しっかり避妊を考えたい。でも体にメスを入れるのは…。

ひつじさんのご相談

30代半ばのバツ2女性です。
主人(同じくバツ2、40代後半)とは2年の交際から1年半ほど前に結婚しました。
仕事が充実していること、お互い子供が好きではないこと(互いに以前の結婚で子供が居ますが、手元にはいません)でピルによる避妊をしていました。

しかし、1年前に妊娠、中絶しました。
婦人科の先生には「ピルが効かないことが稀にある。今回こういう事があったのでこれからはピルも飲みながらコンドームと併用したほうが良い」と言われました。 (私は体質的に激しい下痢をしやすく、そうするとピルを飲んでも効果が無いことがあるそうです。)

それ以後怖くなってしまい、それ以前は毎日2回はしていましたが、以後1年で3回ほどしかしていません。
私が卵管けっさつの手術を提案しましたが、主人が「おまえの体を傷つけたくない」と今月パイプカットの手術を受けることが決まりました。

私としても主人の健康な体にメスを入れることには悩む部分もありましたが主人の積極的な提案を受け入れる形になりました。

ただ、男性としての生殖機能を失うというのは心も体も大変なことと思います。
術前・術後の体と心のケアなどで気をつけることは何か考えられますでしょうか?
パイプカット経験者の奥様の経験談など伺いたいです。


頭ではわかっていても
なかなか割り切れない難しい問題。

ピルで防いでいたのにもかかわらず
過去の辛い体験もあり
夫婦間の性に対し消極的になってしまったご様子。
100%確実に避妊を望みたいが
心が割り切れていないまま突き進んで良いのか
悩むひつじさんご夫婦に是非アドバイスをお願いします。


カテゴリー: 夫婦


しっかり避妊を考えたい。でも体にメスを入れるのは…。 への48件のコメント

  1. うめ より:

    友人の旦那様数人がパイプカットしています。
    日本人じゃないですが。
    その内の1人がカットしたパイプを元に
    戻す手術を受けると話してたので
    戻すのも可能かと思ったんですが
    成功率低いようですね。
    ま、友人宅はもう子供はいらないので
    妊娠目的じゃないようですが。

    パイプカット自体の体への影響は
    全く感じないと友人達は言います。
    みんな子供は3人ずついるので
    これ以上はいらないし、とも。
    そしてパイプカット=男性じゃなくなる
    という発想も無いらしく
    避妊を気にせずにいつでも出来る!と
    夫婦が更に仲良くなってるのが
    日本人じゃないなと思わせます。
    ま、子供が出来ないから男じゃないと言うなら
    不妊な男性は全部男じゃなくなってしまうし。
    (女性もそうでしょ)
    でもそんな事ないでしょ。
    要は気持ちの問題かな。

    それよりも旦那さんが自分からパイプカットの
    事を言い出してくれたのが
    素晴らしいなと思いました。
    漢らしいなと(笑)。
    アクシデントで生まれてくる子供がないように、
    そしてそこまでしてでもあなたと
    コミュニケーションを取りたいという
    前向きな行動だなと。
    あまり神経質にならないでもいいと思いますよ。
    私だったらただありがとうと伝えて
    気遣うかなと思います。

    • ひつじ より:

      コメントありがとうございます。
      そうですね、確かに神経質になりすぎるのも良くないですね。
      主人の中では割り切れていることに私の方がそわそわしているのかもしれません。
      自分の痛みは我慢できても、大切な人の体の痛み(しかも自分には無い器官ですし)は計り知れず、それで不安になっているのだと思います。
      感謝の気持ちを大切にXデーを迎えたいと思います。

  2. しろごま より:

    私の夫も5年ほど前にパイプカットの手術を受けました。
    (私たちの間には4人の子どもがいるので、これ以上は無理と判断)
    本当は私もひつじさんと同じく、自分の卵管を縛る手術をしようかなと夫に言ったのですが、「腹を切るんでしょ?だったら俺がパイプカットするよ。」とこれまたひつじさんの旦那さんと同じようなことを言ってくれ、パイプカットの手術をしているクリニックを調べていました。

