出産後、夫は自分勝手で暴力的になり…

RINGAさんのご相談

離婚したほうがいいのでなないかと悩んでおります。

もともと主人は短気でかっとなりやすいタイプでしたが、結婚したと同時に穏やかになりましたが、子供が生まれてからまた今まで見えなかった性格が出てきました。
子供が懐かないとすべて私のせいになり、突然後ろから叩いてきたりします。
強く叩かれると「痛い。」と言えば「叩いてない、お前は嘘つきだと。」と逆上して「頭がおかしい、ばかだ。」と子供がいる前で大声(近所にも聞こえるばかりに)怒鳴りつけてきます。
私も最初は子供がいるためどんなひどいことや真実とは違うことを言われても、黙って我慢していましたが、だんだん腹が立ってきました。
何でこのような仕打ちをするのか、自分にも非があるのではないかと思い、夫のあまりにも自分勝手で暴力的な対応が子供のためによくないのではないかと、話し合いをしたいものの話し合いも受け付けません。
親のこういう対応が子供の教育に悪いとは思ってないようですし、結婚してからわかったのですが夫もいい争いばかりしていた親に育ったようです。
今朝も後ろから右わき腹を叩いてきましたが、夫は「少し触れただけだとか、右わき腹じゃなくて左わき腹を触れただけでお前は嘘つきだ。」と怒鳴りつけられました。
何だかこういうつじつまの合わない対応を続けれるかと思うと耐えられません。
どうしたらよいものかと相談させていただきます。
ちなみに、夫は外国人で6歳年下です。


ご主人はお子さんに
嫉妬してしまっているのかな

一人で問題を抱えて苦しむより
暴力の証拠や日常の記録を持って
市のDV相談に行くなど
第3者を交えてみてはどうでしょう。
みなさまアドバイスお願いいたします!


カテゴリー: 夫婦


出産後、夫は自分勝手で暴力的になり… への16件のコメント

  1. るおりん より:

    完全なDVですね。
    一刻も早く市町村のDV相談の窓口に行きましょう。
    国際結婚とのことですので、国際離婚に詳しい弁護士へ
    相談したほうがいいかもしれませんね。
    悩んでないで、とにかく早く動きましょう。

    • RINGA より:

      コメントありがとうございます。
      私は海外に住んでおりますので、早速DV相談窓口に問い合わせてみるつもりです。

  2. 私の本音 より:

    かなり危険な感じを受けました。
    お国がどちらか分からないんですが、出産された病院で
    診察室にDVはありませんか?というポスターが貼ってあったり
    お医者様に尋ねられたことはないですか?

    赤ちゃんとの診察の際なら、夫にも気づかれずに相談しやすいと思います。
    なるべく早く、できれば夫には話さずに、あくまでも子供の診察ということで
    予約を入れると良いですよ。

    • RINGA より:

      コメントありがとうございます。 本人にしてみると冗談と言うか遊びたいみたいな感覚のようですが、自分で決めた結婚とはいえ海外に住んでいるため、近くに両親も友達もいないため閉鎖的になってしまっています。DV相談窓口に行ってみて早急に解決するように考えています。

  3. つき より:

    たしかに世界は広いですが、女性の腹部をなぐることが冗談になる文化圏は聞いたことがありませんね。文明国の人間なら「思いやり」「思慮深さ」の概念は共通認識のはず。それが無いとなると…(軽率というか、まるで小動物をいじめて喜んでる幼稚な子どもみたい)
    ただでさえ孤立無援状態なのですから不安だと思います。専門機関のアドバイスをもらって、まだ「冗談」ですむレベルの内に軌道修正の方法をさぐってみてください。異文化コミュニケーションには並み以上の優しさが必要なのだとそのクソ坊主(小僧?)みたいなご主人がが気づいてくれますように。

    あと、最悪にそなえてエアチケット代等しっかりヘソクっておきましょう。

    • RINGA より:

      コメントありがとうございます。
      異文化のコミュニケーションは思った以上に難しいです。日本人同士でも言葉の言い方一つで関係が崩れる場合もあるかと思うと、母国語以外の会話で果たしてどれだけ自分の気持ちが通じるものかとふと考えてしまいました。
      はい、国際結婚したときから最悪の状態に備えてのへそくりはしっかりと蓄えています。そのため、今後の夫との対応によっては距離を取って冷静に判断する方法も考えています。

  4. こうめ より:

    お住まいの国に日本人コミュニティありませんか?
    国際結婚で離婚した方を扱った事のある
    弁護士さん等とお話をするか
    シェルターに飛び込むか。
    まあ極端な事を書いてますが
    DVで国際結婚での離婚の場合、
    言語の問題やカルチャーの問題で
    なあなあで済ませようと思ったら
    お母さんが子供を取られた、とか
    子供を元夫の許可なしで国外に出せなくなった
    という話は頻繁に聞きます。
    戦うならば徹底的に戦わないと
    全てをなくす可能性もあります。

    離婚は残念なことかもしれませんが
    お母さんが理不尽な思いをしている環境が
    子供にとっていいとは思えません。
    今はネットでいろいろ情報も得られますし
    DVのカウンセラーにかかるのも証拠になります。
    あとは叩かれてる所を録音する。
    (場所によっては録音は証拠になりませんが)。

    とにかくお住まいの場所で情報収集をして
    あとは行政のヘルプを受けて下さい。
    慎重にね。

    • RINGA より:

      コメントありがとうございます。
      確かに離婚は子供がいる場合、とても慎重にしないと思ってもみない結果になると聞いたことがあります。
      叩かれた度合いが中途半端で傷にもあざにもならず、そうかといって傷やあざになってしまう度合いならすでに別居をしているかと思われますし、こちらの相談にも書く状態ではなかったのではと思います。
      自分も完璧な人間ではないですからまずは、相談を受けて自分を見直してみようと思っています。

  5. pink より:

    お国柄で相当違うと思うので、一概に言いにくいのですが、日本人として受け入れがたい状況であるのは事実ですね。
    気がつかない内にDVは激化するので、このタイミングで相談されたのは良いことだと思います。

    ハンドルネームから察するに、アジアのヒンドゥ教圏でしょうか。
    語弊有る分け方ですが、西洋文化圏なら世間は100%味方になってくれると思いますが、宗教によっては男性の見方しか支持しない所も有るようですね。(それは住んでいらっしゃるご本人が一番分かっているかと。)
    日本人にはDVに思えることがご主人のご家庭では普通の事だったと言う事は、ご主人側の親族は多分味方になってくれないでしょうし、むしろ攻撃する側になる可能性があります。行政などに相談するのも気を付けないとご親族の不名誉という判断が働いて孤立無援になる可能性もあります。

    慣れぬ環境と慣れぬ子育てで大変だと思います。
    文化圏の同じ出身の方で(できれば邦人会など)信頼できる所から的確な情報が集められますよう。
    くれぐれも自分を責めすぎないようにね。

  6. こんこん より:

    私も国際結婚で海外に住んでいます。夫は私よりもずっと体が大きく体重も2.5倍近くあります。ですので、相手にとっては軽くのつもりでも、こちらには痛く感じるケース、とてもよく分かります。

    うちは夫を徹底的に教育(この言葉が正しいかどうかわかりませんが)しましたよ。まず、叩かれて痛かったら、「あなたに私を傷つけるつもりがないことは分かっているけれど、それは痛いから止めて。」反論してきたら、「あなたが軽く叩いているかということではなくて、私が痛いと感じているということを理解して欲しい。」と冷静に、優しく言ってみてください。
    うちはこれで夫がかなり気をつけるようになりました。

