在宅仕事で頑張っているのに、周りに理解されず悶々としています。

ぴっぴさんからのご相談

フリーランスで在宅で仕事をしています。
フリーになってもうすぐ10年。それなりに実績と取引先との信頼関係を築いてきました。仕事は好きで、徹夜するまでやりすぎてしまうこともあります。年収は、独身時代は1000万超、結婚後は少し抑えて800万超を維持しています。自分なりにがんばっていると思っています。

結婚後も仕事を続けており、子供はいないのですが、どうも自分の仕事が周りの人(義両親・義理の親戚や夫の友人)に軽視されているようで、悲しくなっています。

独身時代は、自分の家族と自分の友人がわかっていてくれて(努力を見ていますので)、それで満足でした。自分の好きなものも自由に買えて、ばかみたいですが、ちょっとステータスを感じたりもしていました(ほとんどの友人には収入額は伝えていませんが、なんとなくわかっているのかなという状態です。)

結婚した相手は普通の年収の普通のサラリーマンです。夫の友人には私たち二人分くらいを1人で稼ぐ人が何人かおり、その人たちは「妻が働くってことは夫の収入が少ないんだね」と言わんばかりの態度を取られ、へこみます。

義両親は、私が在宅ということで、扶養範囲内で働いているのでは?と思っているようです(ばかにされたりはしないのですが、夫に、ちゃんと養ってやりなさいよと言います)。同年代の親戚に大企業に勤めている女性がいるので、その方の方がキャリアはすごいだろうと思われています(どちらがすごいかではなく、私もけっこうがんばっていると思うのですが、私の方だけまったく気づかれていないので悲しいです。)

夫は私の収入に文句を言いませんが、もっと少なくてもよいと思っているようです。何か特別なこと(子供がいたら私立にいれようとか、ちょっと高めの車や家を買おうとか、海外旅行に毎年行こうとか、週末は趣味三昧で過ごそうとか)をしたいと思わないそうで、貯金はそこそこ貯まりますが、将来何に使うのか決まっていない状態です(家は購入済みです)。夢を語ろうとすると、夫のお給料だけでは(普通のことですが)かなわない夢ばかりなので、なんだか夫のお給料が安いと言っているように聞こえるようで、困っています。私はただ、二人でがんばればかなえられるなら夫婦で目標を持ちたいだけなんですが。

子供もいないままになるかもしれず、遺産を残す人もいません。

私は周りに仕事がうまくいっているなどとは話したくないし、それは下品だと思います。近所の人も私は専業主婦なのでは?と思っているでしょう。それでいいんだ、と思うのですが、なんだか一生懸命仕事をしてもむくわれない(認知欲が満たされず、お金を稼ぐことの楽しみも見つからない)と思ってしまいます。

もう仕事をセーブして、専業主婦に近い状態になり、好きな趣味に時間をかけようかと悩んでいます。このご時世に仕事がたくさんあることは、とてもラッキーなので、それを捨ててまで周りに合わせる必要もないのですが。でもむなしい。夫がもう少し夢を共有してくれたらなぁと思います。

悩みというか愚痴というか、誰にもわかってもらえず、もんもんとしています。

こんな状況ですが、あなたなら仕事をセーブしますか?
それとも周りは気にせず仕事にまい進しますか?
理由もお聞かせいただけると嬉しいです。


仕事をセーブしたからといって、
満足な結果が出るのかな?

私なら仕事にまい進します!
仕事に関しては、周囲の理解などを理由に
ワークスタイルを変えることはないかも。
大事なのは、我が家のWLBに対する意識を
夫婦が共有して同じベクトル持っている事だと思っています。
皆さんならどちらを選択しますか?コメントお願いします!


カテゴリー: お金, 仕事, 夫婦, 舅姑


在宅仕事で頑張っているのに、周りに理解されず悶々としています。 への70件のコメント

  1. かりん より:

    余裕があるから欲が出る。

    質問者さん自身がどうありたいのか定まっていないので、第三者からは答えは出ないと思いますが・・・。
    仕事で評価されたいのなら、仕事について話す事です。
    成功していることを話すのは下品だと思っているうですが、自慢になるから、という事でしょうね。
    それだけ自信をもって頑張っていると言えるのですから自慢をしたっていいと思います。
    義両親にも扶養範囲と思われているという事は、仕事について話してないからですよね?義両親にも話してないのは信用していないからではないですか?
    話してもひがまれる。金をせびられる。など。
    一般的に在宅では収入も少ないと思われて当たり前ではないかと思います。

    詳しくは言いたくない、でも評価されたい。
    評価されないなら仕事減らそうか。
    結果、減らしたところで「ただの主婦」と言われた。
    とあなたが独り相撲をとるだけになる気がします。

    旦那の収入では実現できない夢を語ろうとするから共感をもらえないと
    いうのも、旦那さんを見下しているようにとれました。

    旦那さんは金銭的な面であなたの夢に共感しないのではなくて
    自分に興味のない事をあなたが同じ夢を持とうと言ってくるので
    「俺はそんな事は興味が無い」と感じてるだけなのでは?

    夢を持つ事はすばらしいですが、夢を持つ人ばかりではありませんよ。
    今のままで十分幸せと、旦那さんは感じているのかも。

    ただ、仕事で成功して稼ぎも人並み以上にある事を話して評価してもらって
    ひがまれるかもしれませんが、あなたの人柄が良ければクリアできると思います。

    知らない事を褒めろ評価しろって無理ですよ。

  2. ちぃすけ より:

    お仕事お疲れ様です。
    40代の兼業主婦(18から働き始めています。)で、今年高校生になった娘と
    80代の実母・旦那で4人で暮らしています。

    まず、本気で凄い収入ですよね。
    うらやましいです。
    それだけの才能・技術・能力・経験がおありな事に
    失礼ながら、力の限りの拍手をお送りしたい。

    昔、英語の授業で
    「才能」とは「gift」
    =神様からの贈り物だと、教えられました。

    それだけの才能・技術・能力・経験は
    お金では買えませんよね。

    使わなかったら錆びてしまいませんか?
    それでいいのかしら?
    それを身につけるための努力まで捨ててしまうことには?
    後悔しませんか?

    是非、後悔しない人生をお過ごしください。

    他人は所詮他人です。
    自分が後悔しない人生をお過ごしください。

    力の限り応援しています。

  3. eri より:

    ぴっぴさん。
    お仕事お好きなですよね。努力して、それだけの収入を得られる様になったのですよね。
    だったら、お仕事続けて、我武者羅に働いて、お金のかかる御自分の夢をかなえたらよいですよ。
    それとも、そんなに好きな仕事をセーブしてまでも、やりたい趣味がおありなのですか?だったら趣味をやったらよいですよ。
    ようは、御自分が今一番何をしたいか、何ができるのかを、パートナーの方との生活を大切にしながらはっきりさせることです。周囲に気兼ねして自分を曲げたところで、誰も幸せになんかなりませんよ。
    一つ気になったのは、お金のことを気にし過ぎです。
    収入=お金は、仕事の結果についてくるものであって、人の根本を豊かにするものではないと思っています。お金と切り離した、夢はおありですか?ある意味、高収入=成功した自分、と思われているから、お金を背景とした現在のご自身のステータスを語れない、または認めてもらえないから、悶々とするのではないですか?
    お金は大切だけれど、それが生きていくためのメインではない。
    少し、視点を変えてみるのも良いですよ。
    でないと、仕事とお金に縛られた、せま~い視野の人間になってしまいますよ。

  4. 超古妻より より:

    若くて才能もある。夫もいる。何も悩むことあらへん!趣味をやりたいならやりなさい。でもお仕事はどんな場合でも強みです!ファッジさんの意見に賛成!頑張ってください。

  5. うさぎ より:

    こんにちは。
    ぴっぴさんの夢はなんですか?
    ご主人とお二人揃わないと楽しめないことですか?
    夫婦はしょせん別の人格がありますからなかなか歩調がそろわないのが当たり前です。
    一緒に楽しむこととは別にぴっぴさんの収入を漬かってぴっぴさんの好きなこともお仕事の合間にどんどん楽しみましょう。
    結婚して35年・・・夫がその気になるのを待ってるのは時間の無駄と気づいて自分の趣味を楽しんでます。あ うちはどちらかというと仲良し夫婦ですよ。それでも別に楽しむのが良いときも多いです。

    旦那様より多い収入・・・わたしは結婚3年目に夫の精神的リスクを考えて仕事をやめました。けっこう気にしてたらしいので夫はとても落ち着きました。
    お金より穏やかな関係をとりましたが そのあと後悔することはありませんでした。
    ちょっとへたれな夫ですがすべてひっくるめて結婚相手として受け入れたんだからと夫中心に考えると退職するのがベストでした。
    それほど豊かではない暮らしになりましたが幸せです。特に数年後 私の不妊を見限って養子を迎えて親になってからはとても充実した年月を過ごしました。
    高収入でも多忙な仕事を続けていたら今でも2人だけだったと思います。

    ぴっぴさんの旦那様はそう気にされてないご様子ですから ぴっぴさんのお好きな仕事だったら是非お続けになり 周りの見方が気になるなら自慢じゃなく事実として高収入を告げてもいいと思いますよ。
    少し気になるのが その周りの見方を気にするぴっぴさんの気持ちです。
    旦那様さえわかってくれてたら 他の人なんてどーでもいいーって思いませんか?

    ぴっぴさんの収入も旦那様の収入も 同じぴっぴ家のものと考えて 使い方を仲良く話し合われるようになればいいですね。

  6. くろこ より:

    ぴっぴさんこんばんは。

    実際に事情をききつつ、お会いして話しているわけではないし
    見当違いな事を書いてしまうのでは?とおっかなびっくりですが、

    ぴっぴさんのむなしいというのが、自分のむなしさと同じようなものかもしれない
    と思いまして、少し書かせてください。

    私も在宅でフリーランスのイラストレーターをしています。

    一年前までは、普通にデザイン会社で働いていました。
    在宅で仕事を始めて2ヶ月くらいは新しい仕事や
    自分のイラストでお金をもらっている!という嬉しさで
    わくわくしていたのですが、だんだんと今まで感じた事のない
    寂しさを感じるようになりまして。

    周りからは「みんなの憧れの在宅じゃん!」とか
    「家で仕事してまあまあお金かせげるなんてスゴイ」っと言われるのですが
    まあね!と思いつつも気持ちが明るくならず…
    前の会社の子の噂話や、楽しくやってそうなブログを読んでは
    しょんぼりしていました(T T)

    カウンセリングで話してみると、
    「人間には本能で、仲間と群れたいという群居欲っていうのがあって
    同じ方向を向いて、同じような目的を持つ仲間というのが必要。
    仲の良い家族や、友人がいても、その欲は全く別物だから満たされない。」

    との事でした。

    具体的には「異業種交流会」に行って、同じような立場で話し合える
    仲間を探してみるといいよ、と言われました。

    実際自分のまわりには、仲のいい友人と彼氏と家族はいても
    フリーで働いている仲間はおらず…。
    すでに結婚して主婦の子や、逆に無職の友達には仕事の話を
    しづらいです。なんとなく…

    会社や学校でワイワイしていたころと違って
    仕事を頑張っても、「よくやったじゃん、自分もがんばるよ!」っていう
    言葉をもらえないんですよね…

    会社にいたころは皆で修羅場を乗り越えて、打ち上げしてという
    楽しみがあったよな~とか。

    自分で自分をほめるにも限界があるっていうか(TT)

    仲間がいたらお互い励みに仕事が楽しくなるかも…

    ぴっぴさんの「仕事をセーブするか、まい進するか?」という
    悩みに大して、解決するようなコメントになっていないのですが

    同じような立場の仲間を探すことで、もしかしたらむなしさが
    軽くなるかも?です。

    私はmixiなんかで地道に探しています。

    長文で失礼しました!

  7. もか より:

    何を悩むことがあるのでしょう?このご時勢に年収がそれだけある仕事なんて
    めったにみつかりませんよ?
    しかも在宅で稼げるなんてこれ以上いいことはないじゃありませんか。
    ちなみに私なら、ですが、私ならつきあっている時からでも自分の年収は
    交際相手にはいいません。それは自分だけ(あと税務署)が知っていれば
    いいことですから。
    すごいですねーがんばってますね、といわれたいのですが?その言葉の裏に
    何かが隠されているかもしれませんよ?
    誰に何を認めてもらいたいのでしょう。自分がみとめていればいいじゃありませんか。親の介護だって先々の自分自身の介護だって、先立つものはお金です。
    無いと困ることはあっても、あって困ることはありません。
    少なくともぴっぴさんに仕事があるということは、仕事相手のかたはぴっぴさんの
    仕事を認めており、それに対価を支払っているんですから、それでいいじゃありませんか。
    私なら絶対に仕事はセーブしませんね。

  8. ひぃ より:

    能ある鷹は爪をかくすと言うではありませんか

    自分の無理がかからないなら
    お仕事はそのままで

    他人に褒めてもらったり認めてもらいたいのはわかりますが
    内情を知って褒めてくれても今度は妬みなんかが生まれたりするもんです

    ダンナさんが嫌がるなら仕事を減らすんじゃなくて

    収入にかかわる話をしなければいいと思います

    かなえたい夢があるなら貯金がたまってゆとりもばっちりになったら
    「お金もあるしやりたいんだけど。どう?」ともちかけたらいいと思います

  9. かぶ桜 より:

    私もシゴトに邁進推賞派です!
    でもカラダが資本。
    フリーで在宅となるとついついムリしがちですから、
    そのあたりはバランスよく!