    手術は、睾丸を切って管をカット?縛る?(すみません、詳しくは聞かなかったので…)だそうで、かかった時間は1時間ほどでした。
    1ヶ月ほどは切った所がジクジク痛むと言っていましたが、痛み止めを飲むほどではなかったそうです。
    男性の生殖機能が無くなったとのことで夫に変化があったかどうかは、本人は特に何も言わないのですが、本人なりに覚悟を決めて行ったことですので、私じゃなく夫が手術を受けてくれたことに感謝してこれからも仲良くしていければな~と思っています。
    (あ、手術前と手術後の心と体のケアですよね、私は何もしてあげられてないな…(汗))

    • ひつじ より:

      コメントありがとうございます。
      しろごまさんのご主人もうちと同じでご自分から言い出して下さったのですね。似た状況でびっくりしました。
      やはり術後の痛みは気になっていましたが、鎮痛剤を飲むほどでもなかったとのこと、個人差はあるでしょうがとてもホッとしました。
      貴重な体験談ありがとうございます。

  3. カキ氷 より:

    自分達の快楽の果てにこの世に産まれた罪のない子供を殺すなんてひどすぎます。
    それに比べれば旦那さんの手術なんて比べようもないくらい軽いものではないでしょうか。
    生殖機能を失うくらい親に命を奪われる事に比べたら。。。
    ぜひ手術するべきです。
    旦那さんも健康体なのかもしれませんが赤ちゃんだって健康体なんですよ。
    また赤ちゃんが殺されないように祈ります。

    • かいづかいぶき より:

      優生保護法っていうのがあるでしょうに。
      殺すだなんて表現は間違っています。

      • ピュアレモン より:

        「優生保護法」は優生上の見地からの差別的問題多くがあり、現在では「母体保護法」に改正されています。(1996年(平成8年)の法改正により、内容・名称が変更されています)

        ご注意下さい。

        • かいづかいぶき より:

          ごしてきありがとうございます。またぐぐっておきます。
          かように、いきにくいゆのなか、うまれてきてはたしてしあわせなんじゃろうか・・・・。ただ、いまあるいのち(母君)を優先にと思ったうえでのコメントでした。ふゆかい(そのていどのものでしょう)があったらひらに
          あやまります。

    • ひつじ より:

      コメントありがとうございます。
      そうですね、私自身中絶は反対派できちんと避妊していたつもりでしたのでとてもショックでした。
      今後はこのような事がないようにと夫婦で考えた結果のパイプカットですので、産んであげられなかった命にも感謝したいです。

  4. CUCU より:

    >それ以前は毎日2回はしていましたが

    不謹慎にも、爆笑してしまいました・・・。

    • めいぴー より:

      えええ、毎週2回の間違いでは?

      • みんみん より:

        私も気になります>毎日2回

        • いちご大福 より:

          毎日でなく 毎月では ないでしょうか?

          個人の考えは それぞれですのでね。
          ひつじさんが 妊娠しやすい体質かもしれませんし・・・
          望まない妊娠を 避けるには 何か対策を練って下さい。
          100パーセントの避妊方法は ないように思えます。
          どんな手術で どんなオペなのか?後遺症は あるのか?
          とか 調べてみてください。
          よく話し合ってくださいね。焦ることは ないと思います。
          でも仲が良くて よろしいことですわね。
          末永くお幸せに・・・

          • yuki より:

            毎日2回でもそんなにおかしいことではないのでは?
            とはいえ、我が家は一年に二回以下ですが。。。
            仲良しで羨ましいですよ。

    • ひつじ より:

      ええと、恥ずかしながら「毎日2回」で正しいです(笑)
      やっぱり多いですね(恥)
      体の相性が良いというのか、こんなにするようになったのは主人と付き合ってからが初めてです。
      さすがに主人は毎回射精することはありませんが・・・
      あー!恥ずかしい!(><)

      • かいづかいぶき より:

        はずかしいことなてないです、
        むしろショックで回数が減ってるなとはおもいましたし、それ以外なんともおもいません。

  5. H より:

    夫が泌尿器科医なので、この手の手術に関わることもあります。
    いわゆるパイプカットは精管を縛るまたは切断するだけなので、精巣は残っています。射精もしますが、パイプカット後は精液は体外に排出されなくなります。。
    戻すことも可能ですし(正し時が立つと成功率は低くなります)
    たとえ、戻せなくても精巣はあり精子は作られるので、生殖機能が完全になくなるわけでもありません。(体外受精になりますが妊娠だって可能なんです)

