夫が娘に、躾と称し暴力を…

ママゴンさんのご相談

先日、舅姑の過干渉のことでご相談させていただいた者です。

子供に対する夫の暴力について相談させてください。
最近は大分子供に対する暴力が減ってきたんです。
しかし、先日プールに行ったときのことです。

だるま浮きの練習をしていたのですが、5,6回やってみても娘はできませんでした。
私は何が原因で出来ないのか、じっと見ていたのですが、夫は、

「次、できなかったら、叩くよ!!」と怖い顔で怒鳴っています。

私はその場で、それはだめだ!!と言ったのですが、未だに、できなかったら叩いてもいいんだという夫の考えが理解できません。

私も夫も運動は普通にできました。
私は娘が運動ができない理由は分かっているのですが、夫にはわからないようです。

小さいころから夫は娘と公園に行っても、出来なかったら叩いたり殴ったり。
自転車の練習の時も、すぐに乗れないと娘は叩かれていました。 泣きながら練習をして少しは乗れるようになったのですが、そういうことの繰り返しで、娘は新しいことにチャレンジすることができなくなってしまいました。
チャレンジどころか、興味を持ちません。

きっと叩かれたり、怒鳴られたりすることが怖くなって、興味すらも湧かなくなっているものだと思います。

私も必死に抗ってきました。

3歳くらいから去年くらいまで、家庭でも、主人が怒りだすと、娘を殴って倒れさせ、倒れたら足で蹴り飛ばす。
私が娘に覆いかぶさって、かばうと落ち着くのですが、私が問いただすと、 「俺もそうやって、育ったんだ!!子供はこれくらいしないとわからない」 と開き直ります。
私は虐待だからやめてくれ!と言いました。

夫にも何か自分ではわからない葛藤というか心の傷のようなものがあるのでしょうか。
見ている限りそういうものはわからないんです。
いつも明るくて、ふざけてばかりの夫です。

夫は、一人っ子長男で育って、過保護に育てられました。
小学校の6年生まで、朝食の魚を母親がほじって、食べさせていたようです。
娘は8歳になったばかりですが、さんまもアジも自分で骨から身を取れます。
私が、その、夫が6年生まで魚を姑がほじっていたという話を姑に聞いたとき質問してみました。
姑は「朝、勉強していたから時間が無いでしょ?親が子供を大事にするのは当たり前よ。魚は頭が良くなるって言うし」 私は違うと思うのです。
時間が無いなら、頭からかじれる、シシャモやメザシでいいと思うんです。
2年生になるくらいまでに魚の食べかたを教えるようにすればよかったのに。
母親が、小学校高学年で自分のことはなるべく自分でしなければいけない年頃に気持ち悪いくらい過保護に育てた挙句が、夫の虐待的精神構造につながっていったと思うんです。
姑を問いただすと、「一人っ子だから仕方が無いのよ」で、終わります。
自分の育て方は正しかったと思っているようです。
手をかけるのは愛情ですが、かけすぎることは親の自己満足です。

私と娘が、夫の自己中心的で自分が一番正しいと思っていることで困っていることを理解できない。
いつまでも、勉強ができたことで、うちの息子は素晴らしい人間だと思っている。

夫に叩くことや殴ることは暴力でありしつけではないということをわかってもらうのはどうすればいいでしょうか??
叩くことは正しいと思っていることを、間違っていると認識させるのはどうすればいいですか??
夫に、子供に暴力を振るうことで、子供に出る影響などが書かれている本を読ませたいと思っているのですが、おすすめの本はありませんか??

よろしくおねがいします。


最近減っているのは、娘さん自身が
叩かれないよう気をつけているからでは?

幼少期の娘さんを思うと胸が痛いです。
確かにご主人の生い立ちから、虐待してしまう
ご主人の思考を解明していく方法もあります。
ですが、お姑さんを責めてもご主人は変わりません。
暴力が再発しないようどうすればいいか
皆さまアドバイスおねがいします!


カテゴリー: 夫婦, 子育て


夫が娘に、躾と称し暴力を… への27件のコメント

  1. あさひる より:

    はじめまして。
    ・叩いて教育という考えをご主人は間違っていると思っていない。なぜなら、自分がそうして育てられたから。
    この点て、専門家に話を聞くなどすれば問題だと判断されないでしょうか。 ご主人に薦めやすい本といっても、薦められたらご主人、読みますか?
     反発して拒否しそうな気がしますが。なので、本というよりもママゴンさんがまずどこかへ相談してみてはどうでしょうか。市の広報で相談できるところが紹介されているのをみたことがありますし、ネットでも探せると思います。 相談すれば、まずまちがいなく問題ありといわれると思いますから、その旨をご主人に伝える。
     嫌な言い方をして申し訳ないですが、私にはご相談を読む限り、ご主人はママゴンさんの意見はどこまで尊重する気があるかなと感じました。「専門家の意見」のほうが、拒否されない、拒否できないのではと。で、ご主人をカウンセリングに連れ出して、自分の考えのおかしさに気がついてもらうのが一番ではないかと思いました。