    ぴっぴさんの「夢」「目標」って何かしらん?
    御主人と共有できないことをお嘆きですから、
    お二人でがんばらないと叶えられそうもないことなんですね?
    それが「将来の精神的安定」につながらものなら、
    そのために貯金はいくらあってもムダにはならないですよ。
    夢・目標が叶うくらい一人で貯めておいて、
    ゆくゆく御主人を巻き込んでしまえばよろしいのでは?
    夢・目標のためなら、少々認知度が低く、地味に感じられたり、時に虚しくても、
    シゴトはシゴトと割り切れることもあるでしょうし。

    実は我が家もぴっぴさん家同様に、
    DINKSで私もかなり年収あります(主人より)。
    さして人生の夢や目標もないけれど、
    やはり物欲が満たされることで、
    精神は安定、夫婦円満、シゴトもより楽しくできています。
    (ムリしないようにはしてるけど、やはりムリしてるかな…と今ここで反省)
    でもあれこれの揉め事を回避するため主人には私の年収はナイショにしてます。
    嫉妬されるのもイヤ、口出されるのもイヤ、あてにされるのもイヤですから。
    やはり老後に叶えたいこともあるので、貯蓄には余念なし。
    でも日々の生活でも小さく散財してストレスフリー。

    ぴっぴさんは御主人にも気配りを忘れない優しい方だから、
    きっと大丈夫。御主人もわかってくれる日もきますよ。
    ぴっぴさんのクヨクヨなんて、
    御主人に褒めてもらいたいだけのただのかわいいワガママなのかも。
    さあ!今日もはりきってシゴトしましょう!女は忙しいんです!

  10. ひろりん より:

    ぴっぴさん、すごい年収ですね。うらやましいです!
    わたしもぴっぴさんにまるで年収は及びませんが、在宅ワーカーです。
    だから、まわりに自分の仕事を理解されないというお気持ちはよくわかります。

    義両親や、義理の親戚、夫の友人さんなどになんとなく自分の仕事を軽んじられて
    いる気がするということですが、これはもう仕事をセーブしようが、会社で働いて
    いようが、どうあっても変わらないんじゃないでしょうか。

    実の親や自分の友人などは違いますが、義理の関係の人々は、そんなに嫁の仕事を
    尊敬したりしてくれません。というか、基本的にはさほど関心がないのだと思います。
    わたしも結婚16年になりますが、義理の両親はいまだにわたしがどんな仕事をして
    いるか表面的なことしかわかっていないし、関心もないと感じます。
    だから、みんなそんなものだと思って気にしないことですよ。

  11. にゃんこ より:

    ぴっぴさん初めまして。
    私も邁進派です!

    私は職場勤務ですが、結婚後もフルタイムで働いています。子供は居ません。
    収入も額面は主人の1.5倍くらい。かな?正確にはお互い教え合っていないので知らないのですが(^^;)たまに、無造作に置いてある主人の給与明細をチラ見します(笑)
    私は職場まで通っているので、他人から『どの程度(の時間)働いているか』が見えやすいので、お悩みの角度は少し違うかも知れないですが、私も時々むなしさというか、認めてほしさを感じることがあります。
    実家の母とか、あからさまに『(私が主人に)働かしてもらってるんやろ(←働くことを許して貰っている。という意味です)』とか『仕事は好きやからやってんねんやろ』『まあ、趣味みたいなもんやん。』と言うので。カチンと来ますね!
    好きだからこの仕事をやっているのは確かだけど、仕事について責任とプライドを持ってやっているし、努力も我慢もし、辛いことも乗り越えているからこそ、それなりの稼ぎもあって、家計にも貢献しているのに!!
    主人は仕事については認めてくれているし、気持ちは応援してくれていますが、仕事が忙しくてちょっと家事が滞ると、そちらの方を厳しく指摘されます(><)(でも仕事を優先しますが 笑)
    主人にとっては(同居している義両親にとっても)、私が仕事に邁進しているより、仕事は今の生活レベルを維持出来る程度のソコソコにして家事をきちんとこなすことが嬉しいんだろうな。と思うとちょっとむなしいです(T_T)
    在宅となると、もっと理解されにくくて、おつらいでしょうね。お察し申し上げます。
    私の友達にお店をやっている人がいて、やはり義両親から、趣味でやっている。みたいに言われて憤っておりました。
    こういう怒りや、むなしさは、いくら言ったところで理解のない周囲の方に無理矢理理解して頂くのは難しいと思うので、同じような立場の人同士女子会などして発散して、リフレッシュしたなら、やっぱり仕事に邁進しましょう♪
    仕事や経済力があることは、本当に大きなパワーだと思います。
    もし具体的に、お金を貯める目的がないのなら、なくても構わないと思いますよ。
    お金はあって困るものではないし、今の貯蓄がきっと将来の余裕に繋がると思います。
    じゃんじゃん稼げば、貯蓄もしつつ、好きなことにもそこそこお金を使えるし、楽しく生活できますよ♪

    お仕事、頑張ってくださいねー!

  12. でん より:

    私も在宅ワーカー、夫婦のみの生活、自宅購入済み、夫も大きな野望は持たないタイプと環境が近いかもしれません。

    このご時世、どれだけお金をためておいても安心とは思えないし、仕事があって、仕事が好きなら、辞める理由なんてないと思いますが… 仕事が好きじゃなくてお金に困ってないなら無理に続けることはないけど、好きなのに外野の問題でやめるなんてもったいない!

    少し周りに仕事の話をしてみては? 年収は言わなくても、こんな仕事をしたんだ、と成果を伝えていくと、それなりに手ごたえがあるかも。

  13. じゅん より:

    今の私には自慢話にしか聞こえません。
    あなたより満たせれていない人がどんだけいると思ってるの?

  14. じゅん より:

    仕事は対価を得ることをいうのです。
    他に何を求めてるの?
    甘えないで。

  15. まめこっち より:

    ぴっぴさん、お疲れ様です。
    私は場合によっては在宅で徹夜、ということもあり、時には出張して営業することもあり、また、単なる役所めぐりの雑用もあり、はたまたひたすら地味地味に帳簿つけをすることもあり、またまた技術研鑽のために修行もあり・・・
    でもぴっぴさんほど稼ぎはない、そんな自営の長男ヨメです。
    でも今の自分に満足。
    一年半、体を壊して専業主婦にもなりましたが、正直仕事をしている方が精神衛生上良かったです。仕事をしている時は休みたい~と思っていましたが。
    人間、ないものねだりなんですね。

    自分の手でお金が稼げることにまず感謝。
    それを支えてくれる人にも感謝。
    と、思っていれば、理解のない外野さんたちはくすんで来ませんでしょうか・・・?

    私の娘にも言うことですが、人類皆兄弟のなかよしこよしは有り得ない。
    自分の事をみんなが理解してくれるわけはない。
    一人でも理解者がいればそれでいい。

    そう思って、お仕事邁進!
    仕事は本当に大事です。
    誰がどう言おうと、ぴっぴさんはぴっぴさんのままで素敵です。
    応援していますよ♪

  16. masa より:

    私も仕事邁進派です
    「むなしさ」の根底に、きっと何かがあると感じました
    ぴっぴさんも気づいてない何かが・・・
    それは、ぴっぴさん本人でないと結局わからないことですが、
    想像してみると
    頑張りをだんなさん(一番の理解者)に認めてもらっていない
    仕事がうまくいっていると話すことは下品 とありましたが、
    それはあなたが自慢になると思っているからでしょう
    自慢にならないためには、他の方も書いてましたが、同じ土俵、同じ環境で働いている方(男女問わず)とのつきあいでの話しならお互い認め合えるのではないでしょうか?
    今の自分を認めてくれる人が周りにいないのならば、
    自分が認める人たちとのつきあいを外に作ったらいいのではないでしょうか?

    今の悩みをもんもんと抱き続けるより、新しい人間関係つくりを目指したほうが
    より前向きだと思います

    大好きな仕事をセーブしても、余計ストレスになるのでは?と感じました

    40代、3人の子持ち&働く母でした

  17. かしわこ より:

    私も夫と在宅で編集関係の仕事しています。(子供は中学生が2人)
    在宅で仕事、というのは、お勤めや同じ在宅でもお店をされている方などにはわかりにくい仕事状況だと思います。とくに当方かなりの田舎住まいなので、引っ越して10年以上たちますが、いまだに「あの家はいつも夫婦で家にいるようだけど、何やってるんだろう?」的な目で見られているようです。
    周囲に認められたい、というのは人間の当然の欲望ではありますが、それにこだわって悶々とするのは時間がもったいない気がします。義両親には仕事でできたもの(私の場合は本とかになりますね)を見せて説明してあげれば、少しは理解いただけるのでは?
    人の仕事って、結局よくわかりません。例えば看護婦している友人が、どの程度激務なのかとか、どんな作業をするのか、なんてやっぱりイメージ程度しかわかりませんもの。自分の仕事についてはけ口……というか語りたい気持ちがあるのであれば、やはり同業者の方と交流をもったほうがいいと思います。
    お金に関しても、人それぞれの価値観があります。ぴっぴさんがこれ以上いらない、というのであれば仕事をセーブすればいいし、仕事をしたい、と思うのであればして、遺産は寄付するとかいくらでもやりようがあると思います。ぴっぴさんのお気持ち次第かと。 😉

  18. はち より:

    いろいろ・・・
    羨ましい!!!
    ほんと羨ましい!!

    お金が得られるってことは仕事で評価されてるってことだと思いますし、
    ご主人との関係も良好なのでしょう?

    羨ましいですよー。
    いいないいな。

    でも、お仕事の話、周りの人にもっとしてもいいと思いますよ。

    わたしは無職で家事ばっかりの毎日ですが、
    手に職を持って頑張ってる友人の話聞くと、素直に尊敬しますし、そう伝えてます。
    まぁ、友人からの賞賛ってあんまり「評価」にはならないかもしれませんが。

  19. もう より:

    すごい年収ですね、ウラヤマシイ。貯蓄の使い道もなく、だなんて、団塊世代の話みたいで寂しいですね・・・
    収入を得るための仕事、ではなく、好きな仕事を頑張る自分に満足するための収入、という気がします。仕事が好きなら好きなだけやればいいでしょう。

    うちは2人とも薄給です(笑)ので、結婚したときに義父母から「仕事は続けるの?」と聞かれ旦那が「俺の給料だけじゃ家が建たないからやめられたら困るんだ(笑)」と応えてくれました。3年後に家をローンで買い、2人分の産休休暇をとりつつ仕事を続けています。
    ぴっぴさんの旦那さんは、父母の前でフォローしてくれないのでしょうか。

    収入は私の方が多い年もあります。でも、家計は一括管理しています。
    2人のお金だと思えばジュース1本買うのだって躊躇します。自分だけのお金ならどんどん使えますが。不思議なものです。
    ぴっぴさんは旦那さんが働いて得る収入に、「ありがたい」と感じたことはありますか?文面では、旦那さんを下に見ている印象を受けました。
    いくらであろうと、何時間であろうと、責任とプライドをもって仕事した対価はお互いに家族としてありがとう、ではないでしょうか。

    ぴっぴさんが自分の年収と頑張りを認めてほめてほしいなら、まず一番身近な旦那さんを認めてあげたらいかがでしょうか。
    誰も軽視はしていない。あなたが周りを軽視しているのかもしれません。

  20. kanon より:

    キツイ言い方かもしれませんけれど、ここで、皆さんにすごい年収ですね、って言ってもらえて満足されましたか?
    褒めてもらいたいっていうき持ちは誰にでもあると思うのです。
    確かに有名企業に勤めている人のキャリアは見えやすくて、在宅の方のキャリアは見えにくいと思います。

