半年前の旦那の朝帰り。あれから夫婦の溝が深くなって…

さえずりちゃんさんのご相談

半年前に旦那さんが同窓会で朝帰りしました。
その同窓会で好きだった人と両思いだったことがわかり盛り上がってそのままのノリでメールをやり取りがされていました。
内容はお互いに疑似恋愛を楽しむ感じで旦那さんは私にうしろめたさからメールにロックをかけました。

私は二人目産後2ヶ月目で元々同窓会に行くことを渋々許した感じで12時までには帰ると約束してたのに朝帰り、妙に浮かれた旦那さんに女の勘のようなものがあり、携帯を見たことで発覚しました。
旦那さんは否定してますが相手の女性(既婚子供あり)明らかにあわよくば遊びたい、楽しみたい遠回しに誘っている内容でした。(休日に『今、子供預けて一人でいてるよ』など)

私にバレた後なので旦那さんは一応誘いには乗ってませんでしたが。
私にバレてなければ遊びに行っていたと思います。
そうしたことから旦那さんを一切信じることが出来ず、非常に嫌な思いをしたこと、相手の女性も旦那さんも節操がないこと、私が嫌な思いしていることを知っていながらメールを続けるなら夫婦の信頼関係に日々が入ると伝えました。

それでも相手からメールが入れば返すといったことは続けられ、夫婦喧嘩を繰り返したのち、相手に妻が嫌がっているのでと言ってメールをやめてもらいました。
旦那さんは謝ったし、メールもやめたし半年間も責め続けられるほどのことをしたつもりはない。と言って私に呆れています。

私はいまだに何故、どうして?と裏切られた気がして旦那さんが携帯を見るたびにビクビクしてしまう、朝帰りされるとイライラしてしまいます。

さすがに相手の女性と浮気してるのでは?とか連絡を取り合ってるのでは?と疑うことはほとんどなくなりましたが、旦那さんにとって自分への愛情が前のようにはどうしても感じられず不安に思い、思い出しては責めてしまいの繰り返しです。
旦那さんは私がいつまでも責めるこの状況に疲れています。

私も何がなんだかわからず、ただ旦那さんに自分が一番大事だと思ってもらえていると自信が欲しいだけなのにわかってもらえず話し合うたび、夫婦の溝は深くなっていってる気がします。

私が旦那さんを許してもう一度信じられるようになるにはどうすればよいでしょうか。


思い出しちゃうことは仕方が無いけど
〝信じさせて〟より〝信じよう〟に切り替えて

失った信頼関係を修復するには
とても時間がかかるものだと思います。
確かにその時一瞬の気の迷いがあった。
あの時は揺れたかも知れない、でも、
今ご主人はさえずりちゃんさんの横にいる。
苦しい時期とは思いますが この壁を乗り越え
さらに強固な夫婦の絆へと進むには
さえずりちゃんさんの覚悟の時なのかも知れません。
苦悩する相談者様にアドバイスおねがいします!


カテゴリー: 夫婦
スポンサーリンク

半年前の旦那の朝帰り。あれから夫婦の溝が深くなって… への6件のコメント

  1. ねね より:

    さえずりちゃんさま、辛いお気持ちお察しします。
    私の夫も不倫していた時期がありました。一人目の産後すぐから一年ぐらい。一年間ずっと疑って疑って、やっと現場を押さえて相手の女性も呼び出して一筆書かせて慰謝料もとりました。一発殴らせてください、とビンタも張りました。それでも気が張れず、何年も苦しみました。

    信じたい、けれど信じて裏切られるのが怖い。もう傷つきたくない。別れた方がマシか…?でも夫のことは好きだから別れたら後悔する…そういう日々を繰り返しました。

    けれどさえずりちゃんさまのご主人は違うと思います!メールのやり取りだけですし、肉体関係もない。相手の女性も、ご主人が妻であるさえずりちゃんさまを選んだとわかっている。敗北したと分かってるでしょうし、よほどの自信がなければ二度と誘えないでしょう。

    責めてしまう気持ちはとても分かります。でも責め続けても男性は逃げるだけです。第一、同窓会であった女は過去の人間であって、妻がいる身でありながら相手できるような「遊び相手」でしかないんです。今のご主人が選んだのはさえずりちゃんさま。自分は選ばれた人間なんだ、と自信過剰なぐらいの自己暗示をかけてでも今の幸せを守ってください!

