冷房時に、窓とドアを開けっ放しにしたい夫にストレス…

あおさんのご相談

以前、夫が昼間からテレビを見てばかりという相談をさせていただいたものです。
本当にありがとうございました。

結婚して20年以上、毎年冷房の頃になると問題になる事についてです。
実は、うちの夫、クーラーをつけているときに窓とドアを開けっ放しにするのです。
窓のカーテンは閉めています。
もう毎年毎年その件でいやな思いをしています。

わたしは、冷房をしているときには、部屋をきちんと閉めて、少ないエネルギーで部屋を冷やし、定期的に窓を開けて換気をすると言う事をいつも提案してきました。

でも、夫は以下の理由でそれがいやなそうです。

1. 別の部屋に行ったとき、暑いのがいや。どの部屋も涼しくしたい。

2. ドアを閉めっぱなしだと閉塞感があっていや。

3. 外からの風が入らないと、体が冷えて筋肉が固くなる。

私は1.に関しては馬鹿げているとおもいます。
なんで、ちょっと入る部屋(例えば、着替えを取りにいく部屋)が涼しい必要があるのでしょうか。

2.と3.に関しては、本人ではないのでどれほどそれが苦しいのかわかりません。
でも、それくらい我慢したら?と思ってしまうのです。

電気代も馬鹿になりません。でも、夫は気にしていません。

うるさく言わなくても、私が言うと閉めてくれます。
でも、「あー、息苦しい。体調が悪くなる。」と言います。

さすがに、わたしもそう言われると嫌なので(かわいそうと思えばいいのですが、そう思えません。)、窓とドアを開けます。

ちなみに、暖房の時も同じです。
さすがに窓は開けませんが、ドア全開。

わたしとしては、お金、うんぬんというより、その常識はずれに思える行動が許せないのです。
無理矢理わたしの思い通りにしたいというわけでなく、夫も納得して、喜んで窓とドアを閉めてくれたらなと思うのですが。
(嫌々なら閉めます。明らかに不機嫌です。体調が悪くなるそうです。)

やっぱり、無理でしょうか・・・・・。

夫に言わせれば、「ぼくの体質を理解してくれない」と、とてもとても悲しんでいます。
毎年訴えているのにまだ分かってくれないと言っています。
もし夫にもこのような場に悩みを相談する機会があったら、「僕がものすごく体調が悪くなるのに、クーラーをかけているときに妻がドアと窓を開けさせてくれない。どうしたらいいのでしょう。」と相談すると思います。

今、夫がいないので、窓とドアを閉めてクーラーをかけていますが、すこぶる快調。
窓の外のうるさい音も聞こえないし。 湿度は下がるし。
これのどこが体調が悪くなるのか私にはさっぱり分かりません。

皆さんなら、どうされますか?
諦めて夫の思う通りにしてあげたらいいんでしょうね・・・。


クーラーでの男女の相違はよくありますが
これはさすがに勿体ないですね

地球のためのエコ思想が広まるこの時代に
『電気代を払えば良いじゃない!』っていう
割り切った気持ちにはなりにくいですよね。
エコ視点で訴求している全室空調システムを
導入したほうが、ケンカにならないかな?
皆さまアドバイスおねがいします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

冷房時に、窓とドアを開けっ放しにしたい夫にストレス… への23件のコメント

  1. えむ より:

    はじめまして。
    男性と女性では体感温度も違ったりで、
    一緒に快適に過ごすのはなかなか難しかったりしますよね。

    ご希望とは違うコメントだと思うのですが・・・。
    あおさんの家は持ち家ですか?もう建てられた後だと全く筋違いなんですが、
    我が家はFP工法と家で建てた家で、
    全室温度差が無い、年寄りのお風呂場で急激に冷えて・・・などがない
    と言う話で決めました。
    家全体が冷蔵庫の中で冷暖房も省エネ・・・と言う感じです。
    http://www.fp-group.gr.jp/method/
    ですので、部屋と部屋の間が、希望がなければドアも無かったりします。
    そういう家もありますよ・・・と言う程度の話ですが。
    ファッジさんの言う「全室空調システム」と言う事になるのかな?

