人は特に受け身な性格でもありますが、疲れていない時などは自発的に家事をしてくれる事もあります(めったにないですが)。
      自分にとっての「家族」の定義は模索中です。
      寝食を共にし、出来事を話す時間があれば確かにそうなのかもしれません。
      仕事や予定がなければ行きたい所に着いてきてくれる、私が外出する際も反対が無く(というより関心がない)、では自分は「家族」や「夫婦」として主人に何を求めているのか。
      主人には失礼な話ですが「自分は同居人じゃないのか?」とすら思ってしまった事があります。
      主人の生活から私を差し引いて、食事や洗濯物以外で主人が私を必要とする事があるのかと。
      自分の中で拗らせすぎた結果だと思います。

      そうした事も踏まえ良いペース、ルールが見つけられるよう、まずは自分の気持ちをしっかりと整理していきたいと思います。

  8. ミトウ より:

    キャリコさん、はじめまして。

    顕微授精まで行っていたミトウと申します。
    上の回答で、

    >おそらく主人は私がここまで思い詰めている事には気づいていないと思います。
    むしろ日々笑って送り出し、笑顔で迎え入れ、どうしても聞いてほしい治療の辛い話は「ちょっと聞いてよ~」と風に面白おかしく伝えるようにしています。
    辛くて泣きたい時は一人で泣きます。

    という文章すごく理解できて切なかったです。
    心配させたくないとか、前向きな私を見せたいとか理由はありますが、私も夫の前で泣きたくなかったなぁと思い出されました。

    でも、元気だとばかり思われるのも嫌だったので私の場合は夫が寝ようとしていようと、ゲームをしていようと「ちょっと元気をちょうだい!」とお腹や背中に抱きつきに行って黙ってくっついて、しばらくして「よし、元気が出た!ありがとう」と言ってました。
    体がつらい時、気持ちが不安定な時ほど長くくっついていましたよ!

    「居てくれるだけでいい」ってなかなか理解してもらえないかもしれないけど、「くっついてるだけで元気がもらえるんだよ」と知ってもらえると良いんじゃないかな、という提案です。

    まとまりのない文章ですみません。
    キャリコさんご夫婦の元へ、元気な赤ちゃんがきてくれますように。

    • キャリコ(相談者) より:

      ミトウさん、コメントありがとうございました。

      共感していただきありがとうございます。

      旦那様にくっついて元気を貰うって可愛らしいです。
      実は、以前同じように洗い物をお願いした時やゲームをしている際にくっついたりしていたのですが、いつしか「一方通行で片思いみたい」とやめてしまいました。
      こういう所がダメなんだと思います。
      ダメダメですね(苦笑)

      不妊治療は辛いですが、主人が居たから頑張って来れた事でもあります。
      治療の事がなければ主人といるのは本当に楽しいのです。
      いつもずっと笑っていられるのです。
      最近は自分の中の不満事ばかりに目を向けばかりいました。
      もう一度自分の中の声を聞き、元気を貰ったりあげたりできるよう前向きに行きたいと思います。

      最近は自分の中の不満事ばかりに目を向けばかりいました。
      もう一度自分の中の声を聞き、元気を貰ったりあげたりできるよう前向きに行きたいと思います。

  9. 蜜柑 より:

    結婚前から自由奔放タイプのご主人だったのですね。
    自分の楽しみを優先させたい方のようなので、
    なかなかキャリコさんの不妊治療の苦しみを
    理解しようとしないだろうなぁと推察します。。

    私も体外受精でさずかったので、夫の精神的サポートが
    とても大切なのに、ちょっとキャリコさんの旦那さまは
    軽く考えているなぁと思いました。

    不妊治療も大変ですが、子供が産まれたらもっともっと大変です。
    そんな時にも、平気で旅行に行きそうな気がして心配です。

    旦那さまを快く送りだせるように自分が変わるか、
    とことん話し合って妥協点を見つけられると良いですね。
    また、旦那さまは不妊治療の知識がありますか?
    無ければ本などで勉強した方が良いと思います。

    ちなみに私の父親が、キャリコさんの旦那さまタイプで、
    母親が淋しい思いをしていましたが、今では
    あーまた遊びに行ってるよ!と、あきれ?あきらめてます^^;

  10. キャリコ(相談者) より:

    蜜柑さん、コメントありがとうございました。

    主人がどこまで自由奔放だったのかはわかりませんが結婚前、初対面だったAに「あいつは自由にさせてやってくれ」と言われた事を思い出しました。
    当時は主人との付き合いも浅くよくわからなかったのですが、こういう事かと。