    ちなみに我が家は夫の不倫からもうすぐ9年。もう苦しさはないです。
    いつか苦しくない日が絶対来ます。今は辛いでしょうけど、それでも笑って過ごすことが女の、母の強さなんだと思います。

    忘れないでくださいね!
    さえずりちゃんさまは選ばれた女性です!

  2. さえずりちゃん より:

    相談者のさえずりちゃんです。

    ありがとうございます。

    普段ならもう少し冷静に対応できたと思います。
    様子をみて泳がせることもできたのに産後ひどくイライラした状態が続いて自分でも
    落ち込むぐらい感情がコントロールできませんでした。
    情緒が不安定でとても旦那さんを頼りにしていました。
    彼も仕事が忙しく家庭でも私が二人の子育てにまだ慣れておらず、我慢させていたと思います。そんかタイミングで同窓会。少しでも息抜きにのればと参加させました。
    朝帰りだって楽しかったのだからまぁ、いいかと思ってました。

    そんな時だったから仕方ない、お互いに疲れていて相手を思いやれてなかった。と思います。だからこそ許せなかったり

    でももうそれは過去のこと。
    旦那さんを信じたいのに、信頼したいのに出来ない自分が辛く情けなかったです。
    こんな風にさせたのは旦那さんのせいだと思い、旦那さんのこともたくさん傷つけてしまいました。
    ちょっと浮かれただけの過去に苦しむのは終わりにしたいと思います。
    大丈夫、旦那さんは何も変わってない
    大事なのは私と子供たちだと日々頑張って働いてくれてるんだと思います。
    私も過去は振り返らず、前向きに頑張ります。

    旦那さんが奥さんに選んだのは私ですもんね。
    ねねさん、ありがとうございました。

  3. トミー より:

    普段、とても優しい旦那さんなんじゃないですかね?
    だからこちらにも免疫がなくて、傷が深くなっちゃったんじゃないでしょうか。

    私は、そういう感情になったら、とにかく、書きなぐります( ̄▽ ̄;)
    紙に書くと処分に困るから、PCやスマホのメモ機能に。
    で、保存せずに消去。
    でもたま~に、めっちゃ名文(笑)が書けたら、PCのフリーメールにメールして、スマホやPCの送信メールなども消去。

    たぶん今回こちらに書き込んだりして、少し気持ちが落ち着かれたんじゃないかと思いますが、不安になった時に自分だけで自分の気持ちと向き合ってなかったんじゃないかなぁと、思ったもので。

    なんで不安になる?
    同じことを繰り返してるのではないかと思うから。
    私以外の人に気持ちが傾いているんじゃないかと思うから。
    でもあのとき、結局は家庭をとって、彼女との連絡を絶った。
    家庭を選んでくれたのは、彼女より私たちの方が大事だと彼が思ったから。

    あと、子持ちの友人が言ってたことですが、子どもの寝顔を見ながら、
    「このまま不仲のままこの子から父親を取り上げるようなことになったら…」
    って考えると、仲直り出来るって言ってました。

    トピ主さんが明るい気持ちを取り戻せるように祈ってます。

  4. さえずりちゃん より:

    相談者のさえずりちゃんです
    トミー様

    ありがとうございます。
    確かにこんなことは初めてでした。

    何度も考えて、悪い方へ悪い方へと考えることしか出来なくなっていました。
    こんな疑いを持ちながら夫婦として家族としてやっていかなければならないのか
    そんなことはないと否定する自分だけがそう思ってるのではと疑う気持ち。
    でもふと冷静に思うとこんなつまらないことで離婚?将来子供たちに離婚理由を聞かれてこんなつまらないことで別れたなんて言える?と考えればつまらないことで悩む時間が無駄だと思いました。泣いて喧嘩するより、一緒にお茶飲みながらおしゃべりする方がいいと思います。旦那さんを疑って苦しむより、許して信じる方がいいと自分で出した答えを信じたいと思います。

  5. じゅん より:

    こんにちは、もう結構時間が経ったので
    多分この質問を読む人ほとんどいないと思いますので
    気になったことを少し。
    自分の周りの人間を「さん」付けで他人に言うのは変ですよ。
    会社内でも対外的にはいくら上司や社長でも呼び捨てにするんですよ。
    それを自分の旦那を「旦那さん」自分のことを「~ちゃん」。
    凄く文章が読み辛かったです。
    コメントが少ないですよね、多分皆さん同じ思いだと思います。
    一事が万事です。

  6. あい より:

    じゅんさんに同意
    自分の旦那にさん付けはおかしいです。

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


+ 3 = 9