    ただ、術後数日または数週間は腫れや痛みがあるので旦那さんをいたわってあげてください。
    そしてひつじさんが変わらず旦那様に優しく接してあげれば大丈夫だと思いますよ。

    ひつじさんの身体を傷つけないようにと自らの手術を申し出るとは、いう旦那様だと思います。

    • ひつじ より:

      コメントありがとうございます。
      専門家のご意見、とっても参考になります。
      本当に、自分からそんな決断をしてくれるなんて思ってもみなかったので感謝感謝です。
      なにせ自分の周りではパイプカットしてる男性なんて誰も知らないので・・・
      (もししていても大っぴらに話す事ではないだけかもしれませんが。)
      手術前は普段どおり、術後はしっかり労わってあげたいと思います。

  6. かいづかいぶき より:

    ひつじさん、お体いかがですか。
    注射でさえ怖いわたしには
    ご主人の申し出はすごく勇気のいることだと思うのです。まわりで、あまりききませんから不安だと思いますが
    思いあっているご夫婦なんだろうと思います。
    いろんな経緯が伺われます。立ち入ったことでしょうが、辛い過去を、
    抱き合うことによって癒しているというかんじなのかしら。(余計なお世話かしら、ごめんなさい)
    気候が涼しくなってからではいけませんか?
    傷の治りが、今ですと暑いのでなかなか大変ではとおもい投稿しました。
    ご自愛ください。

    • ひつじ より:

      コメントありがとうございます。
      私自身は痛みには強いほうで、自分のことなら全然大丈夫なのです。
      でも、こと大切な人の体のことは気が気ではなくて。
      辛い過去を抱き合うことで埋めている・・・もしかしたらそうなのかもしれませんね。
      ただ、お互いに以前の結婚で離別したり死別した過去のパートナーとのこともそれほど心に深手を負った訳ではないのです。(過去のパートナーとも今でも行き来がありますしね。)
      ひとつ言えるのは、二人とも家族・肉親との縁が薄かったのでやっと二人だけの家族を手に入れた感じでしょうか。
      手術、 涼しいときの方が良いのでしょうが・・・仕事が暇になるお盆明けが良いとの主人たっての希望なのでどうなるか。
      でも、折角なので伝えてみます!!

  7. yuko より:

    私はIUDを入れています。入れるのは病院で、費用は4万から6万円でしょうか。病院によるかな?
    とても快適ですよ。オススメ。

    • ひつじ より:

      コメントありがとうございます。

      IUDも婦人科で相談したのですが、先生に「ピルよりも確立が落ちるのは確かなので、万が一妊娠してしまっても産める環境の人にしか基本的には奨められない。」と言われて断念したのですが、yukoさんは装着していて効果にも満足されているのですね。
      もう一度相談しに行ってみようか思案中です。

      • 匿名希望 より:

        IUDよりもミレーナというものの方がさらに避妊率は高まります。でも、もちろん100%ではないのです。
        確率は相当低いですが、万に一つ、ということはあり得ます。

        ご夫婦にとって一番良い結論になりますように。ご夫婦でこのような問題にきちんと向き合って話し合いが出来るというのは本当に素晴らしいと思います。

        • ひつじ より:

          コメントありがとうございます。
          ミレーナ、調べて見ます!
          婦人科で結構突っ込んで色々な方法を聞いたつもりでしたが、こうして皆さんのコメントを読むとまだまだ知らない事も多かったんだな、と思います。

          • みゆう より:

            その婦人科医、本当に大丈夫ですか?避妊率には、理論値と実際の統計値があって、実は統計で言うと、IUDや薬物添加IUS(ミレーナ)の方がピルよりも避妊率は高いですよ。
            http://health.goo.ne.jp/column/woman/w002/0053.html
            このサイトの「理想的な使用」と、「一般的な使用」での値を比べてみてください。ピルは実際には5%程度の妊娠の可能性があることが分かります。
            IUDやミレーナより、継続的に薬が出せるピルの方をすすめてくる婦人科の先生は、私は余り信用していません。経産婦ですし、どうして子宮内避妊具のほうをすすめなかったのか甚だ疑問です。

  8. さかな より:

    ごめんなさい、正直どん引きです。
    以前の結婚でお互い子どもがいたのに手元にはいない
    妊娠して中絶、なんて身勝手なんだと気分が悪くなりました。
    それでも尚セックスしたくてパイプカットって…ケダモノですか?