    ここからはちょっと私の愚痴になってしまうかもしれませんけれど。
    私はもともと専業主婦願望が強いです。
    ありがたいことに夫に養ってもらえています。
    夫も「働きたければ働けばいいし、俺の収入でやっていかれるのなら家にいてもかまわない」と言っています。
    もうひとつありがたいことに職場に「来てくれないか」と望まれて、仕事もしています。
    もちろん扶養範囲内で、時給も時間もかなり融通を利かせてもらっています。
    でも、この前夫とケンカした時に「誰のおかげでこの生活ができると思っているんだ」と言われました。
    夫自身もこんなこと言うのは最低かもしれないけどな、と前置いていましたけど、そう思っていたんだって思ったらすごく悲しくなりましたね。
    子どもを理由にはしませんが、障害のある子がふたりいます。
    今は普通の学校で普通の子達と一緒に生活できていますけれど、私に言わせれば、誰がこの子たちをここまで育てたんだ、って言いたくなりました。
    もちろん子どもたちの前だったこともありますし、そんなこと口には絶対にしません。
    確かに今は時間的にも余裕があるので、働こうと思えば働けます。
    資格もありますので、フルタイムの仕事はあると思います。
    私はもともと家を整えたり、ご飯やおやつをきちんと手作りするのが好きなので、我が家は快適に保たれていると思います。
    そして結婚前の私の貯金を頭金にして中古住宅を購入することからはじめ、少しずつランクアップさせ現在は建築家に頼んで建てた3軒目の家に住んでいます。
    都下とは言え都内に親の援助なく家を建てている夫の同僚などいません。
    もちろん夫のおかげでこのような生活ができていることに感謝はしています。
    夫に対する感謝が足りないと思われているのかもしれません。

    私のことを一番理解してほしかった夫に、心底ではそんな風に思われていたのかと思うと、悔しいやら情けないやら。
    周囲の人に私のキャリアやポリシーを理解してもらおうとは思いません。
    ただ、夫にだけは理解していてもらいたかったと思っています。
    ぴっぴさんはいかがでしょうか。
    ご主人様以外の方にもご自分のその状況を理解して褒めてもらいたいのですか?
    私はもう少し冷静になってから夫ときちんと話し合って、理解してもらえるよう努力しようと思います。
    その上で、私のWLBを考え直そうと思います。

  21. uko より:

    私も在宅フリーランス10年目、そこそこ順調です。

    ご相談内容、わかります(笑)
    でも、あまり気になりません。

    多分ですが、義父母は「仕事のできる嫁」ではなく、嫁としてどれくらい自分たちによくしてくれるかとか、どれくらい息子に尽くしてくれるかとか、どれくらい孫を触らせてくれるかに興味を持つのだと思います。私の場合(義家族とはうまくやっています)、仕事の話は一切出しません。主婦業の世間話中心です。
    もちろん私が仕事をしていることは知っています。ただ、それだけ。

    ご主人の友人の反応も、私の極個人的偏見ですが、男性は自分の成功話(武勇伝含め)はしたがるけど、他人(特に女性)の成功話は聞きたくない、鼻で笑うとかになる傾向があるのではないかと…頑張って結果を残している男性なら、「俺の方が」みたいな気持ちが見え隠れします。ここでも、私は自ら進んで仕事の話はしません。聞かれたら答える程度です。

    男性は、意外と(?)プライドが高いので、自分より年収の高い妻に引け目を感じるというか、プライドが傷つけられることもあるかと思います。我が家の場合、生活は夫のお給料で生活。私の年収はあえて言いません。税金を払っていることは知ってます。家を買うにも車を買うにも、折半もしくは私が多く出すではなく、主人6:私4くらいに留めます。

    私もご近所からは専業主婦だと思われているかもしれません。日中に洗濯物も干してるし、布団も干してるし、休憩時間に犬の散歩もしてるし。

    それでも別にかまいません。だって実際には違うし、私すっごい頑張ってるし、仕事の相手からは信用されて、それなりの対価も得ているんだし。

    みんなに認めてもらえないから、仕事をセーブ、は、ちょっと??です。
    ご主人の人間関係と自分の仕事をきっちり分けられたらいいのだと思います。

    お金に余裕があるのなら、社会に還元すればいいんですよ。今、お金と人手を必要としているところがあるでしょう? ご両親が亡くなって学校に行けない子たちがいるでしょう? 自分勝手な理由ですてられちゃってるペットたちがいるでしょう?

    ぴっぴさんは、どんな動機でそのお仕事を始められたのでしょうか?
    私の場合は、「仕事はしたい、でも子供をかぎっ子にしたくない」からです。
    おかげさまでその目標は達成されています。だから、その他のことはそれほど重要じゃないと思うようにしました。

    もし、周りからの認知・賞賛を原動力としているのなら、
    義家族、夫、夫の友人に認めてもらうには、ダイレクトなアプローチではなく、他人の耳から入るようなアプローチだと効果的なのではと思います。
    「○○さんのお嫁さん、××なんだってね」とか、「XXに取り上げられてたわね」とか耳に入るようになると、やっと認知されるんじゃないかな~と思います。

    もちろん、それには今以上の労力が必要なことはお分かりだと思いますが。

    フリーランスも大変ですよね。お互い頑張りましょうね。

  22. こっこ より:

    気持ちとてもわかります。夫婦の収入逆転状態はそういった気持ちになることありますよ。
    まだまだ世の中は、ご主人が稼ぎ奥さんが家庭を守る、ということが当たり前なんです。仕事を頑張っていれば、おのずと状況を理解して、周りが気遣ってくれるなんてことはないですよ。
    アピールすることが下品だと本当に思うなら、しないほうが良いと思います。
    特に義理のご両親は、自分の息子が大黒柱だと思っているわけですから、プライド傷つけることになるような気がします。

    ただ、ご主人にだけはもう少し理解して褒めてほしいと言っても良いと思います。唯一腹をわって話せる相手ですから、家事だって仕事だって頑張ったらたまには褒められたいと思うのは当たり前ですよ。もちろん逆もしかりですよ、ご主人のことも感謝して褒めてあげましょうよ。社会からの評価というのは、収入が一番わかりやすいと思います。でも、周りの人がいくらもらっているからすごいねって価値観だけで人を見るわけではありませんし、ご主人との生活、また自分の時間を楽しんでいれば気にならないと思います。

  23. momo より:

    甘えてますね。
    とてもうらやましい環境だと思いますが、すごく甘えてる。
    下品だと思うから仕事の話はしたくない。でも理解して認知してもらいたい。
    それは無理な話ですよ。
    他人はあなたに注目して生活してませんから、話さないことは認知できません。
    自慢はしたくないけど、すごいんだって思ってもらいたい。
    わがままだと思いませんか?
    他人にはどう見えてもいいんだ。くらいの気持ちでいた方がいいと思います。
    ご主人に対しても「これだけ稼げてるんだから夢を」って押し付けてませんか?

    前のコメにもあったように、群れるという心理は誰にでもあるものだと思います。
    そういう「仲間」を作る努力をされてみてはいかが?

  24. なにゃ より:

    仕事を辞める辞めないの内容ではないですよね。
    原因はぴっぴさんの心ですもの。
    他人にどう思われるかを気にしてたら、結局何を選択したところで悩むことになりますよ。そんなのバカバカしいことです。
    普通の会社勤めでもよく聞きますよ「こんなに頑張ってるのに私は認められてない。評価されてない。」って。聞くたびに、ヤレヤレ、って思います。
    仕事の対価ってお給料じゃないのかなぁ。誰かに評価されたり感謝されたり認められたりしたかったら、ボランティアすればきっと、とても感謝されて喜ばれますよ。

    稼ぎがあるのにないと思われてバカにされてるようだ、とか、「仕事ができて稼ぎのいい嫁」だからとすごいと思われたいと考えるなら、それは、そもそもぴっぴさんが扶養される専業主婦を見下していることが原因だと思われます。

    それに、人生何が起こるか分かりません。日本の経済がこれからどうなるかも分かりません。
    旦那様の会社が傾いてしまったり、ご夫婦のどちらかが病気になることだって全くないことじゃあありません。
    その時、共働きであることがどれだけ救いになることか。
    ご相談内容は「今」の環境が続くという前提ですよね。そんな保障は何もないです。
    大震災で両親をなくした少女が言ってました。「普通の生活がどれだけ幸せだったかよく分かった」って。

    せっかく好きな仕事ができる環境にいるのです。大切にしてください。

  25. MIIY より:

    私も仕事邁進派です!
    1000万なんてすごいですよ!セーブして800万なんて~!!
    (なんとなくですけど旦那さんもそこそこお給料もらっているのではないのかな、とも感じましたけど…。余談ですが)

    お給料に関しては友達にも家族にも一切口にしませんよ。逆に相手から聞くこともありません。暗黙のルールといった感じでしょうか。お互いがぎすぎすせずにすごすにはそれが一番だと思っています。
    ぴっぴさんがかわいそうだな、とおもうのは学歴や有名企業に勤めている人はすごい収入が多い、とかそうでない人は価値が薄いとか収入が少ない、といった考えを持つ人が身の回りにいる、ということです。おそらく結婚するまではそんなことをいったり周りの人と比べてどうこうという人がいなかったのだろうな、と推測しています。

    大卒は賢いえらい、高卒は馬鹿で仕事ができない、有名企業に入ってるからえらい成功している、そうでないから収入は少ないはずだし成功していてもたかがしれてる、といった馬鹿げた偏見を持つ人こそおろかだと思うのです。

    周りに声高らかに成功をアピールする必要も理解してもらおうと根回しする必要もないと思いますよ。

    旦那さんがご自身のお給料に引け目を感じているのであれば、ぴっぴさん一人の収入ではできなかったけれども二人だから可能だという風に伝えてみてもいいのではないかと。

    フルタイム社員でも私の収入は微々たるものですが、でも旦那の収入だけではできないようなことが可能になったり節約せつやくで神経をすり減らすこともないので自分自身満足しています。また他人の(旦那さんの)お金で生活する、というのは肩身の狭い思いをすると思うので(個人的な意見ですが)、今までどおりがっつりと働いていきたいと思っています。

    ぴっぴさんも周りに翻弄されずに自分のしていることにもっともっと自信をもってください!そうすれば周りの意見なんて気にならなくなりますよ! 😉

  26. ぶうたん2 より:

     初めまして。最近ファッジさんのBLOGに お邪魔させて頂いてます。
     絵が 好きです。
     いつも 癒されてます。

     えっと うらやましいって 感じますが。
     きっと すごーくがんばってみえるから 誰かにほめてもらいたいのでは?
     えらそうに すみません。
     一生けん命やってるのに 認められないのは お仕事も子育ても 家事も
     介護も 同じ と 私は 思います。
     私は 今は 専業主婦です。
     介護や看護も 少しですが しています。

     理解してもらおうと 期待したら 疲れると思います。
     家事に育児に介護に がんばる方も 同じと思います。
     ご自分で ご自身を ほめてあげられたら?と 思います。
     あなた様が 好きでお仕事されてるなら 後悔ないように 今のお仕事を
     やられたら?と 思います。
     誰のためでなく ご自身のため お仕事なさったら?
     えらそうに すみません。

  27. nico より:

    ぴっぴさんはじめまして!

    そして、こちらに書き込むのも初めてです。
    ファッジさん、みなさん、よろしくお願いします。

    わたしもフリーランスでWEBデザインの仕事をしています。
    定期的に仕事を頂くのが…取引先の方との信頼関係を築き上げるのがどれ程大変だったか。。
    10年も変わらずにやっていらしたのは、本当にすごい事だと思います!
    きっと本当に本当に好きでされている仕事なんだと思います。
    だから、今は色んな悩みや考えることもあるかもしれませんが、仕事が辛いと感じるまでは今まで通り仕事にまい進した方が良いのでは?と思います。。(私ならそうするかと思います)

    ぴっぴさんはご結婚以前、近くにいるお友達やご家族の方々に知らず知らず愚痴やちょっとした自慢(嫌な感じではなくてね)を言えていたのかもしれません。
    やはり言葉にしなくては、どんな事をしているのか伝わりませんもんね。
    でも、ご結婚されて本当の気持ちを出す場所が無く、それがストレスになっているんではないでしょうか。
    お金のお話を中心にされていますが、たぶんそちら(本当の気持ちを出せない)の方が大きくなっているような気がします。

    きっと、ぴっぴさんは、ご結婚される前は、旅行に行ったり、おいしいものを食べたり、おしゃれをしたり。。。
    がんばって働いた分、ご自分にご褒美として色々なことをされていたんでしょうね。
    それをご主人が一緒に楽しんでくれないことは、寂しいことですよね。。
    普通なら、ご主人を置いてお友達と遊びに行ってしまうところですが、ご主人と一緒に…と考えていらっしゃるところは、とても優しい方なんだなと思います。
    でも、他の方々もおっしゃっていますが、それぞれ楽しい嬉しいと思うことは違うような気がします。
    ご主人には、少しずつお付き合いいただいて、それ以外はご主人が許せる範囲でご自分だけで又はお友達などとご一緒に趣味やストレス発散をしていってはいかがでしょう??