    実際住んでみて、確かに部屋間の温度差がないと快適ですが
    やはり電気代は上がったように思いますね。

    また、窓を開けるって言うのはなしですよね!
    外まで冷やしてどうする?って思っちゃいます。

    解決にならなくてすみません!

  2. kurea より:

    1. 別の部屋に行ったとき、暑いのがいや。どの部屋も涼しくしたい。

    暑い部屋と寒い部屋、温度差のある空間を行ったり来たりすると、人はその度、自律神経が働いて体調をコントロールします。
    しかし年をとって自律神経の働きが弱ってくると、うまく気温に対応できなくてアレルギーのような症状がでます。
    これはとても辛いです。私の場合はくしゃみが止まらなくなります。
    自律神経が狂うと、体に熱がこもってしまう方や、汗が止まらなくなる方もおられます。
    ご主人は50代ですよね。
    『>1.に関しては馬鹿げているとおもいます。』と、一刀両断はちょっとご主人がお気の毒かな。

    2. ドアを閉めっぱなしだと閉塞感があっていや。

    空気の流れがないと閉塞感を感じます。
    壁に向けてサーキュレーターを当てると空気の流れができて、エアコンの風が自然な対流になって、閉塞感が和らぐと思います。

    3. 外からの風が入らないと、体が冷えて筋肉が固くなる。

    エアコンの風が直接体に当ると筋肉がこわばるのは本当です。
    お辛いと思います。
    年寄りの例で恐縮ですが、個室で、熱中症は防ぎたいでも冷えすぎで体がこわばるのは防ぎたいと云う時、窓とドアを10cmづつ開けたまま24時間エアコンをかけるように指示された事があります。
    もちろんご主人はまだお若いですが、直接エアコンの風が当たらない様に空気の流れを作るのは体調管理に有効だと思います。

    先回のご相談では、起業に成功されたご様子。
    50代は体調変化の年齢です。
    これからもお元気に働いていただく為にも すべて無駄わがままととらえるのではなく、ご主人の体調に寄り添って差し上げて欲しいなと思います。

  3. めぎ より:

    あおさん、はじめまして。
    旦那さまとの感覚の違い、毎日のことですので、きっと大変なことと思います。

    ですが、実は私は、旦那さまのお考えの2に共感します。
    私も締め切ったところがとても苦手で、どんなに暑くても寒くても、
    外気とつながっているところ(窓や網戸など)を少なくとも3~5cmは開けておきたいと思います。
    (別に窓やドアを閉めても、完璧に密閉されているわけではないのは常識として理解していますが、
    どうしても何か息苦しく、気になってしまいます。)
    窓を開けるのが難しい時は、他の部屋や廊下につながっているドアを少し開けて、
    その先の部屋の窓を開けたり、換気扇をまわしたりして、
    とにかく少しでも(できる限り目に見える形で)外気とつながっているような状態にしないと
    閉塞感というか圧迫感と言うか、
    もっと言えば、恐怖感があり、息がつまります。
    ただ、先ほども「3~5cm」と書いた通り、
    私の場合はエコや冷暖房の効率などを考えて、
    大きく窓を開けるわけではないのですが、、、。
    ちなみに私は女性で、過去にどこか閉じ込められたとかといったトラウマがあるわけではなく、
    ただ、いつのころからか、生理的に難しいと言うか、
    しんどくなるような気がすると気付くようになりました。