    厳しい意見ですみません。
    でもお互い子どもがいたって事はひつじさんにもお子さんがいたって事ですよね?
    それを元旦那さんに渡したって事ですよね。
    いろんな事情がおありでしょうが、手放されたお子さんや
    産まれてくるはずだったのに「子どもが苦手」という理由で
    命を絶たれた赤ちゃんがかわいそうで仕方ありません。

    旦那さんのパイプカットだけではなく
    ひつじさんも卵管を縛る手術をなさったらいかがですか?
    どちらも手術されたらいいのでは。念には念をです。
    お前の体を傷つけたくない、というご主人も
    術後のケアが心配というひつじさんも
    健康体で産まれてくる命を犠牲にした事に比べたら
    何てことないでしょう。
    もう命が粗末にされることがないよう祈ります。

    • R より:

      私も正直さかなさんのご意見に同意します。

      結婚を2回も経験されて子どももいて、今度は中絶、パイプカットですか。
      一瞬、釣りか?と思うようなすごい相談だな、とびっくりしました。
      (私だけ?)

      というか、そもそも婦人科の先生が言われたように、
      ピルとコンドームを併用されてはいなかったのでしょうか。
      それでも100%の避妊にはならないかもしれませんが、
      本当に避妊のことを考えていたら、ふつう危険日前後は避けるんじゃ?
      1日2回もサルのようにしまくってたらそりゃ妊娠する確立は
      アップするでしょうよ…。
      そこまでしてやりたいってすごい性欲だなあとある意味感心しちゃいました。

      で、100%避妊するためには手術しかないんですから、
      さかなさんの言うとおり、この際おふたりとも手術すればいいんじゃないですか。
      そうすればお互い変な後ろめたさ感じなくて済むでしょ?
      (主人にだけ辛くて痛い思いさせた~とか)

      手術のことは医者に聞いたほうが確実だし、心のケアはふたりで
      カウンセリングにでも行けばいいと思います。

      • 匿名希望 より:

        けだものとかドン引きとか平気で書ける方に、むしろドン引きです。
        相談者様を思って、厳しい意見を言うのと、人を傷つけるであろうひどい言い方をするのとは違うと思います。

        毎日2回、猿のようにと書かれてますが、性欲は人それぞれだと思うので、自分と違うからと言ってそこを責める言い方は必要ないと思います。今回の質問に関係ないですし。

        • ima より:

          他所様のこういう相談事にこんなに憎しみを込めて攻撃的になるなんて,
          不妊治療がうまくいかないとか個人的な理由でイライラされてる方かもしれませんね。
          一人の方が自分のコメントに「私もです」なんてレスされたのでは?
          こんな方はそうそういらっしゃらないでしょうし,文体もよく似てらっしゃるし(笑)

          私は今回のご相談事,ご主人がパイプカットを申し出てくださったなんて,すごく思いやりがあっていいなぁ~と思いました。

          • さかな より:

            匿名希望さま・imaさま

            私とRさんは別人ですよ。
            IPアドレス出してもらっても構わないです。

            個人的な理由でイライラ…
            確かにそうかもしれません。
            私は2度の死産を経験しています。
            妊娠しても子宮口が開いてしまい、妊娠中期に死産しました。
            2人目の時はずっと安静にし、入院していたのに
            8ヶ月めでの死産でした。

            前の旦那さんとの間のお子さんも手放し
            妊娠した新しい命を処分し
            それでいてパイプカットする旦那さんには
            メンタルのケアだ痛みが心配だと書かれていて
            正直ビックリしました。
            相談者さまを思って厳しい意見を言ったのではありません。
            手放されたお子さん、命を奪われたお子さんを思って意見しました。

            • 匿名希望 より:

              手放されたお子さん、命を奪われたお子さんを思って意見しました。とありますが、けだものみたいという言葉はお子様のためでもなんでもないですよね?