    軽く考えているのかどうかわかりませんが、「考え過ぎて悩んでも仕方ない」と思っているようです。
    子供が出来てからの大変さも、友人・知人を見る限り想像以上に大変だろうと思います。
    主人は「なんとかなる」の人なので、養子縁組の話をした時に「どこまで愛情を持てるか自信がない」と訴えた時も「育てているうちに情も出てくる」と言われました。
    「ペットや物じゃないんだから」と返しましたが、全てに置いて大袈裟に捉えていないのだと思います(それが良い方向に向かう事もあるのですが)。
    男性は身ごもらないので父性は後から出てくると言いますし、正しいと言えば正しいのかもしれません。
    もし本当に養子を迎えたら適当にあしらうのではなく、主人なりに本当の子供として愛情を持って接すると思います。

    主人の不妊治療の知識ですが、以前病院から貰った本(書店で販売されているしっかりとしたもの)をさらっと流し読みしたのと、病院の説明会に言った時の知識です。
    移植にも立会してくれましたし、採卵後に麻酔が抜けない状態でベッドに横たわる私の姿も見て知っています。
    私も極力専門用語は使わず内容を伝えたりしますがどこまで理解しているかわかりません。
    時折お医者さんが書かれた関連記事やブログなど必要を感じた際は読んでもらうようにはしています。
    実際経験してみないとピンと来ないのは仕方ないのかもしれませんが。

    主人とは「納得できない」でシャッターを下ろされるのではなく、とことん話し合ってみるのも良いのもしれません。
    その上で蜜柑さんのお母様のように「あー、また行っちゃったよ」と笑顔で送り出せるようになれればと思います。

    • キャリコ(相談者) より:

      蜜柑さん、操作を誤り蜜柑さんのコメントに直接お返しできずすみませんでした。

  11. みるぽ より:

    キャリコさんこんにちは!
    私もわんこさんと同意見で1度でいいので
    一緒に旅行に行ってみてはどうかな?と
    思います。男と女で目的が違う場所になれば
    思い切って男女別行動で楽しめば良いですしね♪
    私の旦那も年下で、よく遊ぶ面子は
    独身男性ばかりなのですが…
    最初は反対したり、友達の事を拒否していましたが
    それは旦那の友達の事をよく知らない上に
    旦那と自分の時間を奪う人物と思っていたから。
    一緒に連れて行ってもらい
    旦那の友達と会話をし関わる時間を増やして知ることにより
    「なんだ〜いい子じゃないか(^○^)」
    と、安心できました。安心できないタイプも分かりました。笑
    キャリコさんも意地にならず、
    一緒に楽しんでみるスタイルに切り替えた方が
    先は明るくなるかもしれませんよ!
    そもそも男と女は考え方が違うし、人間により
    いろんなタイプがいますし、自分から産まれてくる
    子どもだって性格が違う…人は歩み寄る事が大事ですよ!

  12. てんてん より:

    キャリコさんへ 初めまして。昨年のご相談に今で申し訳ありません。偶然に見つけました。私もアラフォー、そして不妊治療で顕微鏡をし、今年45歳にて治療を終了しました。そしてやはり、夫への『あの時の不満』が爆発したり、長く勤めてそれなりに認められていた会社を辛くてもあり退職しました。そして今ですが、離婚という文字が頭に浮かびます。キャリコさんの旦那様のように家も優しい夫な方みたいなんですが。正反対でして、夫は引っ越したのもありますが友達が居なく相談するのはいつも私です。人間関係に悩むことが多く話を聞いてアドバイスもしてみてます。でもふと、なんで治療の話はあまり聞きたがらない(やはりお茶らけて明るく話します)のに、旦那のエンドレスな人間関係をいつもいつも聞かされてるのか?と。話が脱線しました。キャリコさんの旦那様は友人がいて、出かけてしまうとの事、実は何度も友達さえいれば私の負担が減るのに!と思いました。でもキャリコさんの出かけたり、旅行にいってしまう旦那様、それもそれで私だったら不満に思うかもしれません。私は出不精で、でも友達、知り合いは多いのですが、旦那の会社の人と仲良くなる気がしません。キャリコさんの気持ちが解ります。嫌なものは嫌なんです。品定めしたくなくても絶対するでしょうし。まとまらなくなりましたが、ただの同居人と感じる気持ちもよく解ります。家も養子をと簡単に言います。私の意見を言っても、あんまり決めつけないで。と不安を感じてくれません。子供が居なかったら夫婦として私が居なくてもいいのか?と。嘘でも二人で仲良く暮らしてこうよ。ぐらい言えないのかなあ?と思います。文章から、キャリコさんだって旦那様の趣味に気持ち寄り添ったりしたと思います。でも治療って結構なメンタルやられているんですよ。だから旦那様と旅行に行ったりもしたくないときあるし、ましてや何で旦那の友達に気を使わなきゃならないんでしょうか。キャリコさんはキャリコさんで奥さん鬼嫁。と思わせて上等ですよ。その会社の子らも結婚すれば解りますよ。ましてや治療をしたら。労って欲しいだけなんですよね。女性の負担と男性の負担の差が激しすぎるから気持ちがすれ違ってしまうの当たり前ですよね。私は言葉が上手くないせいか旦那を怒らせます。上手く転がすのにも疲れる時だってありますよ!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


9 − = 0