    なので、旦那さまがもし私と同じような感覚があるのなら、
    ご意見の1はともかくとして、2に関しては、
    「気のせい」「バカなこと言って」「わがまま」と判断されてしまうと、
    旦那さまもきついのではないかなと思います。
    「また開けてるの?全部閉めるよ!!」と言うのではなく、
    「こっちの窓は風通しが良すぎるから閉めた方が良いと思うけど、
    こっちはそうでもないから、少し(数センチ~半分位)開けておくね。」と、
    予め開けておいてあげたり、窓を閉める際にもそういうふうにしてみると、
    きっと旦那さまも気持ちが楽になるのではないかと思います。
    締め切った方が効率が良いのは理解していますが、
    生理的に、または感覚的に難しいので…。
    納得できないというお気持ちもおありでしょうし、難しいのですが、
    私の個人的な考えを書かせて頂きました。

  4. ritti-b より:

    「ご主人に一票!」です。申し訳ありません。
    世の中はあおさんみたいな方と、ご主人みたいな方と半々だと思っているのですが
    違うのかしら?
    どっちでもかまわないと言う方も多いと思いますので、あおさんちは組み合わせが悪かった?(ごめんなさい)
    ちなみにうちは節電はがんばっていますが、(洗濯機は脱水だけ、炊飯器は使わない))クーラーつけて開けっ放しはお互いに平気です。
    お互いに歩み寄りが大切だと思いますが、閉所恐怖症?っぽい(締め切った状態は相当辛いらしいです)ご主人の好きなようにさせてあげたいと思うのは他人事だからでしょうか?
    回答になっていなくてごめんなさい。

    • ritti-b より:

      ちょっと勘違いしていましたが、うちは窓は開けません。
      窓まであける方は珍しいと思いますが、ご主人は閉所恐怖症が相当強いのかも。。。

  5. みんみん より:

    そもそもご主人はクーラーをつける事自体は必要だと言われているのですか?
    あおさんが「つけたい」けどご主人は「つけてほしくない」ならわかります。
    クーラーの風が直接当たると体調が悪くなるという話もよく聞きます。
    「窓を開けて冷房を入れる」
    これについては理解できません。

    光熱費はあおさん的には許容範囲ですか?
    許せるなら「せめて窓だけは閉めてほしい。ウチだけで地球温暖化をとめるのは無理よ!」と窓は閉めてもらう。ドアはOKとかどうでしょう?

  6. yuki より:

    2についてのみなのですが、、、ちょっと病的なものなのかも?と思いました。
    閉所恐怖症、ではないのかもしれないのですが、何かしら精神的に
    閉じこもった部屋が駄目なのかもしれない、と。
    ご主人が”自分の体質をわかってくれない”とおっしゃっているのが
    なんとなくそう感じられました。
    確信しているわけではないので、参考程度になれば幸いです。

  7. ひろみかん より:

    扇風機と併用ではだめでしょうか。
    私も閉所で空気が動かないところが駄目な体質なのですが、
    ちょっとでも風があれば、不思議と平気です。
    締め切った狭い会議室でエアコン24度なんて設定だと
    もう~息苦しくて汗が出て、不快でたまらないんですが
    扇風機の風を感じながらだと、28度でも快適に過ごせてしまいます。

    この時期の我が家は リビングにキッチンにトイレに子供部屋に寝室にと
    人間の数より扇風機のほうが多いんじゃないかってくらい設置してあります。
    エアコンをつけてあるのはリビング一室のみで、各部屋のドアは全開。
    それで各部屋の温度差も気にならないですし、
    窓を開けておくよりはよほど電気代も安く済むと思いますが、いかがでしょう。

  8. 茶々 より:

    私のことかと思いました。
    私はご主人とそっくりです。
    締め切った方が冷房効率が良いことは分かりますが、締め切った人工的な冷房の空気の中にいると、あっという間にだるくて動けなくなります。
    暑い部屋→冷房の部屋の行き来は、ちょっとだけでも息が詰まるストレスです。
    そもそも冷房が苦手で使いたくないのですが、昨今の異常な暑さには勝てません。

    なので私は一部の窓を開けて、随所で扇風機を回し、さらに隣の部屋では換気扇を回してます。
    真夏でも冷房でなく28度の除湿です。
    部屋の仕切りの少ないワンルームのような家なのでエアコンは1台、「家の中が外よりは暑くない程度、エアコンの下だけちょっと涼しい」という暮らしです。