              さかな様が死産されてしまったことはとても残念だと思いますが、そのストレス、イライラを質問者様に向けるのは違う話だとは思いませんか?
              命を奪われたお子さんを思って、意見を言いたいのであれば、前半は必要ないですよね?せめて、後半部分だけでいいのではと思いますが。

      • かいづかいぶき より:

        さかなさん、吐いた唾は飲めません。
        匿名性があるからって
        ことばきたなく罵ることはいけません。
        伝言板であいてのすべてが分かるわけではありません。
        ご自分の感情を吐露する場を設けてくれたことに逆に
        感謝なさっては?ちなみに性行為(恋)をあじわえるのは霊長類でも人間のみです。ほかの動物は種の保存ありきなんです。
        さるにもあやまってくださいね。

        • かいづかいぶき より:

          あーーごめんなさい、さるにあやまってください、は
          Rさんでした

      • かいづかいぶき より:

        わたし、いぜん、「きつくないですか」って
        スタッフのひとにしてきされたのに、この人はしてきされてない。

        ちえぶくろみたいに
        べすとあんさーとかもうけたら、こういうひどうとくてきなコメントは避けられないかと思います。

    • かおり より:

      相談者様を責めたい訳ではなく、また自分と違う生き方なのもわかっていますが、正直さかなさんに同意です。
      お互いのことは思いやっていても、手放したお子さんや中絶した赤ちゃんのことは思いやれない方々なのだなと、、
      (お前の体を傷つけたくないというご主人も、中絶で相談者様の体も傷つけ、赤ちゃんの命もなくしてますよね。思いやりのあるやさしい人は、中絶させないのではと思いますが)

      本当にもう命を粗末にするようなことを繰り返したくないなら、パイプカットに合わせ、卵管カットもお勧めします。
      相談者様達自身のためにも、新しい命のためにも。

      ほんと、お互いしか大事じゃないんだな…と思わされるご相談でした。

    • ひつじ より:

      コメントありがとうございます。
      お叱りはもっともな事と思います。ピルを過信しすぎだったことは私たち夫婦の失態です。
      私自身卵管けっさつも希望しています。
      が、仕事でお盆や正月にも2連休がとれたらありがたいくらいの職場でして。
      手術ともなれば休めるでしょうが、何の手術かを説明するのは正直悩みます。

      あと、私の書き方が悪くて勘違いさせてしまったようで申し訳無いのですが。
      私の子供が手元にいないのは二年前から全寮制の学校にに居るからです。
      それまでは私の実家で生活させ、なるべく顔を見せに行く感じでした。
      (子供、正直苦手ですが自分の子はやっぱり可愛いですよ。念のため。)
      最初の離婚時に私が未成年の主婦だったため、一時的に実の両親と養子縁組をし、私は勉強をしなおして生活費を稼ぐ側に回ったので・・・
      その後、普通の家庭とは違うものの、両親と仲睦まじい暮らしをしておりましたので、養子縁組の解消は成人してから本人の決断に任せることにしようと家族で決定しています。
      相談内容には直接関係が無いと思い書かなかったので・・・
      申し訳ありません。

      • ひつじ より:

        すみません、追記です。

        辛い不妊治療をされている方、待ち望んだ赤ちゃんを死産された方、本当にお辛かったことと思います。
        そういった方々もこちらのサイトにいらっしゃることは分かっていながらもこうした相談を載せてしまいごめんなさい。
        「避妊」などという単語は見たくもないでしょうから、もし間違って開かれてしまった方にはお目汚し申し訳ありませんが、どうかスルーして頂きますようお願い申し上げます。

        また、夫婦生活の頻度も人それぞれだと思いますので・・・
        気分を害された方には申し訳ありませんが、笑いの種にはなってもよそ様に非難される事とは感じておりません。

        正直、相談内容よりも過去の結婚・中絶・夫婦生活の頻度に話が摩り替わってしまっていて、これ以上はどうお答えして良いか分かりません。

        2回目の結婚は死別だったことも書き添えておきます。

        • こひめ。 より:

          ひつじさん、批判される方がいらっしゃるようですが、お心を安らかに、どうか負けないでアドバイスだけ覚えていてください。
          私もここに助けられた一人です。
          夫婦は十人十色、色々です。
          私も子供が生まれるまでは日に二回とかでしたよ。
          変じゃないし、愛し合っていていいんだと思いたいです。
          性欲はひとそれぞれ。
          いいじゃんかー!と言いたいです。

          • ひつじ より:

            コメントありがとうございます。

            お心遣いありがとうございます。
            内容が内容なので、正直荒れる覚悟はしていたのですが、
            やはり質問内容とまったく違うことを責められるとなんとも言えない気持ちにはなりますね~。