    >夫にも何か自分ではわからない葛藤というか心の傷のようなものがあるのでしょうか。見ている限りそういうものはわからないんです。
    いつも明るくて、ふざけてばかりの夫です。
    見た目では判断できないと思います。それに、事実を見るなら、現に「叩いて育てることは間違ってない」と思っているというのはおかしいです。

    そもそもご主人、自分の子供の頃の叩かれて育てられたことを問題視していないのって、自分はなんとか良い成績をとってクリアしてきたからいいんだ、と思ってるのでは。だから娘もそうすればいい、できないのは娘が悪い、なら叩かれても文句言う権利なんぞない。そう思っているように感じられてなりません。いかがでしょうか。

  2. 理桃 より:

    先日のご相談で、お嬢さんが立派な理由が今、ハッキリわかりました。
    ママゴンさんの生い立ちもあると思いますが、あなたの家庭は間違っています!義父母さんも、ご主人もおかしいですよ!
    厳しい意見ですが、ご主人の教育方法なんて言ってる場合じゃないと思いますよ。お嬢さんの事が大事なら、なるべく早く家を出た方が良いと思います。

    • 茶々 より:

      賛成です。
      躾と称して娘を殴る蹴る・・私ならその場で娘を抱えて飛び出します。
      どんな屁理屈を付けても、受け入れられることではありません。

  3. kitty より:

    私は幼いころ父に何かと叩かれて育ちました。
    でも、自分の子には暴力は振るいません。なぜなら、幼いころ受けた心の傷が自分の子には同じ思いをしてほしくないと思わせているからです。
    でも、残念ながらママゴンさんの旦那さまはそう思っていないようですね。
    しかしながら、それは旦那様はいまだにお母さんは自分が逆らえない存在→娘も自慢の孫にしなくては→ならば、自分が育てられたようにしよう
    と言うような思考回路が根底にあるように思います。
    縛られてがんじがらめになっているのは、旦那様自身の心かもしれません。
    旦那様は娘さんにどんな大人に育ってほしいのでしょうか?
    自分と同じような人間?
    お母さんに「孫の子育て良く頑張ったわね」って自分が認めてもらえるような人?
    だとしたら、それは大変危険です。娘さんは旦那様の所有物でもダミーでもないだから。
    娘さんを守ってあげてください。私も他の方の意見のように他人が冷静に旦那様に「それは違いますよ」と言って貰うのが一番イイと思います。
    奥様の意見では、自分が正しいと思っているプライドの高い人間には響きません。
    私も母が居たから大人になるまで実家で過ごせました。でも、今でも父を許せているのか判りません。時々、あの時の事を父にどんな心境だったのかと攻め立てたくなる衝動にかられます。
    自分自身も親になって少しづつ父を許せるようになってきました。長く苦しみました。ママゴンさんの娘さんにはそんな思いしてほしくありません。
    ママゴンさん頑張れ!

  4. mamechi より:

    しつけとは何ぞや。

    親がいなくとも独立出来る様育てること。だと思います。
    悪いことはこぶしを振るってでも分からせることは時には必要かとは思いますがそれは自分で理解できる年頃になってから。
    甘やかしやなんでも暴力でもって分からせようと振るまうことは親の自分本位でしかありません。
    子供に一番好かれたい。親はエライ。尊敬させるべきだ。という本位があると独りよがりなしつけに走ってしまいがち。
    ご主人はお子さんを殴って早く理解させよう(=練習をさっさと終わらせよう)。という独りよがりな発想でもって手を挙げています。

    私なら殴った瞬間に公衆の面前であろうと夫にグーで殴りかかります。
    「殴られたら早く覚えようって気になる?悔しいだけでしょう?」って。

  5. むーみん より:

    他人の目がある公園やプールで、怒鳴ったり殴ったりしているということは、ご主人は本当に正しいと思って暴力を振るっているんでしょうね。
    そのような方の考え方が変わるのを待っているあいだに、お嬢さんは何回なぐられたり蹴られたりして、心に傷を追うのでしょうか?
    お嬢さん一人では逃げられません。
    先にお嬢さんを連れて、家を出られてはどうですか?

  6. くまこ より:

    子どもが悪いことをしたら、お尻や手をたたいてもいいかと思いますが、出来ないからたたくという事は誰が見ても間違っているかも。
    ご主人やお義母さんはその躾で間違っていないとおっしゃるのでしたら、ご主人実家ではそれが正しいこと。しかも、何十年もそれで過ごしてきているし、自己中心的な性格なら、ママゴンさんのいう事は聞き入れてもらえません。そして、それを変えることも難しいかと思います。
    視点を変えて、ママゴンさんが、
    『手を上げての躾がどうしても受けいられないんだけど、一度一緒にカウンセリングに行ってくれないかしら?そこで受け入れられない原因がわかったら受け入れられるかも』と、ママゴンさんがカウンセリングを受けるフリをしてご主人を受けさせて見てはどうでしょうか?
    きっとカウンセラーはママゴンさんの意見に賛成してくれるはず。
    でもご主人はきっと『ここは程度が低い』とか『ここはヤブ医者だ』って、言われると思います。
    でもそこで間違っていた事に気づいてくれるかも?
    それでもダメなら、そこでのカウンセリングを『勉強の為に録音する』と、言って録音して、それを弁護士さんなりに提出したら…
    最終的にママゴンさんが離婚を望んでいらっしゃらないなら、これは逆効果になってしまいますが、大人、しかもプライドの高そうなお主人を変えるのはとってもとっても難しい事だし、さらにその後にはお義母さんも残っていますよ。
    ひとり息子で溺愛されて育った親子関係を他人の嫁が割って入る事も難しいですよ。