    閉所恐怖症とは全く違います。
    冷房という人工の空気が、ただただ苦手なんです。

    寝込まずに夏を乗り切るために仕方がないと思ってます。
    電気代より、夏バテで仕事が出来ない(自営業なんで即収入減)&お医者代の方が深刻です。
    こうするしか異常な暑さ&冷房の寒さから身を守ることが出来ないんです。
    温暖化対策の話とはまったく違うところでなんです。
    いろいろな人がいることを、どうかご理解ください。

    • 茶々 より:

      追記です。
      ご主人がもし私と似た体質ならば、仕事先などで本当に我慢して苦労してると思います。
      電車やお店の異常なほどの冷房、そこから外へ出たときの熱気、社内だって自分の希望通りにはなりません。
      さらに自宅でも「我慢したら?」は辛いです。
      あおさんはご主人のいない時間にはご自分の好きに過ごせるわけですから、昼間我慢してきたご主人のために、あおさんがちょっと我慢してはいただけないかな?
      お互い様だと思うのですが。。

  9. エース より:

    ご主人の気持ちよくわかります。
    私もクーラーつけているときは、窓もドアも開けていたいです。
    もったいないこともよくわかっていますが、
    窓やドアを開けているほうが心地良いし、体が楽に感じるとしか言いようがないというか。

    あおさんが正論なのはもちろんですが
    必ず正論に従わなければいけないのは、息がつまる時もあります。
    夫婦であっても生活スタイル・感覚の違いはたくさんありますし。。
    人によって「これが普通、これが当たり前」という感覚は違うと思います。
    ご自身の感覚だけで、対応するのは相手にとってはとてもストレスだと思います。
    (これはご主人にも当てはまると思いますが)
    あおさんはご主人が自分の言うとおりにならないと、納得いかないですか。

    ただ、やはり窓を開けるのは不経済ですし
    あおさんのストレスにもなるでしょうから
    こういうときだけは窓もドアも開けて、クーラーつけても良いというような
    約束(ルール作り)をされてはいかがでしょうか。

    ご主人もあおさんの譲歩を感じてくれるだろうし、約束以外の場合は、自分から窓を閉めてくれるようになるかもです。
    あおさんも、全部ご主人に譲歩するというのは、とてもストレスになると思いますので、このときだけは・・と割り切れるのではないかと思います。
    ご主人が約束を破ったら、そのときは注意をすれば
    ご主人もご自身が約束を破っているとわかっているので、受け入れてくれるのでは。

    あとは・・・、言い方の様な気もします。
    状況がわかりませんので、想像ですが。。
    仕事から帰ってきて、いつもいつも注意されると、
    不経済だとか、常識的では無いことがわかっていても
    自分の悪いところばかりを探されているようで、揚げ足取りをされているような感覚でうんざりするのでは。特に疲れているときは。
    (あおさんが疲れていないとは思っていません、念のため。あおさんもうんざりされているでしょうが。。)
    ご主人の体調のことはわかってる、というのを強調して下手からお願いしてみるのも手かと。
    そのほうが、今よりもあおさんの希望が通るような気もします。

  10. クミ より:

    冷房や温暖化の話は置いておいて。

    ご主人は20年間イヤだと訴えている。
    でもあおさんは
     私の言うことが常識よ
     私は快適よ
     あなたがおかしい
    と突っぱねている。

    ということですよね?
    自己中だとは思うのは私だけ?
    ご主人に同情します。

  11. うめ より:

    上の方がトピ主を自己中と書いてますけど
    それを言ったら20年嫌だと言い続けてるのに
    窓を開ける旦那さんも自己中になってしまう。
    この場合はお互い様でしょう。

    私も旦那さんの閉塞感とか他の部屋との温度差とか
    理解できなくもないです。
    でもいろいろ考えて、やっぱり窓は開けません。
    うちの夫は全部締め切りたい人なので
    私が夫寄りになってるという事でしょうか?