            でも、貴重な体験者様からのアドバイスはとっても参考になりました。
            こひめ。さんのお宅も仲良しそうで何よりです(^^)

  9. ちっこいの より:

    私も正直、驚いた1人です。

    前の結婚で子供がいたのに
    子供が嫌いとか、
    中絶したのに、まだ性欲の話とか
    私には理解不能な話です。

    しかし、ひつじさんの相談は
    心と体のケアについて
    経験者さんに聞かれてたハズです。

    さかなさんの気持ちも
    解りますが、ここは感情を
    語る場ではないので
    アドバイスに徹しましょう。

    匿名希望さんも必要以上に
    さかなさんを攻撃するのは
    止めましょう。

    是非、ひつじさんの相談に
    のってあげて下さい。

    そういう私は あいにく
    経験者ではないので
    ひつじさんにアドバイスは
    できませんが
    どうぞ、体を御自愛して
    旦那様と2人で添い遂げて下さい。

    • かおり より:

      すみません、投稿後にちっこいの様のコメントを拝読して、アドバイスではなく個人的な感情でコメントしたことを反省しました。。

    • ひつじ より:

      内容が内容だけに、不快になる方もいらっしゃると予測できた事だったのですが、他にどこにも相談できずこの様な形になってごめんなさい。

      決して命を軽々しく考えている訳ではなく、そのためこういった選択になりましたこと、ほんの少しだけでも思いを巡らせて頂きましたら幸いです。
      もし、簡単に考えていたら中絶後も我慢できずに「サルのように」していたと思いませんか?

      子供が苦手、というのは自分の子供には感じませんでしたが、子供のお友達などが遊びに来るようになってから大切なものが散らかされたり、私の貴重な休息の時間に大声ではしゃぎまわったりされたので段々苦痛になって。
      (皆さんのお子さんにはいらっしゃらないかと思いますが、スーパーで奇声をあげて走り回ったりしているような子供です。)
      大抵言っても聞かないし。
      子供というより子供の小さい頃にに付随してくる様々な事が苦手なのです。
      今はもう大きくなりましたので、子供とその友達を連れて映画に行ったりなんかもしますよ。

  10. kaeri より:

    相談者さん、もうこちらを見ていないかもしれませんが・・・

    素朴な疑問なのですが、パイプカットって
    母体保護法に基づいて行われるので
    基本的には子どもが複数いるという条件があるのでは?
    完璧な避妊を望むという理由でも大丈夫なのでしょうか?

    • ひつじ より:

      コメントありがとうございます。

      パイプカットはいわゆる「母体保護法」とは関係ないようです(推測ですが)。
      主人は総合病院の泌尿器科に相談に行き、民間の病院を紹介して頂きましたが、最初の総合病院では(相談なので)結婚していることも言いましたが、紹介先の民間病院では既婚・未婚も聞かれなかったし、同意書も必要無いと言われたそうです。
      局部麻酔なので、緊急時の連絡先なども聞かれなかったとか。

      某大型掲示板では未婚でパイプカットした男性の体験談もありました(真偽のほどはわかりませんが)。

  11. ひつじ より:

    色々な考えをお持ちの方もいらっしゃるとは思いますが、
    皆さん「健康な」「ひとつの命を」見捨ててしまった、あるいは「子供の養育に携わっていない」事をお怒りと思います。

    私方の事情は上のコメントに書かせていただきましたので割愛します。

    私は「産んだら何とかなる」といった考え方には疑問があります。

    相談内容とはズレがあるのであえて書きませんでしたが、
    主人には知的障碍の弟があり、自身の子供にも自閉症が居ます。
    私も喫煙者で30代半ば。

    もし、障碍をもって産まれて来たら?
    その子が成人するとき私は50歳代、主人は70歳代です。体力的に問題があります。
    では、出生前診断が出来るまでいたずらにお腹に居るままで良いのか?