  7. アップルパイ より:

    この相談文を読む限りでは、
    「夫にどうにか暴力はいけないと分からせたい」なんて
    悠長なこと言ってる場合ではないと思います。
    ご自分の相談文を読んで、娘さんがかわいそうだって思わないんでしょうか?
    あまりにも暴力がありすぎて麻痺してしまっているのかな。
    私だったら最初の1回で許しません。
    幸い私の夫は家族でも家族以外でも誰かに暴力をふるったりはしません。
    でもそれが普通だと思いますよ。
    私はたたかれて怒鳴られて育ってきたので、いつ自分が娘に手をあげちゃうのか
    と怖いです。
    怒鳴るのは既にまだ赤ちゃんの娘にしちゃっています。
    そのたびに自己嫌悪で、なんとかこんなことやめたいって苦しんでいます。
    育った環境は確実に後々の娘さんに影響しますよ。
    娘さんが家庭をもって母になったとき子供に暴力をふるってもいいですか?

    責めるようなことを書いてすみません。
    すぐに離婚、とはいかなくても少し距離をおいたりして、
    娘さんに「母親は自分を守ってくれる」というところを
    見せてあげてください。
    父親には暴力をふるわれたけど、母親はきちんと自分を守ってくれるんだ
    と分からせてあげてください。お願いします。

  8. nall より:

    30代主婦です。
    幼少期に家庭に問題があり、父親の体罰や母親の精神的DVでかなり精神不安定な状態で大人になり、色々と苦労しました。

    私は暴力だけが原因ではありませんでしたが、幼少期に受けた暴力の恐怖の影響は本当に辛いものでした。20代後半まで幼少期の感情と記憶が分離した状態でした。父からの暴力を思い返して、よく死ななかったなと思います。手加減していたのかもしれませんが、足腰が立たなくなるまでやられてましたので。

    お子さんのことを自分と重ね合わせて考えてしまい、やはりそう言う不幸な人間は増やしてはいけないと感じます。

    ご主人は明らかに子供の頃に心に傷を受けていますね。
    豹変してお子さんに暴力を振るっている時の怒りは、今目の前に起こっているいることに対してではなく、過去にあった自分の潜在意識にある問題が表面化している状態です。

    私の意見としては、今ならまだ間に合うので、可能であればできるだけ早く専門家に頼ってお子さんの心のケアをしてあげて欲しいです。大きくなればなる程ケアがスムーズではなくなります。
    児童相談所にも行っておくのもいいかもしれません。

    ご主人のケアも必要でしょうが、ご本人が心の傷として自覚していない場合、まずはカウンセリングが必要かもです。
    「あなたは子供の頃に暴力を受けて辛くなかった?同じ思いをさせたいの?」とうったえて何か思ってくれる方なら早いのですが…。

    ママゴンさんも勿論参ってしまわないようにご自身のこともケアされてくださいね。

  9. そら より:

    子供の頃に体罰でしつける家庭で育ちました。
    体罰は父からも母からもありました。私が言うことをきかないからだと言われました。
    でも、「私は何をしたのが いけなかったか」は今でも理解できていません。
    「親の気分を害すると酷い目にあう」と理解できただけでした。

    母からは私が小学校高学年の頃から、父は言葉の暴力だ絶対に精神的DVだと言われてきました。
    私はそれをまともに信じていて、母は可愛そうな人と思ってきました。
    ですが、父が私に酷い言葉を投げかけているあいだ、母は私をかばってくれることはなく、済んでから「お父さんは酷いよね。私もああ言われたこう言われた…」と、結婚直後からのうらみつらみを聞かされました。

    そして母からも、父のいないところで相当酷いことを言われ続けてきました。
    「母も私に精神的DVをしている」とはっきり気づいたのは、つい数年前、
    30台後半になるまで自覚できませんでした。
    思い返せば、父にぶたれている幼い頃から、母は私とふたりきりのときに
    ひどいことを言ったり、ぶったりしていたのに…。
    今頃になって、ようやく親から精神的独立をしようとしています。
    ですが、親、とくに母がまったく受け入れてくれません。
    どんなに「もう愚痴はいやだ」「それは受け入れられない」と言っても理解できないようで「自分が私に何をしてきたのか・しているのか」がまったくわかってもらえません。
    それで何十年も過ごしてきたので仕方ないのでしょうが…。
    もう私は母に付き合えないので、向こうが何を言おうと夫と一緒でなければ訪問しないし、電話でも、私が「これは母が言いすぎだ」と感じたら、気分を害したのでさようなら、と切っています。
    罪悪感に悩まされていますが、両親と違って夫と仲良く暮らせているのでそれで良しとしています。
    子供の頃から、将来にまったく希望を感じたことはなく、生きている価値も感じていません。
    この感じはぜったいに味わってもらいたくないので、子供は恐ろしくてつくれません。
    どんなに母が良かれと思ってしてくれるアドバイスも、
    「それに従えば、父母と同じ夫婦関係をつくることになる」と思ってしまうので、まったく受け入れられません。