    また、ご主人が、ぴっぴさんの年収がもっと少なくてもいい…と思われている点ですが「徹夜してやり過ぎることも…」と書いていらっしゃるように、きっとお金の問題ではなく働く時間の問題かもしれませんね。。
    ご主人は、家でゆっくりと会話したりすることを望んでいるのかも。。。
    その点も、もう少し時間を作ってお互いのことを話してみるのもいいかもしれませんね。(もうお話されていたらごめんなさい!)

    それから最後に、ご自分の仕事の話ですが、お金など自慢になることを話さなければ、少しずつ話しても良いのではないかと思います。
    かしわこさんが書かれていましたが、作品になるようなものがあれば、それをさりげなく見せて
    「今回はこれを作ったんですよ!」
    などと話すのも良い手ですよね。
    私も、そうやってアピール(笑)したりしています。

    長々と、しかも在り来たりな事しか書けませんでしたが、良い方向に向かうことを願っています。
    がんばってくださいね!

  28. クラークEX より:

    投稿を一読しまして、ぴっぴさまのお気持ちもっともだなぁ、と
    思いました。しかし、私が最近思うことは、歳をとればとるほど、
    人というものは自分の生活に一生懸命で(ある意味当然)、
    他人の生活や、ましてや隠れた努力をよみとろうなとは
    しなくなるのではないか、ということです。
    また、自分の仕事をアピールするのは下品だからしたくない、ということと
    私の仕事を認めて欲しい、それを前提に夫婦で目標を
    もちたい、というのは、どれも素敵な考えですが、
    両立しない事柄だと思います。厳しい言葉で言えば、虫がいいです。

    お金は長い人生何が起きるか分かりませんし、極端な話、あまれば寄付してもいいですし。
    私だったら年に1回でもファーストクラスで旅に出ますね。ひとりで(笑)
    夫やまわりを気遣って仕事を減らしても、その気遣いを評価されるとは限りません。
    いや、むしろ絶対評価されないです。それでも仕事を減らしたいかどうか。
    確か過去にフリーで仕事を減らした方の相談があったような・・・。
    まとまりなくてすみません。

  29. manamin より:

    好きな仕事を頑張る◎
    それに見合う収入を得る◎
    周囲から評価されたい×

    バランスが悪いんですね~ 🙁

    でも最後の評価覧を◎にするには
    相談者様の「収入のことを話すのは下品」というポリシーに反しますよね
    悩ましいところです

    それにきっと収入のことが周囲にわかれば
    たいていの人はそれをあなたの仕事に対する評価とは考えてくれず
    「自慢」と思ってしまうことでしょう、残念ながら

    お金の使い方がご夫婦で食い違っていることは
    ご夫婦でこれから話会って行けばよいことだと思いますよ

    それとお金を稼ぐことが虚しいのは
    具体的な使い道が見えないからですよね

    まだお若いからピンとこないかもしれませんが
    老後、(定年後、または夫婦共に仕事をリタイヤした後)お金は思っている以上に必要です
    平均寿命が80歳代って時代
    お金が潤沢にあれば、リタイヤ後に夫婦で海外旅行を楽しんだり
    国内外にセカンドハウスをもったり、趣味や習い事を楽しんだり
    万が一健康を害した時も、高額な最新の高額医療を受けることだってできるし
    設備やサービスがとても充実した高額介護付き老人ホームなどにも入居できます

    またお子さんがいらっしゃらないわけですから
    老後の収入源として不動産(ビルやマンション)を購入したりするのもいいと思います

    今は見えないかもしれません
    評価も欲しいかもしれません
    でもね
    人生、思った以上に長いんですよ~
    今、周囲が評価してくれないことを思い悩むよりも
    将来、誰に気兼ねすることもなく思いっきり人生の後半戦を楽しむために貯蓄をするという目標ではだめですか?
    私たち夫婦は既に老後一歩手前なので
    リタイヤした後のことを考えるのが楽しくてなりません
    旅行して、あちこちにセカンドハウスもって、あ、老後はホテル住まいってのももいいな、海外に住む友達のところに数ヶ月滞在するってのもいいね、船旅も素敵、アンチエイジングのためにエステにもしょっちゅう通いたいな、車の運転は大変だから移動は毎回タクシー使いたいし

    うわー、お金なんていくらあっても足りないっ

    なのでいま稼げるだけ稼いで溜めこむゾ!!!

    それではダメですか?

    自分の評価は自分がしてあげればいいですよ
    あなたが頑張ってきたことはあなたがいちばんよく知っているのだから
    あなたがいつも褒めてあげてください
    あなたがご褒美あげてください

    人の評価には人の感情がついてくるので私は必要としないことにしています。

  30. rara より:

    はじめまして。
    ご相談読ませていただきました。
    まずはじめにお金に関しての執着が大きいような感じがしました。
    自分の頑張っている姿を旦那様がわかってくれればいいのではないでしょうか?
    それとも、旦那様は理解してくださっていないのでしょうか?

    >夫は私の収入に文句を言いませんが、もっと少なくてもよいと思っているようです。

    >夢を語ろうとすると、夫のお給料だけでは(普通のことですが)かなわない夢ばかりなので、なんだか夫のお給料が安いと言っているように聞こえるようで、困っています。

    ぴっぴさんは旦那様の仕事をほめたことがありますか?
    頑張っているね。ありがとうと言ったことがありますか?
    相談文からでしかわかりませんが、旦那様と夫婦でいる意味はなんですか?
    それほどの年収があるのなら、一人でも生きていけますよね?

    >認知欲が満たされず、お金を稼ぐことの楽しみも見つからない

    認知されるには行動しなければいけないと思います。
    商品を認知してもらうためにもCMなどの広告宣伝を行うわけですから、周りに話さなければ認知はしてもらえません。

    他人は他人。
    自分は自分だと思うのです。
    むなしいと思うのは自分自身ですから、むなしいと思わなくなるにはどうしたらよいのか。
    生きがいは自分で見つけるものです。

    在宅経験はないのですが、「在宅=一人での作業」が多いイメージを持っています。会社での勤務とは違い、他の仲間とのコミュニケーションが無いので、頑張っている姿を「頑張っているね」と言ってくれる方がいらっしゃらないのだと感じます。

    分かってもらおうと思うから悶々とするんだと思うんです。
    他人にはあなたの事はわかりません。
    わかってほしいならコミュニケーションをとるべきです。

    私なら仕事をセーブせず、好きなようにしますし、旅行やしたいことも一人で行うか、他人を巻き込みます。

    今の私はぴっぴさんの年収から考えると雀の涙ですが、とても幸せですし、充実しています。

    まずはご自身のキャリアデザインを考えてはいかがでしょうか?
    悶々としていることも、むなしさも、ぴっぴさんの考え方次第だと思います。

  31. めら より:

    ご相談者様の才能が羨ましい限りです

    ”会社勤めをしなくても在宅で800万稼いでるの!私”
    ”え~スゴ~い!”って誰かに言ってもらえれば一応の気は済むでは?
    ご主人との夢云々・・は後付けなのかなと感じました。
    でもそれ(収入額)を言うのは例えご主人にでも下品だと。

    ご相談者様は
    ”在宅で3000万稼いでるの”と人に聞かされたら
    その人を下品だと思うんですよね?

    下品と思われたくなかったら我慢する。
    言いたくて我慢できないなら非難を覚悟で言いふらす。
    二者択一ですね。
    どちらにしても羨ましい悩みです・・

  32. れもん より:

    同じくフリーランスで働いている者です。子供もいます。

    ぴっぴさんのお気持ちとてもよくわかります。
    なので思わずコメントいれさせていただきました。

    ぴっぴさんもご存知だと思いますが、フリーランスというのは人から理解されない職業です。
    なので私も最近は、人から理解されるのをやめました。むしろ誤解されたままでいいと。
    同じように周りには旦那の扶養の範囲内で稼いでいると思われていますが、それでかまわないと思っています。
    年収を言うほうがよくないし(普通に勤務していても言いませんよね?)、聞かれても「扶養の範囲内だよ~」と言ってしまいます。

    ぴっぴさんはまだお子さんがいらっしゃらないそうですが、子供を持つと顕著になりますよ。
    子供を保育園に入れても、学校に通わせるようになっても、「お母さんはどちらにお勤め?在宅?・・・楽でいいわね~」なんて当たり前です。
    ひどいときには「在宅で働いてる・・・ってことにして保育園に入れてるんでしょう?(ホントは働いてないくせに)やるわね~」とか言われますよ(笑)

    それくらい、「在宅」っていうのは評価が低く、信用がないものなんです。
    (一般論ですよ?)

    ぴっぴさんはそんな中でもかなりの収入を稼いでいますが、現実の評価なんてこんなもんです。
    とくに保育園なんて、入園に収入額は関係ないです。私は「在宅」のせいで何度も落ちました。

    ちゃんとした評価をもらうのは、クライアントと旦那さんだけでよくないですか?

    わからない人は一生わからないままです。
    たとえ仕事をセーブしても、「ヒマな時間が増えてよかったじゃん」くらいにしか思いませんよ。
    それだったら、ガツガツ仕事して、お金ためて、自分が楽しめばいいんじゃないですか?

    それでもどうしても誉めてもらいたいと言うならば、わかりやすいお金の使い方をすればいいと思いますよ。

  33. aya より:

     ぴっぴさん、仕事をして、収入を得るばかりだから、まわりから認められないと考えたことはありませんか。仕事をして、収入を得られれば良いというところにとどまっていたいのか、ちゃんと世間から認められたいというのか、もし後者であれば、それなりの支出をされたらいいと思います。たとえば、事務所をかまえ、広告を出し、人を雇い、社会に貢献する活動もする。
     たしかにわずらわしいです。でも、周囲の人から認められることは間違いありません。もし、そこまでしなくても、何人かの人からほめてもらえたらいいのよというのなら、在宅のお仕事とは別に、社会に貢献するお仕事をされたらいいと思います。ご自分でも下品だと感じておられるように、他人は収入が多いからといって、賞賛してくれるものでもないです。たとえ、ボランティアでも人に役に立ちたいとか、みんなのためにと思ってする仕事にはほめてくれる人が必ずいます。自分がなにを求めているのか、もう一度かんがえなおしてみられてはいかがでしょう。

  34. にしとも より:

    結局、さみしいだけなんでは?

    ご主人の友達はあなたが働いていることを知っているが、あなたを評価しない。
    ご主人の家族や近所の人はあなたが働いていることを知らず、あなたを評価しない。
    ご主人は、あなたが働いていることを知っているが、それほどあなたを評価しない。一緒の目標はなく、夢もない。ただ一緒に暮らしているだけ。子供もいない。

    どうせみんな評価してくれないんだから、もう頑張るのやめちゃおうかな、っていうことなのかしらね。やめたら、みんなの評価と自分の評価が一致して楽になると思ってるのかな?評価されないことには変わりないし、ご主人と一緒の目標も夢も無いことにも変わりないのに。

    収入以外で人間が評価される場所に行ったほうがいいと思うから、趣味をはじめて友達を増やすことには賛成します。仕事を辞める(減らす)ことには賛成しない。頑張って仕事しな!