    もし健康で生まれてきてもその子の将来に責任があります。
    小さいころは母親との密接なコミュニケーションが必要でしょうし、
    その子の能力や才能によっては特別なケアや習い事も必要でしょう。
    万が一「お医者さんになる!」と言い出したらそれを叶えてやれるだけの経済力も必要です。

    主人は子供たちのお母さん(2番目のお嫁さん)に養育費はもちろん、
    結婚当時に新築した家も贈与しています。

    私は子供の大学費用は全額出すつもりです。

    正直、二人合わせて4人目の子供を満足に育てがありる環境がありません。

    しかも私は会社の幹部職員で、盆正月も連休は2日が限度。
    女の身ではきつい仕事ですが、「子供産むので辞めます」とはいかない仕事です。
    私が居なければ将来がない会社で、
    慕ってくれる部下(ひいては部下の家族)のことを路頭に迷わせることは出来ません。
    会社が子供と同じなのです。
    人の生活という意味では子供以上かもしれません。
    (家庭のお母さんも正月に子供が熱を出しても子供にかかりきりにはなれませんよね。)

    ピルを過信していたのは夫婦の失態です。
    中絶した子供には謝っても誤り足りないとは思いますが、本当に反省しています。

    こうした事情・考えで冒頭の決断に至ります。
    どうか、相談内容にあったコメントをお願いしたいと思います。

    • いちご大福 より:

      ひつじさん 何回もすみません。
      自身の事情を 細やかに書かれてますが。ごめんなさい。
      あまり詳しい事情を 書かれたら、身元ばれしないかしら?
      ひつじさん ピュアな方だから 何でも素直に
      正直に書かれないか 心配してしまいました。
      ごめんなさいね。

      ネットは 不特定多数の方が 閲覧しますから。
      自身の身を守ることも 頭に入れておいてください。

      自閉症は 遺伝するとも 聞いたことあります。
      たしかに 最初のお子さんが自閉症であったりすると 
      次の子を 産む勇気は無いとか 聞きます。
      息子の主治医の児童精神科医師は 子供に自閉傾向があれば
      両親のどちらかに 自閉傾向が あると 私は聞きました。
      兄弟や双子ちゃんとも 自閉症のお子さんは けして
      珍しくありません。{以前 親の会で活動し 事実そういう家族を
      沢山知っていますので。}

      ひつじさん あなたが選んだことなら いいんじゃないかしら?
      ご主人さんも 自閉症ちゃんの育児のたいへんさは
      周知してみえるでしょう。
      私の子供は 自閉ちゃんだけど 大変なこともあるけど
      可愛いです。
      でも きれいごとは 嫌いなので、私は。
      それなりに たいへんです。親が精神安定してないと
      自閉ちゃんは 純粋で聡明で敏感なので 子供は 情緒不安定に
      なります。

      自身のポリシーに のっとった答えであれば 子供を望まない
      あなたの考えは それはそれで正当と思います。

      この世に生まれる生命だったお子さんのことは ずっと忘れずに
      いてあげて きちんと供養をなさって下さい。
      水子ちゃんも あの世で成長しますから。
      話しかけてあげて お菓子やおもちゃなど お供えしてあげて下さい。
      天国で再会したら 抱きしめてあげて下さい。

      • ひつじ より:

        コメントありがとうございます。

        私の身バレの心配までしていただいて、本当にありがとうございます。
        なんだか勘違いで批判されている方の誤解を解いたほうが良いのかな?と思って書ける範囲で詳細も書かせていただきました。

        自閉ちゃんのお子さんでもしっかり愛情を持って育てていらっしゃる方は多いのだと思います。
        そして、そのことに限らずみなさん自分の考えで決定されて自分の信じる道を歩まれていることと思います。
        ただ、時には自分の中での「正当なこと」を他の人にも要求してしまうことがあるのでしょうね。

        ご自分の考えをしっかり持っていらっしゃって、かつ人の生き方も尊重できる、いちご大福さんはステキだなと思いました。
        ありがとうございます。

  12. レルム より:

    男が来るのは場違いだと知りつつ辿り着いてしまったので失礼します。
    その後如何ですかね。私は先週カットしてきましたが、これで妊娠の不安なくまた妻とやっていけると思っています。
    卵管切るような話も出ていましたが、念には念をなんてのはナンセンスかと(なんのための精液検査か分からない…)。お身体お大事に。
    私の周りにも不妊治療をしているペアが何組もあるので、精神的に経済的に大変なのが少しは分かるつもりですが、そこは貴方のプライベートと分けて考えないとね。負わなくてよい負担は負うべきではないですよ(それは配慮が足りないということではなくね)
    お幸せに!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


5 − = 1