  10. 鯖缶 より:

    「3歳くらいから去年くらいまで、家庭でも、主人が怒りだすと、娘を殴って倒れさせ、倒れたら足で蹴り飛ばす」
    ママゴンさんは5年近くこの状況を見てこられたわけです。
    そして「私が娘に覆いかぶさって、かばう」を毎度繰り返している。
    ママゴンさんは御主人が怒りだすと暴力を、それも子供に対しては大きい暴力を振るうと分かっているのに、なぜ暴力が振るわれてから娘さんを庇うのですか?
    それだけ長い間見ていれば、御主人が暴力を振るう前兆、後の行動が予測付くはずです。それとも、御主人は颯のように動くのでしょうか?
    きついことを言うようですが、現時点のママゴンさんも御主人と同罪です。
    「自分も被害者だ!」と思っているかもしれませんが、いい年した大人が5年も問題を解決できない時点で、暴力を振るわれている人間からすれば立派な加害者です。今お子さんは小さいので、庇ってくれるあなたのことを「良い人間」と認識しているでしょうが、いつも日か「問題を解決できかった人間」だと気付いた時、あなたをお子さんがどう思うのかは分かるでしょう。
    御主人の性質は根深いと思います。問題の解決の糸口は、御主人の幼少期までさかのぼるのは、誰の目で見ても明らかです。
    まずはお子さんを連れて、暴力の中心から離れることも一つの手ではないでしょうか。

  11. カナデ より:

    私も父親に殴られて育ちました。
    30になっても、いまだに頭の上に手を近づけられるのが怖いです。
    心臓が早くなり、反射的に頭を守ってしまいます。

    今はご主人の暴力をあなたが体を張って受けてるんですよね?
    では、あなたに何かあって守れない状況が出来たらどうするのでしょう?

    私は悪い事をしたらとかではなく、「なんとなく」で殴られて育ちました。
    母や姉達は怖かったのか、止めてくれませんでした。
    姉はまだ子供だったので庇えなくてごめんと20歳頃に謝られました。
    別に期待もしてたわけじゃないし、気にしてなかったので今も関係は良好です。
    母は身を挺して守るわけじゃなくて、後でのフォローを頑張ってくれてました。
    冬の寒い時期に夜、外に出されて一晩過ごしました。
    裸足だったので姉が下にひけと半纏をくれました。
    母は布団を持ってきてくれて一緒に寝てくれました。

    こんな経験ばかりしてきたので、心から誰かを信頼することができません。
    それは、結婚した主人も対象です。
    それが心苦しくてたまに辛くなります。

    どうか娘さんの心を考えるなら旦那さんから離れて下さい。
    常に顔色を窺ったり、心から笑えなくなったり、なっていませんか?
    私みたいにならないうちに
    申し訳ないですが、私の父親と同じ様にあなたの家庭は普通ではないです。
    お母さんが庇ってくれても娘さんは嬉しくないです。
    むしろ、自分のせいでと苦しんでる気がします。

    逃げて本来の普通の家庭を築いて下さい。

  12. 乃以子 より:

    私も、「暴力であり、しつけではないと分かってもらいたい」という段階なのかな…と、危機感を感じてしまいます。
    ずっと一緒にいる間に、ママゴンさんの感覚も麻痺してるのでは?
    成人男性が、8歳の幼女を殴り倒した上、蹴るんですよね?
    何処に、どれくらいの力で暴力を振るうのか分かりませんが、
    ご主人の自己抑制が効かなくなった時、お嬢さんが亡くなってしまっても不思議のない行為だと思います。
    ご主人のなさってる事は、虐待です。
    倫理的にだけではなく、法にも触れる行為と感じます。
    ご一緒に暮らして良い面も見ていらっしゃると違ったふうに見えるでしょうが、本当に恐ろしい事をしていると思います。
    お嬢さんだけを見ていると、「大きくなった」と思ってらっしゃるでしょうが、
    高校生の子どもを持った私から見ると、
    8歳の女の子はとっても小さくて骨も体もまだまだ脆い、弱くて守ってあげなければならない存在に思えます。
    ご主人の気持ちも大事にしながら、良い方向へ変わって欲しいと思ってはダメだと思います。
    いざとなれば体を張って闘ってでも、児童虐待で警察へ突き出すくらいのつもりでも、お嬢さんを守ってあげて欲しいです。

  13. ぽんたす より:

    なぜ暴力を振るうのか、ご主人の生い立ちを”今”考える事は、意味がないと思います。姑の子育てについて過去を振り返る事も”今は”意味が無いと思います。

    真っ先に考え行動すべきは、ご主人から離れる事だからです。
    ご自分で気が付いていますよね? これは虐待だとおっしゃってるのだから。

    他の方も書かれていますが、お嬢さんが暴力を振るわれるこの状況を分かっていながら、解決の道をとらないでいるあなたも加害者です。

    夫の生い立ちが…とか、姑の子育て法が…、などと言っているのは
    責任逃れの言い訳に聞こえます。
    きつい書き方をしてごめんなさい。
    でも、あなたが最も大切なのはなんですか?
    お嬢さんの幸せな未来ではないのですか?