    でも閉塞感に関しては、我慢できなくなったら
    エアコン付けずに窓全開にします。
    昨日はそれで家の中36度でしたが
    夫もブツブツ言いつつも合わせてくれます。
    その代わりに寝室はドライ付けっ放しなので。

    全然答えにならないんですが
    こういう事はどっちが正しい、って事はないのでは?
    閉塞感が嫌ならドアは開けましょ(夫寄り)、
    でも窓は嫌(妻寄り)、
    くらいに大雑把に歩み寄っては?
    そして筋肉が云々言うなら走って来い!と
    私のように外に放り出す、とかは?
    でもあなたがおかしいとは思わないけど
    旦那さんの言うのもまあ仕方ないかなぁ?

  12. あお (相談者) より:

    みなさん。

    先回と同様、本当にありがとうございました。
    自分の育ってきた環境で、「これが常識!」と決めつけてしまっている事に気づきました。こちらに相談させていただいて本当に良かったです。
    また、見知らぬ私にいろいろ具体的な提案をしてくださり、ご親切に心から感謝しております。

    わたしは、自分の意見が強く、夫も苦労していると思います。

    夫に寄り添いたいと思いました。

    本当にありがとうございました。

  13. ぐれこ より:

    質問者の方がもうコメントされて締め切られてしまったようですが…

    わたしも夫氏に一票です。
    エアコンつけて窓を開けるなんて、ほんとに信じられない!と
    自分でも思うんですが、そのほうが体調がいいのです。

    わたしは甲状腺関係の持病があり、要は自律神経失調症のような状態で、
    エアコンをつけるとたとえ室温30℃でも風邪をひいてしまう体質です。
    また気温差があると、からだが非常にだるくなります。
    でもつけないと熱中症になるし…
    そのとき、「窓をすこしあけて外気をとりいれるように」とアドバイスされました。ウッソ~とおもいながら、罪悪感と格闘しつつ開けてみたら…
    非常に快適でした。

    おそらく、エアコンをつけた締め切った部屋ですと、
    毛穴が閉まってしまい、冷蔵庫に入ってるような状態になるんですね。
    つまり冬の身体になる。
    ところが、窓をすこしあけて外気をとりいれると、
    毛穴は開いたまま(=夏のからだ)で、快適に涼しいんです。

    体温調節に苦の無い、比較的体温のい方々にはまったく理解できない
    体質だと思います。低体温で体温調節に苦労する体質には、
    エアコンに対する対応は非常に重要だったりします。

    おそらく、夫氏もわたしと似たような体質の方なのではないでしょうか。
    お仕事で神経がつかれきり、自律神経失調気味になられた可能性も
    あります。どうかお二人で話し合って、折り合って行かれますように
    お祈りしております。

  14. aki より:

    相談者さんが返信した後に書くのは心苦しいのですが、エアコンの設定温度が低すぎるのではないでしょうか。
    私も冷たい風が体に直接当たるのは負担に感じてしまいます。
    24時間弱くエアコンをつけるようにして、風も直接当たらないようにして部屋全体を冷やすと体感はだいぶ変わります。
    一度家の温度が上がると建材が熱を持つのでなかなか温度が下がりません。
    結果、エアコンを強くしなければならず、冷たい風を浴びる事になります。
    意外と思われるかもしれませんが、人がいない間に家を冷やして、人がいる間は涼しくない程度に冷やすのが実は快適です。
    家の中で温度格差があるのも体に良くないので、家全体が一定の温度になるのが健康面では望ましいと思います。
    その他エアコンの使い方で今まで感じていた不調も解決するかもしれません。

    一定年齢より上の方は子どもの頃はエアコンもなく、今よりも涼しかったため窓を開けて扇風機で十分という育ち方をしていると思います。
    外気が入らず循環させ続けることに抵抗を感じるのはその辺からきているのではないかと思います、今時の家は24時間換気もついていますし、換気扇を適時利用するなど、ある程度の換気をすることで着地点を探してみてはいかがでしょうか。