  35. nijiko より:

    ぴっぴさんはじめまして。
    特に共感できるわけではないので完全なる第三者の意見で言わせて頂きます。
    私でしたら、「在宅でフリーで仕事しているの」と言われましても、ふーん、と思うだけです。
    ですので義両親様やご親戚、ご友人のお気持ちがわかります。
    「800万の年収がある」と言われればすごい!と、印象は全く変わります。
    しかし年収は言いたくない、でも認められたいというのは実際ぴっぴさんのお仕事を
    見ている訳ではない人間からすれば難しい話かな、と思ってしまいます。
    例え年収を言ってすごい!と言われたとしても、
    「それだけがんばっているのね!」と認めてくれる人も居れば
    「在宅って楽して沢山稼げるのね~」と思う人も出てくると思います。
    そうしたら今度は、「在宅でこんなに稼ぐ苦労をわかってもらえない」という不満が出るのではないでしょうか。
    結局、他人の苦労なんてそんなに理解できるものでもありません。
    何のお仕事にしても、実際その場に居ない人に苦労をわかってもらうというのは容易ではない気がします。
    本来同じ職場の方達が認め合い、自尊心や認知欲を満たしたりするのでしょうが、
    ぴっぴさんはじめ在宅の方はお一人でなさっているのですものね。
    難しいですね。
    お仕事を辞めることは無いと思いますが趣味と仕事、両立なさることは良いことだと思います。
    息抜きもできるし、本当に苦労を理解してくれるお友達もできるかもしれません。
    お一人で家でずーっとお仕事なさっているので、少し息が詰まっているのかもしれませんよね。
    ぴっぴ様の生活空間には、ほとんど旦那様しか居ない。そんな状態で旦那様への不満も溜まってしまうのかも?
    一緒に旅行へ行ったり趣味を共有するのは、必ずしも旦那様でなくてもいいのではないでしょうか。
    少し、肩の力を抜いて息抜きの時間も増やしてもいいかもしれません。

  36. テントウムシ より:

    夫とふたり暮らし、家あり、フルタイムの正社員です。

    フリーランスでなくても、
    「嫁」が仕事をすることには
    理解をしてもらえないものなんだ…と諦めています。

    結婚してすぐ、働いていることを義母や夫の親戚に咎められました。
    義母からしてみたら、仕事にかまける=夫の世話をないがしろにする=鬼嫁なんだそう。
    結婚した意味がない、息子がかわいそうだ…なんて、何度も言われましたよ。

    私も少し譲歩をして…と思い、
    会社に相談して21~23時まで残業が当たり前だった業務から
    ほぼ定時(18時)で帰れる業務に部署異動しました。

    でも、ダメなんです。
    仕事を続けている…というだけで、夫の家族からしてみたら不満なんです。
    「洗濯物は15時には取り込みたいって思わないの?!」
    なんて、18時まで仕事をしていたら物理的に不可能なことを言ってくるのです。

    その後、夫が自分の夢を実現するため会社を辞めて学生になりました。
    全日制の学校とはいえ、夫は16時くらいには家に帰ってくる状態。
    そうなると、外で仕事をして夫に帰りを待たせている=鬼嫁なんです、これがまた(笑)

    「どうして頑なに仕事を辞めないんだ」
    「いつか離婚でもするつもりなのか」
    「夫を置いて外にいるなんて、それで妻といえるのか」
    などなど、理不尽なことを散々言われています。

    「私が仕事を辞めたら、どうやって食べて行けばいいのでしょう?」
    と一度冷静に返したところ
    初めて「自分の息子に収入がない」という事実に気がついた…というくらい、
    お姑さんという生き物は息子かわいいで視野が狭いのですね。

    つまり夫の家族・親戚に自分の仕事を理解してもらうなんて、
    もう最初から無理な話なのです!

    見ているものが違う。
    考えることの軸が違う。

    仕事でどんな成果を出していくら稼ぎだそうとも、
    夫の家族からしてみたら「嫁」は夫の世話においてでしか評価をされません。
    仕事の評価は、取引先の人の声や仕事の量で、自分で判断しましょう。
    そして自分の夢に周囲(夫)をうまく巻き込むのも、有能な人材にならできる方法です。

    ここはひとつ、戦略的に夢を叶える具体的な策を練りましょう!

  37. ひよこ より:

    自分ではどんなに頑張って稼いでいるか言いたくないけど
    「すごいわね! 稼いでるのね? 頑張ってて偉いワー」と言われたいんですね?
    とっても簡単な方法があります。
    会社を立ち上げることです。社員は要りません。1人社長でOK。
    名刺を渡せば「代表取締役」と書いてありますから分かります。
    家の表札にも「株式会社○○」と出せは近所の人にもわかりますよね。
    それだけお金があって人脈も仕事もあるならできるはずです。

    私と夫も経営者ですが、お金はあっても趣味が違うのでそれぞれで動きます。
    夫は趣味が特にありませんが、家事をきちんとすれば私が飲みに行こうが
    高額なものを買おうが何も言われません。
    逆に私の仕事が忙しくカメラや絵画を辞めてしまったら面白くなさそうだったので
    最近またお稽古ごとを再開しました。嫌みも言わず見守ってくれてますよ。

    ですから別に一緒じゃなくてもいいと思います。好きなことを自分だけすれば。
    元々旦那さんは文句言ってないみたいでのこれ幸いですよ。
    楽しそうにしていれば旦那さんもうれしいかも。

    ちなみにうちも子供が居ませんが、設立13年、社員もいて皆子供だと思って
    育てていますよ。

  38. ほし より:

    周囲に対して仕事がうまくいっていると話すこと自体は、少しも下品ではないと思います。それはただ「あなたの現状をそのまま言う」だけのことではないでしょうか。もちろんそこで自分の自慢話ばかりを展開してしまうと下品にもなることでしょう。「認知欲が満たされず」とお書きですが、心の中では周囲に知ってわかって欲しいと思うのに知らせることを下品と感じて知らせていないのだから、結局周囲は何も知らされずに、あなたの「認知欲」は当然の結果として満たされない。そこのところの「矛盾」にまず気づく事が先決ではないでしょうか。あとは心に問いかけて、自分らしいやり方で行くとはどういう事なのかを見つめればよいと思います。

  39. えあり より:

    私なら仕事にまい進します!!

    ぴっぴさんもわかっているはずです。

  40. だいまま より:

    専業主婦になって思うことがあります。

    給料をいただけるって、それだけ評価されているってことなんですよ。
    ぴっぴさんのお仕事の対価として、それだけのお金がいただけるんです。
    それは、何にも左右されない、絶対的な評価ですよ?

    ご主人が、義両親が、親せきが、近所の人が認めてくれる、
    でもそれは、ふわっとした根拠のはっきりしない相対的な評価です。
    専業主婦になって、主人も感謝してくれているし、
    義両親にもたまーに褒められたといても、それは相手の都合次第で
    コロコロ変わってしまう評価だなあと思うと少しむなしかったり。

    でも、そう思いつつも、主人の転勤、子育てのことを考えると
    しばらくは専業主婦の予定なんですけどね。

    仕事は、続けた方がいいと思いますよ。
    お金と仕事があれば、今後の人生の選択肢が広がることは間違いないんですから。

  41. noko より:

    すごい年収!ご主人の年収だけでは叶えられないほどの夢!
    ・・・本当にすごいですねー。
    子どももいなくて手かせ足かせもなく自由にくらしてらして、好きなお仕事をされているのに、満たされないんですね。
    人間の心って本当に難しいなぁ・・と思ってしまいました。
    あと、なぜご友人の年収を知っていらっしゃるんですか??
    そんなにお金の話をするんでしょうか???
    ご友人の年収はすごい金額ですね。
    でも仕事の自慢よりもお金の話をダイレクトにする方が上品ではない感じがするのですが・・・それに嫁が働くのはご主人の稼ぎが少ないからだと言われるんでしょうか?それはご友人の発想ですか?それともぴっぴさんが他人の家を見ていて心の奥ではそう思っていらっしゃるのでしょうか?
    それは大変下品な発想だと思います。
    他人の年収なんてほっといてくれって話です。
    ま、私は主人の年収も把握できないタイプなのでアテにはならない意見なんですけどね(笑)
    でもそんなに年収がなくても、私は幸せですよ。
    貧乏人のひがみではないです。
    我が家の年収ではかなわない夢を笑いながら「いつか叶えたいね」と笑って話しています。
    お金が溜まらなくても、誰からも認められなくても、年収で夢が叶わなくても、お金を稼いできてくれる主人にとても感謝して今できる生活を自分たちで楽しんでいます。
    ぴっぴさんの何が不満なのか全然わからなかったです。
    他人からどう見られているかしか書かれていなくて。
    他人からどう見られているか・・・他人本意で生きていたらいつまでたっても心は満たされないですよ。
    お金はいくらあっても邪魔になりませんし、今後介護があるかもしれません。
    色々な国を旅行したり、小さな夢をたくさん叶えてもいいのでは?

  42. ミカン より:

    私も在宅で仕事をしているので、少しだけ悩みがわかる気もします。

    で、ボランティアをしています。
    といっても、少しの寄付をしたり、
    今回の震災でものがないという人のために、買い物してものを送ったり。
    近いうちに、とある場所へお手伝いにいくつもりです。

    あと、起業もいいなぁと思い、現在調べているところです。

    それから私は子どもがいるので、学校の行事のお手伝いなどを
    なるべく引き受けるようにしています。

    もうひとつ、びっくりするような安いギャラのお仕事でも、
    それが社会的意義があるようなことならお引き受けすることにしています。
    (ボランティアに近いかな)

    もしかしたら、ぴっぴさんは、今、
    趣味というより、社会的に認められたい、社会的に役に立ちたい、
    何か後々まで残るような仕事をしたい、
    というような時期にきているのではないでしょうか。
    私はフリーランスになって15年くらいで、すごく考えるようになりました。

  43. こぶれん より:

    結婚しても仕事を続けている理由は何ですか?お金?単に好きだから?尊敬してほしいから?

    尊敬して欲しいから仕事をしている… てのは、ありえないと思います。人は皆、仕事をしなきゃ生きて行けないんだから。専業主婦だって職業です。

    旦那さんの収入だけでは生活できないので…というのなら、周囲の人たちからは同情、かつ尊敬されるでしょう。二足のわらじ、ってことで。

    単に好きだから…ということなら、趣味ということになるでしょう。この場合は、褒められるどころか、旦那さんとその親戚には、時として『わがまま』にさえ写るんではないでしょうか。収入うんぬんよりも。

  44. こぶれん より:

    (すみません↑最後の段落に付け足し。)子供が居ない場合です。子供がいれば学費が大変なことになるでしょうから。

  45. オカ より:

    私にも、正直自慢話にしか聞こえません。(ごめんなさい)
    私も夫も正社員で働いてますが、二人の給料を足しても質問者様ほどありません。
    うらやましい限りです。
    そしてうらやましい悩みだなと思います。
    そして多分、ここで私達がいろんなアドバイスをしても結局は質問者様の悩みは
    消えませんよね。
    一旦、仕事をセーブして、それからまた考えてみたらどうですか?

  46. うに より:

    ご自分の築いたキャリアをもって、在宅でお仕事をなさってそれだけの額の収入!
    とてもうらやましいです!
    (特に、お家を購入されているというのが、所詮同居嫁の私には羨ましい!)

    好きなお仕事をなさっている、そして取引先の信用も得られているんだから
    仕事をセーブするだなんてもったいないですし、
    セーブしたところで「認めて貰えないからセーブしたのに」
    と逆に新しいストレスの種になるのではないしょうか。

    もしかしたら、旦那様は「自分より収入の多い妻」を
    内心快く思ってないのかも知れません・・・。
    男なんて見栄っ張りな生き物ですし、
    妻に食わせてもらって平気な男はズルズルと「ヒモ」になっちゃいそうですもんね。

    上記のお答を読ませて頂いて感心したのが
    「会社を設立する(一人社長)」ってやつです。
    仕事の種類によっては分らないですが、
    ともかく社長として社会的認知を得るような活躍をしてみせる。

    そのうち、地元の新聞やタウン誌などに掲載されたら
    「へー、こんな仕事で活躍してるんだ!」と思われるでしょう。

    ・・・ま、うちは片田舎だから、
    タウン誌に知ってる人が時々載ってるということもありますが(笑)

    私が仕事で大成してたら、一人社長やってみたいですよねぇ・・・・(遠い目)。

  47. 第四のビール より:

    専業主婦が多いここで、喧嘩を売ってるのかと思うような自慢話ですね。

    ぴっぴさんみたいな人なら、専業主婦になったらなったで余計世間から馬鹿にされるようになった、虚しい、と感じるだけだと思いますよ。

    自慢するのは下品って仰いますけど、ここで年収を言いふらして低収入世帯や専業主婦に不愉快な思いをさせるのは下品に当たらないのでしょうか。

    何の才能もない小さな子供のいる専業主婦は、旦那の収入が少なければカツカツの生活をするか、家でシコシコ馬鹿みたいに低賃金の内職をするか、誰にでも出来るような単純作業のパートに出るしかないんですよ。馬鹿にされてますよ。ネット社会では専業主婦は日がな一日井戸端会議してるような無能でバカな暇人くらいの認識ですよ。

    と、まぁ毒づきましたが、ご安心下さい。

    多分、ぴっぴさんを認めてない素振りの人間は、ちゃんとぴっぴさんの別の面を感づいていて、やっかみで敢えて認めてない態度を取っているだけだと思いますよ。
    好きな物に好きなようにお金を遣える生活って、ちゃんと見抜かれて僻まれてますよ。

    ご主人の場合、夢を共有出来ないというより、単純に妻の方が高収入なのが面白くないだけだと思いますし、こればっかりは本当にどうしようもないです。他の方も仰ってますが、ぴっぴさんの望むもの両方を手にしようというのは元々無理な相談なんですよ。

    現在子供がいないなら、断然このまま仕事を続けるのが自分のアイデンティティーを保つ唯一の方法だと思います。

  48. サマー より:

    はじめまして。

    質問者様の相談内容を見て、単純に「そりゃ自分の中に幸せの青い鳥がいないだけだろ~」と思ってしまいました。他人の評価で自分の幸福を測ろうとするからおかしな話になるのであって、自分自身で自分をちゃんと評価できる人間になれば何の問題もないでしょう。それだけの事です。地球の裏側まで自分探しをしにいく若者と大差ないですよ。
    承認欲求・群居欲求が強くてそれに振り回されてるにしても、質問者様が他人を100%理解していないのと同様、質問者様の納得のいくような理解をしてくれる人間なんて身内であろうがいないのです。むしろ他人からの一見の評価と、質問者様の実際の実力が乖離していることは相当な強みだと思うのですが、そうお考えになることはできないのでしょうか?