    一時的にでもご主人から離れて生活することを早急に考えてほしいです。
    市の支援やサポートを受けることもできます。

    ”いつも明るくてふざけてばかり”のお父さんが、躾だと言いながら殴ったり蹴ったり。でも、出来ない私が悪いんだ…。
    お嬢さんの恐怖と悲しみを思うと胸がつぶれる思いです。

    どうかどうか、お嬢さんに言ってあげてください。
    あなたは何一つ悪くない。暴力を振るう人間がわるいのだと。
    そこから一緒に離れようと。

    今すぐ旦那さまを見捨てろ、とか言ってるのではありませんよ。
    順番を間違わないで欲しいです。
    もし、ご主人が暴力について考えを改めるよう働きかけ、これからも家族としてやっていきたいとお考えなら、まず、お嬢さんを完全に安全な状態にしてから取り組んでください。

    正直、書物を読んだくらいではすぐに暴力が無くなると思えません。
    距離を置き、反省があるなら、カウンセリングに夫婦で通い、
    お互い、学ぶ事が必要に思います。

  14. ポーラベア より:

    ママゴンさんに自覚は無いと思いますが、共依存ではないですか?
    それでなければ、何故お子さんが日常的に暴力を振るわれているのに離婚しないの?
    悪い事をした時には、説明して改心したり、諭してわかろうとせず、強情な態度を取る時に限っては手を叩いたり、お知りを叩くのはありですが、自転車に乗れないとか、鉄棒ができないとかで叩くのはおかしい。

    ようは、ご主人のやってる事は普通の人に、体操選手並みのことをしなさいねと言ってるようなもんですよ。

    国語が出来る人もいれば、数学が出来る人もいることがわからないんでしょうか?

    それ位運動が出来る人と出来ない人、勉強が得意な人と不得意な人には差がある事を、ご主人は理解できない(人の立場になって考えられない)失礼を承知で言えば、なんらかの精神的疾患をご主人は抱えているのでは?

    過保護に育てられたからなのか、元々そういうものを抱えているのかは分かりませんが、中には本当に自分のやる事が正しいと信じて疑わず、精神科かカウンセリングを受けないと改善しない、もしくは治る事のない疾患を抱えている場合もあります。

    素人には手に余る案件だと思いますので、結婚調停とカウンセリングをお勧めします。

    ご主人に本気度(離婚も辞さないと本気で思う事)が伝われば、変わってくれるかもしれません。

    暴力の証拠は集めてください。命の危機がある場合にはこんな悠長な事は書きませんが、証拠を集めて確実にその暴力からお子さんが今後守られる方法を取るのに必要です。

    暴力が証明できれば、確実に親権がとれます。
    そして接近禁止命令も出せます。

    それ位する必要のある差し迫った事態なことを、自覚して下さい。

  15. さくら より:

    幼い子供を殴り倒して蹴る。その虐待(犯罪)を義父母は見ていないのですか?意外と、自分の息子は殴れても孫への暴力は耐えられないような気がするのですが… 相談するより現場を見せる方がリアルです。

    前回相談からのコメントを読んでいると、あなたへの言葉の暴力と娘さんへの物理的暴力以外は義実家やご主人をお好きなように感じます。「暖かい家庭(実家)を知らない」ともありましたし実家を頼れず就職も考えておられないなら、おそらく離婚は視野にいれてらっしゃらないんですよね。
    となると…
    娘さんが殴られそうになったら一撃目からかばってください。あなたが代わりに殴られて下さい(大人の方がダメージが小さいし、あなたのことは殴らないんですよね?)娘を殴るなら私が貴様を殴り倒す!くらいの気概を持ってください。
    (説教なんて無駄です。いつもニコニコして、手が出た時だけ鬼になるんです)
    第三者から見るとモラハラ&虐待の不健全な義実家+ご主人に思えます。あまりのんきにかまえず、娘さんのことだけはもう少し危機感をもってください。
    娘さんが自分の身を守れるようになるまで守り通し、高校か大学進学で外に出してあげるのが一番だと思います。一日も早く自由にしてあげられるよう今から準備しましょう。
    家庭の問題がどのくらい深刻なのか他人には分かりませんが、自分でも判断できなくなって手遅れになるパターンが怖いです。モラハラによる病気再発を感じたらすぐ専門医にかかりましょう。モラハラや虐待に関する相談所なども調べ、専門家に相談できる環境を作っておくことをお薦めします。(外部の介入に弱そうな義実家ですし)「この環境は私/娘を害してる」とつらくなったら娘さんと有り金持って一度逃げ出してみるのもひとつの手ですよ。でもまずは、義実家にはスルースキルで、旦那には反撃で対処できますように。

    • さくら より:

      追記です。
      ご本人の相談やコメントに「現状を改善したい」という前向きな姿勢が見えたので穏便な方策を考えていましたが、投稿したあとやはり納得できない気がしました。
      まともな人間は自分より小さい存在を蹴ったりできません(家畜以下の扱いです)。脚力ってすごく強いんです。卑怯な武器です。
      また、まともな人間は年若い嫁をモラハラ発言で追い詰めたりしません。
      一刻も早く公的な相談所を探して客観的なアドバイスをもらえる環境をつくってくださいね。お二人の心身の安全をお祈りしています。

  16. かいづかいぶき より:

    こんばんわ。
    前回の相談を拝見していました。
    義実家を好きだという
    貴方と
    夫さんの詳細な様子が書かれていないのが
    なんだか不思議でした。
    旨く言えないのですが
    ご自分が義実家を悪く言うことは
    ゆるせないのですか?
    老人愛護主義ですか?
    老人でも間違ったことを言っていれば
    間違っていると認知して
    指摘をすることが無駄なら
    「嫌い」「だから関わらない」」傷つけないし傷つかない」
    という知恵が必要なんです。
    貴方が うわべで義実家が好きだなんて言っても
    欺瞞がのこるだけ。
    子供の感覚は歪むんです。

    とはいえ
    前回の相談よりも、
    去年まで殴られていたという
    お子さんのことの方がずっとずっと
    ひっぱくした悩みの筈ですよね・・・。
    去年までは殴られていて今年は収まったから・・・・。
    だから
    相談するのを
    諦めていたんですね?ほんとうのことを直視するのが
    怖かったのではないですか?
    そのことから
    貴方こそが治療や庇護を受けなければならない人なのでは
    と、思います。
    まず、貴方が
    ありのままのあなたの感覚を取り戻すことを先にして下さい。

    誰かが「離婚したら」とか言うかもですが、
    それは貴方があなたを取り戻してから。今の段階できめられることでは
    到底ありません。

    お子さんはママを(或いはパパを)待っています。
    その日がもしも来なくても、
    ママが(パパが)助けてくれる日(殴るのをやめてくれる日)を
    待っているのです。
    そんなふうにお見受けしました。
    何をすればよいか、皆目見当がつきませんか?
    ご自分がアクションをおこさなければ、その暴力行為は
    「無いもの」となります。
    そして間違いなく
    貴方のお子さんはいずれ
    押しの強い人たち、(表面上はふざけたり明るい)の供物になるでしょう。
    それでいいんでしょうか。(他の人に便利に使われてしまう。相手には重宝されるでしょう)或いはもっと弱いひとに出会い、暴力をくりかえすのかもしれません。それでもいいんでしょうか。

    義実家のことを困った人たちだと
    夫は虐待していた、再度しかねない、
    と、虐待ダイヤルをまわしてみてください。

    あなた一人でお子さんは救えない。なぜならあなたも手負いだからです。
    ひとりにならないこと。務めてそとにSOSを発信してください。
    お願いします。

    • かいづかいぶき より:

      こんばんわ。
      いかがですか?
      再三かきこみいたします。
      ママゴンさん、自分の気持ち書き出して良かった。アクションを自分自身に起こせたのではないかと思います。
      母親というのは
      かなしいかな、
      自分が病で臥せっていても子供のことが第一優先なのです。
      ふんばっていきましょう。
      と、えらそおおーーに言ってますが私は精神を患ったことがあり
      錯乱があったので夫に病院に連れて行って貰ったことあります。
      一件目は治らなくて実家に帰され
      時間も何もわからなく自我の沼の中にずっと居ました。
      子供を置いて出てこざるをえなかったのも不本意だったのですが
      まともな判断が出来なかった・・・・。われながらどうしようもないです。
      皆さんの言葉を借りれば、私かいづかも 子供に摂って加害者そのものであるのでしょう。何と言われてもいいのです。
      子供に会いたくてたまらなかった。義姉の家から義姉の娘が、錯乱した私の物まねを電話口でしたあと、電話を代わって私の子が出てきてくれました。楽しそうにしていたなら私は、錯乱から抜け出せなかった。電話を代わって、我が子の異変に気づきました。義姉の子供たちから母親を馬鹿にされながら
      お情けをうけている我が子を見ました。錯乱が晴れたのを覚えています。
      嘲笑でいっぱいだった夫が その電話のあと 覚醒した私に再び逢った時
      目つきがかわりました。
      私は子供の発した危機から自分を救ってもらいました。

      そのあと、2軒目の病院で(森田療法などをじっせんしているらしいので
      待ち時間に資料を見ていたり)麻酔を打って頭に電流を流すという
      やつを施してもらうのですが、そこでも自分の意思でなく
      涙が
      あふれ、「嫁ぎ先には、とてもよくしてもらっているんです、全部私がわるいんです!!!!」と看護師さんに訴えてしまい
      看護師さんは 手慣れた様子で「なら、いいじゃないの。よくしてもらったのならいいじゃない」と軽くいなされたのと、自分は軽くいなされてると認知したのを覚えています。

      要はあなたがどうしたいのか、描くことが大事なんじゃないかな。
      飛躍してもうしわけないですが
      供物になる便利な人間も世の中には必要。
      何も言わなければ
      「家族なんだよ、きょうから。」
      というウレシー言葉に結婚時、ほだされて
      自分の感情や感覚、思いを無いものとして
      娘さんごと
      いけにえにしようが、
      だれもとめることはできません。
      すべて
      私たちの意思で私たちの世界はかえられるのです。