    でもこれは、本当に相手があなたを傷つけるつもりではない場合の対処法です。本当に危険を感じたらすぐに家を出てください。頼れるお友達などはいませんか?あくまでも、身の危険を感じた場合、最終手段としては警察に電話ということも出来るかもしれませんね。

  7. rainbow より:

    今どちらのお国で、詳しい状況がわかりませんが、日本領事館に相談(逃げ込む)するのも一つの手です。直接的なヘルプがされなくても、その国の相談機関や帰国に際してお子さんと移動し易い方法などを教えて下さいます。「いや、まだそこまでは・・」という段階でしても、いつ状況悪化するのかわかりませんから、その時に備えて逃げ場(資金・パスポートなど)はリストアップしておいた方が良いと思います。

    対女性の扱いに文化の違いはあっても、暴力は暴力です。RINGAさんが外国人で、ただでさえ心細いでしょうに・・・いろんなところに相談して、身を守って下さいね。平和な日々になりますように。

  8. しおさば1号 より:

    うちのだんなも年下で最近まぁ同じような感じです。
    子供かえりでもしたのかというか 本当に困ったもので、首までしめられるしまつで、でも周りにはとてもよい人でとおってます^^;
    日本人でも外人でも相手は男性である以上 DVは恐ろしいもので身の危険は本当に感じますね。
    これが 自分だけだったらまだしも、子供にまでいかないようにと、
    本当になんていっていいか・・・言葉になりません・・・・。

    うちでやっていることは、できるだけ相手がカッとなった瞬間は絶対にやわらかくひくなり うけとめる。かわす。
    相手にしないのはNG(うちの場合
    相手が穏やかなときなど、恋人だったときのようにスキンシップしながら
    やさしくいろいろ相手をほめながら話してみる。

    いいところをほめてのばしてみたり。

    子供が寝た後 旦那の時間をもうけてみてはどうでしょうか?

    少しだけ旦那がおだやかになるかもしれません

  9. torano より:

    RINGAさん、こんにちは。

    私も国際結婚しています。
    西洋文化圏なので、もしかするとシステムが違うかもしれませんが、
    皆さんの言われるように、専門機関で相談したり、シェルターの利用がいいかと思います。
    シェルターに行った友人は、別居の準備から、子供のケア、カウンセリング、生活保護、弁護士など、さまざまな情報とサポートを受けていました。

    ただ、気になったのが、RINGAさんはかなり我慢をされているようですよね。
    今後どうなるにせよ、離婚となっても今日明日ではないでしょうし、
    まだ生活する中で、嫌なことはハッキリ気持ちを言うほうがいいのではないかな、と思いました。

    ご主人も、文句言わないRINGAさんに対して、どんどんつけあがってるように感じました。
    ただ、あまり話しあいできるようではないので、
    「私」を主語にして、「私は怒鳴られて悲しい」「私は叩かれて辛い」と、気持ちを伝えてみるのはいかがでしょう。
    「あなた」が主語だと、相手も防御体勢に入ってしまいそうですが、
    自分の気持ちは誰も否定できない真実ですので。
    言ったところでご主人は止めそうになくても、自分の心のためにも。

    私もどちらかというと、主人に対してカチンときても、
    特にそれが大人げない主人の言動だったりすると、
    こんなことで文句言ってもなあって、
    言わないで自分のなかで消化しようとするところがあります。

    普段から、誰に対しても、ちょっと言いにくいことが言えなくて、我慢しちゃう。
    でも、やっぱり消化ってできなくて体に残って、フツフツとしちゃうんです。
    フツフツが小さいうちに言えばいいのにそれができず、
    それがグツグツ煮えくりかえって気がつくと噴火。
    過去に何回かしてしまい、心のバランスがとれなくなることもありました。

    ここ最近になってです。ホントすこ~しずつですが、気持ちを伝えられるようになったのは。すこ~しずつでも心はだいぶラクになりました。

    けんとう違いだったらごめんなさいね。

    我慢しすぎないでくださいね。平穏な日がおとずれますように。

  10. makicina より:

    異国での生活で、唯一の理解者であるはずのご主人と、こんな問題を抱える
    状況は、どんなにつらい事かとお察しします。
    私も国際結婚していますので、結婚前に『国際離婚』について随分調べました。
    住んでいる国によって状況も色々かと思いますが、国際離婚は想像以上に大変ですね。
    十分にご存じの事かと思いますが、お子さんがいる場合余程慎重に行動されないと最悪のケースも考えられます。
    例えば、モロッコで結婚したアメリカ人女性は、子供をご主人の家族に取られ、人を雇って「子供を誘拐」し、アメリカに連れ帰ったのですが、モロッコ・アメリカ双方で問題になりました。
    もちろん、前触れもなくお子さんを連れて日本に帰国した場合、Ringaさんも誘拐犯になりますし、ハーグ条約に日本が加盟する方向で動いているので、ご主人が警察に「子供を取られた」と訴えれば、日本からお子さんが父親の元に戻される可能性も十分にあります。

    本当に、つらい状況での慣れない子育てで大変だと思いますが、まずは、ご主人との関係修復に努めてみてはいかがでしょうか?
    私には子供がいないので分かりませんが、ご主人が「子供帰り」でもしてしまった様な状況ですよね。「自分の事を一番に考えろ!」と、子供の様に主張しているのかもしれません。お子さんの事で大変だと思いますが、ご主人を一番大切にしているんだと言う風に振る舞ってみては?
    根本的に暴力的だと言う問題の解決にはなりませんが。
    それでも状況が変わらない様なら「一時、日本に子供を連れて里帰りしたい」と日本へ数か月戻られてみてはどうでしょうか?
    子供さんのパスポートは、いつ何時何が起こるか分からないので準備しておくことをおススメします。
    結局、今暮らしている国で行政機関等に助けを求めても、その国の常識で判断されますし、外国人の立場に立ってサポートしてくれるか疑わしい様に私には思えます。
    もちろん、相談してみるべきだとは思いますが、相談してみて問題解決の糸口が見つからない様なら、日本へなんとか一時帰国して、日本で情報収集してみてはどうでしょうか?
    一時帰国にしても、ご主人を説得するのは大変かもしれませんが、ちょっと距離を置いて考えてみるのは、ご主人にもRingaさんにも必要かもしれないと、第三者ですが私は思います。
    とにかく、万一「離婚」の方向に進むにしても、それは表に出さずに慎重に準備をされる事が大切ではないかと思います。
    その場合は、お子さんを日本のご実家等に預けて、お子さんの身の安全を確保した上でご主人と「離婚」の話合いをされた方が良いと思います。

  11. RINGA より:

    皆様、本当に温かいコメントに感謝しております。
    実は、先日夫に電話をして自分の気持ちを伝えました。そしたら、私が考えてもみなかったことを本人から言われたのですが、それはそれで夫も気持ちがすっとしたようで、その後は突然叩いたりとかはなくなりました。(私はその件をはっきりと言いましたので)突発的な行動は後で後悔するとわかっておりますので、冷静に判断してみようと思っております。 本当にありがとうございました。

  12. ばなな より:

    もう解決?されているようなのですが…

    私はアメリカに長く住んでいるので過敏になっているのかもしれませんが、RINGAさんの旦那様の行動は皆さんが言っているようにDV以外の何ものでもありません。DVは言葉の暴力なども入ります。アメリカではどつかれただけでも警察呼べますから…(是非は別として…)

    今は突然叩く等の行為はなくなったとの事ですが、今後の為に会話のやりとりなど携帯などで録音しておくと良いと思います。後日記なども証拠になるので書いておくと良いと思いますよ。DVは一時的に良くなっても何もしないままだとなくなる可能性は少ないと思いますのでカップルカウンセリングなど受ける事お勧めします。

    Good luck!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


− 3 = 1