    せめてご家族(特にご主人)との関係を良好なものにするためにも仕事をセーブするとおっしゃっておられますが、世の中にはご家族・ご親族とそこそこ良好な関係を築いた既婚女性で、在宅・SOHOによる年収が3000万円超の方もいらっしゃいます。質問者様の年収が低いとは決して言いませんが、そんな事ぐらいで仕事をセーブするのはあまりにももったいないですよ。もっと自己研鑽して家事に仕事に精を出せるよう頑張ってくださいね 。

  49. FANTAN より:

    私は男ですが、出来れば仕事なんかしたくないタイプです。
    ぴっぴさんは頑張りやさんなんですね。
    好きな仕事をして、取引先から認められてるだけでは満足できないんですね。
    でも、すべての人から認められるのを望むのは無理があると思います。
    旦那さんだけでも、認めてくれたら満足しましょう。

    男にもいろんなタイプがいます。
    私なら、ぴっぴさんのような高収入の嫁がいれば不満はありませんが、
    毎年、海外旅行なんて御免こうむりたい。
    家でゆっくりしているのが一番好きです。
    旦那さんと趣味が合わないのなら、無理にあわせる必要もないと思います。
    ぴっぴさんが自分の趣味を楽しんでいればいいと思いますよ。
    嫁が楽しそうにしていれば、旦那も楽しくいられると思います。(私の場合)
    もしかしたら、旦那さんも一緒に連れて行けとか言い出すかもしれません。

    周りを気にしてもしかたありません。
    仕事にまい進するとともに、自分の趣味にもまい進してほしいと思います。

  50. 家事より仕事が好き より:

    「周りに理解されない」と一括りにされていますが、
    まずは「ご主人に理解されない」ことが問題なのではないでしょうか?

    >夫の友人には私たち二人分くらいを1人で稼ぐ人が何人かおり、その人たちは「妻が働くってことは夫の収入が少ないんだね」と言わんばかりの態度を取られ、へこみます。
    本当にそんな態度をとられているなら、ご主人の方がへこまれてませんか?
    大概の男の人って小さいプライドの塊のような気がします。

    結婚前や新婚時代には将来の夢などの話はしなかったのでしょうか?

    子供がいらっしゃらないとのことですが、
    そのことについてもご夫婦で話し合われていますか?

    ご主人の話をゆっくり聞いてあげたことはおありですか?

    他愛も無いことでも毎日会話していれば、
    お互いに歩み寄って自然と夫婦は似通ってくるように思います。
    だから共通の趣味が出来たりもします。

    文面からは、ご主人とのコミュニケーションが不足しているように感じます。

    他の誰が評価してくれなくてもご主人が理解してくれていれば
    そんなに不満に思わないのではないのでしょうか。

  51. ぷーこ より:

    コメントを呼んで、やはりフリーランスをされている方以外は、ご近所様や義理のご両親と同じ反応だなと思ってしまいました。
    在宅=何もしていない
    なのに収入がある。→うらやましい。
    みたいな。その反応が家族内であることが1つ目の悩みで、
    お金はそんなに要らないよっていうことが、それを理解しようとしない理由にしているご家族の態度で、それが2つ目の悩みなんじゃないかなぁと。
    在宅で仕事と言うと、家にいるだけでお金が降って沸いてくる。ってイメージなんでしょうか。職場が家というだけなんですよね。

    「毎日出勤に2時間かけています。往復4時間です。
    それでもそれなりに収入があり、結婚前は1千万、結婚して少しセーブし始めて800万。
    責任もあり、クライアントからの信頼も得ているのでやりがいもありますが、
    そんなにしてまで働くなんて、周りからは「妻が働くってことは夫の収入が少ないんだね」と言わんばかりの態度を取られ、へこみます。
    そして義両親からは、扶養範囲内で気軽に働いてるだろうと思われ、夫に「ちゃんと養ってやりなさいよ」と、気遣うように言うのですが、
    同じように働いている私としては、頑張っているのにと、少し複雑な気持ちになります。
    子供もいないということもあり、頑張って働いて、それを夫と海外旅行のようなちょっと特別なことに使いたいと思いますが、
    夫は私の収入があってこそできることだということで、あまりいい顔をしません。私の収入には文句は言いませんが、もう少し少なくてもいいだろうと思っているようです。
    周りに家庭の支出の話をするのは、下品な感じもするので、あまり話すこともありませんが、
    家族からも理解されなくて、もんもんとしています。
    もうこんなに頑張らず、仕事はセーブして、趣味などに打ち込んだほうがよいのでしょうか。」

    投稿の内容を、通勤時間だけ変えてみました。
    こう聞いたら、少しは大変さというか、「恵まれすぎ」だなんて絶対にいえない気がします。
    辛いですよねぇ。。。
    通勤時間にお金が払われているわけではないので、悩み的にはほとんど内容変わらないと思います。

    会社員でも簡単に稼げないお金です。それを稼ぐためにはって想像したらハードで大変なお仕事です。
    結構守られている会社員でもその金額を稼ぐのは大変で、ましてフリーランスで
    それをするには、
    ものっすごい努力と時間、そして技術とお仕事もらえるつながりが必要でそれを一人でしているのです。
    考えるだけであたまが下がります。

    「お疲れ様」とか、「頑張ったね」とか、「すごいよ!」って言われたいですよね。
    職場があれば上司なり部下なりが怒りもすれば褒めてもくれるし、
    家に帰れば「おつかれさま」って言ってもらえます。
    それを求めるのが「自慢話だ」とか、「それ以上何を求めるの?」とかって言われたら、
    ホントに血も涙もないなって思いました。

    私は理解されにくいというのは、受け入れて、それでもこれからもますます良いお仕事していって欲しいなぁ!と思いました。

    ただ、そのままだとその悩みは解消しませんし、
    それだけ実力があるならば、登記だけして会社化したらちょっと周りからのそんな目が変わるかもしれませんね。内容変わらなくてもいきなり「社長」って肩書きになるし!
    もしくは、通勤時間がかからないちょっと近所に、事務所を借りて「通勤」ってスタイルを取るとか。
    家賃だって、そんな切ない環境の中だったら全然無駄遣いじゃない気がします。

    どんどんまい進していって欲しいな!って思いました。頑張ってください!

  52. ぐび より:

    お金に自由があって、認めて欲しいという気持ちがあるならば、
    ぜひぜひお金を寄付することを考えて欲しいと思いました。
    たとえば、月にいくらは寄付すると決めて、
    寄付する先を探してみてはどうですか?
    何もかも失って本当にお金を必要としている人、
    努力しているのにはじめの一歩のお金がない人、
    痛めつけられている弱い人とそれを助けようと戦っている人…
    世界中にたくさんいます。

    自分が頑張ってい稼いだお金が有意義に使われて、
    そしてそのことに感謝される… 
    ぴっぴさんの現状にはプラスになることではないでしょうか。
    不特定多数の人に何となく認めてもらうのと、
    あなたのおかげで人生が向上したひとにありがとうと思われるのだったら、
    後者のほうが満足感が大きいと思うのですが…

    気持ちのことなどは皆さんからいろいろと案が出ているので、
    今の複雑な状況を少しでも改善できる、具体例を出してみました。

    この世のみんなに認めてもらったり、
    みんなを満足させることはできないけど、
    自分にできる精一杯をするために
    私は仕事も精一杯続けます。

  53. haru より:

    わたしは結婚して、外で仕事、子供持ちです。
    わたしは昔、自分を誰かに理解してほしいと思ったことがありました。周りの友達にも自分のやっていることを理解されず、もんもんとしていました。でも、ある時、そういう一切の気持ちを持つのをやめました。だいたい、人に評価されたいなんて思っているうちはされないものです。

    岡本太郎さんの言葉にこんな言葉があります。

    人に認められたいなんて思わないで、己を貫くんだね。でなきゃ、自分をかけてやっていくことを見つけることはできないんだ。

    自分の人生でこれだ!って思ってやっていることは人の目なんか気にしないでやり続けましょうよ!自分の人生でしたいって思うことはそうそう見つかりませんよ。わたしは自分の仕事が好きですし、好きだから、しています。もっと向上したいと思っています。そしてその姿、頑張っている姿を子供たちに見せていきたいと思っています。他人の目を気にせず、ただ自分の人生にまい進する。それをしているとなぜだか、周りの人に理解されたいと思っていた頃には駄目だったのに、今は理解してくれる人がたくさんいます。

    ひっぴさんの文章の中でよくわからないところがありますが、人に高収入だからすごいと思われたいのか?それとも人として仕事を頑張っていることに尊敬されたいのか?ということです。
    もし、後者だったら、給料が低いと思われても、軽視されても気にしないはずでは??仕事の話だって、自分は頑張っている。自分の仕事が大好きだ。そういう話なら、下品ととる人はいないと思うのですが・・・

    私は自分の収入の話なんかしたことありませんし、されて、高収入なら、すごいね。といいますが、この人、ばかだなぁぁ・・・とかさみしい人だなぁぁ・・・って心では思っちゃいます。でも、素敵な人って自分の収入の話とかしません。逆に仕事の話でも、こんなことしてる。頑張ってる。お客さんにこんなこと言われてうれしかった。とか上司と話しあってみた・・・とかそういう頑張ってる人と仕事の話をするのが大好きです。自分も頑張ろう!とおもうから・・・
    ひっぴさんはみんなに高収入すごい!って言われたいのか、人として尊敬されたいのかどちらですか?

    旦那さんにも自分がどんなに情熱をもって仕事をしているのか、話すのはいいと思いますよ。そして、お金のことを気にせず、一緒にこんなことしたいな!って気持ちがあるのなら、どんどん話していくべきじゃないですか?

    あたしにも将来、年をとった時の夢があります。それはボランティアで海外を回ることです。今のところ私一人の夢です。でも、もしかしたら、年をとった時に夫がついていくよ。って言ってくれるかもしれません。(それを少し狙ってます)でも、一人でもその夢はもちろん全うするつもりです。すぐに反応がでなくても、気にしないで、夢を語り続けるのもいいと思います。いいよって旦那さんが言ってくれた時のためにひっぴさんがひとりでも少しづつ準備しておくといんじゃないですかね。

  54. つきこ より:

    ぴっぴさん、お仕事大好きですか?「自分が稼げば、ご主人の稼ぎだけでは実現出来ないことも出来る」とか、そんな大義名分なくたっていいじゃないですか。「私は仕事が好き!だからやってる!」で十分。

    仕事の評価=報酬ですよ。ただ、世の中には必要とされているのになかなか採算ベースにのらない分野があるのも事実で、そういう活動をしている人たちは、お金以外の価値を自分で見出しながら励んでいるのだと思います。

    適正な報酬以外に他人からの評価まで望むのは無理があるのでは。何らかの恩恵に浴する人から以外は難しいのではないでしょうか。よその奥さんがどんなに才能豊かで稼ぎがあっても関係ないですよ。「我が家」のために働いてくれてる訳じゃないですからね(笑)

    それと、もしやりたい夢があるなら(趣味の範疇のことでも)、今すぐにでも飛び込んだ方がいいと思いますよ。潤沢な資金や時間が出来た頃に、自分が元気でまだやりたい気持ちが保たれているかどうか分かりませんからね。本当に自分がやりたい、かけがえのないことであるなら、誰かが一緒にやってくれないからという程度の理由では止められません。逆にその程度の夢なら「私には夢がある♪」と夢は夢のままにして、今一番の価値=お金=仕事に邁進されるのがいいのではないでしょうか。仕事をセーブした分が「本当に活きた時間」にならなければ、単純に減収になった分だけ寂しい思いをするだけではないかと思います。

  55. piazzolla@ より:

    ワタシもぴっぴさんと同様です!(子供無しフリーランス)
    悩む意味が解りませんけど?
    仕事出来るんですもん!^^ (環境、状況、実績があるとの意味)
    仕事したくても出来ない人の方が多いんじゃないでしょうか???

    現状通り!仕事邁進して下さい!
    それがぴっぴさんの道です。
    周りの評価?理解?
    ソレはそもそも期待する事ではないし、理解されるのも無理ですよ。
    良い意味で!諦めて下さい!

    そして老婆心ですけど…
    くれぐれも!引き続き!収入については周りにお話になりませぬように!
    上記諸先輩方々も仰る様に『仕事の結果=報酬』なのですが
    そこに至るプロセスについては評価されないです。
    (多分。上記の様に!自分以外の皆様には内容も努力もほぼ理解されません><)
    (同業種の方だったら理解されますがwそういうお友達いるといいんですけど?)