      どんなに夫さんに不満を持とうとも
      年一回の海外旅行で

      どんなによその人の悩みがちっぽけにしか見えないでも
      「人気者なんですね」
      友達関係で
      うっとおしがられない程度で胸の内を明かしても

      それでつりあいがとれていれば。いいのかも、しれません。

      おこさんも殴られて、それで、だるま浮が出来て・・なら
      夫さんに「パパがおこってくれたから、できた」

      それでも
      世界は成り立つわけです。

      御健闘を祈ります。ちなみに私は供物にはなりたくありません。
      なので自分の手の内をたしかめながら
      できるだけ子供と笑いあう実感をかみしめながら生きていきたいです

  17. キョウコ より:

    正直「何を悠長なことを言ってるんだ」
    「なんで過干渉な義実家の相談が先???」と思いました。

    なんというか・・・・ママゴンさん、いい嫁、いい妻でなくていいんですよー。
    いい子でなくていいんですよ。
    もっと視野を広く、目線を遠くにしませんか?

    他のかたも書いていらっしゃいますが、
    あなたも加害者であることに、気づいてらっしゃいますか?
    ママゴンさん自身がカウンセリングにかかることを
    おすすめしますし、ママゴンさんが変わらなければ
    状況は何も改善しませんし、”他人を変えようとするより、自分が変わる”方が
    ずっとずっと大変ですけど、ずっとずっと楽です。

    児童虐待の相談窓口に相談することもおすすめします。
    「これは虐待なの?」「自分はどうしたらいいの?」
    ということについても、専門家の意見が聞けたり
    専門の機関を紹介してもらえたりするはずです。

    お子さんは、ママゴンさんが思っている以上にしっかりしています。
    ぜひ、お子さんとふたりきりでお話する機会を作ってください。
    その時はコドモと思ってかからずに、一人の人間として対等な目線で
    聞いてあげてください。

  18. ミッツ より:

    娘さんをご主人の暴力からかばっていても、
    たぶん、娘さんは「何かあったら殴られる、怖くて痛い思いをする」と
    思いながら暮らしているんじゃないですか?
    安心できる環境で暮らせない、それだけで虐待です。
    たとえ、娘さんをお父さんの暴力から守ろうとしていても、
    安心できる環境を与えていない(安心できないと分かっていて放置している)時点で
    ママゴンさんも、娘さんを虐待しているんです。
    倒れている子を足で蹴っちゃ、絶対にダメです。
    ご相談文の中のその一文が、とても深刻です。
    子どもをこれ見よがしに叱りつけて、良い親を自己アピールする親を見かける事がありますが、
    ご主人さんもそう言うタイプなのかもしれませんね。
    娘さんを痛めつける事で、自己の正当性を主張しているのか、自分は優れた親だと表現したいのか、
    何なのか分かりませんが、何らかの捌け口にしているのでは?
    親として、人としても、とても卑怯な行為です。
    「どうすれば分かってもらえるか」ではなく、「この子を殴る事を、私は許さない」と言う、強い意志をご主人にぶつけてください。
    「行けない事なのに、分かってくれない」と傍観するのでは、殴るご主人と同じ、
    あなたも加害者ですよ。

  19. ママゴン より:

    みなさん、コメントありがとうございます。コメントを読んで、子供のために悠長にしていられないと感じました。

    私も子供を守ってやれない加害者なのだと思って、児童相談所に相談の電話をしてみました。
    子供を守れるのは私しかいないと思って、頑張ります。

    児童相談所の人に面談をしていただけることになりました。

    みなさん、ありがとうございました。

  20. ポチ より:

    厳しいご意見が多いようですが、まずはご自分を責めないでください。
    恐らくご主人はお子さんの躾のその部分に関すること以外はいいご主人で、家族の環境は良好なのでしょう。
    なので主様も強硬な手段をとることに躊躇されているのではないでしょうか。
    実際、家を飛び出す等の行動は、やり方によってはお子さんにも悪影響を及ぼす場合もあり、軽はずみにはできないことであると思います。

    主様の文面から、恐らくご主人は今の自分に、ある程度の満足があるのではないかと思います。
    そういった方は、自分の育てられた方法に肯定の考えをもちやすいものです。
    時間をかけて築いてきた大人の考えを理屈で覆すのは非常に難しく、時間と労力がかかります。
    また、暴力は麻痺しますので、続けていると罪悪感も感じなくなるでしょう。

    なので、理屈抜きで話すのはどうでしょうか。
    「自分にはどうしても我慢が出来ないので、私のためにやめてくれ」と強く訴えてみるのです。
    これは実際に私が使った方法です。

    私の夫も躾に暴力をふるうタイプでした。
    そして自分自身もそのような(話を聞くともっと酷い)躾をされてきており、これくらいしないと子供は分からないものだと考えています(実際自分が言ってもきかない子供だったんでしょうね(苦笑) )。
    最初は私も何度も議論しましたが、大人の議論なんてものは判断基準が違えば平行線のままです。解決にはなりませんでした。
    夫の性格を把握してきたこともありますが、理屈で説明するよりも、自分がこうしたいのだという気持ちをより強く伝えることの方が、人を動かすことができるということを学び、上記のような方法をとったところ、やっと改善することができたのです。