  15. あお (相談者) より:

    ありがとうございます。

    まだ読ませていただいています。
    夫の気持ちを無視しておりました。
    みなさんの意見をお読みして、自分独りよがりだという事がわかり、本当にこちらに相談させていただいてよかったと思いました。

    見知らぬ私のために、このように誠実に回答してくださり本当にありがとうございました。

  16. MIIY より:

    夫さん擁護の意見が多いようなのですがそれは多分あまり一般的ではないですよ、と言いたくてコメントさせていただきます。
    今日友人が我が家へ遊びに来ましたが誰一人窓を開けようとかドアを開けようとかしようとしませんでしたよ。すすんで冷気が逃げないように閉めていました。
    あまりに一方的に批判されてる体になっていかわいそうだったのでコメントしました。
    エアコンつけて窓開けるなんて不経済ですしね。

    私の視点では奥さんの言うことをとりあえず批判する駄々をこねる夫と映ります。
    君はここでエアコンをつけて窓を閉めた部屋、僕はこの部屋を好きなように使うね、と言った感じで場所を分けるわけにはいきませんか?
    うまく話し合いが進みますように…。

  17. たっこんぐ より:

    わたしもMIIYさん同意見です。
    窓開けてエアコンつけてる時点で機能を果たせていないです。
    妥協案として・・・家の各部屋のドアは開けてOKってところでしょうか?
    窓も何かも開けたらエアコンの意味がないと思います。
    お二人の妥協案が出来るといいですね。

  18. あお (相談者) より:

    ありがとうございます。
    冷暖房のときはしっかり窓とドアを閉めて、時々換気する。
    電気はこまめに消す。水、食べ物なども無駄にしないと、私の場合、しつけられてきたのですが、夫は全く逆です。
    とにかく自分が快適なのが最優先で、果物なんて、本当にあまーい所だけ食べて、あとは捨ててしまう。お菓子でも美味しくなければ、一口食べて捨てる。
    美味しくないものを最後まで食べる私の感覚の方が理解できないらしいです。
    価値観の違いですね。そう、これは、体調とか電気代とか地球環境問題とかでなく、私と夫の価値観の違いの戦いなのです。
    どこかで折り合いを付けたいと思います。ありがとうございました。

  19. 53番 より:

    私も旦那さんに似てるかも。
    けど窓は開けません。閉所恐怖症でもありません。
    マンションなので寝るまではエアコン1台で、ドアは全部開けておきます。
    もちろん脱衣場の戸もです。
    ひどいときはトイレの戸も短時間ですが開けてますよ(笑)

    旦那の実家は1戸建ててかなり広いので締め切ってエアコンを入れています。
    脱衣場が暑いのなんのって。何しにお風呂に入るんだぁぁって言いたくなります。
    なのでリビングが冷えたらこっそり脱衣場に近い側のドアを開けちゃいます。
    旦那はソレに賛成なんですが義母は「なんで開いてるの?」って閉めちゃいます。

  20. 乃以子 より:

    夫さんよりのご意見が多いですが、私もあおさんのように行動してしまうと思います。
    失礼ながら、一緒に暮らしていたらすごいバトルを繰り広げてしまそう…。
    目の前でドアを開けられたらイラつくので、私室を与えてそこで勝手にしてほしい位。
    あおさんの仰る事がまっとうです。私はそう思います。
    人にとって大切なことだし、すばらしい美徳です。
    何のアドバイスにもなりませんが、あまりにご主人よりの意見が多いので…。
    いい落とし所が見つかる事をお祈りしてます。

  21. ウホウホゴリラ より:

    家が箱で外気と内気があることの説明からだな!小学生でもわかる理屈を理解しないならどうしようもない。コメント欄みたら分かるように猿並みの低能は多数存在するから諦めるか幼稚園児相手の様にゆーっくり丁寧に教えてあげなさい。まず世の中に温度というものがあるとこから始めましょう!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 − = 2