    「お金」のところだけがクローズアップされて
    『あの人 あれだけ収入あるんですってよ!』的噂一人歩き状態が始まります。
    称賛ならイイんですが、大概妬まれます。

    一人や二人や三人ぐらい!不幸な噂好きの人間いますからね~
    自分知らないところで!収入の部分だけについて!叩かれるのはたまりませんよ~!

    『あの方、専業主婦なんですって!』『まぁ!大変ね~』
    ぐらいの方が!後々メンドクサクないですよ!

    後は…夫とはドンドン話ししてください!
    ご縁あって一緒にはなったものの所詮は他人。。。
    感性が一致しないのは当たり前!夢や方向が違うのは当たり前!
    だから一緒にいられるんです。

    ただ一番近い仲間(とワタシは思ってますけど)である夫には
    話す事、コミュニケーションで思いとか情熱は伝わるはずですから!^^

    (追伸@自分→年収は夫にも言ってません!(流石に仕事詳細は知ってますw
    (自分が好きな道で仕事デキテイル!という事に日々充実してますよ^^

  56. もう より:

    2度目投稿です、すみません。
    ひよこさんの会社起業に1票!です。
    個人事業主の年収1000万と、給料収入1000万では税金に格差がありますので節税にもなります。法人役員として社会保険加入もできますし。
    「法人成りしました」と名刺を渡せば取引先などは儲かってるんだなと分かりますし、自宅郵便受けに「株式会社OO」とつければ近所の方たちにも知れると思いますよ。
    ただ、小さな情報なので勝手な誤解を生みやすいかも。

  57. さくらん より:

    全てに満足することってないと思いますよー。
    今は、いろいろなことに恵まれ満足していらっしゃるからこそ、
    人から認められたいとか顕示欲というか、認められたいって思うんじゃないのでしょうか。

    ぴっぴさんは、人からすごいすごいって言われて、ニンマリして、それで満たされるんですか?
    私がもし、ぴっぴさんなら一番大変なのも頑張ってるのも理解して認めて欲しいのは
    夫です。
    夫に大変なんだね!頑張ってるね!って言われたら、周りにはどう思われようと
    気にしません。
    また、自分を理解して欲しければ相手に在宅の大変さを伝えないと分かるわけありません。
    在宅の仕事=時間を自由に使えて気楽っていうイメージがありますし、
    在宅の仕事がどれだけ大変かを知っている人なんて少ないです。

    ぴっぴさんが他の同年代の女性よりお金をかせぐ自分に優越感をもっていらっしゃるように感じましたので、そんな状況でお仕事をおやめになっても後悔されそうな気がしますよ。
    もっと、旦那様に頼って旦那様を認めてあげることが大切なんじゃないでしょうか。

    あまり女の人が強く自立しすぎると男の人は寂しく感じる場合もあるそうですし。

    あ、私も収入のお話は周りにされないほうがいいと思います。
    そこだけクローズアップされて一人歩きする可能性もあると思いますので!

  58. ぴっぴ(相談者) より:

    ぴっぴです。

    たくさんのお返事をありがとうございました!つたない文章にもかかわらず、意味を汲み取っていただいて、みなさんの洞察力にただただ驚いています。
    もっともっと叱られるかと思っていたので、意外と多くの方が共感してくださってとてもうれしかったです。もちろん、叱っていただいた方のご意見も厳粛に受け止めさせていただきました。

    それから、嫌な気分にさせてしまった方へ。気づかいが足らず、本当に申し訳ありませんでした。実際には書いていないこともいろいろあります。それほど素晴らしいことばかりでもない私の人生です。それでも今にちゃんと感謝しないまま、愚痴を書いてしまい、気分を害してしまいまして申し訳ありませんでした。それから、それでも書いてくださったことにとても感謝しています。たくさんの気付きをいただきました。ありがとうございました。

    全ての方にお返事したいところですが、煩雑になってしまいますので、以下にまとめてお返事させてください。

    まず、「すごい」と書いてくださった方、本当にありがとうございます。また、「すごい」って言われたい点について、お叱りの言葉もたくさんいただきました。
    私の書き方が悪かったのですが、「すごい」って言われたいわけではないんです。ただ、現状そのままを、ありのままわかってほしいと思います。ほめられたいのではなくて、仕事をちゃんと(責任を持って)しているんだ、とわかってもらえればそれでいいのです。

    年収ベースでお話してしまったので、多くの方に年収を伝えたいと思われてしまったようですが、もちろん現実社会でお話ししたいわけではありません。れもんさんがお書きになられていたとおり、「在宅に対する世間の評価はかなり低い」ですし、「在宅は一人作業なので、評価は対価のみ」になってしまう。その2点から、ここでは自分ががんばっていることを示すのに、年収を出してしまったんです。一番わかりやすく伝わると思ったから。

    在宅には、上司も部下もおらず、昇進も昇給もなく、会社のネームバリューもない。家で楽そうと思われるのではないか、どうしたら分かってもらえるか、というとき年収は最もわかりやすいだろうと思います。ここはバーチャルな場なので書いてしまいましたが、現実には言いません。分かってもらうためとはいえ、言う必要はさすがに感じません。では、何で表すか?がわからなかったのですが、「会社を興す」「仕事の成果を見せる」という意見をいただき、なるほどと思いました。私の場合、ほめられたいのではなく、ありのままがわかってもらえればいいので「仕事の成果を見せる」で十分です。といっても、作品があるわけではないので、ぱっと見せられるものでもないのですが、必要があれば普通に仕事の話をしようと思います。女が仕事なんて、と言われるのではと、変にがまんして話さないからストレスがたまるんですよね。

    ただ、「お嫁さん」としては、在宅の仕事だけでなく、誰でも、いわゆる嫁の仕事だけを期待されるってことが良くわかりました。その上、何も言わずに認めてほしいなんて、ほんと、まったく矛盾してますね。気付いていませんでした。私の完全な甘えでした。みなさんから言われた言葉を胸に、ちょっとクールに「誰にもわからなくても、それでいい」って思えるように、気持ちを切り替えようと思います。

    また、「夫に理解してほしいのではないか」「夫さえわかっていれば、外野は関係ないのでは」というご意見には、ハッとしました。そうです。夫がわかってくれていれば他はどうでもいいんですよね。

    夫の友人は、自ら自慢してきたので(私は、仕事をしていると話しただけです)、私はその人を好きにはなれませんでした。夫は、そうした話を聞いても、へこんだり怒ったりせず、むしろ自慢みたいです。私には理解できませんが、他の部分で良いところのある友なのだろうと理解するようにしています。

    義両親にも、夫からのフォローはないです。「ぴっぴもがんばって働いているよ」と言ってくれたら十分と思いますが、とにかくしゃべらない人なので、私と義両親の方がよくしゃべって(逆に私が夫をフォローして)います。働いてくれてありがたい、と話すのは私のみ。。そこは不満です。

    夫は、結婚前には、私が何かやりたいと言うと、妙にはりきって、その夢(どこかへ行く、何かする、と簡単なことです)を夫が叶えようとするところがありました。私を置いてつっぱしっていくくらいの勢いがあり、頼もしく感じていました。

    でも結婚後は、なくなってしまいました。いろんな意味で安心したんだと思います。そして、夫自身は家でゆっくりするのが好きだし、そのときには私が隣にいれば満足そうです。夫はおしゃべりが好きではないので、相槌くらい。ときどき、うるさそうにもされるので、そういうのがさみしいんですよね。

    結婚前に持っていた私の結婚の夢は、いつもワクワクと「次は何をしようか」と夫と話したり、家事もお互いにして(どちらかがお手伝いではなく)笑って過ごすことでした。それで十分でした。実際には、そううまくいかなくて、「次は何をしようか」と話しても興味がない様子。今は外食もしたがりません(おいしくないし、出かけるのが面倒だそうです)。ちょっとしたおでかけも月に1度もしません。なんというか、お金と関係なく、夫は「欲は悪」って考えているところがあります。さらに、家事はやっぱり女の仕事と思っているふしがあり、担当していることはちゃんとやってくれるんですが、たとえばお茶を入れるのは絶対に私だし、おなかがすけば私に用意させます(私がいない場合は食べません)。そのくらい、かわいい甘えだって思いますが、なんだか不公平に感じています。

    話がずれぎみですね。つまり、夫とのコミュニケーションが足りていないんです。話をしようにも、乗ってこない。できるだけ話をせずに一緒にいるのが夫の望みなんじゃないかな?そして、そもそも夫の望む人生と私の望む人生がかけ離れているために、お金の使い道が夫婦で一致しないんです。何名かの方が書いてくださった「今後のため・老後の蓄え」についても、夫は興味なし。なんとか生きていければそれでいいそうです。できるだけきりつめて、それで生きていけないはずがない、という考え。私の収入はあてにしていないらしいところは尊敬しますが、でも実際には私も働いているんだから、ちゃんと計画を立てて有意義に使おうよ、というのが私の考え。老後に旅行三昧なんて夢ですが、叶えるなら、夫以外の人とすることになりそうです。

    ここで気づかせてもらいましたが、私には、自分がしたいこと(特にお金がかかること)を、夫を抜きにしてする、という考えがありませんでした。二人のお金なのに、私だけがたくさん使うのは気がひけます。特に夫はお金を使わない人なので。老後に一人だけ楽しむなんて、考えてもみませんでした。
    だから、結婚してから洋服も必要最低限の数枚しか買っていませんし、独身時代は海外の子供たちへの定期的な寄付をしていたんですが、止めました。お小遣いももっと欲しいけど、夫はいらないみたいだから我慢しています。そういうのがいけなかったのかもしれません。やりたいなら、やる。夫に気兼ねしない。その点で強くなってもいいのかなって思います。

    お金のことを気にしすぎなのは、そのとおりです。結婚してから妙に気にしています。独身時代はまったく気にしてなかったのに。今は一人ではなく、夫と二人で働いているのにばかみたいです。今から老後がもう心配で心配で。一生懸命貯金をしようとしてしまうと同時に、そんながんばって残してどうするの?じゃぁ使っちゃう?と変な方向に行っているんですね。問題は、お金をどれだけ稼ぐか・使うかではないみたいです。問題は私の心(nicoさんの言葉にドキッとしました)。満たされない部分を放っておいて、好きな仕事だけをがんばって埋め合わせしよう(結果的に、仕事を頑張って、そこで得たお金を贅沢に(それも夫を巻き込んで)使おう)って考えてる。そして、それがあまりにもばかばかしい考えだと内心では分かっているので「いっそ、辞めちゃおう」と極端になっている。

    自分の人生をどう生きるか、夫とどう生きていくかを考えなくちゃいけないみたいです。今、私は満足ですって言える生き方をしていないから、不安で認めてほしくて、お金のかかる変な夢を持とうとしているのかもしれません。

    それから何人かの方が上げてくださった「在宅の仲間」。くろこさんと同様、私も在宅独特のさみしさを感じます。一人で作業するって気楽だけれど、苦楽を共にする仲間って意外と大事ですよね。私も、外でお仕事をされている方の愚痴を聞いているときですら「それでもみんなでワイワイいいなぁ」などと不謹慎に思うことがあります(ごめんなさい)。異業種交流会などというと、敷居が高くて遠慮してしまってましたが、自分の仕事に関わるサークルや、ネット上での交流も探してみます。それが私にも必要なんだってわかりました。

    さて、最後にメインテーマ。「仕事をセーブするか」「仕事にまい進するか」です。
    回答はきっと「まい進する」に多くの票が集まるだろうと思っていましたし、実際そのとおりのようで、どなたもはっきりとセーブするを選んではいないようです。そしてその考え(根拠)には私も賛成しているんです。が・・・。

    実は、この質問を送信してから、不思議と自分の中で考えがすっきりしたようで、「仕事をセーブする」と考えるようになりました。そしたら、なんだか肩の荷が下りた感じで、楽になったんです。一人で決めちゃってすみません。ただし、セーブする量は少し~半分だけ。

    何人かの方がおっしゃっているとおり、現在、すでに好きな趣味があり、今は仕事のしすぎで進んでいません。趣味には数人ですが仲間もいます。その趣味をしたり、家のこと・夫の世話をとことんやる日がとれるくらいには、仕事をセーブしようと考えています。つまり、仕事だけじゃ満たされない部分をちゃんとしようって思います。それは結局、義両親の評価アップに繋がる気もします(私の気持ちの問題で、実際の両親の評価はあまり関係ないのですが)。仕事のだけの評価じゃむなしいんですよね。そうしてやってみて、幸せに感じられなかったら、またがむしゃらに仕事をがんばります(仕事をまた増やせるように一生懸命勉強もします)。仕事を減らすのはすごくすごく勇気がいりますが。それが私の新しいWLBです。超古妻さんのご意見がびしっと分かりやすいかもしれないので、引用させてください。