    もちろんこの方法で夫の常識を変えられたわけではありませんが、第一目的は「暴力をやめさせる」ことなのでそれを最優先に考えてください。
    暴力をふるわれている子供をみるのは本当に辛いことです。
    そして暴力は言うことをきかせることはできますが、弊害の大きさに比べたらいいところなんで何もありません。
    私の対応の遅さもあり、我が子にはかわいそうなことをしたと、今でも反省しきりです。
    どうか、お子さんに傷を重ねることのないよう、お母さん頑張ってください。
    応援しています。

    • ポチ より:

      すみません、書くのに時間がかかり、主様のご挨拶のあとになってしまいました。
      行動を起こされたとのこと嬉しく拝見しました。
      繰り返しになりますが、応援しています!

  21. マミー より:

    前回の相談からずっと思っていましたが、今回の相談を見て確信しました。我が家にソックリです。
    うちの夫もママゴンさんのご主人と似た環境で育ちました。義母は勉強と世間体に関してだけは異常に厳しく虐待もあり、それ以外は極端にあまく過保護で過干渉な人間です。うちの夫も結婚するまで魚の食べ方も知らなかったし、思春期にダイエットのために朝ごはんを抜いていたら、これなら息子が食べてくれるから、と、朝からケーキがでてきたそうです。
    我が家では、結婚したばかりの頃は酷いモラハラで、それが落ち着いた頃に今度は生まれたばかりの子供に虐待まがいのことが始まりました。
    私は、最初は自分が悪いんだと思い自分を責め、次に夫を直そうとし、そして今は「義両親がちゃんとした人間だったら、私も夫も子供も苦しまずに済んだのに。」と思っています。
    うちの義両親も、私の子供も夫と同じように育てようとします。生後4ヶ月でお座り、7ヶ月でバイバイ、2歳でひらがなと九九とアルファベットを全部覚えなきゃいけないらしいです。出来ないと「まだこんなこともできないのか」と言われます。幸い義実家とは離れているので会うのは月一くらいですが、近くに引越したらおそらく毎日来て勉強をさせられると思います。
    ただしうちの主人は、義両親の子育ては間違っていると理解していて、義両親と同じような育て方はしたくないと言っています。でも時々「何で自分はこんなにツライ思いをしてきたのに、自分の子供は愛情いっぱい育ててもらっているのか。子供がズルい。」って思ってしまうことがあるんだそうです。そして、「虐待もされたし、親の子育ては間違っているのはわかっているんだけど、それでも自分は親のおかげでここまで大きくしてもらったから否定ばかりもできない」と思ってしまうそうです。
    ママゴンさんのご主人も、心の底ではまだいろんな葛藤と戦っているんだと思います。ご主人が義両親から解放されるためにも、娘さんのためにも、やはり義両親と距離を置くことは大事だと思いました。
    うちの夫は、結婚当初に比べて別人のように変わりましたよ。それでも時々子供に当たろうとするときがありますが、「あなたがそんな態度をとるなら、私はあなたを捨てて子供と二人で生きていくための手段を取る」ということをチラつかせながら、丁寧に丁寧に夫を教育し直しています。勉強以外のことがほとんどわからないで育ってきているので、子供との関わり方なんて全くわかっていないんですよね。子供よりも夫の方が手がかかりますが、夫のことを怒ったり抱きしめたり頭を撫でたりしているうちに夫は人に甘えるということを覚えて、本当に穏やかになりました。
    ママゴンさんと娘さんのことが心配です。そしてママゴンさんのご主人のことも。
    児童相談所に相談して、何か進展がありましたら教えてくださいね。
    あと、他の方も言っていましたが、ママゴンさん自身もご主人も、カウンセリングや精神科への受診が必要だと思います。アダルトチルドレンってご存知ですか?是非調べてみてください。私自身、小さい頃からいろんな症状に苦しんできましたが、最近になってアダルトチルドレンだということがわかり、とってもラクになりました。ご主人の暴力もママゴンさんへのモラハラも、おそらくアダルトチルドレンの症状だと思います。
    家族三人だけで穏やかに過ごせる日がくることを祈っています。頑張れママゴンさん!
    (長文になってゴメンナサイ(>_<))

  22. ママゴン より:

    あれから、児童相談所に相談に行きました。
    いろいろと相談をしたところ、3週間後にまた面談をすることになりました。
    夫は私の本気度合いを見ていたのでしょうか、怒鳴ったり殴ったりはしませんが、極端に私に怒られると思っているのか、必要な時でさえも何も言いません。

    きっと、夫自身が怒鳴られて育ったので、怒鳴る以外のしつけを考えることができなくなっていると思われます。

    夫に必要な知識を集めて、提示しています。本や、情報など。

    夫の経過を見ていきながらまたこれからの対策を立てていきたいと思っています。

    みなさん、ありがとうございました。

  23. ピンバック: 舅の怒りに触れ、殺されるかもしれないという恐怖を味わい… | 井戸端会議/お嫁さんな日々

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 + = 7