    「趣味をやりたいならやりなさい。でもお仕事はどんな場合でも強みです!」

    ほんとにそのとおり。ご意見ありがとうございました。

    長々と失礼しました。すべての方に個別にお返事できなくて申し訳ないです。すべて何度も読ませていただいています。
    そして自分の至らないところがいろいろと見えてきました。読み込めば読みこむほど、まだまだ気付くことがありそうです。こんなにたくさんの方にご意見いただいたのだから、私自身が変わるよう、気付いたことはとことん行動して変えていこうと思います。ありがとうございました。

    • noko より:

      ぴっぴさん、なんだかすっきりされた様子でうれしいです。
      誰にでも人に聞いてもらったり、文章にしたりして整理されていくことってありますよね。
      可愛い女性なんだとわかりました。前レスは失礼だったかもしれないです。ごめんなさいね。
      ご主人に整理された今の気持ちを少し伝えてみてくださいね。
      一回で伝わらなければ何度も何度も。私は可愛い奥さんだと思いますよ。

      • ぴっぴ より:

        前レス、失礼なんかじゃないです。
        旦那さまと将来の夢を話し合えている様子、すっごくうらやましかったんですよ。夢ばっかりかたる男性じゃ困りますけど、お二人の会話はそうじゃないですもんね。ぜんぶは無理でも「こういう生活したい」って二人の目標を合わせていくのってすばらしいと思います。そうやって夫婦で夢を共有していくのが、今の私の夢です(?!)。

        かわいい女性と言われて、うれしいです。そういう女性でありたいなぁと思いますが、実際には質問分に書いた時みたいにしょうもないことを考えて怒っていたりします。怒って、でも冷静に書こうとした質問文を今読むと、かなり冷たい感じですね。。夫にもそういう私の一面を知られているので、話し合いが嫌いなんだろうな。まずは、私が幸せになって、夫に「なんか違う」と思ってもらおうかなと考えています。それからゆっくり伝えていきたいです。

  59. 超古妻より より:

    超古妻は夫と二人で暮らしています。仕事を持っていましたから夫とかかわる時間が少なかったのですが今は彼の悪い面が前面に出て腹が立つことが多いです。
    趣味でも自分だけで楽しむことでも持っておくことが必要です。実際夫婦で何もかも
    ぴったりというのは少ないのではないでしょうか。夫は外食は嫌い、下手な私の料理が好きです。ファッジさんの今日のお弁当の話のように。腹が立ったら黙って過ごすことにしています。買い物にちょこちょこ出たり友達(5-6人)と映画に行ったり、本を読んだりして過ごしています。海外の寄附は少しづつでも続けて下さい。
    体が元気だったら仕事を続けて人生を楽しんでください。話をすることは好きな夫ですので新聞や本で読んだり聞いたりしたことで夫とはコミュニケーションをとることにしていますが意見が合わないことが多いです。
    人生を楽しく生きて下さい。答えになっていませんけど。

    • ぴっぴ より:

      先程の返信で、勝手に引用させていただきました。すみません。そして、ありがとうございます。短いけれどとっても伝わってくる文章だなと思ったので。

      自分だけでも楽しめることを持っておく、って大切なんですね。今は少しさみしい気がしてしまうんですが、でも、ときどき私も夫がちょっと一人ででかけてくれないかなぁと思ってしまいます。休みには、夫婦ずっと一緒じゃ息が詰りますよね。腹が立っても、自分だけで楽しんで、そこでストレス発散していけば、結果的に夫婦円満なのかも。どこか夫に頼りっきりなところがあるので、楽しむことに関して、自分で自分の面倒を見れるように趣味に仕事にがんばります。

  60. MIKA より:

    ぴっぴさんへ

    うちの夫とよく似ているので、思わずコメントしてしまいました。
    閉められたあとなのに、すみません。

    私の夫も結婚前とは変わってしまいました。

    彼は家にいるのが好き。無口です。

    でも、結婚して5年、彼もすごく変わりました。
    水泳もテニスもなんと私が教えました。
    でも、やってみると気持ちがいいねと言っています。

    旅行も面倒だという人(私には信じられない!)でしたが、
    出かけてみれば、やっぱり、たまには気分転換が必要なんだねと実感するように
    なりました。

    お金も使わない人で、二人で買い物に行くと、
    彼のものを買おうと思っても、要らないと言われてしまいます。
    それで、お誕生日や、クリスマスなどに品のよいもの(セールで買ったものなんですけど)をプレゼントするようにしたら、
    やっぱり、いいものはいいねえとそのよさを実感するようになりました。

    彼のために今の彼を尊重することも大切だと思うのですが、
    時には新しい世界を教えてあげてそれがこんなにも気持ちいいものなんだということを経験させてあげることもまたすばらしいことだと思います。

    子供を育てるのにも少し似ているように思うのです。

    二人で生きるってそういうことではないかなあと思ったりします。
    相手に添うことも美しいし、こちらに巻き込むこともまた楽しい(お互いに)と思うのです。

    うちも試行錯誤ですが、これが一番、愛情と根気と工夫とエネルギーのいる仕事ではないかと思っています。

    ぴっぴさんのコメントを読んでいて、なんだかけなげすぎるようにも思えて
    思わず涙が出そうになってしまいました。
    自分だけを相手にあわせることはないのでは。
    そして、それが結局は相手のためでもあるのではと言いたかったのです。

    • ぴっぴ より:

      ほんとに、うちの夫に似ていますね!うちの夫も誕生日プレゼントすら1年近く決まらないほどの物欲のなさ。。とりあえず、こちらからプレゼントを買っても、結局使ってくれない。さみしい限りです。もし夫も少し変ってくれたら・・・うれしいなぁ。質の良いものの良さをわかってくれてないので敬遠してましたが、逆にプレゼントしてみて良さを知ってもらうというのはいい考えですね。

      私だけ楽しんでいたら、よしっと重い腰を上げるかもしれません。私も「これが楽しい」「これがいいよ」と伝えられるように人生をエンジョイしますね。結婚して私が変わったように、夫も私によって変わっていくんでしょう。いい方向に導ける人間であろうと思いました。

      けなげすぎるってことはないですよ~(でも言われてうれしいです)。文句もいろいろいいますから。夫が我慢してしまう人なので、私ばかりわがまま言えないなぁと思います。が、そもそも「我慢」って好きじゃないんですよね。そんなことするなら現状を変えたい。そう思って生きてきました。そういう部分を忘れていたみたいです。お互いに影響を与えあいながら、成長していきたいです。

  61. ひまわり より:

    こんにちわ

    ぴっぴさん、頑張ってこられたんですね。
    ぴっぴさんはどんな気持ちでお仕事をしてこられたのでしょうか。
    好きな仕事を続けたいから?
    お金が欲しくてお仕事を頑張ってきたのですか?
    どんな理由にせよ、お仕事を頑張ってきた気持を大事にすればいいのではないかと思います。
    好きな部門のお仕事を頑張ってきてそれでお金が付いてきたのならなんの不足も無いのでは思います。世の中にはどんなに頑張っても収入につながらない人もいます。私の知り合いにバイオリニストがいますが、彼女は幼いころからバイオリン一筋ですが、いい大人の現在でも一般的なOLよりも収入は少ないです。本人の努力に比べるとほんとに収入は比例しません。テレビ等のマスコミで活躍するのはほんの一握りにも過ぎないわずかな人たちです。
    もし、頑張ってお仕事をしてきたけどこんなに収入は要らないと思えば、寄付を考えてもいいのではないかと思います。

    大きな震災を経験した今、頑張ってお仕事をして、せっせと節約して、余った分は寄付をする。そんな人がいてもいいのではないかと思います。

    生活をしていくいく上での満足感は、夫が自分の事をしっかり理解してくれることにつきるのではないかと思います。
    どんなにつらいことがあっても夫と二人、支えあっていける、という気持ちがあれば生きていけるのではないかと思います。
    今は、収入うんぬん・・・よりも、夫との話し合いを十分になさって見てください。
    ぴっぴさんのお幸せをお祈りしています。

    • ぴっぴ より:

      お仕事を続けてきた理由。。いろいろあります。もちろん好きだから。好きなこ(完全に例えですが、絵を書くことが好きとか、そういう幼いころの遊びで好きだったような単純なこと)がいくつか含まれている仕事なんです。だから、1つ1つの作業が楽しい。もちろん苦しい・面倒ってこともたくさんありあますが。
      あと、自分が辛かった時、仕事が助けてくれました。辛いことから一時避難できる場所でした。自分に対する自信も失わずにすみました(少なくとも仕事はあるし!って思えました)。

      それなのに、最近はもっと目に見えるもの(収入)ばかりを見ていた気がします。他人(家族と友人除く)にわかってもらえないことが続いて、かといってどんなふうに好きかを語る場もなく。彼らに一言で示すなら収入でわかってくれるんじゃないかって(だから贅沢な使い方を考えてました)。そこまでしてわかってもらう必要もないのに、です。

      寄付はまたしようと思います。この度の大震災にも一時的にはしたんですけど、定期的に寄付しようと決めました!夫へのお伺い(?)立ててないですけど(笑)。やりたいから、やります(さすがにこれは夫はわかってくれると思いますけどね)。バイオリニストのご友人、収入がついてこないのは現実的に大変なこともいろいろあるでしょうが、私にはやっぱりすばらしい人だなと思います。尊敬します。自分の置かれた環境に感謝しないとばちが当たりますね。。反省します。

      少しずつ少しずつ、自分を変えながら夫にわかっていってもらおうと思います。

  62. MIIY より:

    結婚されて間がないのかなぁという印象を受けました。
    家での環境のすり合わせがまだできていない段階なので試行錯誤中というか…。

    旦那さんに自分の希望を伝え(話を聞いてほしい、がんばってるといってほしい、昔のように○○してほしい、とか)黙ってがまんしないようにしてください。言わなきゃ相手も気づかないかも、ですしね。
    お金も、お互いが得た収入はひとつにまとめ、そこからお小遣い等割り振ってるのかな、と感じましたが、生活費を決まった額毎月お互いが支払い後は自由、という方法もありますよ。そうすれば旦那さんが使おうがためようが収入がいくらあろうが気にならないとのではないかと…。

    何度もすみません。趣味に仕事にまい進してくださいね!応援してます。

    • ぴっぴ より:

      そうですね、間もないと言えば間もない。。数年です。このまま変わらずに過ごしていきそうな気もしますが、でもそれはないのかな。お互い変わっていきますよね。
      結婚って夢ばかりじゃないんですねぇ。などと、今さら言ってみます。夢を持っているつもりもなく結婚したのに、私にもちゃんとありました!(夫と夢を語りながらすごすっていう夢です。)自分で気づいていなかったんです。それがあたりまえだと思っていた。あたりまえすぎて結婚前に確認すらしていなかったんです。

      今の私の課題の1つは、我慢せずにちゃんと伝えることですね。怒るでもなく、被害者になるでもなく・・・心をニュートラルに話せたら、夫はぜったいわかってくれる人だと信じてます。あとは、私の技術の問題?!です。

      それにはまず、私が私に満足すること。余裕がなければ、余裕の会話はできませんよね。

      お小遣い制のおかげで、お金を使わずに済んでいるのはどう考えても私の方です・・・。自分で自分の制約をとって家計折半にするのがちょっと怖いんですが。もし、いろいろやってみて、それでもお金が気になるっていうなら(私、俗物ですので)、その時は折半を考えようと思います。気持ちを楽に過ごすのが一番ですよね。

      • MIIY より:

        言葉足らずでごめんなさい。
        無理して旦那さんに合わせなくても折半制にしたら心おきなく使えるのでは、と言いたかったのです 😉
        寄付も心おきなく自分のお財布からできますよ!
        一つのアイディアなので…、参考程度にしていただけたら幸いです。

        • ぴっぴ より:

          あ、そうか。なるほど。
          こちらこそ、ちゃんと理解してなくて失礼しました。
          そうですね、そういう方法も考えてみます。できれば二人で話し合って使いたい…と今は思いますけど、気兼ねせずに使えるのはいいなぁ、とも思いますので。重ね重ねありがとうございました!

〜 コメントを送信する前に 〜

井戸端会議に遊びに来て頂きありがとうございます。
コメントを頂くことで成り立っているこのコーナー。
コメンテーターの方には大変感謝いたしております。

ネットの向こう側には、悩んでいる方、苦しんでいる方がおられます。
コメントをされる方は、その気持を汲んでいただき、配慮ある言葉選びをお願いいたします。
『それは違うよ!』と思われ、相談者さまとは別角度からのアドバイスを書き込まれる場合、あまりに強く否定的な文脈ですと、文章の主旨が届く前に心を閉ざされる場合がございます。
相談者さまにとっての良い〝気づき〟となるような、心に届くような気持ちでお書きくださいますようお願いいたします。
井戸端会議が多くのお嫁さんにとって有意義な相談場所となるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 + 4 =